ライジン ヒョードル。 ヒョードル、ベイダーに一撃KO負け ベラトール決勝【動画】

【RIZIN】年末にBellatorと29日はケージ、31日はリングで全面対抗戦へ、ヒョードル日本ラストマッチも計画

ライジン ヒョードル

ソーシャルネットワーク上のユーザーアカウントを通じてスプートニクのサイトでユーザー登録および認証を受けたという事実は、本規約に同意したことを意味する。 ユーザーは自らの振舞が国内法および国際法に違反しないようにしなければならない。 ユーザーは議論の他の参加者、また読者や、当該記事の題材となっている人物に対し尊敬をもって発言しなければならない。 サイト運営者は記事の基本的内容に用いられている言語とは異なる言語でなされたコメントを削除できる。 sputniknews. comの全言語バージョンで、ユーザーが行ったコメントの編集が行われる可能性がある。 以下に該当するユーザーのコメントは削除される。 記事のテーマにそぐわないもの• 憎悪を煽り立て、人種・民族・性・信教・社会的差別を助長し、少数者の権利を迫害するもの• 未成年の権利を侵害し、倫理的損害等、何らかの形態の損害を未成年に与えるもの• 過激主義、テロリズムを内容に含み、または、何らかの非合法活動を教唆するもの• 他のユーザー、個人ないし法人に対する中傷や脅迫を含み、その名誉や尊厳を傷つけ、または社会的評判を貶めるもの• スプートニクを中傷し、または貶める発言• プライバシーや通信の秘密を侵し、第三者の個人情報をその人の許可なく拡散させるもの• 動物への虐待・暴力シーンを描写し、またはそうしたページへのリンクを張ること• 自殺の方法に関する情報を含み、または自殺を教唆するもの• 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの• 第三者の商品またはサービスを、しかるべき許可なしに宣伝するもの• 侮辱的ないし冒涜的表現およびその派生的表現、またはそれら表現を匂わせる字句の使用• スパムを含み、スパムの拡散やメッセージの大量配信サービスおよびインターネットビジネスのための素材を宣伝するもの• 麻薬・向精神薬の使用を宣伝し、その作成法や使用法に関する情報を含むもの• ウィルスなど有害ソフトウェアへのリンクを含むもの• そのコメントが、同一または類似の内容を持つ大量のコメントを投下する行動の一環をなす場合(フラッシュモブ)• 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド)• インターネット上のエチケットを乱し、攻撃的、侮辱的、冒涜的振舞を見せた場合(トローリング)• テキストの全体または大部分が大文字で又は空白無しで書かれるなど、言語に対する尊敬を欠く場合 サイト運営者は、ユーザーがコメントの規則に違反した場合、または、ユーザーの振舞の中に違反の兆候が発見された場合に、事前の通告なしに、ユーザーのページへのアクセスをブロックし、又は、そのアカウントを削除する。 ユーザーは、にメールを送り、自分のアカウントの復元、アクセス禁止の解除を申請することが出来る。 手紙には次のことが示されていなければならない。 件名は、「アカウントの復元/アクセス禁止解除」• ユーザーID• 上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明 モデレーターがアカウントの復元とアクセス禁止の解除が妥当であると判断した場合には、アカウントは復元され、アクセス禁止は解除される。 再度の規則違反があり、再度のアクセス禁止が行われた場合には、アカウントは復元されず、アクセス禁止は全面的なものとなる。 モデレーター・チームと連絡を取りたい場合は、電子メールアドレスまで。

次の

【RIZIN×Bellator】ヒョードル日本ラストマッチはクイントン・ジャクソンと、全面対抗戦は5対5か7対7

ライジン ヒョードル

— 10月 6, 2016 at 10:33午前 PDT プロフィール 生年月日 1976年9月28日 出身地 ロシア・ルビージュネ 身長 183cm 体重 100㎏ 略歴 2000年 Rings Russiaよりプロ格闘家デビュー 2001年 RINGSワールドタイトル決定トーナメント ヘビー級 優勝 2002年 RINGSワールドタイトル決定トーナメント 無差別級 優勝 2003年 第2代PRIDEヘビー級王座 2004年 PRIDE GRANDPRIX 2004 優勝 2008年 初代WAMMA世界ヘビー級王座 2012年 引退表明 2015年 日本の総合格闘技団体「RIZIN FIGHTING FEDERATION」と契約して復帰。 2015年 12月31日に行われた試合で、TKO勝ち。 2016年 6月17日Eurasia Fight Nights50にて2-0の判定勝ち 2017年 「Bellator MMA」にてミトリオンにKO負け 戦績 42戦 37勝 5敗 1無効試合 ヒョードル選手のすごい戦績とは? ヒョードル選手のすごい所は何といっても、猛者の集う「総合格闘技」の世界で 10年間無敗だった実績だと思います。 最初に負けた試合も、2000年に格闘家デビューした間もない頃で、出会い頭に目尻をカットすると言うアクシデントでのドクターストップなので、実質的には負けてはいません。 その後、2010年6月に ファブリシオ・ヴェウドゥム選手に、腕ひしぎ三角固めを極められ、大番狂わせのタップアウト負けを喫するまでは、 28連勝と言う偉業を達成しています。 ちなみにファブリシオ・ヴェウドゥム選手は、2015年に第18代UFC世界ヘビー級王者となるほどの選手で、決して弱い選手ではありませんでした。 そして、ヒョードル選手の名前が一気に知れ渡ったのは、人気総合格闘技団体 「 PRIDE」に参戦してからです。 PRIDEのデビュー戦で、違う格闘技団体 「パンクラス」の無差別級王者だった、 セーム・シュルト選手に30cmのリーチ差をものともせず勝利して、鮮烈なデビューを飾った事で人気に火が付きました。 セーム・シュルト選手は身長2m12cmもある格闘家で、後にK-1グランプリで4回も優勝している程の実力者です。 結果、寝技を得意とするノゲイラ選手に対して、終始打撃で攻撃し続けたヒョードル選手が判定で勝利して、見事 「人類60億分の1の最強」の称号を手にしました! その後、2007年にPRIDEが消滅すると、カナダの総合格闘団体 「BodogFight」やアメリカの総合格闘団体 「Affliction: Banned」に参戦し次々と勝利を収めていきます。 中でも、Affliction: Bannedで元UFC世界ヘビー級王者ティム・シルビアを秒殺した事で、アメリカでも注目を集めるようになります。 そして、2007年にはアメリカの 「World Alliance of Mixed Martial Arts」(WAMMA)と言う、新設された総合格闘団体でも初代チャンピオンになります。 この結果に、それまでヒョードル選手を冷ややかに見ていた、UFC最高責任者が 「ヒョードルに対する考え方が変わった」と驚愕しました。 UFC (アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ)とはアメリカで一番の総合格闘技団体で、恐らく総合格闘技団体の中ではここが一番大きく、有名なのではないでしょうか。 そして、2009年にそのUFCから、ヒョードル選手に出場オファーがありましたが、契約内容があまりにも厳しすぎて、残念ながら合意には至らなかったようです。 きっと、ヒョードル選手がUFCに参戦していたら、もっとすごい盛り上がりを見せていたかも知れません。 ちなみに、元ボクシング世界ヘビー級チャンピオンのマイク・タイソンが 「歴代最強のMMAファイターはヒョードルだ」と発言ているので、間違いなく全盛期のヒョードル選手は人類最強だと思います! そんな人類最強となったヒョードル選手は、どうやってプロの格闘家になったのでしょう? ヒョードル選手の強さの秘密とは? ヒョードル選手は11歳の頃から、サンボや柔道を始めました。 サンボはロシアの国技で、柔道が元々の源流と言われています。 打撃ありと無しの2種類があり、ヒョードル選手は打撃ありのコマンドサンボが得意でした。 そして、19歳から21歳までは、ロシア陸軍の消防隊と戦車軍に入隊し、最終的に曹長で兵役を終えて、その後は柔道・サンボの両方で活躍します。 また、柔道は1996年~1998年に 「全ロシア柔道選手権」で3度優勝、サンボにいたっては1998年~2008年までに11回も優勝するなど、大いに将来が期待されていました。 しかし、柔道は国からの補助金が出なくなったため、続けるには経済的な問題が生じて諦めざるおえなくなってしまいます。 そんな時に出会ったのが総合格闘技でした。 最初はロシアの最強チームである 「Rings Russia」で練習を始め、2試合して勝利します。 その頃ちょうど、日本の 「Rings」へ出る新人オーディションが開催されていて、参加したヒョードル選手は格闘家の前田日明さんから絶賛され、日本デビューが決まります。 このような流れで、日本での試合を足掛かりとして後の PRIDEへの活躍へと繋がる事となります。 もともと柔道とサンボのレベルがトップクラスなので、寝技や関節技のスキルはデビュー前から高いものを持っていました。 この下敷きこそが、ヒョードル選手の技術面での強さの秘密だと思います。 そこにさらに高度な打撃技が加わり、人類最強のヒョードル選手が生まれた訳です! ヒョードル選手の意外な一面 プロレスラーなどの格闘家は、よくどこかで飲んで暴れたり問題を起こしたりと、昔はニュースになったりしたのをちょくちょく見かけたりしました。 もちろん、全員がそうとは言いませんが、やはり格闘技をやってる以上闘争本能が人一倍強いと思うので、気性の荒い人が多いように思えます。 それはヒョードル選手もきっと同じような感じだろうと思っていたら、実はヒョードル選手はこれだけ強いにもかかわらず、普段はとても物静かで決して気を取り乱したりしないという、意外な一面を持っています。 趣味も 絵画や音楽鑑賞、読書と言った格闘家とは思えないほど繊細な趣味です。 また、 「ジェットコースターが大好き」と言う一面も持っていて、日本に来る時は富士急ハイランドに行くと言うのが習慣となってるようです。 そして、リングスのスタッフはヒョードル選手の事を 「外国人の中では珍しく手のかからない選手として評判が良かった」と語っています。 やはり本当に強い人と言うのは肉体同様、精神面も鍛えられているので、どんな状況にも冷静沈着に対処できるので強いのかな?と思います。 また、総合格闘技の パウンド・フォー・パウンド(体重差がなかった場合の最強)と呼ばれる、 ジョルジュ・サンピエール選手などからは、そういう面からもヒョードル選手は憧れの対象とされていて、格闘技団体を問わず多くのファイターから尊敬され目標とされています。 ただ、身内に対しては厳しいようで、ヒョードル選手の2番目の弟がマフィアに入っていて、そこから抜けさせる為に 「抜ける」と言うまで馬乗りになって殴り続けたと言う、逸話があります。 これはもちろん愛情からやったものでしょうが、本当に強い人になるにはただ肉体の強さだけでは無く、愛情深く、精神も共に鍛える事が大事だと、ヒョードル選手から学べるように思いました。 引退後の活動や娘が襲われた事件とは? ヒョードル選手は2012年に一度引退しています。 引退後は、ロシアスポーツ省特別補佐官とロシア格闘技連盟の代表を務めながら、若い人たちに総合格闘技やコンバットスポーツを教えていました。 当時はもう、(選手として)格闘技には一切未練は無いと言っていたものの、やはり格闘家としての血が騒いだのか、2015年に日本の総合格闘技団体 「RIZIN」で再びリングに上がり復帰しています。 その後は、2016年6月に Eurasia Fight Nights50(ユーラシア・ファイト・ナイト50)で再びリングに上がって2-0の判定勝ちを収めています! しかし、やはり全盛期のような圧倒的な強さは無く、この試合では結構顔もボコボコにされてますね。 とは言え、さすがに打撃の攻撃はすごいものがあって、まだまだ現役で十分戦えると思います! 今回の試合は、たまたま相打ちになっての事なので、実力的に負けた訳ではないと思いますが、出来ればもう一度対戦して欲しいなとは思いますね・・・。 娘が襲われた事件とは? そして、ヒョードル選手には前妻と今の奥さんとの間に1人ずつ娘がいます。 そのうち、今の奥さんとの間に生まれた次女のワシリサ(9歳)が、2016年10月に何者かに胸を強打され病院に運ばれるという事件が起きました。 犯人は恐らく、南部チェチェン共和国の独裁者カディロフ一派の仕業だと言われています。 理由は、カディロフが以前、格闘技の試合で自身の子供らを含む子供同士を防具なしで戦わせた事に対して、ヒョードル選手が 「危険だ」と言って批判したのがキッカケと言われています。 カディロフはその発言を非礼だとして、ヒョードル選手に謝罪を要求していました。 恐らくその事をヒョードル選手が無視したか何かで、娘が襲われたのではないかと思われますが、その後の詳しい報道はありません。 ヒョードル選手自身は襲われても全然平気でしょうけど、娘さんはそうではないので今後は何事も無ければ良いのですが、親としてはかなり心配でしょうね・・・。 今後また何かあれば追記していきます! こちらの記事もどうぞ! 終わりに 一度は引退したヒョードル選手ですが、やはり格闘家としての血が騒ぐのでしょうか、3年度の2015年に復帰して再び連勝していました。 しかし、2017年の「ベラトール」で負けてしまいましたが、動きを見る限りはまだまだ現役でやれると思うので、今後もヒョードル選手の活動には注目です!.

次の

ヒョードル全盛期が最強の理由、ヒョードルの全盛期に勝てる奴はいない?

ライジン ヒョードル

皇帝ヒョードルが4年ぶりに日本の年末を彩る。 これが日本ラストマッチだ。 ヒョードルは今回新たにベラトールと3戦を契約。 ベラトールのスコット・コーカー代表はその3戦が「引退ツアーになる」と明かした。 12・29日本大会が第一弾で、次はヨーロッパ、最後は母国ロシアとまわる予定だ。 ヒョードルは12年に1度引退し、15年大みそかのRIZIN旗揚げ戦で3年ぶりに復帰。 その後ベラトールを主戦場に戦ってきたが、今度は本当の見納めとなる。 この日、緊急来日し会見に臨んだヒョードルは「私の大好きな国で再び戦えることを光栄に思う」と話し、「最大限の努力をして、最高に美しい試合を目に焼き付けてもらえるようにしたい」と最高のパフォーマンスを約束した。 同じくPRIDEで活躍したジャクソンも約14年ぶりの日本での試合に「めちゃくちゃテンションあがってます」と心を躍らせた。 12・29が「娘の誕生日で、できれば日本に呼び寄せたい」と明かすと、隣に座っていたヒョードルも「私の娘の誕生日も12・29です」。 互いにリスペクトし、不思議な縁でつながる2人が日本の年末を盛り上げる。 また、2大会あわせてベラトールと、RIZINの対抗戦が行われることも発表された。 RIZINの榊原信行実行委員長は5~7試合が望ましいと語り、「(朝倉)未来が先頭に立ってやっていくのもいい」「スコットは(那須川)天心をめちゃくちゃ評価している。 ベラトールに上げたいと思っているでしょうね」と対抗戦の構想を語った。 榊原氏は「最終的に目指すのは(サッカーの)チャンピオンズリーグ。 各プロモーションが戦っても小さな話」。 現在ラグビーW杯が大きな話題になっていることを挙げ、「3年、5年後に格闘技のW杯ができたらいい」と夢を広げた。 人気NO・1力士は誰だ? 今年も大相撲総選挙を実施します。 photo• 相撲・格闘技 比嘉大吾が井岡一翔ら所属のマネジメント会社と契約 []• ボクシング [6月28日 18:21]• 大相撲 [6月28日 7:00]• プロレス [6月28日 0:34]• 格闘技 [6月27日 20:01]• 大相撲 [6月27日 7:40]• プロレス [6月27日 0:07]• 大相撲 [6月26日 18:44]• 大相撲 [6月26日 16:27]• ボクシング [6月26日 15:25]• ボクシング [6月26日 14:57]• 大相撲 元大関豪栄道の断髪式が来年6月に、当初は1月予定 []• 大相撲 [6月28日 7:00]• 大相撲 [6月27日 7:40]• 大相撲 [6月26日 18:44]• 大相撲 [6月26日 16:27]• 大相撲 [6月25日 19:43]• 大相撲 [6月25日 17:54]• 大相撲 [6月24日 18:07]• 大相撲 [6月24日 15:42]• 大相撲 [6月24日 8:00]• 大相撲 [6月23日 22:48]• プロレス 秋山準DDT移籍「思うことあるが男は黙って尽力」 []• プロレス [6月28日 0:34]• プロレス [6月27日 0:07]• プロレス [6月25日 8:28]• プロレス [6月25日 0:00]• プロレス [6月25日 0:00]• プロレス [6月24日 1:14]• プロレス [6月23日 0:00]• プロレス [6月22日 22:52]• プロレス [6月22日 22:09]• プロレス [6月22日 17:11]• ボクシング 比嘉大吾が井岡一翔ら所属のマネジメント会社と契約 []• ボクシング [6月28日 18:21]• ボクシング [6月26日 15:25]• ボクシング [6月26日 14:57]• ボクシング [6月25日 22:13]• ボクシング [6月25日 18:38]• ボクシング [6月25日 18:10]• ボクシング [6月25日 10:18]• ボクシング [6月24日 13:52]• ボクシング [6月24日 13:52]• ボクシング [6月23日 19:35]•

次の