さらば 青春 の 光 事件。 お笑いコンビさらば青春の光、東口宜隆が浮気不倫で大問題に!真相に驚愕!?

さらば青春の光の独立問題や浮気騒動の真実がエグイ!

さらば 青春 の 光 事件

モッズは、音楽や衣服に共通したものを好んでいたようです。 ファッションはモッズファッションと言われるように、ヘアスタイルは前に髪を下ろしたようなモッズカット、ファッションでは、三つボタンのスーツ、ミリタリー調のパーカーなどが好まれたようです。 音楽では、イギリスのザ・フーやスモール・フェイセズなどがモッズたちによく聞かれていたようです。 また、ビートルズは、モッズファッションでデビューしたことは有名ですね。 モッズは、深夜クラブに集まって、ダンスに夢中になったり、ファッションを競い合ったりしていたようです。 また、モッズは、スクーターを愛用していました。 スクーターを利用した理由は、オートバイでは、エンジンが剥き出しになっているのでスーツのズボンが汚れてしまうためだからでした。 スクーターの中でも、ベスパなどという車種のものが好まれたようです。 出典: 本作の舞台は、1960年代のイギリス。 ビートルズ登場前夜でもあったこの時代、それまでの社会通念・大人達の常識に疑問を抱き、荒れる若者達が目立つようになっていました。 「長距離走者の孤独」を書いたアラン・シリトーの作品に出てくる青年はその典型です。 その「怒り」は、様々な形で表現されていましたが、本作の主人公ジミーは、昼間はメッセンジャーボーイとして一応「まともな」仕事をこなしつつ、夜になるとモッズファッションに身を包み、ハイになるためのクスリを飲んで仲間達がたむろする遊び場へと繰り出していました。 仲間たちもそれぞれ昼間は普通に仕事をする若者たちですが、けっして高収入を得る仕事をしているわけではなく、胸のうちには社会や大人に対するもやもやした不満を抱えながら生きていたのです。 フーのピート・タウンシェンドによる同名の本 「四重人格」も出てるけれど、あちらの内容は別モノの短編小説集です。 映画の方はもちろん随所に出てくるモッズ・ファッション、スクーター、 そして当時のモッズのライフ・スタイルが味わえる という意味でも60年代のモッズを知る際には欠かせません。 これと前後してモッズの大リバイバル・ブームが起き、 ネオ・モッズ・ムーヴメントなるものも発生したから、 ここでのライフスタイルは見る人に絶大な影響を与えたのでしょう。 出典: 脚本がイギリスの(今も現役で活動中!)バンドTHE WHOのメンバー、ピート・タウンゼントによるものであり、実際に1960年代当時のモッズたちが好んで聴いていた曲で代表的なもののひとつに彼らの「MY GENERATION」があります。 この曲はまさに「怒れる若者たち」の心情をストレートに映し出したものと言えるでしょう。 またこのほかに、キンクスやロネッツ、カスケーズなど当時ヒットチャートを賑わせた曲がたくさん流れます。

次の

『さらば青春の光がTaダ、Baカ、Saワギ』で「誰も傷つけない笑い」に背を向け「自分が傷つく笑い」を選んだ東ブクロ

さらば 青春 の 光 事件

6日、 森田哲矢、東ブクロ がパーソナリティーを務める『さらば青春の光がTaダ、Baカ、Saワギ』 TBSラジオ 放送中に、東ブクロと肉体関係を持った女性が電話出演し、リスナーが騒然とする一幕があった。 さらばは『キングオブコント』 TBS系 決勝常連で、『M-1グランプリ』 ABCテレビ・テレビ朝日系 のファイナリストにもなっている実力派のコンビである。 事の発端は、同ラジオ内の企画『東ブクロの嫁決定戦』。 こちらは、好感度の低い東ブクロのために、未来の奥さんを探し、結婚をして好感度を上げようというもの。 一般女性が電話出演をして、東ブクロに関するクイズに挑戦するというカロリーの高いものでありながら、続々と女性が参戦を表明。 特に暫定チャンピオンであるAさん 仮名 は「嫁」ではなく、「セフレになりたい」と希望したという。 そんなAさんが6日に対戦したのが、関西在住のBさん 仮名。 このBさんがAさんを超えるインパクトを放ったのだ。 電話トーク中、Bさんは「実は1回東ブクロさんと会ったことがある」とポツリ。 出待ちではなく、2人で会ったことを明かすと、不穏な空気を察した東ブクロが「スタッフ止めろや! 」と大慌て。 森田がどんどんと聞いていくと、2人の出会いはSNSのDM。 Bさんは東ブクロと韓国料理店で食事をしたことを振り返りつつ、「肉体関係もありました」と告白した。 まさかの暴露に、東ブクロは「電話を切れ! アホか! おとなしくしとけや! 」と叫ぶも、森田は大笑い。 次々と質問を投げかけた。 また、翌週13日放送回では、Bさんがネタメールに絡めて、東京へ旅行に行ったことを回顧。 東ブクロにDMで連絡をすると、彼の自宅へ泊まることになった。 家で東ブクロに替えの下着を購入したことを明かすと、「もう濡れてるからちゃうの? 」と言われたとし、2度目の関係を持ったという。 そんな彼女の暴露の数々に、先週までおぼろげな記憶だったという東ブクロは「ハッキリと顔が一致した」とこぼしていた。 「東ブクロは、過去に先輩芸人の奥さんと関係を持ったことで芸人界に衝撃を与えた人物です。 彼の女好きを知っているリスナーは、まさかの展開に驚きつつも、『もう東ブクロさんにプライバシーは無いんですね』『東ブクロみたいなやつを、女遊びは芸の肥やしっていうんやな』『モラルめちゃくちゃで最高に最低な神回だった! 』とつぶやいていました」 芸能ライター 放送中、森田が「天井を打った」と言うほど、リスナーに衝撃を与えた今回の企画。 Bさんに続いて、また東ブクロと関係を持ったという女性が現れるのか、はたまた違った角度で驚かせてくれる女性が現れるのか……。 同企画の続きがいつ放送されるかは未定だが、楽しみに待ちたい。 外部サイト.

次の

「ついにパソコン買いました」さらば青春の光が語る芸人リモート生活 観客と番組企画「枠ない発想楽しみ」(withnews)

さらば 青春 の 光 事件

お笑いコンビ「さらば青春の光」が9日深夜(10日未明)に読売テレビで放送された「マヨなか芸人」(金曜、24・30)に出演。 大手芸能事務所から「さらば-」が契約を解除された直後の13年10月末、東ブクロは、お笑いトリオ「鬼ヶ島」の和田貴志の妻でグラドルだったN(当時)と不倫し、大騒動となった。 しかし、真相はNの「陰謀」だったという。 相方の森田哲矢(36)によると、Nは「先輩の奥さんやのに、コイツ(東ブクロ)にけっこうちょっかいかけて、ずっとホテルに誘われていた」のだという。 1度目に誘われた時は「やめて下さいよ」と断ったが、次の日、Nから電話があり「なんであそこで(ホテルに)いかないの」と怒られたという。 Nは森田にも電話し「『ロンハー(ロンドンハーツ』のドッキリだから、優勝したら60万。 東口君(当時)をはめようと思う。 優勝したら森田君にも分け前あげるから」と持ちかけたという。 森田は怪しい、と思いながらも飲み会を開き、東ブクロもドッキリだと思ってNとホテルへ。 しかし、部屋に入っても何も起こらず、Nに聞くと、「ドッキリじゃないよ」。 さすがに「ヤバイな」と感じたが、女好きの虫は押さえられず、関係を持ってしまったという。 不倫は発覚し、和田は離婚。 しかし、その後、関係者に話を聞くと、実はNがグラドル当時の所属事務所社長Aと不倫関係にあり、和田とNを別れさせるために、A社長が東ブクロと不倫するようけしかけていたことが判明したという。 森田は「陰謀だった」と振り返ったが、東ブクロは「本当にヤッてしまってるんで悪いんですけど…」と小さくなっていた。

次の