たなか あいみ。 田中あいみとは (タナカアイミとは) [単語記事]

田中あいみとは (タナカアイミとは) [単語記事]

たなか あいみ

田中あいみとは、の。 概要 :。 出身地: 養成所に入った後、の友人の勧めにより、をした。 所属後は、輸入食品のお店でをしていた。 小さい時に見ていた『』の影でも好きである。 12年間に通っていた。 そのためか、のを食べたことがない。 ・特技:、鑑賞、、お絵かき、。 放送局では、をやっている。 「」の役が評価され、第10回にて新人賞を受賞した。 発売の用「」に音をしている。 主な出演作品 アニメ• (波)• —機動強襲室第八係- ()• (渡音)• (美和)• ( )• (璃)• (初〈〉)• キッチンン(ミ)• コバde(ニャ)• (香)• (、、、A)• 団地ともお(、、A、、、、、、)• ( )• (・ヴィエント役)• (A)• (吉、)• (小麦)• (館のお客さん)• (ク)• ( ( 美、 、 、 うまる菌)、)• (ちび)• (、、の)• (えり)• (、、)• (、観客、())• わ W()• (子)• (・エン)• (岬)• (孫) ゲーム• (ビコー)• - er-(、、鉋、ホイールクレーン)• (ミィア・ヤガダ)• (うみ)• (ア)• (児手包永)• X( ルクス)• (、PT-、) ラジオ• 田中あいみのよ~い、! () 映画• ヴォ() テレビ番組• 外部リンク•

次の

【悲報】うまる声優の田中あいみ、売れなさそう

たなか あいみ

上野さんは不器用 ジャンル 、 漫画 作者 出版社 掲載誌 レーベル 発表号 5号 - 発表期間 2015年 - 巻数 既刊7巻(2020年3月27日現在) アニメ 原作 tugeneko 監督 月見里智弘 シリーズ構成 月見里智弘 キャラクターデザイン 大和田彩乃 音楽 アニメーション制作 レスプリ 製作 上野さんは不器用製作委員会 放送局 ほか 放送期間 1月 - 3月 話数 全12話 - プロジェクト ・ ポータル ・ 『 上野さんは不器用』(うえのさんはぶきよう)は、によるの。 併記されている英語タイトルは「 How clumsy you are, Miss Ueno. 日本の漫画雑誌『』()にて、当初は2015年5号から8号に短期集中連載の単発として掲載。 その後、同年18号より同誌に復帰し、連載中。 作者独特のポップな絵柄で「さわやかな」が描かれている。 基本的に一話完結型のである。 ストーリー [ ] とあるの。 科学部の部長である女子生徒「 上野」は、意中の後輩である「 田中」に想いを告げるため、彼女自らの発明品を駆使して、遠回しに 不器用な告白を試みる……。 しかし、鈍感すぎる田中のせいでいつも失敗してしまう。 上野の遠回しな「告白」は、した自分のを田中に飲ませようとしたり、自ら着用しているを田中にまさぐらせようとしたりと、奇抜な作戦で田中を恋の罠に陥れるというとんでもないものばかりである。 しかし、田中のリアクションは予想外かつデリカシーの無いものばかりで、上野は毎度翻弄される。 上野の作戦は大抵ことごとく失敗に終わるのだが、ごくまれに田中の予想外な行動により、やをされるといった嬉しいハプニングに至ることもある。 しかし、その場合も上野は赤面して退場してしまい、結局何も進展しないのであった。 登場人物 [ ] 科学部員 [ ] 上野(うえの) 声 - 本作の主人公。 中学3年生の女子生徒。 所属クラスは4組。 科学部の部長。 ツインテールでツリ目。 中学生とは思えないレベルの品を創り出すマッドサイエンティストな天才。 普段は強気な態度だが、ひそかに想いをよせる田中に直接気持ちを伝えられず、発明品を駆使した不器用な告白に毎回挑戦する。 基本的に自分から田中に積極的に想いを伝えようとはせず、「自分はそんなつもりではないが田中が思春期特有の衝動を我慢できずに自分に言い寄ってくる」ように誘導するための発明品を毎回開発する(建前としては世界平和と進歩のための発明品としている)。 田中に対して、自分の尿(濾過済み)を飲ませる、でをたくし上げる など、特殊なをうかがわせる強気とも弱気ともとれる告白を行う。 ただし予想外な展開になると決まって頭が回らなくなり、赤面してしどろもどろになったり、全く動かなくなったりしてしまう。 田中(たなか) 声 - 中学2年生の男子生徒。 気は優しいが鈍感での激しい性格。 その性格ゆえ、の中二男子なら必ず戸惑うような上野の「告白」にもまったく動じず、上野のあの手この手の恋の策略を意図せず次々と破綻させていく。 普段は頼りない後輩男子だが、妹たちの行儀が悪いときはきちんと叱るなど、兄らしい一面も持ち合わせる。 山下(やました) 声 - 中学1年生の女子生徒。 眼鏡をかけていて、理科室ではよく読書をしている。 上野の田中への気持ちを知っており、上野の「告白作戦」にいつも協力している。 基本的に物静かだが、デリカシーのない田中の言動にときどきキレたり、「死ね」「殺す」など激しい発言をすることがある。 小学生のころ、中学校で催された文化祭で科学部を知った。 上野の実験に付き合わされるときに、拒否することもあるが数百円程度のお金で簡単に買収される。 中学校の生徒 [ ] 北長(きたなが) 声 - 3年生の女子生徒。 の部長。 水泳部の覗き対策として、上野にセクシーゾーンを視覚的に護る装置「 キルトハイド」を発明してもらった。 男子の視線にあまり頓着しないのか、理科室で実際にキルトハイドを受け取るなり、いきなりを脱ぎだして全裸になる度胸の持ち主。 山下と同じく上野の気持ちを察しており、田中から「(部長の髪型が)好きです」という発言を引き出す など機転が利く性格。 西原(にしはら) 声 - 3年生の女子生徒。 の部長。 超人的な身体能力を有しておりが激しく、本人曰く「と見紛うほどの」をかく。 上野の発明によって吸収・再回収・濾過した自身の汗を田中に飲ませようとする大胆な性格。 北長と同じく上野の作戦に加わることがあるが、大雑把であからさまな演技により作戦を中断に追い込んでしまう など役には立てていない様子。 南峰(みなみね) 声 - 3年生の女子生徒。 の部長。 姿を覗き見しに来る男子生徒たちに辟易しており、対策として下着の見えないスコート「 リアスコート」の製作を上野に依頼していた。 理屈を長々と語る癖があり、『(は)ではない』が持論でそのため人前でアンダースコート姿になることをいとわない。 また「むずかしいお年頃」ゆえにテニスコートに集まってくる男子を敵視している(南峰は覗きだと思っていたが、実際は南峰目当ての男子生徒だった)。 しかし、猥談や恋愛話を聞くと汗を流して動揺するなど単に異性に免疫がないだけの模様。 彼女に対する田中の率直な「かわいい」という発言を大いに気にし、上野に田中の発言の真意を確かめるつもりで間違ってウエノ13号に聞いてしまい、その場で上野の田中に対する好意も知ってしまい、以降は上野との関係に躊躇するようになる。 東川(うのがわ) 声 - 3年生の女子生徒。 の部長。 上野とは中学入学以前から同じ新体操クラブに通う旧知の仲であり、覗きを監視するための装置「 眼キュー」を開発してもらっている。 中性的な容姿と一人称の「」から、田中には男子であると勘違いされた。 添木(そえぎ) の部長。 2年連続で部長を務める。 野球部に彼氏がいる。 花森(はなもり) 美術部の部長。 男性器に執着があるのか、彼氏がいるという添木に対し「見た?」と発言したり 、『ちんちん』というタイトルで象が交尾しているような絵を描いたりした。 錦辺(にしきべ) の部長。 女子部長定例会の初回で司会を努めた。 田中 みずな(たなか みずな) 声 - 田中の妹。 双子であり、よもぎの姉。 1年2組の女子生徒。 直接顔をあわせるまで、上野は田中の妹たちの存在は一切認知していなかった。 何故か兄にとってタイミングが悪い時に出くわす事が多い。 田中 よもぎ(たなか よもぎ) 声 - 田中の妹。 同じく双子のみずなの妹。 1年6組の女子生徒で山下と同じクラス。 テニス部所属。 二卵性双生児であり体格や髪形などがみずなと異なるため、山下には双子だとは思われていなかった。 兄や姉と同様にがある。 上級生 本編の前日譚 で登場。 名前は不明。 長髪に半目の容姿で、自由奔放な性格。 自身の発明品を誇らしげに語るが、上野とは違って高度な技術は持ち合わせていないようである。 かつて、科学部への入部を躊躇していた上野を強引に入部させた。 上野の発明品 [ ] ダッシュたん 上野が発明した瞬間装置なのだが、自走式のロボットでもあり、ときおり理科室内を徘徊している。 ウエノ13号 上野が発明した自身を模した。 元は用のロボットであり、周囲の細かいところに気が回る。 性格も上野がモデルのため、「乙女力が暴走」して田中にひっついたり、自分のことが好きか直接聞こうとしたりしてしまう。 周囲の人間はなぜかウエノ13号と本物の上野の区別がついていないことが多い。 タモン 声 - 上野の穿いていたに発明品「 サモンスタット」を使ってした生命(のようなもの)。 同作者の『』などに登場する四角いイヌ「 びしゃもん」が黒くなったような姿。 人間の老廃物をエネルギー源にして活動するため、上野の脚にすりよったり、着用済みの衣服を漁って持ち去ったりする。 書誌情報 [ ]• tugeneko 『上野さんは不器用』 白泉社〈ヤングアニマルコミックス〉、既刊7巻(2020年3月27日現在)• 2016年9月29日発売 、• 2017年4月28日発売 、• 2017年10月27日発売 、• 2018年5月29日発売 、• 2018年12月26日発売 、• 2019年3月29日発売 、• 公式アンソロジー小冊子「上野本」付き限定版 同日発売 、• 2020年3月27日発売 、• 公式アンソロジー小冊子「上野本」付き限定版 同日発売 、 テレビアニメ [ ] 2019年1月から3月までほかにて放送された。 ナレーションはが担当。 スタッフ [ ]• 原作 -• 監督・シリーズ構成・演出 - 月見里智弘• キャラクターデザイン・作画監督 - 大和田彩乃• 色彩設計 - のぼりはるこ• 美術監督 - 猿谷勝己• 撮影監督 - 桑良人、板倉あゆみ• 編集 - 横枕洸一• 音響監督 -• 音楽 -• 音楽制作 -• 音楽プロデューサー - 穴井健太郎• 制作協力 -• プロデューサー - 藤井貴大、宮嶋耕平、山田茂樹、穴井健太郎、五十嵐和樹、後藤裕• アニメーションプロデューサー - 清水香梨子• アニメーション制作 - レスプリ• 製作 - 上野さんは不器用製作委員会 主題歌 [ ] 「閃きハートビート」 によるオープニングテーマ。 作詞は林英樹、作曲・編曲は。 「マイペース・サイエンス」 第1 - 3話エンディングテーマ。 作詞は、作曲・編曲は水口浩次、歌は上野()、田中()、山下()。 「ラブミーサイエンス」 第4、5話エンディングテーマ。 作詞は、作曲・編曲は、歌は上野(芹澤優)。 「放課後トラベラー」 第6、7話エンディングテーマ。 作詞はミズノゲンキ、作曲・編曲は、歌は上野(芹澤優)。 「コスモルミナ」 第8、9話エンディングテーマ。 作詞はミズノゲンキ、作曲・編曲は、歌は上野(芹澤優)。 「不器用センセーション」 第10、11話エンディングテーマ。 作詞・作曲は金子麻友美、編曲は水口浩次、歌は上野(芹澤優)。 「心のふりこ」 第12話エンディングテーマ。 作詞は金子麻友美、作曲・編曲は、歌は上野(芹澤優)。 2016年10月24日閲覧。 2017年11月7日. 2017年11月13日閲覧。 TVアニメ「上野さんは不器用」公式サイト. 2018年12月20日閲覧。 単行本6巻「実験その56 トンネルボワール」より。 単行本5巻「実験その46 ヘアキシブル」より。 単行本4巻 「実験その40 フラフループ」より。 単行本6巻「実験その51 UOF」より。 単行本6巻「実験その57 テデスコープ」より。 単行本6巻「実験その60 体験入部」より。 白泉社. 2018年12月26日閲覧。 白泉社. 2018年12月26日閲覧。 白泉社. 2018年12月26日閲覧。 白泉社. 2018年12月26日閲覧。 白泉社. 2018年12月26日閲覧。 白泉社. 2019年3月29日閲覧。 白泉社. 2019年3月29日閲覧。 白泉社. 2020年3月27日閲覧。 白泉社. 2020年3月27日閲覧。 2018年10月25日. 2018年10月25日閲覧。 TVアニメ「上野さんは不器用」公式サイト. 2018年11月21日閲覧。 TVアニメ「上野さんは不器用」公式サイト. 2018年12月13日閲覧。 TVアニメ「上野さんは不器用」公式サイト. 2018年12月20日閲覧。 テレビ放送対象地域の出典:• 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 J:COM. 2018年12月6日閲覧。 MY J:COM. 2018年12月6日閲覧。 TVアニメ「上野さんは不器用」公式サイト. 2018年12月20日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

田中 あいみ

たなか あいみ

田中 あいみ たなかあいみ 声優。 81プロデュース所属。 東京都出身、神奈川県育ち。 2020-06-14• 2020-06-14• 2020-06-14• 2020-06-14• 2020-06-14• 2020-06-14• 2020-06-14• 2020-06-14• 2020-06-14• 2020-06-14• 2020-06-13• 2020-06-13• 2020-06-13• 2020-06-13• 2020-06-12• 2020-06-12• 2020-06-12• 2020-06-12• 2020-06-12• 2020-06-12• 2020-06-12• 2020-06-12• 2020-06-11• 2020-06-11• 2020-06-11• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10.

次の