なつ ぞ ら てる お かっこいい。 イケメン歌手・かっこいいアーティスト総合ランキング

Eve(歌い手)の素顔の写真はかっこいい?本名・年齢などのプロフィールも

なつ ぞ ら てる お かっこいい

「お疲れ、ケイ君っ!」 「あ、あぁ……お疲れ様です、なつさん」 「いやぁ~。 こんなに暑いとグラウンド走ってるだけでも、相当疲れるよねー」 「そうですね。 何か去年よりも暑い気しますよね……」 「そうだねぇ~」 陸上部所属の俺が長距離を走り終え、休憩をとっていると、なつさんが話しかけてきた。 一か月ほど前は一切しゃべったことがないくらいだったのに、日南さん……つまりなつさんの妹の話をするようになってから、大分話す機会が増えた。 最近では、日南さんの話だけではなく、学校で流れている噂だったり好きなことなどについて話すような仲になった。 「あ、やべ……。 水がもう無いや……」 休憩に入って水を大量にとりすぎたせいで、ペットボトルの水が空になってしまっていた。 だが幸いなことに、この高校には冷水器が設置してある。 わざわざ水を買うのも勿体ないので、これは嬉しい。 「あれ、もう無くなっちゃったの? 自販機まで買いに行く?」 「いや……金が勿体ないんで冷水器の方まで行ってきます」 「そっか……私も付いていこうかな」 「な、何でですか……?」 なつさんと行動すると、目立つからあんまり付いてきてほしくないんだが……。 「うーん。 何となくだけどダメなの?」 「いや……。 ダメじゃないですけど、男子部員の目が痛いんですって……」 なつさんは現在、学校一の美少女と言われている。 そんななつさんと楽しそうに話してる奴がいたら、羨ましくなるのも無理はない。 特に、いつも近くにいる陸上部男子部員からすると、妬ましくて仕方がないのだろう。 別に付き合っているわけじゃないんだから勘弁してくれ……。 「べ、別に付いてきてもいいですけど……。 何もないですよ……? 」 「ちょ……露骨に嫌そうな顔しないでよ……。 まぁ、いいや。 ここで待ってるから早く帰ってきてよね! 話したいから!」 「はいはい……」 一緒に話したいと言ってくれる友達がいるなんて……。 俺は恵まれてるよなぁ……。 そんなことを思いながら、俺は冷水器の方まで足を運んだ。 渡り廊下の下のあたりに設置してある冷水器は、日陰になっていてとても涼しい。 それ故に、ここでサボっている部員とかもよく見かけるんだが……。 「はぁ~。 部活ダルいよなぁ~……」 「長距離ばっか走っててもつまんないしな」 うわぁ…………。 冷水器の前には、地面にあぐらをかいて座っている陸上部員がいた。 休憩に入る前から見かけないと思ってたら、ここにいたのか……。 怖い怖い。 影を薄くして、すっと水を飲んだらすっと帰ろう。 声かけられませんように……! 「おい、柊」 「……!?」 最悪だぁ……。 全然喋ったこともないのに声かけられてしまった。 挙動不審にならないように気を付けなくては……。 「お前最近さぁ……なっちゃんと仲良くしてるらしいじゃん」 「な、仲良いって程でもないけど……」 一瞬誰の事か分からなかったが、なつさんのことを言っているようだ。 なつさんは、大体の生徒からなっちゃんと呼ばれているのを思い出した。 「嘘つくなよぉ……。 最近部活の時、楽しそうに話してるじゃんかよ!」 「痛っ……」 冷水器の前で座っていた彼は、いきなり近づいて来て俺の足を自分の靴で踏みつけた。 反射的に言葉が出たが、実際はそれほど痛くなかった。 ……というか、それだけの事で足を踏みつけるとかしてくるなよ……。 「あのさぁ……。 目障りだからなっちゃんと話すのやめてくれない……?」 「…………ふふっ」 まずい。 真面目な顔して小学生みたいな可愛いこと言ってくるもんだから、思わず笑ってしまった。 「お前、何笑ってんだよっ!」 「うわ……ご、ごめん……」 「あんまり人を馬鹿にするんもんじゃねぇぞ……? おい」 「は、はい……。 すいませんでした……」 笑ってしまったのは完全に誤算だった。 こういう時は、穏便に済ませるためにも謝っておかないとな……。 「どうしよっかなーー……。 そうだ、土下座したら許してやるよ」 「おぉ……それいいね。 土下座してみてよ土下座」 「は、はぁ……」 おいおい、マジかよ。 こんなところで……? 流石の俺でも土下座するのは少し抵抗があるぞ……。 「早くっ! 土下座しろよぉ~」 「ど、土下座はちょっと……」 「いいから、はや……」 「ちょっと! 何してるの!?」 いきなり、俺の後方から声がしてきた。 振り向いてみると、そこには困ったような顔をしたなつさんが立っていた。 「うわっ……。 なっちゃん……」 「何してるの? 瀬戸君?」 「な、何にもしてないって~。 なぁ、柊」 「え? あ、ああ」 「ほらな。 何もしてないって言ってるだろ? 楽しく話してただけだって~」 「じ、じゃあ俺ら練習に戻るわっ! またね、なっちゃん」 あいつら……。 なつさんが来た途端にいい顔しやがって……。 「だ、大丈夫? 本当に何もなかった?」 なつさんが俺のことを心配してくれている……! う、嬉しいぞ……。 涙が出そうだ。 「大丈夫大丈夫。 ちょっと話してただけだから」 「ほ、本当に? 土下座しろとか言ってなかった……?」 き、聞こえてたのか……。 正直に言ってもいいが、絡まれて土下座させられそうになったなんて言わない方がいいよな……。 「の、ノリですよ、ノリ。 一番スマートに土下座できるのは誰だ~、みたいな?」 「……ふふっ、どんな遊びなのそれ。 よく分かんないや」 「あはは、変な遊びですよね……」 なつさんは俺の言葉を信じてくれたみたいだ。 良かった良かった。 「あの人達、あんまりいい人じゃないからさ……。 絡まれてるのかと思って心配したよ」 「あはは……大丈夫ですって」 「もし困ったことがあったら遠慮なく言ってね? あきとも仲良くしてもらってるし、私の話し相手にもなってもらってるし、できることならなんでも協力するよ」 「……そう言ってもらえると嬉しいです」 うう……。 本当にいい友達ができたなぁ……。 なつさんはできることなら何でも協力すると、そう言ってくれた。 いつもは可愛らしいイメージのなつさんだったが、その言葉が俺の心に強く響いた。 心の中で、一番言ってほしいと思っていた言葉だったのだろうか……。 この人なら信頼できるかもしれない。 いつからか冷めてしまった俺の心をそう思わせてくれるほどに、彼女の存在は心強く、かっこよかった。

次の

「なつ屋」って知ってる?ふじみ野の絶品やきとん屋さんで幸せになった話

なつ ぞ ら てる お かっこいい

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」109話のネタバレあらすじと感想は? 2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」109話のネタバレあらすじ なつ(広瀬すず)と 坂場(中川大志)は、結婚の報告をするため、十勝の柴田家へやってきました。 坂場は、なつのルーツがここにあるのかと感慨深げです。 なつは、ここへ来ると走り出したくなると言います。 初めて 剛男(藤木直人)に連れられて、この地へやってきたとき、東京の焼け野原とは違う、本物の野原に心が躍り、走り出したこと。 たんぽぽを見つけて、食べたくなったこと。 それでも、これから自分がどうなるかが不透明で、本当は不安だったことを話します。 坂場は、思わず牛たちの中を走りだします。 「え?あ!不安なんだ!ねぇ!糞とかあるから、気を付けて!」 時すでに遅し…坂場は、足を取られ、転んでしまいました…。 「…初めまして。 坂場一久と申します。 」 家に通された坂場は、 泰樹(草刈正雄)、剛男、 富士子(松嶋菜々子)、 夕見子(福地桃子)、 明美(鳴海唯)、 照男(清原翔)、 砂良(北乃きい)、 地平(吉田隼人)、 悠吉(小林隆)、 菊介(音尾琢真)の20個の瞳に注目されながら、挨拶をしました。 「それで?」 「え?」 「挨拶は、それだけですか?」 緊張しすぎて、自己紹介しか口に出せていなかった、坂場にしびれを切らし、富士子は尋ねました。 「富士子ちゃん…こっちからせかさなくても…」 「何言ってんの、早く家族になってくつろいでもらいたんだべさ!」 「ばあちゃん、気が早いべよ…」 「他人の前で、ばあちゃんとか言わないでよ!」 「今…家族っていったばかり…。 」 「だから、まだだべさ!」 そんな、やり取りを聞いて、坂場は改めて気持ちをととのえ、『普通じゃない挨拶』を開始しました。 「あの!私、坂場一久は、なつさんと結婚したいと思っております。 どうか、お許しください。 」 「え~そうなの!なつ!?」 わざとらしい富士子の返しに、たじろぐなつ。 砂良が助け船を出します。 「形だけよ。 」 「え?あ…はい!そういうこと。 」 「そうですか。 わかりました。 ふつつかな娘ですが、どうかよろしくお願いいたします。 」 「かあさん。 ありがとう。 」 「はい!これで済んだね。 」 この形だけの堅苦しさに夕見子が区切りをつけますが、剛男は何だか不満げです。 「したけど…今のは母親のいうことかい?普通は父親でないのか?」 「そだな!」 「何かおかしいと思ったんだ!」 悠吉と菊介も笑いだします。 「したら、あんたからも、何か言って!」 「あ!はい、ふつつかな娘ですが、なつをどうかよろしくお願いします。 」 それは、富士子と全くおんなじセリフでした。 さて、ここまで何も言葉を発していない泰樹に、富士子が促しました。 「なつを、本当に幸せにできるのか?」 坂場は、泰樹の方をきちんと向きなおしますが、それが即答ではないように受け取ってしまった泰樹は…。 「なして、すぐに返事をせん?」 「じいちゃん!」 「無理に違う事言わなくていいんですよ?」 剛男にもたしなめられる中、坂場は返します。 「幸せにします。 …きっと。 」 「きっとって、何じゃ!」 「まぁ!先のことはわからんでしょ!」 なつは、助け船を出しますが、泰樹のもやもやは募っていきます。 「わからんから、約束しとるんじゃ!その、『きっと』が引っかかる。 」 「いや、あの実は…堂々と言えない事情がありまして…。 」 「ねぇ、それはまだいいから。 」 なつは、坂場が現在求職中であることは、伏せていました。 余計な心配をかけたくないからです。 「事情ってなんじゃ。 」 「会社を辞めたんです。 今は、無職なんです。 」 『え~!』 それには、みんな驚きの声を挙げます。 「結婚は、男にとって、けじめじゃ。 仕事もなくて、けじめがつけられるか?」 「働かないと言ってるわけではないから!」 「そうだわ。 何か考えがあって…辞めたんでしょ?」 「いえ、仕事の責任をとって…。 」 坂場の話に、みんなの顔に不安が浮かんできます。 「仕事って…あの映画?」 そうです。 あの、『神をつかんだ少年クリフ』です。 照男と砂良の息子・地平には少し難しかったようです。 「私は面白かったよ!なつ姉ちゃん!」 大学生になった明美は言います。 「明美ちゃんみたいな大学生とかが、たくさん見てくれたら、良かったんだけど…会社に大赤字を出させてしまって…」 「大丈夫だって、仕事なんか。 すぐ見つかるって!ねぇ!イッキュウさん!」 「そうだ!東大だってでてるんだべ!」 「ほら!坂場くんは、イッキュウさんって、呼ばれてるっていうべさ。 ちょうどいい、ここで一休みだ!」 何とか、坂場を盛り立てる面々ですが、泰樹の渋い顔は崩れません。 「仕事を見つけて、ここに来るのが筋だべ。 」 「じいちゃん!」 そう言って立ち上がってしまう泰樹…。 その時です。 「もうどうでもいいでしょや!そったらことは!」 大きな声を挙げたのは、何と…剛男でした。 「この人は、なつが選んだ人ですよ!結婚望んでるのは、他でもないなつだべさ!なつの選んだ結婚相手に文句があるっていうんですか?」 思いがけない剛男の大声に泰樹は驚き、いつもなら立ち去ってしまうであろう場面で、泰樹は改めて座りなおしたのです。 「なつの見る目に狂いはないと…私は信じています。 したって、お義父さんの孫じゃないですか!」 泰樹は、何も言い返せませんでした。 「よし!よく言った!父さん!」 「私も父さんに賛成!」 「俺もだ!咲太郎さんも賛成してくれてるんだろ?」 「もちろん私も大賛成!」 「僕も!」 孫に孫嫁、ひ孫にまで言われてしまっては、ますます泰樹は何も言えませんでした。 「何さ!あんただけいいこと言って。 」 「すまん。 」 「そこで謝るんかい!」 剛男の一言は、緊張が走った家族たちの気持ちをゆるめたようでした。 「おやっさん!」 悠吉は、泰樹に声をかけます。 そして、なつと坂場は、改めて言いました。 「じいちゃん。 お願いします。 」 「なつさんを、必ず幸せにします。 約束します。 」 「初めから、そう言やいいべや。 」 「はい!」 そう言って、泰樹は席を立ちました。 「ありがとう!じいちゃん!」 泰樹は、そのまま放牧している牛たちの元に向かいました。 牛を撫でながら、母屋を見つめ、泰樹は涙を浮かべていました。 これで、なつは東京の人の嫁に行ってしまう…そんな寂しさを抱いていたのかもしれません。 挨拶を終えたなつと坂場は、照男、悠吉、菊介の案内で牛舎にやってきました。 先ほどの剛男のカッコよさをしみじみと思い出すなつ。 現在、剛男は音問別農協の専務で、夕見子にとっても上司になっていました。 そんな夕見子の前で、かっこ悪い姿は見せられないのだろうと悠吉と菊介はからかいます。 「まぁ、でも、富士子ちゃんには弱いけどな(笑)」 そんな中、照男がなつに言いました。 夕見子が、農協ですごいことを考えていると。 最近、その視察旅行のため、外国に行っていたというのです。 そんな話を照男としていて坂場から目を離したなつ…。 坂場は興味津々に、牛飼いの仕事の様子を見ています。 そして、始まってしまいました…。 「いいですね!皆さんの暮らしは!」 悠吉と菊介は、『?』マークを浮かべています。 「生産の美をいくらでも追及できることです。 この暮らしこそが、人間の美徳ですよ!」 「したけど…牛飼いは、どんなにもうからなくても、誰にも文句言えねぇし、まぁ、ただ牛飼いだから、しかたなくやってるだけだわ!」 「それでは、ダメだと思いますね。 」 「は?」 血の気の多い菊介は、坂場にかみつきます。 坂場お得意の一旦人を不愉快にさせる話し方が始まってしまったのです。 「いや、しかたなくやってるなんて言ったら、牛が泣きます!」 「都会から来て、何言ってるんだ!あんたは!牛飼いのことは、何もわからんでしょ!」 「まぁ、やめれや。 」 悠吉は、菊介を制止します。 しかし、坂場は、もちろん止まりません。 そんな坂場の演説を泰樹も陰で聞いていました。 「確かに、人間は食うために働く。 生きるために牛飼いをすることは正しいことだと思います。 しかし、そこに生産することの喜びを見出すことができるから。 牛飼いをすることで、人に喜びを与えることができるからこそ、牛飼いに誇りを持てるんじゃないですか?どんな仕事でも、人を感動させることはできます。 農業にも酪農にも、そういう精神は必要じゃないですか?」 菊介は、茫然としてしまいました。 「おい!何しとる。 早く仕事しろ。 」 「なっちゃん!ごめん!俺、よくわからんわ!」 菊介は、ぶすっとした顔で、仕事へと戻っていきました。 坂場は、またやってしまったというような顔で、なつは呆れたような面持ちになるのでした。 その夜、砂良の父・ 弥市郎(中原丈雄)が、熊をとってきてくれたので、夕飯は熊鍋です。 「結婚と聞いて、無性に熊を撃ちたくなった。 」 「それって…俺のことですか?」 照男は、弥市郎の言葉に苦笑いを浮かべます。 「わしにも銃貸せや…撃ちたい奴がおる。 」 坂場となつは、どきりとします。 「じいちゃん…」 「…ふふ…冗談だべ。 」 すぐに笑顔を浮かべる泰樹でした。 さて、話は夕見子が考えているすごいことにシフトしました。 実は、夕見子が考えているすごいこととは…。 泰樹のバターを作る工場を作ろうということだったのです。 十勝の農協が集まり、乳製品の工場を作ろうというのです。 いわば、酪農家が自ら作る乳業メーカーです。 なつの大好きなふるさとにも、新しい風がふいているのでした。 2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」109話の感想は? 今日の剛男さん、かっこよかったですね~! ここまで、剛男さんが、泰樹さんに頭が上がらなくて、何も言えなかったキャラだったのは、この日のためだったのかと… この出来事は、夕見子の結婚なんてときにも発生するのでしょうか(笑) そういえば、明美ちゃんもさりげなくキャストが大人になってましたね…。 さすがに、13歳大学生役は難しかったですよね(笑) そして、相変わらずのイッキュウさん… 菊介さんタイプの頭に血が上るタイプには、難しいですよね~(汗) でも、剛男さんに言われて、結婚を許した風でしたが…本当に許したのは、あのイッキュウさんの言葉を聞いて、何か思ったんですかね~。 おんじの涙はいつでも牛だけが知ってるのですが、あの後の笑顔が一番、よかったですよ~おんじ。 牛も名演技🐄 — milk que sera sera moomin0135 さすが草刈さん ケンメリのCMみたい 牛とじーちゃんだけど — 黄昏じゅん jundaj じいちゃんも寂しいよなぁ。 でも、なっちゃんが認めた人で結婚したいと思ってるわけだしな。 お父さん本当いいこと言ったよ!! — うめ damascenarose なつの結婚は嬉しい。 でも、遠いところに行ってしまうようで、寂しい。 すんなりと祝福の言葉が出てこなかった心の葛藤、精一杯の抵抗。 じいちゃん、気持ちわかるよ。 — Kaz. Aida 絵買ったり、ライブ行ったり、猫お世話したり、勉強したり KazuhiroAida.

次の

イケメン歌手・かっこいいアーティスト総合ランキング

なつ ぞ ら てる お かっこいい

 お詫びとお知らせ 同一の方による多重投票などの削除作業が一通り完了しました。 諸事情により対応がかなり遅れてしまいました。 申し訳ありません。 新しくシステムを改良しましたので、現在は、以前よりも早い対応ができるようになりました。 今後とも当サイトをよろしくお願いします。 2018年4月17日 ランキング一覧 芸能ジャンル ランキング 動物・ペットジャンル ランキング 食べ物ジャンル ランキング NEW! NEW! NEW! 音楽ジャンル ランキング NEW! NEW! ぜひとも、投票にご協力ください! 投票ルールについて 当サイトでは、一つの項目へ投票できるのは、お一人様一票だけとなっています。 また、人に特定項目の投票を促す事は、禁止とさせて頂いております。 ルールに則った投票をして頂くよう、ご協力お願い申し上げます。 不正投票への対応について 当サイトでは、公正なランキングを作成するため、定期的に不正投票の確認をしております。 同一項目への二票以上の投票や人に特定項目の投票を促す事(オンライン、オフラインを問いません)は、不正投票となり、これらの行為が疑われる場合は、票を削除する事になります。 この際疑わしい投票を全て削除する事になるため、ルールに則った投票までも、削除対象となってしまう事がございます。 予めご了承頂きますようよろしくお願い致します。 また、場合によっては、不正のあった項目の一定期間の投票無効措置(こちらも不正でない投票までも無効となってしまいます。 )や項目自体の削除をする場合もございます。 新しい投票項目の提案について 新しい投票項目の追加を提案(詳しくは、をご覧ください)する際は、既存の投票項目と表記の仕方が同じになるようご協力お願い致します。 (基本的に、提案時の表記のままランキング内で使われる事になるためです。 ) なお、追加の提案ができるのは、一つのランキングにつき、お一人様最大3個までとさせて頂いています。

次の