会 いたい です 韓国 語。 あいうえお(五十音)ー韓国語(ハングル)《すぐわかる対応表》

千葉韓国語講座-千葉韓国学園千葉教室[지바한국학원]

会 いたい です 韓国 語

お申込に必要な書類(各1通) 1. 応募申込書 当財団所定の様式 2. 奨学生身上書 当財団所定の様式 3. 但し新入生は最終卒業校の推薦。 住民票(本人) 7. 次に該当する者は公的機関発行の証明書を添付してください。 生活保護証明 2. 身体障害 家族 証明 3. 長期療養 家族 証明 4. 被災証明(被災10年を経過したものは無効 5. もしくはお近くの民団及び韓国教育院でお取り寄せ下さい。 書類の提出 お近くの民団地方本部へ提出してください。 教育院へは民団から直接伝達され、最終的に財団に届きます。 注意事項 必ず民団及び教育院の推薦を受けてください。 推薦が無いと減点される場合があります。 奨学生選定 本財団の選考基準に従って書類審査、必要によっては面接審査のうえ決定いたします。 審査の結果はメールにて発表いたしますので必ずパソコンのメールアドレスを記載ください。 9,600人、18億円。 過去約50年間にわたる韓国教育財団の奨学金支給実績(2018年3月末現在)です。 充分とは言い切れないがゆえの忸怩たる思いと、在日の先輩世代のご苦労と誇りが混在する数字でもあります。 その後の日本は大学進学率が高まり、やがて少子化が進み、グローバリズムの高潮が在日同胞青少年の眼を日本や韓国以外の第三国へと誘いつつあります。 いわゆるバブル崩壊後には奨学金支給の原資となる基金の運用益確保が困難になり、支援のご寄付もともすれば滞りがちと、財団を取巻く環境も厳しさを増しておりますが、そんな折、財団への特定目的寄付金で創設されたMBA奨学金制度の受給第1号の出現は、在日同胞若人の新たな可能性を示すかのような快挙であり朗報でした。 この制度はその後、碧夆奨学金と命名され、受給対象をMBA、ロースクール、さらには大学院全般へ拡げ、米国トップスクール向け奨学金として今日に至っております。 韓国教育財団は、皆様の温かいご支援を若者たちの未来に活かしてまいります。

次の

会いたい: 韓国ドラマまとめカフェ

会 いたい です 韓国 語

メニュー• ホーム• 日韓友好協会とは• 留学について• 韓国長期留学• 韓国短期留学• 韓国1週間留学• その他の留学• その他の留学 オンライン• 留学までにしておくべきこと• 無料説明会・カウンセリング• 留学申込と手続きの流れ• ビザについて• 韓国語学習について• お申し込み後のサポート• 宿泊先案内• 留学保険・航空券・Wifiについて• その他のサポート• ソウルでのサポート• 参加者の声• 長期留学参加者の声• 短期留学参加者の声• 1週間プログラム参加者の声• よくある質問• アクセス・会社案内• 東京事務所• ソウルオフィス 長期・短期の韓国留学は日韓友好協会にお任せください。 留学前のサポートとして、無料説明会やカウンセリングを実施していますので、是非ご参加ください。 また、留学後のサポートも、宿泊先のご案内や海外留学保険・航空券・現地サポートなどを中心に幅広い業務を行っております。 名門大学が保証する最高の韓国語課程。 授業は会話中心、実用会話を多様な演習を通して学ぶことができます。 他にも文化体験やサークル活動、高麗大学生との多様な交流があります。 トウミ制度ありの3週間プログラム。 長期間が難しい方の為の3週間短期コースです。 バラエティーに富んだコースで充実した留学生活を送れます。 韓国人学生紹介(トウミ)が人気です。 ースタッフ募集のお知らせー• 東京/大阪/名古屋(4~6月)•

次の

外務省: チャレンジ41か国語~外務省の外国語専門家インタビュー~

会 いたい です 韓国 語

| チャレンジ41か国語~外務省の外国語専門家インタビュー~ 2009年9月 韓国語の専門家 廣瀬さん (アンニョンハシムニカ)=こんにちは! 小学校時代から、家族と一緒に海外で生活したことのある廣瀬さん。 様々な外国語が飛び交う環境の中で、特に韓国語の音の響きに魅了されたそうです。 アジアと日本の関係に興味を持ち、外務省に入省した廣瀬さんは、「いつか学びたい」と思っていた韓国語の専門家になりました。 ハングル文字と音順(字母の順序)を覚えないと辞書は引けないのですが、日本語には無い微妙な音が聞き取れないため、なかなか正しい単語を探し出せず、一文を完成するのにも一苦労!スムーズに辞書が引けるようになるまでが第一関門ですね。 でも、韓国語は日本語と文法や単語が似ていて、日本人には親しみやすく、勉強しやすい語学なのでお勧めです。 」 雪岳山(ソラク山)にハイキング。 岩盤には名前などが刻まれています。 右が廣瀬さん。 例えば、『カ』という音ひとつをとっても、日本語の『カ』に近い音もあれば、発音前に小さなツをつけて『ッカ』と強く発音する濃音(のうおん)や、喉から息を一気に出しながら『カァ』と発音する激音(げきおん)もあり、強い音が特徴的です。 また、『イェ』『ウァ』という二重母音などの優しい響きも耳に心地いいですね。 語学習得法の1つにネイティブの真似をするというのがありますが、私は韓国語の音が好きだったので、韓国人の話を聞いて、楽しく発音を真似ました。 それから、韓国語には敬語が何種類かあるのですが、硬いものだけではなく、柔らかく親しみを込めた敬語というのもあるのですよ。 逆に『パンマル(ため口)』の歯切れの良さやテンポも好きですね。 」好きな言葉を楽しく勉強できるのは理想的ですね。 「たまたまお店に入ったのがきっかけですが、店のおばさんやアルバイトの学生がとても親切で、私が店の前を通りかかるたび『おいでおいで』と呼んでくれたのです。 外国人の私が韓国語を学ぶのがうれしかったようで、私のつたない韓国語にずっと付き合ってくれました。 何も注文しないのに長居させてもらう日もありました(笑)。 」廣瀬さんは、今でも当時のアルバイトの学生と大の仲良しです。 廣瀬さんによれば、プデチゲは、辛いスープにスパム(缶詰ハム)、ソーセージ、インスタントラーメン、野菜などが入っているもので、諸説ありますが、「部隊鍋」という当て字があり、戦時中、在韓米軍が用いていた食材を利用して作ったと言われているそうです。 「研修中は、とにかく『韓国人と一緒に学び、一緒に遊ぶ』ことを第一目標にしていましたので、住居も韓国では一般的な下宿にしました。 でも、学生20人暮らしでトイレ・シャワー共用の生活は、毎日ハプニングばかり。 夏は、暑いからお湯は必要ないと水シャワーの日が続き、冬はオンドル(韓国の床暖房)の温度調整が個室毎にできないので寒すぎて眠れなかったり、逆に熱すぎて火傷しそうになったり、本当に色々ありました(笑)。 」下宿のほぼ全員が韓国人学生とのことですが、なぜそんなに多くの韓国人が下宿しているのですか?「韓国の学歴社会は有名ですが、ソウルの大学を卒業していることが重視されるようなので、地方から多くの学生がソウルに来ているんですね。 」ソウルには、韓国の人口の4分の1が集中していて、極度の人口密集地帯となっているそうです。 韓国服(パジチョゴリ)を着て街を歩く人。 「日本との違いを感じたのは家族関係ですね。 韓国では儒教思想の影響で、親や年長者に敬意を払います。 例えば、友人の家庭では、父親が仕事から帰ってくると、家族全員が部屋から出てきて、『お父様、お帰りなさいませ』と迎えるんですよ!子供達が常に父親には敬語を使うのに対し、母親には敬語の時とそうでない時があるのが印象的でした。 また、韓国の女性は普段から良く働きますが、特に秋夕(チュソク)と呼ばれる旧盆には、たくさんの先祖供養のお供え物を準備しなければならず、女性陣はてんてこ舞い。 私もお手伝いをしたことがありますが、みな朝から晩まで台所に立ちっぱなしで、感心しました。 仕事を通じて更に高度な韓国語を習得中の廣瀬さんに、早速交渉の通訳という大役が任されることに。 「初めての通訳がいきなり複雑な条約交渉で、散々たる出来でした。 この条約は、そもそも英語で書かれているのですが、それを日本語と韓国語で協議をしているので、通訳しながら途中で頭が混乱。 その度に日本側関係者に条文の詳細な意味などを教えてもらい、助けてもらいました。 」廣瀬さんは交渉内容に関する十分な理解がなければ、正確に訳すことはできないということを、この経験を通じて実感したそうです。 また、職名や続柄に『様(ニム)』をつけることが多いのです。 通訳する時は、日本語の謙譲語等を尊敬語に置き換え、発言者より地位の高い人には全て『様』をつける必要があります。 その切り替えに慣れるまでに時間がかかりました。 例をあげると、『課長はいますか?』と電話があった場合の応対は次のようになります。 」 日本語:課長は、午後5時まで外出すると言っていました。 韓国語:課長様は、午後5時まで外出するとおっしゃっていました。 上下関係が敬語に反映されるので、年齢は重要情報なんです。 」韓国では、お酒を飲んだりタバコを吸う時、目上の人に対し正面を向かず、少し斜めの体勢をとるそうです。 これは自分が相手と対等では無いことを表現するためだとか。 また、日本でも、電車などで年配の方に席を譲る習慣がありますが、韓国はもっと厳しいそうです。 廣瀬さんは、電車で座っている時、目の前に年配の人が立った事に気がつかず、その人から『何故席を譲らないのか』と叱られたことがあったそうです。 浮石寺の僧侶。 右側に極彩色の太鼓があります。 「そうですね。 似ているので、つい日本の常識や習慣で見てしまうのですが、異なる所はたくさんあるので、『似て非なるもの』という認識を持つことが重要だと思います。 私は、韓国と日本では、特に人と人の距離感が違うと思うのです。 例えば、韓国人が銭湯(大衆浴場)で『垢すり』をすることは日本でも知られていますが、知らない人同士でも当たり前のように背中をこすり合います。 実際に、銭湯で隣に座った人が急に私の背中をこすり始めた時はびっくりしました。 そして、その人は方向転換して『はい、私の背中もお願い』という感じなんです。 また、大きな荷物を持ってバスに乗ると、前に座っている人が無言で私の荷物を取って膝の上に載せるんです。 最初はとても焦りましたが、その人は親切で荷物を持ってくれたんですよ。 日韓の違いは、美意識にも感じられます。 お寺を例にあげると、日本は柱や装飾が整然としていますが、韓国は隙間やずれ、ゆがみがあって、一見雑な造りに見えます。 韓国では、木や石など素材本来の良さと形状を生かす事に美を見いだしているからなんです。 」お互いの違いを知り、尊重しあうことが大事ですね。 「2005年に日韓国交正常化40周年を記念した日韓友情年イベントとして、ソウルで『』が行われました。 日韓の様々なお祭り団体などが参加し、同じステージやパレードで踊ったり、舞ったりする画期的なイベントでした。 うれしい事にこれが今でも年1回行われていて、日本からは青森のねぶたや秋田の竿灯、よさこいソーランが参加し、韓国側からはサムルノリ(伝統楽器を用いた演奏)などが披露されました。 こういう市民交流が続いていってほしいですね。 韓国では一般的に日本に対する関心が高いのですが、日本人と韓国人がお互いのことを十分理解しているかについては若干疑問が残ります。 私は、小さい事でも日韓の「架け橋」になれた瞬間、心からうれしいと感じます。 だから今後も言葉を磨き、日韓のコミュニケーションのお手伝いをしていきたいですね。 」お隣の国ですから、お互いをよく知り、仲良くつきあっていきたいですね。 廣瀬さん、サポートよろしくお願いします!.

次の