とり いち 西大井。 酉の市

酉の市

とり いち 西大井

110席• 座敷席あり• 掘りごたつ席あり 宴会最大人数• 70名様(着席時) 貸切可能人数• ~70名様• 喫煙可(店内に喫煙スペースあり/加熱式たばこ限定) 喫煙ブースあります(紙たばこOK) バリアフリー• 受け入れ対象:• 乳児からOK ペット同伴• 同伴不可 携帯・Wi-Fi・電源• 携帯の電波が入る( ソフトバンク 、NTT ドコモ 、au )• Wi-Fi使えます( 無料接続可 ) その他の設備・サービス• 23時以降も食事ができる• 日曜営業あり.

次の

とりいちず 大井町西口店(大井町/居酒屋)<ネット予約可>

とり いち 西大井

の末社・大鷲神社の「酉の市」で、縁起熊手を売る露店。 酉の市は、、酉の寺、大鳥神社など鷲や鳥にちなむ寺社のとして知られ、関東地方を中心とする祭りである。 多くの露店で、威勢よくして「」を売る祭の賑わいは、のである。 なお、愛知県名古屋市の稲園山七寺(大須七寺、長福寺)などで行われる「(えびす祭・えべっさん)」は、が異なり酉の市とは全く関係が無い。 鷲神社は、(やまとたけるのみこと)を祀り、武運長久、開運、商売繁盛の神として信仰される。 関東地方では()が鷲神社の本社とされる。 同社の祭神は、、、である。 日本武尊がの際、同社で戦勝を祈願したとされる。 古くからこの神社を中心に「酉の日精進」の信仰が広まり、12月の初酉の日には大酉祭が行われる。 には、花又村(現・東京都)にある(鷲大明神)が栄え、「本酉」と言われた。 この花又鷲大明神を産土神とする近在住民の収穫祭が、江戸酉の市の発祥とされる。 現在の同社の祭神は日本武尊で、東征からの帰還の際、同地で戦勝を祝したとされる。 江戸時代には、花又の鷲大明神()は鷲の背に乗ったとされた。 この神社の酉の市は、15世紀初めの年間に始まるとされ、参詣人は、を献納して開運を祈り、祭が終了した後浅草観音堂前()に献納した鶏を放った。 江戸時代後期から、最も著名な酉の市は、の(おおとりじんじゃ)と酉の寺 長國寺(とりのてら ちょうこくじ)境内で行われた酉の市である。 江戸時代には浅草の鷲大明神()は鷲の背に乗る妙見菩薩とされた。 「現在の足立区花畑の大鷲神社を「上酉、本酉」、千住にあるを「中酉」、浅草の鷲神社と酉の寺 長國寺を「下酉、新酉」と称しており、江戸時代に盛大な酉の市はこの3カ所であった。 幕末には巣鴨、雑司ヶ谷などの大鳥神社でも酉の市が開催されるようになる。 明治時代になると千住・勝専寺の酉の市は閉鎖されたが、江戸時代から続く酉の市はいくつかあり現在も賑わっている。 浅草の鷲神社と酉の寺 長國寺の東隣には新吉原という遊郭が存在し、酉の市御例祭の日には遊郭内が開放されたといわれ、地の利も加わり最も有名な酉の市として現在に至る。 規模(熊手店約150店舗・露天約750店)賑わい(毎年70万人~80万人の人出)とも日本一の酉の市である。 酉の市で知られる寺社 [ ] 「」も参照 酉の市を開催することで知られる著名な寺社には以下のものがある。 下記以外にも南関東で酉の市(熊手市)を行う寺社は複数ある。 由来 [ ] 酉の市の由来は、との双方から、それぞれ異なる解説がされる。 神道の解説では、大酉祭の日に立った市を、酉の市の起源とする。 大鳥神社(鷲神社)の祭神である日本武尊が、東征の戦勝祈願を鷲宮神社で行い、祝勝を花畑の大鷲神社の地で行った。 これにちなみ、日本武尊が亡くなった日とされる11月の酉の日(鷲宮神社では12月の初酉の日)には大酉祭が行われる。 また、浅草・鷲神社の社伝では、日本武尊が鷲神社に戦勝のお礼参りをしたのが11月の酉の日であり、その際、社前の松に武具のを立て掛けたことから、大酉祭を行い、熊手を縁起物とするとしている。 仏教(浅草酉の寺・)の解説では、鷲妙見大菩薩の開帳日に立った市を酉の市の起源とする。 (2年)11月の酉の日、の宗祖・が、鷲巣(現・)の小早川家(現・大本山鷲山寺)に滞在の折、国家平穏を祈ったところ、明星()が明るく輝きだし、鷲妙見大菩薩が鷲の背に乗り現れ出た。 これにちなみ、浅草の長國寺では、創建以来、11月の酉の日に鷲山寺から鷲妙見大菩薩の出開帳が行われた。 その後1771年(明和8年)長國寺に鷲妙見大菩薩(鷲大明神)が勧請され、11月の酉の日に開帳されるようになった。 実際の祭りは、花又の鷲大明神の近在農民による収穫祭が発端といわれる。 鷲大明神は鶏大明神とも呼ばれ当時氏子は鶏肉を食べる事を忌み、社家は鶏卵さえ食べない。 近郷農民は生きた鶏を奉納し祭が終わると浅草寺観音堂前に放ったのである。 このように鶏を神とも祀った社は、綾瀬川に面しているため水運による人、物の集合に好適であった。 そのため酉の日に立つ市には江戸市中からの参詣者も次第に多くなり、そこでは社前で辻賭博が盛大に開帳されたが安永年間に出された禁止令により賑わいは衰微する。 かわって、酉の市の盛況ぶりは浅草の鷲大明神へと移り、最も賑わう酉の市として現在に至るのである。 また浅草鷲大明神の東隣に新吉原が控えていたことも浅草酉の市が盛況を誇る大きな要因であった。 時代が下るにつれ江戸の各地で酉の市が開かれるようになり、今では関東の多くの寺社で開催されるようになった。 このように酉の市とは、秋の収穫物や実用の農具が並んだ近郊農村の農業市が江戸市中へと移行するに従い、招福の吉兆を満載した飾りなどを市の縁起物とする都市型の祭へと変遷してきたのである。 習俗 [ ] 大鷲神社の酉の市。 神社がを頒布している。 熊手守りと縁起熊手 [ ] 「酉の市」の立つ日には、おかめや招福の縁起物を飾った「縁起熊手」を売る露店が立ち並ぶ。 また、市を開催する寺社からは小さな竹に稲穂や札をつけた「熊手守り」が授与され、福を「掃き込む、かきこむ」との洒落にことよせ「かっこめ」と呼ばれている。 元々は鷲神社周辺の農民のために縁日の境内で熊手やなどのを販売していたのが、次第になどの縁起物がオマケとして農具につけられるようになり、それが今日の装飾熊手の由来となっている。 酉の市の縁起物は、江戸時代より熊手の他に「頭の芋(とうのいも)」(唐の芋)や粟でつくった「黄金餅(こがねもち)」があった。 頭の芋は頭(かしら)になって出世する、芋は子芋を数多く付ける事から子宝に恵まれるとされ、黄金餅は金持ちになれるといわれた。 しかし幕末頃から売られるようになった「」が黄金餅に変わって市の縁起物となり今日にいたっている。 本格的な寒さを迎えるこの時期、これを食べれば風邪を引かないといわれる。 縁起物の代表である熊手は、が獲物をわしづかみすることになぞらえ、その爪を模したともいわれ、福徳をかき集める、鷲づかむという意味が込められている。 熊手は熊手商と買った(勝った)、まけた(負けた)と気っ風の良いやり取りを楽しんで買うものとされ、商談が成立すると威勢よくが打たれる(商品額をまけさせて、その差し引いた分を店側に「ご祝儀」として渡すことを「な買い方」とする人もおり、手締めはこの「ご祝儀」を店側が受け取った場合に行われる場合が多い。 つまり、この方法でいくと結局は定額を支払っているわけだが、ご祝儀については明確に決まっているわけではなく、差し引き分以上の場合もあれば、小銭程度であったりと買い手側の意思に依存している)。 熊手は大小様々なものが売られており、主に売り手の思惑により年々大きくしてゆくものともされている。 三の酉 [ ] 「酉の日」は、毎日にを当てて定める日付け法で、「酉」に当たる日のこと。 これは、12日おきに巡ってくる。 ひと月は30日なので、日の巡り合わせにより、11月の酉の日は2回の年と3回の年がある。 初酉を「一の酉」、次を「二の酉」、3番目を「三の酉」と言う。 「三の酉」まである年はが多いとの俗説がある。 そのため、三の酉がある年には平年にもまして、歳末にかけて、社会一般で火の用心が心がけられ、熊手の多くは縁起に「火の用心」のシールを貼って売りだす。 なお、三の酉は、およそ一年おきにあるため、さほど珍しいわけではない( 「」を参照)。 また、浅草の・酉の寺 長國寺では、が近かった為、 酉の市にかこつけて旦那衆が家を空け吉原に遊びに行くのを防ぐために、家の女房が三の酉は火事が多いと言ったとの説もある。 切り山椒 11月の「酉の日」一覧 [ ] 年 月 日 一の酉 二の酉 三の酉 2001年(平成13年) 11月 6日 18日 30日 2002年(平成14年) 1日 13日 25日 2003年(平成15年) 8日 20日 2004年(平成16年) 2日 14日 26日 2005年(平成17年) 9日 21日 2006年(平成18年) 4日 16日 28日 2007年(平成19年) 11日 23日 2008年(平成20年) 5日 17日 29日 2009年(平成21年) 12日 24日 2010年(平成22年) 7日 19日 年 月 日 一の酉 二の酉 三の酉 2011年(平成23年) 11月 2日 14日 26日 2012年(平成24年) 8日 20日 2013年(平成25年) 3日 15日 27日 2014年(平成26年) 10日 22日 2015年(平成27年) 5日 17日 29日 2016年(平成28年) 11日 23日 2017年(平成29年) 6日 18日 30日 2018年(平成30年) 1日 13日 25日 2019年(令和元年) 8日 20日 2020年(令和 02年) 2日 14日 26日• 参照資料: 脚注 [ ] []• を参照。 なお、遠景に呼応するように左下にもをかたどった簪(かんざし)を描き込んでいるが、こちらはと松茸を配した、やや艶っぽい暗示のものとなっている。 では()が本社とされる(岡田米夫「全国著名神社案内記」東京大神宮刊)。 関東各地にある鷲神社との関係は明らかでない。 ご利益• 例えば、11月3日が酉の日(一の酉)の年の場合、12日後の15日(二の酉)、さらに12日後の27日(三の酉)が酉の日に当たり、11月中に3回、酉の日が生じる。 しかし、11月8日が酉の日(一の酉)の年の場合、次の20日(二の酉)との2回、11月中に酉の日が生じ、その次の酉の日は12月2日となる。 結局、11月1日から6日までに一の酉がある年は三の酉まで生じ、7日から12日までに一の酉がある年は二の酉までとなる。 3つの俗説 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 浅草・鷲神社• - 浅草・酉の寺酉の市• - 浅草・酉の寺• - 花園神社• A photoset on Flickr by titanium22:•

次の

【東京 西大井 とりいちの鯨】美味しいものしか食べたくない!

とり いち 西大井

「酉の市(とりのいち)に行きたいんだけど、いつ開催されるんだっけ?たしか毎年、日付が変わるよね・・・」 「どこで酉の市は開催されるんだろう?新宿や浅草だっけ?場所が知りたい・・・」 「酉の市で熊手(くまで)を見かけたけど、何に使うんだろう・・・私が買ってもいいのかな?」 毎年秋になると開かれる酉の市(とりのいち)。 「酉の市に行きたい!」と思ったとき、「いつ、どこで酉の市は開催されるの?」と気になりますよね・・・ こんにちは、神社お寺の投稿サイト「ホトカミ」運営代表の吉田です。 今回取り上げるテーマは 「酉の市」。 新宿にある花園神社(はなぞのじんじゃ)の酉の市の様子 こちらの写真は2年前、私が酉の市に行ったときの思い出の一枚。 私は2016年から毎年、酉の市に行ってます。 もちろん、今年も行くつもりです。 私の友達の若手俳優Tさんは、芸人の有吉弘行さんが酉の市で熊手を買って再ブレイクしたとラジオで聞いて以来、「熊手を買って人気になってドラマに出演したい!」と思っていました。 しかし毎年、酉の市のタイミングを忘れ、結局3年ほど経った昨年ようやく熊手をゲット。 それ以来、テレビなどの仕事が増えてきたそう。 彼の後悔は、 「もっと早く、酉の市に行きたかった!!(涙)」 そこで今回は、あなたが2019年の酉の市に安心して行けるように、 酉の市の日程、新宿や浅草などの酉の市で有名な神社、そして気になる熊手の買い方や飾り方、 さらに酉の市が開催される40ヶ所の神社まで、 あなたが酉の市を行くためのすべての情報を紹介します! 酉の市を楽しみ、神社にお参りして欲しいなという気持ちを込めて書きました。 ぜひ、最後まで読んでくださいね。 それでは早速、2019年の酉の市の日程を紹介します。 まずは、日程をチェックしましょう! 2019年(令和元年)の酉の市はいつ? 酉の市とは、毎年11月の酉の日(とりのひ)に行われるお祭りのことです。 日本のカレンダーには、十二支(じゅうにし)の「子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・・・」という12種類の動物が毎日決められています。 そのため酉の日は、12日ごとに回ってきます。 平成最後となる、2019年(令和元年)の酉の市(とりのいち)は以下の日程で開催されます。 一の酉:2019年11月8日(金曜日)• 二の酉:2019年11月20日(水曜日) 1回目の酉の日を一の酉(いちのとり)、2回目の酉の日を二の酉(にのとり)、3回目の酉の日を三の酉(さんのとり)と言います。 2019年は二の酉まであるので、もし一の酉を逃しても、あと1回酉の市にいくチャンスがあります。 酉の市が開催される日付を忘れないように、今すぐカレンダーや手帳に書き込み、 「気づいたら酉の市が終わってしまっていた・・・」という後悔をしないようにしておきましょう。 ちなみに、来年2020年の酉の市は、以下の日程で開催されます。 一の酉:2020年11月2日(月曜日) 二の酉:2020年11月14日(土曜日) 三の酉:2020年11月26日(木曜日) 「来年の酉の市はいつなのか」気になる方もカレンダーに書き込んでおきましょう。 平成から元号が変わっても、この日付さえメモしておけば、安心です。 「2019年の酉の市は、いつなのか?」わかったところで、 次は関東三大酉の市など、 酉の市で有名な神社やお寺を6社紹介します! 関東三大酉の市など、有名な神社を6社紹介 2019年の酉の市は、11月8日(金)、11月20日(水)に開催されるとわかりました。 日程がわかったので、「どこの酉の市に行こうかな?」と行き先が気になりますよね・・・ ここでは、酉の市で有名な神社を6社紹介します! 関東三大酉の市とは? まずは、有名な関東三大酉の市(かんとうさんだいとりのいち)を紹介します。 それでは、ひとつひとつの神社を見ていきましょう! 新宿の酉の市は、花園神社(はなぞのじんじゃ) 日中にも関わらず多くの人でにぎわう 新宿にある花園神社(はなぞのじんじゃ)の酉の市は、毎年約60万人もの人々が訪れます。 明治時代に始まった花園神社の酉の市では 見世物小屋(みせものごや)が出されるため、見世物小屋を楽しみに訪れる方も多いです。 花園神社は歌舞伎町にあり、新宿の街の発展や商売繁盛(しょうばいはんじょう)を願ってお参りする方も多いです。 切山椒(きりさんしょう)はおもちのお菓子。 山椒は縁起の良いものとして、古くから親しまれています。 熊手立ても神社で頂くことができます。 2019年(令和元年) 大酉祭(おおとりさい) 一の酉 11月7日(木) 前夜祭 ・8日(金) 本祭 二の酉 11月19日(火)前夜祭 ・20日(水) 本祭 場所:東京都新宿区新宿5-17-3 アクセス:東京メトロ丸の内線・副都心線・都営新宿線「新宿三丁目駅」E2出口 徒歩30秒 JR・小田急線・京王線「新宿駅」東口 徒歩7分 首都高速4号新宿線 新宿出口より5分 都営バス 品97系統 新宿西口行き 「新宿三丁目」徒歩3分 都営バス 早77系統 早稲田行き 「新宿伊勢丹前」徒歩3分 浅草の酉の市は、鷲神社(おおとりじんじゃ)・長國寺(ちょうこくじ) 江戸時代に始まった浅草にある鷲神社(おおとりじんじゃ)と長國寺(ちょうこくじ)の酉の市は、日本最大。 熊手のお店は約150店舗、屋台などの出店は750店舗にのぼり、毎年70万人以上もの人々が訪れます。 公式ページにて、屋台や熊手のお店の地図も表示されています。 鷲神社(浅草)では、酉の市限定の御朱印を頂けます。 (500円) 鷲神社では、酉の市の特別なお祭りに参加可能 鷲神社では、 酉の市御祭儀(とりのいちごさいぎ)という酉の市の特別なお祭りに参加することができます。 このお祭りは酉の市当日だけでなく、前日にも開催されます。 参列される方は、下記の時間の15分前までの受付を済ませましょう。 宵 宮 祭 10月7日(木) 23:15~ 11月19日(火) 23:15~ 当 日 祭 11月8日(金)13:00~ 11月20日(水)13:00~ 鷲神社、酉の市の特別なご祈願 鷲神社では、酉の市だけの特別なご祈祷を受けることができます。 初穂料は5,000円からです。 長國寺の酉の市特別祈願 長國寺では、ご本尊である鷲妙見大菩薩(鷲大明神・おとりさま)が開帳している間、 特別なご祈願を終日(午前2:00~午前9:00をのぞく)行っています。 とくに酉の市が始まる深夜午前0時、ご開帳法要直後の第一回ご祈願に多くの人々が集まります。 ご祈願のあと、赤飯などもいただくことができます。 神社の社務所で、熊手をいただくことができます。 2019年の酉の市 11月8日(金) 11月20日(水) 場所:東京都府中市宮町3-1 アクセス:京王線 府中駅南口から徒歩5分 JR南武線・武蔵野線 府中本町駅から徒歩5分 ここまで関東三大酉の市である、花園神社、鷲神社・長國寺、大国魂神社を紹介しました。 次に、練馬大鳥神社と横浜の金刀比羅大鷲神社を紹介します。 練馬の酉の市は、大鳥神社(おおとりじんじゃ) 練馬の大鳥神社も酉の市で有名です。 練馬駅の南側一帯には屋台や商店街のお店が出され、多くの人々でにぎわいます。 2019年の酉の市 11月8日(金) 11月20日(水) 場所:東京都練馬区豊玉北5-18 アクセス:西武池袋線 練馬駅 都営大江戸線 練馬駅 横浜の酉の市は、金刀比羅大鷲神社(こんぴらおおとりじんじゃ) 横浜の金刀比羅大鷲神社の酉の市は、 横浜市の無形民俗文化財にも指定されています。 熊手祓い(くまでばらい)という酉の市の特別なご祈願もあり、神社や出店でいただいた熊手をお供えして、祈願してもらうことができます。 公式ページによると、酉の市の当日に受付をしているとのことです。 提灯は職人さんがひとつひとつ手作りしている 2019年の酉の市 11月8日(金) 11月20日(水) 屋台出店予定時刻 11:00~23:00 場所: 神奈川県横浜市南区真金町1-3 アクセス:横浜市営地下鉄 阪東橋駅より 徒歩5分 ここでは関東三大酉の市に加えて、練馬と横浜で有名な酉の市も紹介しました。 2019年の日程も確認し、行き先もチェックしたので、これでひとまず酉の市に行くことができますね! 「お住いや職場の近所で酉の市を開催している神社があったらいいなぁ」などと、他の酉の市も気になる方のために、 酉の市が開催される34ヶ所の神社やお寺をまとめました。 ぜひ、もチェックしてみてください。 次に「そもそも酉の市ってなに?鳥と関係しているの?」という疑問にお答えするために、 酉の市について、わかりやすく説明してみました。 「酉の市」について、わかりやすく説明してみた 実は 酉の市は、江戸時代から200年以上も続く伝統あるお祭りなんです。 ここでは、歴史ある酉の市について、わかりやすく説明してみました。 さらに「どんな神社で酉の市は開催されるのか?」「なぜ、三の酉は火事が多いのか?」といった酉の市にまつわるエピソードも紹介します。 この記事を読んで酉の市に行けば、さらに酉の市を深く味わえること間違いなし。 それではまず、わかりやすく酉の市を紹介します! 酉の市とは、毎年11月の酉の日(とりのひ)に行われるお祭り 酉の市とは、 毎年11月の酉の日(とりのひ)に行われるお祭りのことです。 酉の日(とりのひ)と聞いても、ピンときませんよね。 酉の日は、 十二支(じゅうにし)が関係しています。 十二支は、「子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・・・」などという12種類の動物で方角や日時を表すものです。 お正月になると、 「明けましておめでとうございます。 今年は、戌年(いぬどし)ですね!」などと言いますよね。 1年ごとに毎年、「戌年(いぬどし)、酉年(とりどし)・・・」と決まっているのと同じように、 1日ごとに毎日も、「戌(いぬ)の日、酉(とり)の日・・・」などと12種類の動物が決められています。 そのため 酉の日は、12日ごとに回ってきます。 11月は全部で30日あるので、年によって酉の日が2回の年と、3回の年があります。 1回目の酉の日を一の酉(いちのとり)、2回目の酉の日を二の酉(にのとり)、3回目の酉の日を三の酉(さんのとり)と言います。 もう一度復習すると、 「酉の市とは、毎年11月の酉の日(とりのひ)に行われるお祭りのこと」です。 そして、神社やお寺に屋台や出店が並んでいる様子を 「市(いち)」と言います。 酉の日のお祭りにもたくさんの屋台や出店が並ぶため、 酉の日に開催される市ということで、現在のように 「酉の市(とりのいち)」と呼ばれるようになりました。 どんな神社で酉の市は開催されるの? どんな神社で酉の市は開催されるのでしょうか? 実はごく一部の神社でしか、酉の市は開催されません。 では、どんな神社かというと、古事記などに登場するヤマトタケル(日本武尊)という神さまをまつるなど、 ヤマトタケルとのゆかりがある神社で酉の市は開催されます。 三峯神社(埼玉県)のヤマトタケル像 ヤマトタケルがお礼参りをしたのが11月の酉の日だったことに由来して、ヤマトタケルゆかりの神社で酉の市が開催されます。 また、酉の市が開催されるのは関東の神社が中心で、大酉祭(おおとりまつり)、お酉様(おとりさま)などとも言います。 なぜ、三の酉がある年は火事が多いの? 江戸時代から三の酉がある年は火事が多いと言われてきました。 なぜ、酉の市が3回ある年は火事が多いのでしょうか? これにはいくつか理由があると言われています。 1つ目は 「提灯(ちょうちん)の数が多いから」。 酉の市のようなお祭りには、提灯がたくさんかかげられますよね。 鷲神社(浅草)の酉の市での提灯 今でこそ電球で明かりをつける提灯も多いですが、 電気のなかった江戸時代はもちろん、ろうそくで明かりをつけていました。 提灯をたくさん使えば、ろうそくが倒れるなどの火事の危険性は自然と高まりますね。 そのため酉の市が3回も開催される三の酉がある年は、火事が多いと言われていました。 三の酉は火事が多いと言われる2つ目の理由は、 「三の酉がある年にたまたま大火事が起こったから」。 1657年に明暦の大火(めいれきのたいか)と呼ばれる、大火事が起こりました。 10万人以上の方が亡くなったと言われるほどの大火事です。 その1657年はたまたま三の酉がある年でした。 大火事を繰り返さないように、火事に気をつけようという人々の想いから、 三の酉は火事が多いと言われていたという説です。 江戸時代から三の酉(酉の市が3回ある年)は、火事が多いと言われていた理由として、 「提灯(ちょうちん)の数が多いから」「三の酉がある年にたまたま大火事が起こったから」という説を紹介しました。 次に「酉の市で熊手を見かけたけど、何に使うんだろう・・・私が買ってもいいのかな?」というあなたの疑問に答えるべく、熊手について紹介します。 熊手の全ての悩みを徹底解説 酉の市では、かざりのついた熊手が売られています。 私も2年前に酉の市に行くようになってから毎年、熊手を買っています。 しかし、初めて熊手を買ったときは、デザインや価格も色々あって、どれを買おうかとても悩んでしまったんですよね・・・ そこで私は屋台のおじちゃんとたくさん話をして、「熊手を家のどこに飾ったらよいのか?」などの疑問を無くしてから熊手を買いました。 ここでは、私が熊手を買うまでに屋台のおじちゃんに聞いた話をもとに、熊手に関する質問にお答えします! なぜ、酉の市に熊手を買うの? そもそもなぜ、酉の市で熊手を買うのでしょうか? ヒントは、 熊手の形にあります。 花園神社(新宿)の熊手守 一般的に「熊手は落ち葉などをかき集めるための道具」です。 酉の市で売られている熊手は、 家内安全や商売繁盛などの「運をかき集める」という縁起の良いものです。 落ち葉などをかき集めるのと同じように「良い運もかき集めることができますように」という意味から酉の市では熊手が売られています。 以前までは「熊手を買うのは商売繁盛を願う自営業や経営者の人が中心だ」と思われていました。 しかし最近では、商売繁盛だけではなく 「恋愛成就・家内安全などの願いを込めた熊手が売られている」ため、より多くの人々が熊手を買うようになりました。 熊手の「デザイン」と「価格」 熊手は「運をかき集める」縁起の良いものだと分かったところで、 実際にどんな熊手があるのか、見ていきましょう。 熊手には大きく分けて2種類あります。 「壁や柱にかける熊手」と 「家のデザインに合わせた置く熊手」です。 どちらが良いというわけではありませんが、それぞれに特徴があります。 あなたのお住いに合わせて良い方を探してみてください。 「壁や柱にかける熊手」 まずは、「壁や柱にかける熊手」です。 鷲神社(浅草)の熊手 こちらは昔ながらの伝統的な形です。 古くから大黒柱(だいこくばしら)や玄関の柱にかけられてきました。 しかし、マンションやアパートの場合、なかなか熊手をかける場所を見つけるのが難しいかもしれません。 家のデザインに合わせた置く熊手 大黒柱や玄関の柱がない場合でも熊手を置けるように、最近増えつつあるのがこちらの置くタイプの熊手です。 花園神社(新宿)の置くタイプの熊手 マンションやアパートに住んでる方には、置くタイプが人気だそうです。 置くだけなので手軽に飾ることができます。 気になる熊手の価格 では、熊手の価格はいくらなのでしょうか? 熊手を買ったことがない方は、気になりますよね・・・ 実際に酉の市で熊手を見てみるとわかるのですが、 価格は500円程度のものから10万円以上するような立派なものまで、多くの種類があります。 花園神社(新宿)のとある熊手屋さん。 大きさによって価格も異なります。 熊手を買うのは初めてという方は、まずは小さいものからでも手に取ってみてはいかがでしょうか。 熊手のデザインと価格がわかったところで、 「熊手の買い方」を紹介します! 熊手はどうやって買えばいいの? ここまで見てきたように、熊手にもたくさん種類があり、熊手のお店の数だけデザインも異なります。 まずは、境内(けいだい)をまわって、ひと通り熊手屋さんを見てみてください。 お店のおじさんに声をかけられたりすると思いますが、そこでの会話も酉の市の楽しみのひとつです。 写真の猫の顔をみてみてください。 何か気づくことはありませんか? 実は、一匹一匹の猫の顔に違いがあるんです。 カワイイですよね。 ぜひ、ゆっくりまわりながら、あなただけの熊手を見つけてみてください。 グルグルまわりながら探すのも、酉の市の楽しみのひとつです。 お腹が空いたら、屋台で何か美味しいものでも食べましょう! 花園神社(新宿)の屋台の料理 熊手はどこに飾ればいいの? 手に入れた大切な熊手をどこに飾ったら良いのだろう・・・悩みますよね。 ここでは熊手を飾るのにオススメの場所である「玄関」と「神棚」について紹介します。 玄関 「福が入ってきますように」という願いを込めて、玄関に飾りましょう。 玄関の入り口を向けて、目線よりも少し高いところに飾りましょう。 神棚 そもそも神棚は、目線よりも高く、清潔なところに置かれているので、熊手も神棚におまつりするのはオススメです。 熊手を飾る場所として「玄関」と「神棚」をオススメしましたが、はっきりとルールが決まっているわけではありません。 うやまう気持ちを込めて目線よりも高い場所で、清潔なところに飾りましょう。 古くなった熊手はどうするの? 「古くなった熊手はどうしたらいいのだろうか・・・」 ゴミ箱に捨てるわけにはいかないし、気になるところですよね。 新しい熊手を神社に買いに行くときに前年の熊手も持っていき、熊手納める場所に持っていきましょう。 花園神社(新宿) そのとき、一年の感謝を込めて納めましょう。 「古い熊手を酉の市の日に納めることができなかった場合」は、どうすべきなのでしょうか。 酉の市に熊手を納めることができなかった場合、 小さな熊手であれば、近所の神社やお寺で大みそかなどにお焚き上げをやっているときに、納めましょう。 お気持ちのお賽銭も忘れずに。 また大きな熊手の場合は、お住いの地域の資源分別ルールに照らし合わせて、分解し処分するようにしましょう。 熊手はどんどん大きくした方がいいの? 毎年買う熊手は、どんどん大きくした方が良いと言われています。 「昨年よりも、商売繁盛しますように。 」 「去年よりも、健康でいられますように。 」などと縁起が良くなるようにという思いからです。 お笑い芸人の有吉弘行さんは、2013年時点で、新宿の花園神社の酉の市に500円の熊手から始めて、4回目で10000円のものに大きくしていったと自身のラジオ番組で話していました。 その結果、レギュラー番組が増えるなど、順調とのことです。 下記に、熊手についての疑問の答えをまとめました。 熊手は「運をかき集める」縁起の良いもの。 最近は、一般の人々も買うようになった。 熊手のデザインには、「伝統的なかける熊手」「最近の住宅環境に合わせた置く熊手」がある• 価格は500円から10万円以上。 大きさや装飾によって異なる。 たくさんのお店があるので、まずは一通りまわってから自分にピンとくるものを見つけよう。 屋台のおじさんと積極的に話してみるのが酉の市を楽しむコツ。 熊手を飾るのは「玄関」と「神棚」がオススメ• 古くなった熊手は神社に納める• 「良いことがありますように」と、熊手は毎年大きくしていった方が良いと言われている。 これであなたも自信を持って熊手を買うことができますね! どんな熊手と出会うことができるのか、とても楽しみですね 【2019年】酉の市を開催する神社お寺34ヶ所を紹介 最後に、酉の市が開催される神社をまとめてご紹介します。 ぜひ、お住いや職場の近所の神社を見つけたら行ってみましょう。 さらに12月に開催される酉の市の神社も紹介します。 それでは、酉の市を開催している神社とお寺をまとめて34ヶ所をすべて紹介します! あなたの近所の神社が見つかりますように。 波除稲荷神社(築地駅) 2019年の酉の市 11月8日(金) 11月20日(水) 場所:東京都中央区築地6-20-37 アクセス:営団日比谷線 「築地」駅 徒歩7分 都営大江戸線 「築地市場」駅 徒歩5分 都営バス 「築地6丁目」 徒歩3分 田無神社(田無駅) 2019年の酉の市 11月8日(金) 11月20日(水) 時間:17:00~22:00 場所:東京都西東京市田無町3-7-4 アクセス:西武新宿線「田無駅」北口より徒歩6分 武蔵野八幡宮(吉祥寺駅) 2019年の酉の市 11月8日(金) 11月20日(水) 時間:9:00~22:00 場所:東京都武蔵野市吉祥寺東町1-1-23 アクセス:吉祥寺駅から徒歩9分 成子天神社(西新宿駅) 2019年の酉の市 11月8日(金) 11月20日(水) 場所:東京都新宿区西新宿8-14-10 アクセス:西新宿駅から徒歩5分 大森鷲神社(大森駅) 2019年の酉の市 11月8日(金) 11月20日(水) 時間:0:00~24:00 場所:東京都大田区大森北1-15-12 アクセス:大森駅から徒歩6分 布多天神社(調布駅) 2019年の酉の市 11月8日(金)10:00~例祭 11月20日(水) 場所:東京都調布市調布ヶ丘1丁目8-1 アクセス:京王線・調布駅北口下車 徒歩5分 新井天神北野神社(新井薬師駅) 2019年の酉の市 11月8日(金) 11月20日(水) 2017年の酉の市 前日 23:30~ 式典執行 当日 0:00~1:00 宵宮 10:00~24:00 当日祭 (福玉投げは10:00~22:00) 場所:東京都中野区新井4-14-3 アクセス:西武新宿線「新井薬師」駅南口より徒歩約8分 JR中央線中野駅北口より中野通りを徒歩10分 天沼八幡神社(荻窪駅) 2019年の酉の市 11月8日(金) 11月20日(水) 場所:東京都杉並区天沼2-18-5 アクセス:荻窪駅北口徒歩6分 葛西神社(金町駅) 2019年の酉の市 11月8日(金)9:00~18:00 葛西囃子演奏 19:00~ 酉の市演芸大会 演芸ライブ 11月20日(水)9:00~18:00 葛西囃子演奏 19:00~ 素人のど自慢大会 場所:東京都葛飾区東金町6-10-5 アクセス:JR常磐線・京成線 金町駅より徒歩10分 荏原神社(新馬場駅) 2019年の酉の市 11月8日(金) 11月20日(水) 場所:東京都品川区北品川2-30-28 アクセス:京浜急行新馬場駅北口から徒歩10分 富岡八幡宮(門前仲町駅) 2019年の酉の市 11月8日(金) 11月20日(水) 場所:東京都江東区富岡1-20-3 アクセス:門前仲町駅徒歩5分 花畑大鷲神社(六町駅) 2019年の酉の市 11月8日(金) 11月20日(水) 場所:東京都足立区花畑7-15-1 アクセス:つくばEX「六町」駅より東武バス花畑団地循環「花畑六丁目」下車より徒歩5分 島根鷲神社(西新井駅) 2019年の酉の市 11月8日(金) 11月20日(水) 場所:東京都足立区島根4-25-1 アクセス:最寄り駅:西新井駅 松島神社(水天宮前駅) 2019年の酉の市 11月8日(金) 11月20日(水) 場所:東京都中央区日本橋人形町2-15-2 アクセス:東京メトロ半蔵門線水天宮前駅5番出口より徒歩約1分 東京メトロ日比谷線人形町駅A1出口より徒歩約3分 宮益御嶽神社(渋谷駅) 2019年の酉の市 11月8日(金) 11月20日(水) 時間:10:00~ 一番太鼓 場所:東京都渋谷区渋谷1-12-16 アクセス:渋谷駅から徒歩7分 目黒大鳥神社(目黒駅) 2019年の酉の市 11月8日(金)19:00~ 社殿で太々神楽、熊手の舞が奉納 11月20日(水)11:00~ 江戸消防記念会の木遣りが奉納 11:00~ 江戸消防記念会の木遣りが奉納 8:00~23:00 神社の開運熊手守りの授与 場所:東京都目黒区下目黒3-1-2 アクセス:JR山手線目黒駅近く 十番稲荷神社(麻布十番駅) 2019年の酉の市 11月8日(金) 11月20日(水) 時間:9:00~23:00 場所:東京都港区麻布十番1-4-6 アクセス: 南北線麻布十番駅から徒歩5分 大江戸線麻布十番駅から徒歩0分 市守大鳥神社(八王子駅) 酉の市だけ神主さんがおり、そのときだけ御朱印が授与されます。 場所:東京都青梅市青梅12 アクセス:東青梅駅より徒歩5分 大原稲荷神社(代田橋駅) 2019年の酉の市 11月8日(金) 11月20日(水) 10:00~24:00 場所:東京都世田谷区大原2-29-21 アクセス:代田橋駅より徒歩2分 十二社熊野神社(西新宿五丁目駅) 神主さんが手作りの熊手を授与してくださいます。 2019年の酉の市 11月8日(金) 11月20日(水) 場所:東京都新宿区西新宿2-11-2 アクセス:JR新宿駅よりバス5分 新宿西口バスターミナル 16番 17番より 都営大江戸線 西新宿五丁目駅 A1出口より徒歩4分 都営大江戸線 都庁前駅 A5出口より徒歩5分 東京メトロ丸ノ内線 西新宿駅 E4出口より徒歩13分 浄運寺(町田駅) 2019年の酉の市 11月8日(金) 11月20日(水) 場所:東京都町田市原町田6-21-28 アクセス:町田駅から徒歩5分 立川諏訪神社(立川駅) 2019年の酉の市 11月8日(金) 11月20日(水) 0:00~24:00 場所:東京都立川市柴崎町1-5-15 アクセス:JR線 立川駅から徒歩10分 御嶽神社(御嶽山駅) 2019年の酉の市 11月8日(金) 11月20日(水) 場所:東京都大田区北嶺町37-20 アクセス:東急池上線 御嶽山駅下車すぐ 今宮神社(江戸川橋駅) 2019年の酉の市 11月8日(金) 11月20日(水) 場所:東京都文京区音羽1-4-4 アクセス:江戸川橋駅より徒歩7分 谷保天満宮(国立駅) 2019年の酉の市 11月8日(金)9:00~17:00 開運熊手(500円)の授与 11月20日(水)9:00~17:00 開運熊手(500円)の授与 場所:東京都国立市谷保5209 アクセス:南武線谷保駅下車、徒歩3分 中央線国立駅下車、バス10分 皆中稲荷神社(新大久保駅) 2019年の酉の市 11月8日(金) 11月20日(水) 場所:東京都新宿区百人町1-11-16 アクセス:JR新大久保駅から徒歩1分 天祖諏訪神社(立会川駅) 2019年の酉の市 11月8日(金) 11月20日(水) 場所:東京都品川区南大井1-4-1 アクセス:京浜急行線立会川駅から徒歩1分 稲毛神社(京急川崎駅) 2019年の酉の市 11月8日(金) 11月20日(水) 場所:神奈川県川崎市川崎区宮本町7-7 アクセス:京浜急行川崎駅から徒歩8分 12月に酉の市を開催する神社 西新井大師總持寺(西新井大師前駅) 2019年の酉の市(熊手市) 12月21日 9:00~21:00 場所:東京都足立区西新井1-15-1 アクセス:東武大師線大師前駅下車 徒歩5分 日暮里舎人ライナー 西新井大師西駅下車 徒歩20分 王子神社(王子駅) 2019年の酉の市 12月6日 13:00~22:00 場所:東京都北区王子本町1-1-12 アクセス:JR京浜東北線「王子」北口 東京メトロ南北線「王子」3出口より 徒歩3分 都電荒川線「王子駅前」より 徒歩5分、 「飛鳥山」より 徒歩7分 ときわ台天祖神社(ときわ台駅) 2019年の酉の市(熊手市) 12月2日 場所:東京都板橋区南常盤台2-4-3 アクセス:東武東上線ときわ台駅南口より徒歩1分 まとめ いかがでしたか? もう一度おさらいすると、2019年の酉の市は、 11月8日(金)、11月20日(水)に開催されます。 関東三大酉の市などの酉の市で有名な神社を紹介し、「そもそも酉の市ってなに?」「私も熊手を買いたいんだけど、どうしたらいいの?」といった気になる疑問にもお答えしました。 これで酉の市に行く準備は完璧。 屋台も楽しみですね! 酉の市は神社やお寺で開催されます。 お参りして、日頃の感謝を伝えましょう。 それでは、よき酉の市を!.

次の