アナデン 釣り 効率。 アナザーエデン炭鉱トロッコの粘土・橋とは?効率的攻略のカギ

【アナザーエデン】釣りシステム解説と効率的な釣り方法について【アナデン】

アナデン 釣り 効率

サカナの石の入手方法一覧 竜宮真珠 竜宮真珠は、竜宮城のモンスターからからドロップしたり、宝箱から入手できるアイテムです。 一定数貯めることで、サカナの石などの報酬を獲得することができます。 1,000,000個で夢詠みの書も入手できるので、ベリーハードを周回して集めましょう。 碩黒真珠 碩黒真珠は、アナザーダンジョンの竜宮城のベリーハードで、落ちているキラキラから入手できるアイテムです。 竜宮真珠と同様に、一定数貯めることで、サカナの石が最大6個獲得することができます。 碩黒真珠を40個集めることで夢詠みの書も入手できるので、竜宮真珠集めと並行しましょう。 トリプル限定のヌシ4体を全て釣ることで、キーアイテム「海の炎」を入手でき、竜リヴァイア入手イベントの条件が整います。 序盤はカマスポイント稼ぎのために、機械式冷却箱を目安に強化してから針の強化するのが効率的です。 ヌシ釣りに必要なサカナ石の数 次元針までにサカナの石は、1165石必要です。 さらに、機械式冷却箱までにサカナの石は120石必要になり、合計1285石が強化に必要なサカナの石です。 釣る数 サカナ エサ 150匹 ワイルドキャンサー タラヴァかまぼこ ガルーダサバ イナバウオー カナモノハタ タラヴァ上かまぼこ ホオグロザメ 70匹 ズワウィ 30匹 ケルピー その他 釣る数 サカナ エサ 70匹 アキビン 釣りダンゴ アキカン カラツボ ナガグツ ゲタ ガラスノクツ 釣り場ごとの魚を釣る目安となっています。 各釣り場の目標数を釣り終えたら、中盤から終盤にかけて、カマスポイントを効率的に稼ぐ釣り場「最果ての島」と、釣り経験値が多い「次元の狭間」や「ニルヴァ」、「チャロル草原」、「古戦場跡」の周回がおすすめです。 その他のアキビンなどの勲章は、各釣り場の目標数を釣り上げていると自動的に釣れている目安となっています。 また、XLサイズのサカナ石を考慮していないため、実際には目安の魚を釣り終えるまでに、目標のサカナの石に到達することができます。

次の

【アナザーエデン】釣りシステム詳細/スポット一覧【アナデン】

アナデン 釣り 効率

釣り攻略情報リンク システム解説と効率的な釣り方法 釣りシステムについて 釣りシステムとは 釣りシステム 公式表現 とは、アナザーエデンにおけるゲーム内システムの1つで、 Ver 1. 0 外伝「千年の匣、わだつみの神殿」と同時 に実装されました。 釣りシステム自体はゲームシナリオとは直接的な関係はなく、ゲーム内の遊び要素を増やし勲章達成による報酬を狙うためのコンテンツとなっています。 新たに釣り場&新魚が追加! アナデン1. 5部後編の追加にともない、新たに 釣り場が4箇所追加され、よりリヴァイを獲得しやすくなりました! 釣具やエサの強化も行われており、経験値なども追加で手に入るようになっています。 釣具の強化やエサの購入は、釣ったサカナのサイズに応じて来店時に獲得できる「カマス」ポイントや、主に釣り関連の勲章報酬で獲得できる「サカナの石」を消費して行えます。 解放レベルは竿のレベルが到達することによってアイテムが解放されるレベルを表しています。 エサ レア度が高いサカナや高価なサカナほど、上級のエサでないと釣り上げることができません。 00カマスP カザリガニ 7 3. 00カマスP アクアワーム 15 6. 00カマスP イワシトケ 15 10. 00カマスP タラヴァかまぼこ 15 4,000Git タラヴァ上かまぼこ 15 6,000Git モットイワシトケ 22 30. 00P 冷却箱 冷却箱を強化していくことで、サカナと交換で入手できるカマスPの量や、所持できるサカナの数がアップします。 またレア度の高いサカナを釣り上げるには釣り針の強化も必要です。 00カマスP ウッドリール 60. 00カマスP ベーシックリール 300. 00カマスP カスタムリール 1,300. 00カマスP スムースリール 4,100. 00カマスP マスターリール 10,600. 00カマスP うき うきを強化することで、サカナがエサに食い付いている時間を長くできるのでサカナが釣りやすくなります。 00カマスP 軽石のうき 100. 00カマスP 木の実のうき 500. 00カマスP ゴム製のうき 2,500. 00カマスP 新素材のうき 8,900. 00カマスP 釣りを行う方法 釣りポイントを見つける まずは釣りポイントを探し出します。 釣りマークをタップしてサカナ釣り画面に移行しましょう。 釣り画面の解説• エリア名とエリアレベル• 釣り場 範囲内をタップした場所で釣り開始• 釣り装備の詳細確認• エサの変更• 釣りを終了して通常マップに戻る めぼしい場所をタップして釣りを開始 釣り画面になると釣り場の中に魚影が確認できます。 タップしてエサを 落とした場所から近い順にサカナたちが反応し、釣れるサカナがいればエサに近づき食い付きます。 サカナが食いついた時に引き上げる サカナが何度か食い付くと、 浮きが沈んでヒットします。 その際に画面も浮きに向かってアップになります。 そのタイミングで画面のどこかをタップすると釣り上げます。 タイミングが正しくても、サカナに対して釣り装備が低かったり運が悪い場合は逃してしまうこともあります。 効率的な釣りの方法 ここからは、効率的な竿レベルの上げ方やエサの使い方を紹介します。 効率的な釣り竿レベルの上げ方 竿レベル15以下の場合は、竿レベル以下の釣り場のサカナの 150匹釣り上げを目指しましょう。 竿レベル16以上になったら、 次元の狭間の釣り場で釣ると効率的に経験値を稼げます。 効率的なカマスPの稼ぎ方 中盤以降カマスPが大量に必要となってくる場面では、大量のGitと引き換えに最果ての島でカマスPを稼ぐことをおすすめします。 Gitで買える タラヴァかまぼこ・タラヴァ上かまぼこで釣れるサカナが多いので、効率的にカマスPを獲得できます。 釣り場のエリアレベルと竿レベル 各釣り場には釣り場の「エリアレベル」というものが存在し、レベルが低いほど序盤から簡単に釣り上げに成功します。 また、カマスにもらった釣り竿「仙人の釣りざお」にもレベルがあり、サカナを釣り上げることで少しずつレベルが上がります。 釣りをする際は竿レベルより高いエリアレベルの釣り場では、そもそもサカナがヒットしないことが多いので、 竿レベル以下の釣り場で釣りをすることをおすすめします。 エサ効率が良い釣り方 ターゲットが决まる仕組み 釣りのエサの消費効率を良くするには、エサに食いつくターゲットが决まる仕組みを知る必要があります。 そして、エサに反応するかどうかの 判定は1匹ずつ行われ、判定のターゲットになっているサカナは魚影が少しだけ明るくなります。 そのためエサに食い付くまで時間がかかった場合、食い付いたサカナより近くにいたサカナはエサを変更しないと食い付かないことがわかります。 安い餌から順番に エサは釣り具屋での並び順に性能が上がってゆき、性能が高いものほど効果になります。 またサカナは、そのサカナが釣れる基準以上のエサにすべて食い付きます。 そのため、 必要以上に高価なエサで釣ることがないように、釣り場について釣りを開始したら 安い餌から反応がなくなるまで順番に試すことをおすすめします。 効率的な釣具の強化 サカナの石 サカナの石でを消費して強化できるのは「冷却箱」と「釣り針」です。 1つのエリアを1度ですべて釣りきれるように冷却箱を「機械式冷却箱」程度まで強化し、あとは 釣り針の強化をおすすめします。 カマスポイント カマスポイント カマスP を消化して強化できるのは「リール」と「うき」で、さらにカマスポイントでエサもあります。 しかし、カマスPでのエサ カイアサリやカザリガニ等 が必要なサカナを釣ると、エサ代以上のカマスPと交換できるのでエサは買いたいだけ買っても構いません。 リールとうきについては、釣るタイミングが難しく感じるまでは リールの強化優先をおすすめします。 サカナのリポップ時間について 釣り場にいるサカナは、その釣り場画面を開いてから30分後以降に再びそのエリアに侵入するとリポップしています。 簡単に考えると30分程度で1周できる数の釣り場をローテーションしていくことで効率的に周回することが可能です。

次の

釣りの進め方と落とし穴

アナデン 釣り 効率

目次 []• 釣り方の基本 色々と誤解している人が多いので、基本を説明しておきます。 まず、狙った場所で指を離し(タップでもフリックでも可)、針を垂らします。 ここでサカナが食いつくかはエサにより決まります。 サカナに対してエサのランクが足りていれば数秒で食いつきます。 エサのランクが足りない場合は、サカナが高速で移動?してそんなエサで釣られる気は無いとアピールしてきます。 サカナが食いついたら、指を離すことで釣ることができます。 しかし、以下の理由で逃げられる可能性もあります。 すごい 速さで逃げられる場合は、リールの強さが不足しています。 すごい 力で逃げられる場合は、釣り竿のレベルが不足しています。 上記の理由無しで逃げられる場合は、指を離す前に逃げられた(うきの強さ不足)か、そうでなければ運が悪かったことになります。 ただし、釣り具の強さに対して弱いサカナほど運では逃げられにくく(最終的にはゼロにまで)なります。 そもそも狙っているサカナらしい反応の魚影が出現しない場合、針の強さが不足しています。 テクニックとしては、指を離したタイミングで判定がなされるため、 あらかじめ画面に触れておくというものがあります。 サカナが食いついた後にタップするのに比べ、画面に触れるまでの時間をショートカットできるため、うきが比較的弱くても釣りやすくなります。 冷却箱や釣り針を強化するためのサカナの石は、同じサカナを 1、30、70、150 匹釣った際の勲章での入手がほとんどです。 釣り針を強化するため、終盤は全体の過半数程度のサカナを 150 匹釣ることが目標になります。 サカナが食いつく際には音が鳴るため、音さえ聴いておけば他のことをしながら釣りをすることもできます。 なお、この記事は釣りをしながら執筆されています。 最果ての島などは波の音と食いつく音が重なり、聴き取りづらいため慣れが必要です。 エサは、基本的には 弱いものから順に使用していきます。 理由としては、強いエサでも弱いサカナがかかり差額だけ損をすることと、必要なサカナだけを狙う効率的な方法が無いことが挙げられます。 ただし、お金に最低 1000〜1200 万 Git 程度以上の余裕が無い場合、カイアサリ以上のエサで釣れるサカナが普通に釣れるようになったら、カイアサリから使い(ダンゴとコミミズは使わずに) Git を節約する方法もあります。 これについては後ほど詳しく説明します。 各釣り具の役割と強化タイミング サカナの石は冷却箱優先と書かれた攻略サイトがありますが、これは釣りの 初期に出回った信頼性の低い情報がソースになっている可能性が高いです。 それを鵜呑みにすると釣りを極めようとした段階で非常に苦労することになるので気をつけましょう。 このサイトの内容も必ずしもベストとは限りませんので注意しましょう。 エサ ネミミミミズはコミミズと釣れるサカナが変わらず、値段が高いため不要です。 他のエサは一定数まとめて買っておくようにするとエサを買う頻度を減らせるのでオススメです。 ショップに新しく並んだばかりのエサは、すぐに使うと普通は速さや力で逃げられますが、すぐに使えるようになってくるので持っておいて損はありません。 エリア選択 ゲーム中でエリア名とセットで表示されるエリアレベルは、「それだけの釣り竿レベルがあれば、釣れるサカナもいる」くらいに捉えると良いです。 そのため、序盤はエリアレベルが釣り竿のレベル以下か、一回り低いエリアを選んで釣ると良いでしょう。 その際、候補となるすべてのエリアの釣れるサカナをある程度均等に釣っていく、あるいは 釣れないサカナがいるエリアではなるべく 150 匹釣りきらないようにすることで、中盤〜終盤の釣りが目に見えて効率的になります。 釣りを始めたての頃は、釣れる場所、釣れるエサを使い釣っていきます。 そして針を本格的に強化していく前に、できればエリアそれぞれにおいて 相対的に弱いエサで釣れるサカナをある程度の数釣っておくのがおすすめです。 これは 針を強化していくと、各釣り場で弱いサカナの出現率が減っていき、150 匹釣りにくくなるためです。 しかし、これを気にすることがストレスになるくらいであれば、気にしないで進めてしまって良いです。 これについては、ダブルゲットの関係で弱いエサにかからない魚影が増えることによる誤りの可能性があるため消しておきます。 ダブルゲットにより、序盤には釣れないサカナの出現を抑制し、終盤においては序盤のサカナでも問題なく釣れるようにしているとしたら巧みな設計だと思います。 エアポート、アクトゥール、セレナ海岸、ルチャナ砂漠の 4 箇所は最後にヌシを釣るために周回する需要が特に高いため、釣れるようになるまで 弱いサカナ以外は残しておくのも有効です。 私はこのおかげで最後のヌシ釣り中に次元針 I から次元針 II に強化できました。 ただし、1 匹も釣らず放置しておいても、その釣り場のヌシがあっさり釣れてしまう可能性もあるので、さじ加減については各自判断してください。 リル武器の必要に応じて、その素材を目的とした周回も交えておくと後がラクになります。 エリアへのショートカット• 人喰い沼 アクトゥール左上の小舟から、またはキーラ浜の小舟から Git の節約 釣りは非常にお金(Git ですが)のかかるコンテンツです。 その理由の鍵は最果ての島が握っています。 最果ての島は非常に特殊なエリアで、経験値はほぼ皆無なものの、カマス P を高い効率で貯めることができるため、よく周回コースに入ります。 しかし、エサとしては(ゴミを除き)、タラヴァかまぼこ系を使います。 この系統のエサはここでのみ使える高価なエサで、Git で購入します。 これを買っていると 100 万 Git 単位のお金が一瞬で消し飛ぶため、結果的に Git が不足してくるとリールの強化が針に追いつかなくなってきます。 Git を効率よく貯める方法は現在存在せず、敵を倒して素材を売るしかありません。 そのため、使う量を減らしていくことが必要です。 その一例としては、釣りダンゴやコミミズの代わりにカイアサリを使うというものがあります。 相応の釣り具があれば、この戦略でもカマス P は十分黒字になります。 また、釣りダンゴやコミミズでサカナが釣れないことを確認する時間の節約にもなります。 サカナのリポップ(再沸き) 自分で計測した結果から、釣り場を覗いてから 30 分経過後、その釣り場がある マップに入場したタイミングでサカナがリポップすると予想されます。 しかし、釣り場で 30 分以上放置後に釣り場を開きなおすとそれでもリポップするため、正確ではないかもしれません。 1 つの釣り場を空にするのには 10 分弱の時間がかかるので、大体 4 箇所以上を周るようにすると休みなしで釣り続けることができます。 まだ釣り場を空にできない段階では、より多くのポイントを周ると良いでしょう。 ヌシ釣りの補足 ヌシにはバルッシーなどもいますが、ここでは次元針 I 以上でのみ釣れるヌシを対象とします。 そのようなヌシを釣るための釣り具として、本記事では モットイワシトケを使う前提で大体マスターリール I 程度といった意味合いの記述をしています。 なお、通常のイワシトケで釣るためにはより強力な釣り具(竿とリール)が必要です。 ヌシ釣りはそれまでの釣り具を強化する釣りと違い、基本的にヌシを釣れなければ先に進まないので、釣り具の強さに基づく運に偏ったゲームになります。 10 時間釣っても成果が上がらない可能性もあるので、先が見えない怖さがあります。 これを緩和する方法として、ヌシ釣り中に釣り具を強化できるようにしておき、目標を釣り具の強化に置き換える手があります。 釣り具が強化されれば、同じ運ゲーでも確率が上がるため、結果的に本来の目標であるヌシ釣りに成功しやすくなるという希望があります。 具体例としては、エリア選択の項目で紹介したように、ヌシの出現する釣り場のサカナの石を温存しておく手があります。 私がヌシ釣りを始めたレベル 27 では、力では逃げられないものの、マスターリール I では速さで数回逃げられました。 マスターリール II 以上が望ましいのはそのためです。 特にスカイサーペントは 4 匹のヌシの中でも最後まで残る人が多く、他よりワンランク上の速さが設定されておりスムース IV では釣れない可能性があります。 釣り管理ツール 開発したツールです。 各エリアごとのサカナを釣った数などはゲーム内で確認しにくいため、このツールを使うと効率の良いエリア選択がしやすくなります。 ツールは。 投稿ナビゲーション.

次の