寺田蘭世 せいや。 寺田蘭世のブログに霜降り明星のせいやが映り込む奇跡www

タグ:寺田蘭世

寺田蘭世 せいや

せいや テレビ朝日のバラエティ番組『霜降りバラエティ』のロケでよみうりランドに訪れた際、偶然同じタイミングで別の撮影をしていた寺田のブログ写真に写りこんでいたせいや。 せいやは「よみうりランドでたまたま乃木坂の寺田さんが撮影みたいなのをしてて、たまたまブログ用の写真を撮ったら、俺がめっちゃ引きで写ってて。 『そんなことある!? しかも、この角度も絶妙に演出っぽいというかね。 すごい偶然ですよね」としみじみと語った。 相方の粗品から「これ無断で掲載されているってことですか? せいやさん。 だから一言もの申したいみたいな話ですか? 」と聞かれると、せいやは「いや、そうなんですよ。 乃木坂の運営に言わなあかん…あるか! 」とノリツッコミし、「1個もないわ! こんな僕を一緒に写してくれてありがとうございます」と感謝した。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

乃木坂46 新内眞衣・寺田蘭世「マイケルジャクソンにちょっとだけ並んじゃってる……」~初ドームを振り返って万感

寺田蘭世 せいや

By - 公開: 2020-05-13 更新: 2020-05-13 5月6日(水)深夜、乃木坂46の新内眞衣がパーソナリティを務めるラジオ番組「乃木坂46のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週水曜25時~27時)に、週替わりパーソナリティとしてメンバーの寺田蘭世が生出演。 この日もニッポン放送のスタジオではなく、リモート形式で出演し、2017年行われた東京ドーム公演「真夏の全国ツアー2017 FINAL! IN TOKYO DOME」について振り返った。 2017年に行われた乃木坂46初の東京ドーム公演「真夏の全国ツアー2017 FINAL! IN TOKYO DOME」の模様が、5日から7日までの3日間、YouTubeの公式チャンネルで配信。 毎日22時から生配信で行われ、メンバーも実況ツイートを投稿。 ツイッターでは「 乃木坂46」をはじめ、「 おうちでドーム」といったワードもトレンド入りした。 新内:2017年に東京ドームで開催された公演を、先ほどまでYouTubeで生配信していまして。 見ていましたか? めちゃめちゃ懐かしかったね。 寺田:懐かしくて不思議な気持ちになりましたね。 自分を見ていたり、他のメンバーを見ていたりして、なんか言葉では表しづらいんですけど……。 新内:何か思い出はありますか? 寺田:思い出はいっぱいあるよ。 やっぱり東京ドームに立てるということが、アイドルとしてアーティストとして凄くて。 『東京ドームに立てます』って言われたとき、ずっとふわふわした不思議な感覚がずっとあって、リハーサルのときからすごくドキドキワクワク。 いつもドキドキワクワクするけど、また違う空気感があって。 新内:分かる! 寺田:あったよね、メンバーみんなそうだと思うんですけど。 だから私は気合い入れにマイケルジャクソンのTシャツを着て、『よし!』みたいな。 新内:(笑) 寺田:おこがましいけど、本当にずっとリスペクトしてきた人だから。 ちょっとだけ並んじゃってる……って。 新内:私も思った! すごくマイケルジャクソンが好きな友達がいて、『マイケルジャクソンと同じ舞台に立てるなんて本当にすごいよね』って言われて、事の重大さに気付いて。 寺田:そうなのよ。 だから私もそういうのとリンクして、いつも気合は入っているけど、どれだけ日本ですごいことさせてもらっているかというのと、自分達がどれだけ成長したのかということも噛みしめながらステージに立っていたかな。 新内:そうよね。 今日YouTubeで公開された中にアンダーメンバーの楽曲を歌うコーナーがあって、そこで『君は僕と会わない方がよかったのかな』で、絶対に泣いちゃいけないと思ったの。 これは(元乃木坂46の)中元日芽香さんの曲だから。 泣いていいのは、ひめたんだけなの。 だから私、『絶対に泣かないぞ』っていう顔をしていて面白かったんですけど。 あの曲を聞くと泣いちゃうの。 寺田:分かる。 思い出ね。 やっぱりアンダー楽曲って、センターの子の生い立ちとか活動とか、人生をすごい詰めてくれるから、歌詞もその子がセンターに立つ瞬間の現状に合っているというか。 だから一曲一曲、グッとくるよね。 新内:そうなんですよ。 あの曲をライブで披露することが少なくなっちゃったけど、あれをかける瞬間って、会場がピンクになるの! 寺田:なるね。 新内:それも見るたびにいつも泣きそうになるんだけど、『これは泣いたらダメ』と思って耐えてる。 映像を見て、東京ドームという特別なステージに立ったときの感動を思い出したと語った2人。 また、家で見るライブついて「ペンライトをちょっとぐらい振り回しても怒られない!」、「家だから歌ってもいいのよ」と魅力を語り、「おうち時間を楽しんでいただければうれしいです」と、呼びかけた。

次の

霜降り明星せいや、証拠提示に「血の気引いたなぁ」

寺田蘭世 せいや

By - 公開: 2020-05-13 更新: 2020-05-13 5月6日(水)深夜、乃木坂46の新内眞衣がパーソナリティを務めるラジオ番組「乃木坂46のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週水曜25時~27時)に、週替わりパーソナリティとしてメンバーの寺田蘭世が生出演。 この日もニッポン放送のスタジオではなく、リモート形式で出演し、2017年行われた東京ドーム公演「真夏の全国ツアー2017 FINAL! IN TOKYO DOME」について振り返った。 2017年に行われた乃木坂46初の東京ドーム公演「真夏の全国ツアー2017 FINAL! IN TOKYO DOME」の模様が、5日から7日までの3日間、YouTubeの公式チャンネルで配信。 毎日22時から生配信で行われ、メンバーも実況ツイートを投稿。 ツイッターでは「 乃木坂46」をはじめ、「 おうちでドーム」といったワードもトレンド入りした。 新内:2017年に東京ドームで開催された公演を、先ほどまでYouTubeで生配信していまして。 見ていましたか? めちゃめちゃ懐かしかったね。 寺田:懐かしくて不思議な気持ちになりましたね。 自分を見ていたり、他のメンバーを見ていたりして、なんか言葉では表しづらいんですけど……。 新内:何か思い出はありますか? 寺田:思い出はいっぱいあるよ。 やっぱり東京ドームに立てるということが、アイドルとしてアーティストとして凄くて。 『東京ドームに立てます』って言われたとき、ずっとふわふわした不思議な感覚がずっとあって、リハーサルのときからすごくドキドキワクワク。 いつもドキドキワクワクするけど、また違う空気感があって。 新内:分かる! 寺田:あったよね、メンバーみんなそうだと思うんですけど。 だから私は気合い入れにマイケルジャクソンのTシャツを着て、『よし!』みたいな。 新内:(笑) 寺田:おこがましいけど、本当にずっとリスペクトしてきた人だから。 ちょっとだけ並んじゃってる……って。 新内:私も思った! すごくマイケルジャクソンが好きな友達がいて、『マイケルジャクソンと同じ舞台に立てるなんて本当にすごいよね』って言われて、事の重大さに気付いて。 寺田:そうなのよ。 だから私もそういうのとリンクして、いつも気合は入っているけど、どれだけ日本ですごいことさせてもらっているかというのと、自分達がどれだけ成長したのかということも噛みしめながらステージに立っていたかな。 新内:そうよね。 今日YouTubeで公開された中にアンダーメンバーの楽曲を歌うコーナーがあって、そこで『君は僕と会わない方がよかったのかな』で、絶対に泣いちゃいけないと思ったの。 これは(元乃木坂46の)中元日芽香さんの曲だから。 泣いていいのは、ひめたんだけなの。 だから私、『絶対に泣かないぞ』っていう顔をしていて面白かったんですけど。 あの曲を聞くと泣いちゃうの。 寺田:分かる。 思い出ね。 やっぱりアンダー楽曲って、センターの子の生い立ちとか活動とか、人生をすごい詰めてくれるから、歌詞もその子がセンターに立つ瞬間の現状に合っているというか。 だから一曲一曲、グッとくるよね。 新内:そうなんですよ。 あの曲をライブで披露することが少なくなっちゃったけど、あれをかける瞬間って、会場がピンクになるの! 寺田:なるね。 新内:それも見るたびにいつも泣きそうになるんだけど、『これは泣いたらダメ』と思って耐えてる。 映像を見て、東京ドームという特別なステージに立ったときの感動を思い出したと語った2人。 また、家で見るライブついて「ペンライトをちょっとぐらい振り回しても怒られない!」、「家だから歌ってもいいのよ」と魅力を語り、「おうち時間を楽しんでいただければうれしいです」と、呼びかけた。

次の