五月雨式 とは。 五月雨とは?「五月雨式に申し訳ございません」のメールの使い方は?

五月雨と五月雨式の意味ってわかりますか?

五月雨式 とは

先輩から「依頼が五月雨式に来てるから、まとめておいて」と言われた。 「さみだれしき」ってどういうこと? というわけで今回は、ビジネスシーンでも使われる「五月雨式」という言葉について解説します。 五月雨式ってどんな雨? 梅雨なのに5月? と思った人もいると思いますが、「五月雨」の5月は陰暦であって、これは現在の6月にあたります。 「五月雨式」とは、梅雨時に途切れながらも続く長雨のように、 物事が断続的に行われることを意味します。 つまり、一つの案件について一度で済ませるのではなく、小分けにして何回も行う状態のことを指します。 五月雨式に連絡 メール する場合 「五月雨式」という言葉がよく使われるシーンと言えば、ビジネスメールです。 例えば、こんなメールを送ってしまった経験はありませんか? ・品物1,000個を受注したものの、災害などの理由で原材料が入手困難となり、やむを得ず、完成した分だけを順次納品することとなった。 このようなケースでは、 「出来上がったものから五月雨式に納品させていただきます」「五月雨式な納品になってしまい、心よりお詫び申し上げます」などと表現することができます。 その他例文 ・今月は五月雨式に会議が続く。 ・五月雨式で構いませんので、細かく報告を入れて下さい。 ・五月雨式に料理が出てくる。 五月雨式は、相手を不愉快にさせてしまうだけに、ビジネスとしては失敗と評価せざるを得ない状況です。 しかしながら、そんな相手の気持ちを少しでも和らげてくれるのが、美しい日本語の良さだと感じます。 言葉を上手にチョイスすることで失敗をカバーする………それもまた、重要なビジネススキルの一つと言えるかもしれませんね。

次の

「五月雨式」とは?意味や使い方をご紹介

五月雨式 とは

「五月雨」の使い方 「五月雨」と聞くと、5月に降りそそぐ爽やかな雨をイメージしてしまいますが、現代の梅雨のことを指しています。 俳句でも「梅雨の季語」「夏の季語」として使用されています。 五月と聞くと季節は春をイメージしますが、旧暦では夏となります。 松尾芭蕉の「おくのほそ道」にも掲載されている「五月雨を あつめて早し 最上川」が有名です。 余談ですが、松尾芭蕉は実際に雨で増水した最上川の急流を川下りをしたようです。 しかし最近では、「五月晴れ」は新暦5月に気持ちよく晴れた日のことを意味する表現として、広辞苑などでも認められてきています。 「五月雨式」とは ビジネスシーンにおいて「五月雨式で申し訳ありません」などといった言葉を用いられます。 この「五月雨式」というのは、梅雨の時期にしとしとと降り続ける長雨のように「途切れる事がありながらも、長い間だらだらと物事が続くこと」という意味で使われます。 「式」をとって「五月雨で申し訳ありません」とも使います。 その、「五月雨式で申し訳ございません」の意味を細かく説明します。 例えば、返信や納品など本来は一度にまとめてするべきものを、期日が迫ってきていて出来上がったものからすることがあります。 そういった際に「一度にまとめずに何回にも分けてしまい申し訳ございません」といった意味として用います。 また、「だらだら続く」といった意味で、会議などが終わりが見えずにだらだら続く様子を「五月雨式に会議が続く」などと表現します。 「だらだらと申し訳ございません」よりも「五月雨式に申し訳ございません」の言い回しの方が丁寧で受けても印象がいいですよね。 このように、ビジネスシーンにおいて「断続的に長く続いてること、だらだらと長く続いてること」をそのまま言うのではなく印象の良い言い回しで「五月雨式」と使っています。

次の

「五月雨」とは?「五月雨式」と合わせて意味と使い方を解説

五月雨式 とは

先述した読み方から考えれば「五月雨」は「五月に降る雨」という意味であると導き出せることができると思います。 しかし「五月雨」の意味は「梅雨に降る雨」という意味です。 現代の梅雨の時期は6月です。 だとするならば「さみだれ」は「六月雨」でなければなりません。 ではなぜ「五月雨」と表記するのでしょうか。 それは日本の暦に関係しています。 日本は古来「太陰暦」という暦を使っていました。 いわゆる「旧暦」と呼ばれるものです。 これは「月の満ち欠け」を基準とした暦ですね。 現在ではグレゴリウス暦と呼ばれる「太陽暦」、つまり太陽の運行によって決まる暦を使用しています。 日本では明治5年に太陰暦から太陽暦に移行しました。 太陰暦と太陽暦とではおよそ1ヶ月分のズレが生じます。 太陰暦の方が1ヶ月遅い運行です。 つまり現在の6月は太陰暦では5月になります。 つまり太陰暦では梅雨の時期は5月に訪れることになります。 このことから古来日本では「梅雨に降る雨」のことを「五月雨」と表記したのです。 言葉の成り立ちには暦という社会制度が関係することがあるのですね。 では「五月雨式」という言葉はどのように使うのでしょうか。 「五月雨式」は主にビジネス用語として現代では使われています。 たとえば「五月雨式に連絡してしまって申し訳ありません」というように使います。 これは「同じような内容を断続的にしてしまって申し訳ありません」というような意味になります。 また「作業が遅れてしまって申し訳ありません。 出来上がったものから五月雨式に納品させていただきます」などと使えば「出来上がったものから断続的に次々と納品する」という意味になります。 注意しなければならないのは「五月雨式」という言葉はどちらかと言えば否定的なニュアンスを含んでいるということです。 「五月雨式に努力します」と言うと「メリハリもなく、だらだらと努力する」と相手は読み取ってしまう可能性もあるので、使い方には注意をしましょう。

次の