かかと 水虫。 かかとのガサガサは乾燥なのか水虫なのか

かかとの「ガサガサ」「ひび割れ」は隠れ水虫の場合も?ガサガサの治し方

かかと 水虫

かかとの水虫と乾燥では症状の違い 水虫と聞くと、激しいかゆみが伴うこと、白くふやけるといった症状を思い浮かべますよね。 でもね、水虫の症状はそれだけではありません! かかとに感染する水虫の症状としては、 角質が硬くなりガサガサしたりひび割れしたりと乾燥肌のような症状が見られます。 梅雨の時期やブーツで足が蒸れるなど湿度の高い環境で水虫に感染するイメージが強いため、踵のガサガサって水虫とは無関係だと思いがちというのが盲点。 さらに!水虫の特徴的な症状である激しいかゆみもほとんど見られないから、意外と踵の水虫って見落とされてしまうのです。 このため踵の水虫は早期発見が難しく、発見した時には進行がかなり進んでいる傾向にあるから困ったものです。 気づかずに放置し続けると爪にまで感染が拡大することもあり、爪水虫は治療に半年以上かかることも。 なんとしても、爪水虫になる前に食い止めたいところですね。 しかしながら、踵のガサガサが乾燥なのか水虫なのかを素人が判断するのは非常に難しい問題です。 確実に見分ける方法は、疑いのある部分の皮膚片を顕微鏡で確認するしかありません。 顕微鏡とか家にないし! つまり、普通の家庭では水虫と乾燥を見分けることができないので、気になってしょうがない場合は皮膚科への受診をお勧めます。 冬以外の季節でも踵が乾燥しているなら、まずは水虫を疑いましょう。 ちなみに、かかとの水虫の主な原因は、足指に感染している白癬菌です。 つまり、誰かの水虫が移ったというよりも自分の水虫が拡大する確率が高いということ。 このため、足指に水虫を放置していると踵にも感染が広がっているケースが多いと言えます。 指の水虫を持っている人は、すぐに医師に相談しましょうね。 かかとの水虫の治療方法 かかと水虫の治療薬は、皮膚科で処方された薬か市販の薬のどちらかを選択していきます。 医師に水虫の状況を診察してもらった方が効果的な治療が行えますので、まずは皮膚科を受診しましょう。 皮膚科だと、塗り薬以外にも飲み薬も処方してくれるところもあります。 体の内と外から水虫にアプローチすることができるから、市販薬よりも治療は早まる可能性は高いです。 ちなみに、かかと水虫の治療薬(塗り薬)をより患部の奥に浸透させるには、角質を柔らかくする必要があります。 お風呂に入った直後は角質が柔らかくなっているので薬を塗るのに最も効果的なタイミングです。 さらに、風呂上がりに尿素入りのクリームを塗ることで踵を柔らかくなることも。 僕が冬場に愛用している フタアミンクリームは、硬くなったガサガサ踵を改善するのにもってこいの商品です。 お風呂上り、就寝前にたっぷり塗り込めば数日でふっくら踵に変身です。 こんなにガサガサで固くなった踵にフタアミンクリームを毎日お風呂上りに塗れば1週間でここまで改善しました。 僕のガサガサは水虫じゃなくて乾燥が原因だったので、フタアミンクリームで保湿したらツルツルに改善することができましたよ。 ただし、治療薬によっては保湿クリームが不要のものもあるかもしれません。 薬の使い方は医師から説明があるかと思いますので、その際に確認した方がいいですね。 なお、かかと水虫治療において絶対にやってはいけないことがあります! それは、 硬い角質を削って柔らかくしようとすること。 むりやり角質を傷つけることで、水虫の感染が進む可能性があるため自己判断でケアするのは止めましょう。 すぐに治したい気持ちはわかりますが、焦らず根気よくが一番の近道ですよ。 かかと水虫の治療期間は、症状の深刻さによって違いはありますが2ヵ月を目安にするといいでしょう。 ただし、2ヵ月治療を行ったからと言って、自分の判断で終了してはいけません。 水虫は表面上は綺麗に見えてもまだ潜伏していることもあるため、検査をしなくては完治したかどうかわかりません。 踵のガサガサが改善したからと言って治療を止めてしまうと、少し時間が経ってから再発する可能性が高いです。 この場合、治療が一からやり直しなんてことも考えられますからね。 水虫は再発のリスクが高い感染症だから、治療後も経過観察として医師の指示に従い定期的に診察を受けることを勧めます。 また、水虫は感染力が強いので、治療に専念するだけでなく家族などへ感染が広がらないように配慮することも大切になります。

次の

水虫薬「エクシブ」かかと水虫の対策

かかと 水虫

指の間などに発症した水虫を放置すると、角質の奥深くに菌が進行し、最後には角質の厚い足の裏全体、特にかかと部位にまで症状が進行することもあります(かかとだけで発症することはありません)。 見た目はひび・あかぎれとの区別が難しく、足の裏全体にわたって粉をふいたような状態に。 水虫の中でも治療しにくく、放っておくと治療が難しい爪水虫(爪白癬)になる可能性もあるので注意が必要です。 病院でかかと水虫を治療する場合は、尿素で角質をやわらかくしてから水虫薬を浸透させる方法を取ります。 早く治すコツとして、せっけんで患部をよく洗い清潔に保つこと、汗をかいた後はタオルで拭いてしっかり乾燥させること、薬の散布は皮ふがやわらかくなっているお風呂上りに患部を中心に広めに塗ること、症状が治まったと思ってもしばらくの間は治療を続けることが大切です。 水虫は治せる病気ですので、きちんと治療を行い、清潔でスベスベしたキレイなかかとを目指しましょう!• 足指の間 水虫の中で一番多いのがこのタイプ。 足指の間の皮ふが湿ってふやけたようになりジュクジュクする湿潤型と、皮が薄くむけ赤くなる乾燥型に分けられます。 湿潤型は赤みが強く、細菌の二次感染によって足全体がはれるケースもあります。 足の裏・フチ・指の付け根 足の裏やふち、指の付け根に透明でやや粘り気のある液体を含む小さな水ぶくれができ、破れると液が出て次第にカサカサに乾き皮がむけます。 赤くなってかゆみを感じることが多いですが、必ずしもかゆみがあるわけではなく水ぶくれも目立たないことがあるため、存在に気付かずそのまま放置してしまうことも。 かかと 足の裏全体、かかとの硬い箇所にできています。 粉をふいたような状態ですが、かゆみはほとんどありません。

次の

かかとのガサガサは乾燥なのか水虫なのか

かかと 水虫

足のかかとにできてしまうガサガサって、女性にとってはとても気になりますよね。 その正体は、 硬くなった角質かもしれませんし、もしかしたら 白癬菌による水虫かもしれません。 症状にも大きな違いがありませんので、素人では見分けが付きにくいのが難点です。 いずれにしても露出が多くなる季節になると目立ちやすいため、早めに治した方がよいでしょう。 ビーチサンダルのヒールの部分がガサガサだと、 恥ずかしい思いをすることにもなりかねません。 また、ひび割れが起こって、 強い痛みを感じるのも困りますね。 そこで、今回は かかとのガサガサと水虫の見分け方や、症状の違い、それぞれの治し方について詳しくご紹介します! コンテンツ• かかとのガサガサと水虫の見分け方 かかとのガサガサをただの乾燥だと思っていたら、実は水虫だったということもありますね。 水虫は 「白癬菌(はくせんきん)」というカビが原因で発症する皮膚の病気です。 高温多湿で風通しの悪い場所を好むので、水虫といえば足の指の間を想像する人も多いですね。 しかし、水虫の発生は足の指の間だけにとどまらず、土踏まずや足の外側にもできます。 さらに、足のかかとにできると、ガサガサして乾燥によるものと見分けが付かないことも珍しくありません。 まずは、この2つの 見分け方について知っておきましょう。 見た目でわかる? かかとにできる水虫は、よくある水っぽいものではなく 硬いひび割れ状態になります。 ただし、乾燥などで角質が硬くなっている時も、ひび割れしてきますよね。 つまり、見分け方は非常に難しいですが、水虫の場合は 白い粉が飛散しているように見えます。 ガサガサの見た目だけではわかりにくく、あまり大きな違いはなさそうです。 Sponsored Link 症状の違いでわかる? 見た目ではあまり違いはわかりませんが、 症状の違いではどうでしょうか…。 実は、かかとにできた水虫はそれほど痒みがないので、わかりにくい特徴があります。 古くなった角質がガサガサしている時は、角質を除去してからしっかり保湿してあげることで改善していきます。 しかし、水虫の場合は白癬菌が原因なので、いくら保湿をしても症状が改善されることはありません。 むしろ白癬菌は湿気を好むため、 悪化することが考えられます。 足の保湿用クリームや保湿用靴下を使用しても、ガサガサが一向に治らない時はかかと水虫の可能性があります。 皮膚科で検査しないとわからないことも! ガサガサしている部分を削って保湿してみても、結局どちらか分からない…ということも多いと思います。 一番確実な判断方法は、 皮膚科で検査をしてもらう事です。 かかとの皮膚を顕微鏡で検査して、白癬菌がいると水虫ということになります。 古い角質が硬くなっているだけだと、他の細菌はいても白癬菌は存在しません。 ずっと保湿を続けても状態が変わらない時は、皮膚科へ行って検査を受けましょう。 Sponsored Link かかとのガサガサが水虫ではなかったら? かかとのガサガサの正体が古い角質だった時は、当然水虫の薬を使用しても効果がありません。 症状に合っていない薬を使用すると、 肌荒れを起こしてしまう危険性があるので注意して下さいね。 顔や手に比べると、かかとの角質層は 10倍ぐらいの分厚さがあります。 毎日重心が掛かっているかかとは、外部刺激を一番受ける部分で硬くなりやすくなります。 年齢が若いと新陳代謝も活発で肌のターンオーバーも早いですが、加齢による乾燥が原因でターンオーバーも乱れてくるのでかかとがガサガサしてきます。 それでは、水虫ではなかった時の治し方を見ていきましょう。 治し方はどうする? 硬い角質となっているかかとのガサガサの治し方には、下記のようないくつかの方法があります。 Sponsored Link もし水虫だとわかった時の治し方は? いくら角質ケアをしても、かかとのガサガサした状態が全く変わらない…。 また、皮膚科で検査をしたら、水虫だと判明することもあるでしょう。 水虫の治し方は簡単ですが、持続するのが難しいので完治するまで続けることが大切です。 皮膚科に通院するのがベスト? かかとの水虫は、指や爪にできる水虫と違ってあまり かゆみがありません。 かゆくないから…と見逃しがちになってしまうので、何をやってもかかとがガサガサの状態であれば、皮膚科でしっかり診てもらうことが重要です。 かかとの水虫は 「角質増殖型」といい、慢性型になりやすいのが厄介です。 まれに爪水虫も併発することもあるので、皮膚科に通院するのがベストの治療法といえます。 皮膚科での治療法としては、塗り薬よりも効果の高い 飲み薬を処方されることも多いです。 現在服用している薬がある時は、お薬手帳を必ず持参して下さいね。 もともとかかとの角質層は他の部位より硬く、薬効成分が浸透しにくいのが厄介な点です。 ただし、浸透性を高める尿素やサリチル酸を配合しており、深い角質層に浸透して水虫を撃退します。 治療期間はどのくらい? もしかかとのガサガサの原因が水虫だったとしたら、気になるのは完治するまでの 治療期間ですね。 特に女性の場合、「素足でサンダルを履けるまでには完治したい」というのが本音だと思います。 水虫は一度治ったように見えても、白癬菌が潜伏している間はすぐに再発します。 このため、症状が軽くなったからといって、途中で治療をやめてしまう人が多いですね。 かかとの水虫の治療期間は、 約4~6ヶ月を必要とします。 毎日薬を塗布することを考えると「長い」と思われがちですが、根気強く治療するしかありません。 ただし、薬を塗っているうちにガサガサした状態は治っていきますので、見た目ではわからないレベルになるのも早いです。 かかとのガサガサは、単なる角質が荒れた状態と水虫が潜伏している状態でわかりにくくなっています。 毎日保湿クリームなどを塗っているのに改善されない場合は、皮膚科で検査してもらうことをオススメします。

次の