ペイペイ ポイント還元率。 PayPay(ペイペイ)にクレジットカードは登録するべき!登録方法やおすすめクレジットカードを紹介

PayPay決済で最大1.5%戻ってくる!

ペイペイ ポイント還元率

新規登録から 7日以内の 口座登録で千円分もらえるぞ! ソフトバンクとYahoo! の共同出資により、できたスマホ決済サービスが 「」になります。 PayPay(ペイペイ)を使ったことがなくても、名前を知らない人はいないのではないでしょうか? PayPay(ペイペイ)でアップルウォッチが使えるぞ! Apple Watchで PayPay払い! 現金はあまり使いたくないですね。 5%にするには• PayPay残高:銀行からのチャージ• ヤフーカード• Yahoo! マネー など条件があります。 詳しくは以下の記事をご覧ください。 【例】1万円の買い物をした場合、PayPayならどうなる? 消費税8% 増税前 消費税10% 増税後 買い物金額 10,000円 10,000円 消費税 800円 1000円 税込み 10,800円 11,000円 ポイント還元率 4% 9% ポイント還元額 432円 990円 実質金額 10,368円 10,010円 実際に1万円の買い物を消費税増税前と増税後では、支払い金額に差が出ます。 なんと 消費税増税後の方がお得に買い物ができるのです。 というか 10010円と元の金額10000円だと実質的に消費税が0%に近くなります。 現金で買い物をすることは大損である ちなみに 現金で買い物をするということは PayPayの還元4%の恩恵も、消費者還元事業の恩恵も受けれらません。 つまり ストレートに11000円の買い物をすることになります。 PayPayをフル活用することで約1割も日常の買い物がお得になるのです。 スーパーやコンビニなど日常生活でも超便利!• PayPay:100憶円あげちゃうキャンペーン• LINE Pay:ペイ得祭り(20%還元)・300憶円あげちゃうキャンペーン• メルペイ:日本全国まるっと半額キャンペーン すでにCMなどでも見かけますが、基本還元率うんぬんを差し置いてもスマホ決済はお得です。 キャンペーンでも 20%還元は当たり前で、 最大で50%還元なんてすさまじい還元率もあります。 また登録するだけで500円分のポイントがもらえることはほとんど当たり前の状態です。 各社、ユーザーの囲い込みに必死になっており、生き残りに必死です。 これだけ過激なキャンペーンを実施してくれており、しかも 20%還元分はPayPayなどが負担してくれるわけです。 PayPayが使えるお店の業種• 「ネットショップ」で使える• 「コンビニ」で使える• 「アパレルショップ」で使える• 「家電量販店」で使える• 「本屋・書店」で使える• 「居酒屋・飲食店」で使える• 「ドラッグストア」で使える• 「百貨店」で使える• 「交通機関」で使える• 「コンタクト・眼鏡屋」で使える• 「カラオケ」で使える• 「スーパー・ディスカウントストア」で使える• 「クリーニング」で使える• 「アウトドア・釣り・自転車」で使える• 「エンタメ施設」で使える• 「引っ越し・賃貸」で使える• 「カー用品・バイク用品」で使える• 「楽器屋」で使える• 「ホテル・旅行」で使える キャッシュレスで集客できる!• 【SEO対策】自社のホームページを作成すべし!• 『地方名+業種+スマホ決済』で検索上位表示を狙え!• 【例】美容院でPayPayやLINE Payを使えるお店を検索する• 【MEO対策】Googleマップに表示されるようにする• Googleマップでは、距離と口コミがわかる• Googleマイビジネスに登録• 【SNS活用】Facebook・Twitterからの発信• 一番手軽なのは自分のアカウントで情報発信すること• Twitterでハッシュタグ• 『Facebook広告』は細かくターゲットを絞って発信できる• 広告を出す場合は、キャンペーンに合わせるべし!• Facebook広告とからInstagramにも出稿できる• 【ローカル集客】チラシの配布 実際に、私自身も自分のお店にPayPay決済を導入しました。 方法は簡単で、 「」から、申請すればオッケーです。 また以下の記事でもスマホ決済アプリ『PayPay』を自分のお店に導入した方法を紹介しております。 恥ずかしながら 私自身が一度審査落ちもしているので、その辺りの過程や理由も合わせてご紹介します。 まとめ 運営元 PayPay株式会社 基本還元率 0. 本人認証でクレカは1日2万円•

次の

PayPay(ペイペイ)最新キャンペーン情報まとめ【7月14日更新】

ペイペイ ポイント還元率

公共料金支払いはPayPay ペイペイ でポイント還元0. 5%!請求書のバーコードをスキャンするだけ!1分で終わるお支払方法を説明しています。 今までは公共料金のお支払いにコンビニに行かれていた方も多いと思います。 しかし、スマホ決済が普及し始め、PayPay ペイペイ は、家のリビングルームからの公共料金の支払いを可能にしてくれました! しかし、公共料金の自由化に伴い、今では多くのプロバイダーが存在しています。 そこで、自分が利用しているガス料金・電気料金もPayPayから支払うことはできるの?という疑問をお持ちの方もいますね。 この記事では、今日現在に公共料金の支払い可能な企業一覧もご紹介しています。 対応支払い先は今後も追加予定だそうです。 電気 1.東京電力 2.関西電力 3.中国電力 4.九州電力 5. PayPayを通して支払えば、0. それは、ガス料金の自由化によって可能になった節約術です。

次の

PayPay決済で最大1.5%戻ってくる!

ペイペイ ポイント還元率

キャンペーンでの還元内訳• モバイルTカードの提示1% Tポイント• キャンペーン還元20% PayPayボーナス この還元方法を実現するには、あくまでTカード加盟店でPayPayを使用する必要があります。 各々の加盟店情報についてはPayPayのホームページとTサイトで確認してください。 PayPay ペイペイ アプリでモバイルTカードを利用する手順を解説 PayPayでTポイントを得るためにはモバイルTカードが必要なので、まずはモバイルTカードを新規登録する方法を解説します。 また、モバイルTカードを新規登録する手順は簡単ですが、事前に「 Yahoo! JAPAN ID」の用意があれば利用することをおすすめします。 登録する手順のなかでYahoo! JAPAN IDの新規発行もできますが、事前に「Yahoo! JAPAN」でIDを取得した方が簡単に完了します。 モバイルTカードを発行する手順 モバイル T カードの新規発行手順• 「Tサイト」へアクセスして「Tカード情報登録・Tサイト利用登録」へ進む• 「【Tカードを持っていない】Yahoo! JAPAN IDを持っている方」をクリック• 下部にある「Y! ログイン」をクリックして「Yahoo! 」にログインする• Tカード番号の登録画面で「Tカードを持っていない」をクリック• モバイルTカード専用Tカード番号の「発行する」をクリック• 情報を入力して同意することでモバイルTカード番号が発行される• 登録完了 ここで発行されるモバイルTカード番号は 「9290」からはじまる数字なので、忘れないようにしてください。 PayPay ペイペイ にモバイルTカードを連携させる手順 モバイルTカード番号が発行されたら次は 「PayPayアプリ」と「 モバイルTカード」を 連携させなくてはなりません。 連携はスマホのPayPayアプリからおこないます。 もともとTカードを保有している人は、ここから登録をはじめてください。 PayPay とモバイル T カードの連携の手順• PayPayアプリを起動• 下部の「アカウント」をタップ• 「外部連携」をタップ• 「Yahoo! JAPAN ID」をタップ• Yahoo! JAPAN IDとパスワードでログイン連携する• 外部連携画面に戻り「モバイルTカード」をタップ• 生年月日で本人確認する• 同意することでモバイルTカードの設定完了• 連携完了 PayPay ペイペイ とモバイルTカードを店舗で使用する手順 PayPayの決済時にモバイルTカードを使用するには、レジで決済する前にモバイルTカードをスタッフに提示しなくてはなりません。 一連の流れなので覚えておきましょう。 モバイル T カードを使った PayPay 決済手順• PayPayアプリを起動する• 下部中央にある「支払う」をタップ• バーコードの下にある「モバイルTカードを表示する」をタップ• モバイルTカードのバーコードが表示されるので店舗のスタッフに提示する• PayPayのバーコードを店舗のスタッフに提示して支払いをおこなう• 支払い終了 モバイルTカードの提示は必ず PayPay決済の前におこなうことを忘れないようにしましょう。 PayPay ペイペイ とモバイルTカードの連携を解除する手順 何らかの理由でYahoo! JAPAN IDが使えなくなったり、IDを変更しなくてはならなかったりする場合は、PayPayとモバイルTカードの連携を 解除できます。 モバイルTカードを搭載するメリット• スマホで簡単に持ち歩ける• PayPayアプリ内で支払いが完結• Tポイントを簡単に確認できる PayPayで決済する前にモバイルTカードをスタッフに提示すると、Tポイントが簡単にもらえます。 つまり高還元が実現されます。 またTカードとモバイルTカードは 併用して利用できるのも便利です。 いちいちスマホとお財布を出す必要もなく、スマートな決済を実現します。 Tポイントの残高を 簡単に確認できるので、物理的なTカードと比べて管理が楽です。 PayPay ペイペイ でTポイントを貯めたり利用したりする際の注意点 PayPayの使用法によりTポイントが貯まることを紹介しましたが、いくつか注意点があります。 覚えておきましょう。 あくまでヤフーカードのサービスで提供され、PayPayが発行するポイントではないことを理解しましょう。 つまりPayPayでどのような支払い方法を選択しても、Tポイントは 付与されず貯まりません。 JAPANカード からのチャージでしか貯まらない PayPay残高へのチャージは「銀行口座」、「ヤフーカード」、「セブン銀行」、「ATMヤフオク売上金」の4種類のみです。 この中で1. PayPay ペイペイ とモバイルTカードが使える店舗 PayPay加盟店でモバイルTカードが利用できる店舗 抜粋• ファミリーマート コンビニ• TSUTAYAの一部 レンタル、書店• ウエルシア ドラッグストア• ウエルシアダックス ドラッグストア• ハックドラッグ ドラッグストア• ハッピー・ドラッグ ドラッグストア• エディオン 家電量販• 100満ボルト 家電量販 このなかで注目なのはコンビニのファミリーマートです。 コンビニであれば毎日でも利用するので、ファミマでPayPayを使うときにはモバイルTカードを忘れないようにしましょう。 PayPay ペイペイ でTポイントを貯める方法のまとめ PayPayの使用でTポイントがもらえることを紹介しましたが、やはりPayPayはヤフーカードとの相性が バツグンなことがわかります。 PayPayとTポイントのまとめ• PayPayにクレジットカードチャージができるのはヤフーカードのみ• PayPayのキャンペーンを利用すると最大で+20%の還元が実現される• PayPay利用による還元が1. 5%あるので合計2. 5%の還元となる• モバイルTカードを利用することでさらに1%が追加されて合計3. 5%還元となる• PayPayに表示されるモバイルTカードは使える店舗が限定されている このようにPayPayを利用するだけならいくつかの方法がありますが、Tポイントをもらいお得に利用するためにはヤフーカードが必須です。 ヤフーカードは年会費もかからないクレジットカードなので、PayPay利用に 絞って保有するのもおすすめです。

次の