マスク 頭痛。 マスク着用と頭痛

マスク頭痛について

マスク 頭痛

マスクをするとなんで頭痛がするのか!? ・骨格の歪みパターン マスクをしていると耳が引っ張られますよね。 マスクによって耳が前側に引っ張られて、側頭骨 頭の横側の骨 も前側に引っ張られてズレてきます。 そうすると、他の頭の骨もズレてくるので、頭が全体的に歪んできます。 頭が歪むと 頭と背骨は、隣同士なので背骨も歪み、骨盤も歪みます。 そして、全身が歪んできちゃいます。 そうすると、全身のバランスが崩れて、変に身体が強張って頭痛が出てくるパターンになります。 背骨・骨盤調整をしても・・・ 側頭骨から歪みが発生しているので、いくら背骨や骨盤を調整してもあまり効果的ではありません。 歪みの元である側頭骨が調整なれていないので、すぐに戻ったり、頭痛が解消されなかったりします。 あさくら整体院では、頭の調整も行っているので頭から全身を整えて頭痛の改善を図っています。 個人差は、ありますが施術後にスーッと頭痛が消えたとの声も頂いております。 次は筋肉のパターンを書いていきます。

次の

マスク頭痛

マスク 頭痛

こんにちは。 頭痛治療家 平井です。 2020年になってから、新型コロナウイルスのニュースを見ない日がありません。 世界中で凄い勢いで感染拡大していっています。 たくさんの自粛規制があり、なかなか思うような生活ができなくなってきましたが、命に関わる大切なコトです。 必ず、落ち着いてくるはずです。 みんなで力を合わせて乗り越えましょう! どこに行くのもマスクをしなければ、不安で出かけられなくなってきました。 多くの方がマスクをして行動されていると思います。 一日中マスクをつけっぱなしという日も多いと思います。 マスク頭痛ってなに?? マスクを長時間していて、頭痛になったり、めまいや立ちくらみ、睡魔、倦怠感、集中力の低下などを感じることはありませんか? これらの原因は、マスクを長時間つけていることかもしれません。 考えられる原因は、2つあります。 そのため、自分で吐いた二酸化酸素がマスク内に溜まりやすく外から酸素が入って来れなくなってしまいます。 そのことにより、 だんだんと脳内や体内に酸素が不足していきます。 脳は酸素を取り込むため血管を拡張させ、周りの神経を圧迫刺激し、 偏頭痛を誘発します。 酸欠の上に、さらに血管拡張し、血圧まで低下したことで、その他の不調まで引き起こしくてしまうという流れです。 側頭部の筋肉がガチガチになるだけでなく、耳のひもの違和感で知らず知らずのうちに食いしばりをしている人も多くなると言われています。 どんどん筋肉がガチガチになり 緊張型頭痛を引き起こします。 以上のように、マスクを長時間つけると頭痛になるリスクが高くなる可能性があります。 このような生活が長く続くと、マスクは顔が隠れるため、表情を見られることがなくなります。 すると、 顔の筋肉がサボりだし、ますます血流が悪くなって頭痛が頻発するかもしれません。 マスクをしない生活の時より、 笑顔が少なくなり、口数も減ったり、なんだか元気まで奪われてしまいます。 マスク頭痛の予防法 時期が時期ですから、上記のことの対策として、マスクするのを控えましょう。 というわけにはいきません。 新型コロナウイルスが落ち着いても、花粉症でマスクは手放せません。 という方も多いと思います。 長時間マスクをつけるときの、マスク頭痛の予防法は3つあります。 人が少ないところではマスクをとり、人が多い時にはマスクをしたままでも構いません。 大きく深呼吸をしましょう。 これだけでも血流が上がり、筋肉がガチガチになるのを予防することができます。 冗談ではありませんよ。 口角を上げることで、顔の筋肉を緩めることができ顔の血行促進につながります。 しかも、口角を上げると・・・ ・幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」が分泌される。 ・副交感神経が優位になりリラックスできる。 ・免疫力が上がる。 このようにいいことばかりです。 テレビを見ていると感染拡大の不安なニュースばかりです。 しっかり対策をしなければいけません。 ですが、暗くなる必要はありません。 マスクをしても大きな声を出しましょう。 マスクをしてもいっぱい笑いましょう。 マスクの下でニヤニヤしましょう! しっかり予防しながら、マスク頭痛を防ぎましょう。 マスクをしていて頭痛が出る方、花粉症の時期の頭痛にお悩みな方、 偏頭痛専門 神戸本山整体院 ぴ〜す にご相談ください。

次の

ひどい頭痛の原因は「マスクで酸欠」 薬剤師とメーカーに確かめたら...: J

マスク 頭痛

Contents• livedoor. ゴムが耳に当たってもいたくない様に柔らかいタイプの物であったり、最近では白以外の色のマスクも販売されているそうです。 またPM2. 5にも適応してるマスクなどその用途によって買うマスクも違うかと思います。 マスクをしてるのとしていないのとでは風邪の菌や花粉などが体内に入る量は断然違いますよね。 ですが付けていると頭や耳が痛くなってしまったり、中には肩が凝ってしまう人もいるそうです。 せっかくのマスクで予防していても体調を崩してしまっては元も子もありませんよね。 そうならない対策は何かあるのでしょうか。 スポンサーリンク マスクをして先ほどの症状が起きる原因としてはマスクのゴムがきつい、長時間の使用、マスクをすることによって酸欠状態になってるなどが挙げられるそうです。 ゴムが短い状態で使い続けると耳の筋肉が緊張した状態となり、そのため耳が痛くなって頭が痛くなってしまう原因となるようですね。 また酸欠状態が続くと体も固くなってしまい、肩こりの原因となってしまうみたいですね。 せっかく病気などの予防でマスクをしてるのにマスクをして頭や耳、肩が凝ってしまうのは嫌ですよね。 対策としてはゴムを付ける前に伸ばして緩めておくと耳への圧迫感を減らしてくれるのでいいそうですし、あまりぴったりしたマスクではなく、もうワンサイズ大き目のマスクにしておくのも対策の一つであると思います。 この他の対策としてゴムと耳が直接当たらない様に耳の部分にガーゼなどを挟んでおくと締め付けも減りますので、いいかもしれませんね。

次の