プレミアム ハナハナ スポット ライト。 プレミアムハナハナ‐30

ツインドラゴンハナハナ30|スペック・解析・打ち方まとめ

プレミアム ハナハナ スポット ライト

「BIG中の設定示唆」 BIG中のスイカ確率に設定差が存在。 スイカ確率が高いほど高設定の期待度アップ!? [チェリーorスイカ成立時] 左リールにBARを狙い、スイカが停止したら中・右リールにもスイカを狙おう。 「REG中の設定示唆」 左リール中段に白7をビタ押しし、中右リールにもスイカを狙ってスイカを入賞させると、リール横のサイドランプがフラッシュする。 フラッシュには青・黄・緑・赤・虹の5パターンがあり、発生した色で設定を示唆する。 虹色に光れば高設定の期待大!? [スイカ入賞手順] スイカの入賞はREG中ならいつでも可能だが、1度獲得したあとはフラッシュが発生しない。 「ボーナス終了時のスポットライト」 ボーナス終了時は筐体上部のスポットライトの色で設定を示唆。 青・黄・緑・赤・虹の5パターンがあり、同じ色でもBIG後よりREG後の方が設定示唆の精度が高い。 虹ならBIG後・REG後を問わずに高設定濃厚!? 【プレミアム演出発生でBIG濃厚!】 「プレミアム点滅」 光がうねるように回転するねずみ花火点滅、光が不規則に移動するUFO点滅などを新搭載! シリーズ最多のプレミアム点滅が搭載されている。 「ショータイムフリーズ」 ゴージャスな音楽とリールアクションでBIG当選を祝福。 14 「プレミアムバイブレーション」 レバーON時などに筐体が激しく振動する。 「バウンドストップ」 第1〜3停止時にリールがバウンドして止まる。 [バックライトフラッシュ] 全リール停止後にバックライトがV字にフラッシュする。 「サウンド系演出」 ・各小役揃い時のSP音 ・払い出し音間延び ・払い出し音なし ・ボーナスSPテンパイ音.

次の

パイオニア

プレミアム ハナハナ スポット ライト

これまで数多くのハナハナシリーズをリリースされてきましたが、その分かりやすく簡単なゲーム性からか老若男女問わず大人気となりました。 2017年には今まで30パイ仕様だったハナハナシリーズに初となる25パイも登場し、来る6号機時代に向け、打ち手の幅を広げる試みもされています。 4号機時代は全3機種! 厳密に言えば5号機への移り変わりの4. 5号機もありますが、その時代までに発表されている機種は3機種となります。 やはり4号機ということで、出玉スピードやリプレイハズシなどの目押し精度も要求される機種が多いですね。 さらに何と言ってもハナハナ30と言えば、色々なバージョンが存在する裏物が流行っていましたね。 モードの概念が存在し、スーパーハナハナモード 通称スーハナモード に移行すれば大連チャンが見込めました。 やはり波の荒いスペックが当時から大人気でしたね。 5号機として移り変わりの時代に発売されたのがこちらのドンドンハナハナ30。 スーパーハナハナはストック機として天井なども存在しましたが、初代を受け継いで純Aタイプとして人気の台となっていました。 4号機のハナハナ30の後継機と言われ、5号機ハナハナの礎を築き上げました。 このころのハイビスカスの点灯・点滅パターンは全12種類と今と比べて大分少ないですね。 仕様は前作とあまり変わりませんが、スペックアップしたタイプとなっています。 ニューハナとリール配列やリーチ目等が全て一緒なのも特徴です。 サンハナ以前のハナハナシリーズでは最もボーナス確率が軽い造りとなっています。 また、ハイビスカスの点灯・点滅パターンも新たに数種類加わり、あらゆる面で楽しめる仕様となっていました。 レバーフリーズに加え、ストップボタンフリーズも搭載! プレミアムサウンドも出現しやすくなっており、打ち手の気分も考えた仕様となっていました。 「昇龍フリーズ」などのプレミアム告知も搭載。 新たにバックライトフラッシュを新搭載したド派手な仕様。 クイーンはクリスタルフリーズというものがあるようです。 楽曲面では超プレミアムとして「スペハナサウンド」も聴くことが出来ます。 これまでの5号機ハナハナと大きく違うところはスペック面となります。 天翔フリーズを搭載したシリーズ最高の瞬発力を持っている機種となります。 MAXBETにハイビスカスが出現するなど、シリーズ最多のプレミアム点滅も搭載している遊び心満点な仕様ですね。 プレミアムバイブレーション、プレミアムサウンド全14曲などあらゆる面で楽しませてくれる仕様です。 スペックなどは前作までとほとんど変わりなく楽しめる仕様になっていますが、以前から変化した部分といえば、設定推測をするさいのパネルフラッシュが無いこと。

次の

スロット歴代機種「ハナハナ」シリーズのスペックや特徴全まとめ

プレミアム ハナハナ スポット ライト

こちらは実践値なのであくまでも目安にはなりますが、前作から同様にBIG中のスイカ確率に設定差があります。 設定判別・設定差解析 こちらでは現時点で判明している、ツインドラゴンハナハナの設定差を1つずつ解説しています。 REG中スイカビタ押しでのランプ色 設定 出現率 青 奇数設定で出やすい 黄 偶数設定で出やすい 緑 奇数設定で出やすい 赤 偶数設定で出やすい 虹 高設定で出やすい REG中の技術介入でスイカを揃えた際に、ランプの色にて設定を示唆。 特に緑・赤・虹が頻発するようであれば高設定に期待が出来る。 69 小役確率の部分でも紹介しましたが、前作までと同じくBIG中のスイカに設定差が設けられている可能性が高いです。 あくまで実践値となりますが、実際にスイカの数を数えてあまりにも出ない場合は、低設定の可能性、1BIGで1~2回出現するようであれば高設定に期待が出来ます。 ボーナス後の龍玉の色 今作からパネフラではなく、龍玉に注目。 こちらの色によって設定を示唆しているので、虹など見かけたら高設定に期待しましょう。 朝一のリセット判別 朝一の設定変更を判別する方法としてはガックンチェックがあります。 筐体の作りやシリーズによっては中々見分けがつかないこともあるかもしれませんが、今作でも微妙な違いがある可能性も高いです。 関連記事も合わせてご覧ください 当サイトおすすめ!!

次の