英語 発音 練習 アプリ。 英語の発音を動画と音声で学べるおすすめサイト10選【無料で練習】

フォニックス学習におすすめのアプリ5選【英語の発音を極めよう!】

英語 発音 練習 アプリ

英会話学校は料金が高いので、できればアプリで発音の練習がしたい。 でもアプリが多すぎてどのアプリにその機能があるか分からない。 ユーザーの評価もあまり当てにならない。 と考えたことがある方に向けて書きます。 この記事が信用に値するかですが、僕は英語ネイティブの元Google社員で、広告の営業をするかたわら、Googleの社員にビジネス英語を教えたり、新人社員向けにプレゼン研修を担当したりもしていました。 なので、英語にはちょっと自信があります! まずBad Newsを先に伝えておくと、 発音の矯正に使える自動評価の技術は、残念ながらまだあまり高くありません。 でもGood Newsは、今の技術でもそれなりに使えますし、今後急速に発展していく領域とは思います。 今回ピックアップした4つのアプリのうち、発音の自動評価が可能なのは、最初の3つだけです。 4つ目は録音による、自己チェックのみのアプリとなります。 最初の3つのアプリについて、 発音の自動評価の精度を試すために、4つのパターンで評価結果を検証してみました。 ネイティブアクセント• 軽めの日本人アクセント• 重めの日本人アクセント• 文章を無視した デタラメ これらを通して、評価がどう変わったかをチェックしました。 結果は、最後にまとめましたので、ぜひ読んでみてください。 では、さっそく見ていきましょう! Contents• どういうアプリ?• 短い会話を動画でリスニングし、スピーキングで発音の評価を受けるアプリ• Androidで4. 0(DL100万以上)、iOSで4. 4の評価 だれ向け?• 初心者から初級者向け• 自動評価による発音練習がしたい方 良い点は?• 発音を3つ星で自動評価してくれる(評価の精度は試したアプリの中で一番高い)。 しかも文中でクリアでない箇所や間違えた箇所を赤い字に変えてくれる。 文章毎に録音され、弱いところを復習できる• 会話に必ずオチがあって飽きない。 ちょっとコメディーっぽくて楽しい。 役者さんもいちいちおもしろい• 英語字幕が逐次、和訳もちゃんと最後にでてきて便利 気になる点は?• 無料版の量は多くはない 他の特徴は?• 発音の口や舌の形などのチュートリアルもある 学習量は?• どういうアプリ?• あのリクルートが開発した英語学習アプリ• 日常会話からビジネス会話までカバー• 各会話毎に、理解クイズ、ディクテーション、会話文の復習、スピーキングの問題集• Androidで 4. 4(DL50万以上)、iOSで4. 2の評価• 基本は有料(月1058円税込)、無料だと1レベルにつき1会話まで• 1週間の無料お試し期間もある だれ向け?• レベル1から7で、初級から上級までカバー(コアターゲットは初級者から中級者向け)• スピーキングの自動評価も含めて、リスニングからリーディング、ライティングまで網羅 良い点は?• 圧倒的な会話の量。 無料アプリ何十個分の価値• 会話の文章毎に発音の自動評価、録音による復習、お手本のチェックが可能 (評価の精度はまあまあ)• 発音の自動評価では、特に発音がダメだった箇所の発音チュートリアルを動画で見せてくれるのはとても良かった• とにかくアプリの完成度が非常に高い。 分かりやすさ、美しさ、操作性など抜群。 このあたりは、さすがリクルート 気になる点は?• スピーキングの自動評価の精度は、まだ完璧ではない• ディクテーションは、Keyboardのヒントが多いので、それほど難しくはない 他の特徴は?• 学習時間の管理が、細かく正確かつ自動でできる• BGMがめっちゃやる気でるw(Defaultで設定されている「New Year」という曲)。 なんでか分からないけど、めっちゃテンション上がる! 学習量は?• 圧巻の学習量。 日常会話の習得に900時間必要と言われているため、420時間は本当にすごい量• 中級ぐらいから始めても、充分満足できる量なはず アプリのダウンロードと、無料体験の申込みはこちらからできます。 どういうアプリ?• 日常的なフレーズの例文を聞いて、発音の自動評価機能を使ってスピーキングの練習ができるアプリ• Androidで4. 3(DL10万以上)、iOSで4. 2の評価 だれ向け?• 初心者から初級者向け• 自動評価による発音練習がしたい方 良い点は?• 発音の自動評価は、Perfect!Good!NiceTry!の3段階(でも評価精度はいまいち)• さまざまなフレーズの復習にも使える 気になる点は?• 広告あり• フレーズ聞き流しという機能で、聞き流しができる 学習量は?• 9表現 x 8フレーズ x 5パターン = 360パターン x 1分 = 6時間分ぐらいのコンテンツ アプリのダウンロードは、こちらからできます。 【Android】English Speaking Practice(録音による自己チェック) 録音機能だけでもいいので、はっきりとしたきれいなアクセントを学びたい、という方はこのアプリ。 どういうアプリ?• 1分以内の短い会話を聞いた後、理解度チェック問題が4つ、スピーキング練習と録音機能• Androidで4. 6(DL100万以上)、Android版のみ だれ向け?• 初心者から初級者向け• 録音によるスピーキングの練習がしたい方 良い点は?• 発音の評価機能はないが、録音して自己チェックできる• プロの声優がはっきり話してくれるので、聞き取りやすい• かなり模範的なきれいな米国アクセントが参考になる 気になる点は?• 全画面広告がたまに出る 他の特徴は?• 広告オフやオフラインモードは有料 学習量は?• ビギナーとビジネスの2カテゴリーx200会話 = 400会話x2分 = 800分 = 13時間分ぐらいのコンテンツ アプリのダウンロードは、こちらからできます。 発音練習のゴール ここまでお読みいただくとお分かりと思いますが、発音の自動評価の技術は、まだまだ発展途上のようです。 ですので、やはり発音はオンライン英会話や学校などでフィードバックをもらうのが良さそうです。 ただ、前に記事にもしましたが、発音のゴールというのは 「ネイティブに近づける」というものではありません。 そうではなくて、 「相手に理解してもらう」ということがゴールですので、極端な話、相手に理解してもらえさえすれば、どんなに日本人のアクセントだっていいんです。 なので、発音を直すうえでの目的意識としては、 「自分の発音のどこが聞き取り難いか、誤解を与えているか」、ということを経験則的にデータを蓄積していってコツコツとその箇所を直していくしかありません。 そして、 日本人アクセントながらに誤解がゼロになった時、あなたの日本人アクセントの英語は最強になっているんです。 発音評価の検証結果 では、最後に自動評価の精度を見てみましょう! アクセント SpeakingPal スタディサプリ 日常英会話表現 ネイティブ・アクセント 星3つ( 数カ所ミスを指摘… ネイティブなのになんでや!厳しい!) Great! Nice Try! (え?) Nice Try! 結論としては、 発音の自動評価だけについて言えば、SpeakingPalが圧倒的に強かったです。 日常英会話表現(アプリ名)はデタラメ以外は全てPerfect!となってしまい、かなり甘いことが判明しました(リスニングとフレーズの勉強にはなると思います)。 そして、天下のスタディサプリはというと、ネイティブと軽めの日本人訛りの差が全くなく、中級者以上では差が出難いかもしれません。 でぃえごです、こんにちは! ブログ読んでくれてありがとうございます。 2017年暮れにバンコクに移住した英語ネイティブです。 タイ語を毎日勉強していたら、言語習得の乗り越え方が見えてきたので、このブログを始めました。 幼少期は、香港・米国・ドミニカ・英国を移り住み、大学から日本です。 当時はケインコスギのような日本語を話していましたが、今は日本語もネイティブです。 英語は、僕の人生でさまざまなとびらを開いてくれました。 英語ができれば、人生は変わります。 人生を変えたいと思っている方に、もっと自分らしく生きる手助けができれば嬉しいです。 タイトルには、そんな想いも込めました。

次の

【ネイティブが検証】発音練習におすすめな英語アプリ4選

英語 発音 練習 アプリ

発音チェックを行い、ネイティブの発音を学習したアルゴリズムが正しい発音との違いを発音記号で視覚化• 英語単語・熟語合わせて4000フレーズ以上収録• 発音を録音し、お手本と聞き比べることが可能 「発音博士」は指定された英単語・熟語を読み上げると、 音素単位に分解し発音記号で視覚化してくれる発音矯正アプリ。 中学から高校レベルの基礎単語・熟語を英語単語・熟語合わせて4000フレーズ以上収録しています。 発音はネイティブの声を数多くサンプリングし学習したプログラムが判定。 さらに正しい発音と自分の録音した発音を聞き比べる機能もあります。 自分の話す英語が発音記号で表されるため、正しい発音との差を理解するためには発音記号がある程度読めると上達の近道になります。 ゲーム感覚でできるようになるころには、かなり発音が綺麗になっているはず。 発音記号については、以下の記事で詳しくとりあげているので、ぜひご一読ください! また、アプリについては『』にて紹介しております! 英語の発音記号を教えてくれるサイト 英語学習の中でよく言われるのは、日本人は英語の読解などは得意な反面、発音が苦手ということ。 なぜ発音が苦手なのかというと、日本語のカタカナ発音に違和感を持たない感性のまま英語を学習してしまうからという理由が大きいと思います。 特に、インターネットが発達する前は、発音の練習方法はかなり限られていました。 しかし、今では、英語発音にフォーカスした発音教育サイトが数多くあるので、それらを活用すれば、英語発音を効率的に勉強できるでしょう。 あいうえおフォニックス さて、まずはじめに紹介したいサイトは「あいうえおフォニックス」です。 こちらのサイトは、フォニックスを勉強する上でのバイブル的サイトですね。 あいうえおフォニックスの特徴は、アルファベットごとにフォニックスの発音や解説が詳しく載っている点です。 こちらのサイトは反復学習には不向きですが、アルファベットごとのフォニックスをインプットする上では非常に役立ちます。

次の

英語の発音練習ができるおすすめアプリ10選

英語 発音 練習 アプリ

発音学習におすすめのサイト【6選】 まずは、発音を学べるサイトを紹介していきます。 自習学習として1日10分でも学習時間を取るだけで、毎日の積み重ねが英語力向上に繋がります。 それでは、6つのサイトを見ていきましょう。 English Central 発音・リスニング学習でおすすめなのが「English Central」 無料会員登録で動画を利用した学習が可能で、「見る」「学ぶ」「話す」の3つのパートで学び進めることができます。 一部の動画は無料で利用ができるほか、月額980円のプレミアムプランで発音に特化した学習が可能です。 動画を見ながら発音を練習して、苦手な発音を矯正をしたりすることが可能です。 ネイティブスピーカーからビデオ指導で、正しい発音を学びながら学習履歴を確認ができたりと発音を学びには最適のサイトです。 公式サイト: 2. 英語発音入門 なんどかこのサイトでも紹介している甲南大学が開発した発音学習サイトの「英語発音入門」。 1からステップを踏みながら母音・子音などの発声の仕方を学ぶことができ、アメリカ英語・イギリス英語を選ぶことができます。 公式サイト: 3. Sozo Exchange 「発音・リスニング・スピーキング」の3つのスキルを学ぶことができる動画学習サイト。 動画を見て真似るシャドーイングをしながら、英語を学んでいきます。 発音では、英語の発音の「口の動き」「舌の使い方」など音と動画で見ながら学習ができます。 全アルファベットの動画が網羅されているので、苦手な発音などに焦点を集めて学習が可能です。 また、似た発音の単語を聞き分けるクイズ形式の動画などリスニング力も付けることができ、発音から英語力向上を目指すことができるおすすめのサイトです。 公式サイト: 4. バイリンガール英会話 バイリンガル・シアトル育ちであるチカさんのYouTubeチャンネル。 たくさんの英語学習動画を配信されていますが、日本人目線・ネイティブスピーカーとしての目線どちらも持つ彼女の動画から英語を学べるサイトです。 例えば、日本人が苦手なLとRの発音の違いについて詳しく解説をしていたり、イギリス英語・アメリカ英語の違いなどたくさんの動画から学ぶことができます。 Pronunciation English 英語の発音・イントネーションをアニメーションでわかりやすく解説してくれるサイト。 英語の発音が難しいと感じている初心者に特におすすめで、一から母音・子音や音の違いを細かく学ぶことができます。 公式サイト: 6. 英語発音記号3時間マスター 英語の発音記号を短期間で学びたい人におすすめの「英語発音記号3時間マスター」 BBCの教材を活用しながら解説を読み進めていくことで2時間程度で発音記号をマスターできるサイトです。 発音記号を学びたい人は使ってみて下さい。 公式サイト: 発音学習に便利な辞書サイト【4選】 「正しい発音が分からない」そんな時に役立つのが発音を調べることができる辞書サイトです。 正しい音を知ることで、「 英語を聴く力」「 英語を話して伝える力」を身につけることができます。 便利な辞書サイトを有効活用して、発音を学びましょう。 発音ガイドFORVO 世界最大級の発音辞書「FORVO」。 ネイティブスピーカーによって発音された音声が簡単に調べられるサイトで、英語以外の言語にも対応しています。 FORVOは、教科書のお手本のような発音が登録されているのではなく、各言語のネイティブスピーカーが自分の発音を投稿することで作り上げているサイトのため生の英語の発音を聞くことができます。 公式サイト: 2. Weblio英和・和英辞典 オンライン辞書サイトのWeblio辞典。 単語を入力するとネット辞書の検索結果を表示させてくれる英語学習に便利な機能がたくさんあります。 発音記号の確認や例文の音声も聞けるため、正しい音をすぐに調べることができるので、おすすめの辞書サイトです。 公式サイト: 3. イギリスのみならずアメリカの発音も聞くことができて、英単語の内容も充実しています。 中級者以上であれば、英英辞書はかなり役立つのでおすすめです。 公式サイト: 4. Pronounce Names 外国人の名前の発音が分かるオンライン辞書の「Pronunce Names」 英語の発音は、英単語だけでなく外国人の名前の発音も覚えておくと便利です。 無料で使えるオンライン辞書なので、名前の発音を知りたい人はこのサイトを使いましょう。 公式サイト: 正しい音で英語を話すポイント 英語をネイティブ同等の発音で話し、通じる英語を話したいのであればポイントを掴むのが大切です。 英語を話すために必要な3つのポイント ・正しい発音を知る ・アクセントを知る ・イントネーションを知る 今回紹介したサイトで発音を学ぶことができますが、発音以外にもアクセントとイントネーションも正しく理解しましょう。 英語のアクセントを知る 正しい発音を知った後は、単語を話す時の強弱を知るアクセントを覚えましょう。 単語のどの箇所を強く発音するかをアクセントと言い、カタカナ英語が定着している日本人は、このアクセントを覚えるのは最初の内は難しいでしょう。 ですが、発音の練習を続けた後であればアクセントの理解も早いです。 それが英語を話す時に強く発音するポイントになるため忘れずにアクセント記号の位置も確認をすることで伝わる英語を話すことができます。 英語のイントネーションを知る イントネーションとは、話す際の抑揚のことを言います。 日本語は抑揚(イントネーション)がない言語とよく言われますが、英語はこれを強く表現します。 日本語の場合でも、「勉強してます。 」と聞けば勉強している様を想像できます。 それを話し言葉で相手に質問するときは「勉強してます?」と語尾を上げて、質問をしていることを伝えることができたりします。 英語はこのイントネーションが数多くあるため、たくさんの英文を聞いて繰り返し話すことでネイティブに近付いた英語を話すことができるようになります。 発音練習アプリで、正しい発音も確認できる 発音練習アプリを使えば、正しい発音のチェックや採点なども確認できます。 iPhone・Android版の無料アプリ「ELSA Speak」を使えば、日常でよく使われている英単語やフレーズなどの発音練習ができるだけでなく、発音の採点をしてくれるので正しく覚えているかを確認できます。

次の