御巣鷹 山。 御巣鷹への道、台風19号被害受け不通に 案じる遺族ら [台風19号]:朝日新聞デジタル

墜落から33年慰霊の登山

御巣鷹 山

今年も「鎮魂の夏の日」が過ぎ去っていった。 1985年8月12日、日航123便が御巣鷹山に墜落。 520人の命が失われた大事故から早33年の時が経った。 しかし、いくら時間が経過しようと、「8・12」の記憶がもたらす痛ましさが変わることはない。 今なお残る事故の生々しさ。 目下、それを「悪用」するかのような本が話題になっている。 それは日航機墜落事故に関する「シリーズ本」で、日航の元キャビンアテンダントだという青山透子(ペンネーム)なる人物が書いたもの。 昨年7月、今年5月、そしてこの7月には最新作『日航123便墜落 遺物は真相を語る』(以下、『日航123便』)が出版され、版元の河出書房新社によると、「3部作」の累計発行部数は実に13万7千部に達し、青山氏は推計で2千万円超の印税を手にしたと見られる。 しかし、 「中身はいわゆる陰謀論。 あれは事故ではなく、自衛隊が『関与』した事件だったのではないかというのです」(大手紙文化部記者) 実際、『日航123便』にはこう記述されている。 〈国産巡航ミサイル(陸上自衛隊の88式地対艦ミサイル=編集部注)の洋上飛行実験中に突発的事故が起きて、日航123便の飛行中、伊豆稲取沖で垂直尾翼周辺に異変を発生させた。 即座にファントム2機が追尾してその状況を確認した。 自衛隊はそのミスを隠すために一晩中墜落場所不明としていた、と考えると筋が通る〉 要は日航機が自衛隊のミサイルによって墜落させられた可能性を匂わせているわけだ。 だが陸上自衛隊は、 「当時、実用試験期間ではありましたが、85年の8月12日に88式地対艦ミサイルの射撃実験は行われていません。 また、当ミサイルは艦船の破壊が目的なので、艦船よりも速く移動する航空機を追尾することはできません」 と、そもそもの大前提が荒唐無稽であると否定し、軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏もこう一笑に付す。 「もし自衛隊のミサイルが撃ち落していたのであれば、指示を出した人や実行した人全てに箝口令を敷き、且(か)つ痕跡も完璧に消し去らなければならない。 そんなことは不可能です。 あわせて読みたい関連本•

次の

日航機123便の墜落現場「御巣鷹山」の謎~大穴・トンネル・発電所~

御巣鷹 山

その創刊時から活躍した伝説のカメラマン、小平尚典が今、いち早く現場を取材しスクープとなった群馬県・ 御巣鷹山での 日航機墜落事故の全貌を明らかにした。 1985年8月12日、18時56分頃 日本航空123便墜落事故の第一報を耳にしたのは1985年8月12日、仕事も終わり愛車のボルボ245GLEで帰路に向かう途中だった。 家に帰ったら1歳になったばかりの娘とお風呂でも入ろうかと考えていたさなか、当時としてはまだ珍しいショルダー携帯電話が突然鳴り出し、航空機が行方不明であることが同僚のカメラマンから告げられた。 私はその足で新潮社に向かった。 ラジオでは断片的な情報をつないで、「長野県、群馬県境の上野村、三国峠、南相木村当たりの山中に落ちた、米軍機から横田基地を通じて報告があり、捜査を開始したもよう」と報じていた。 南相木村は取材で何度も行っていたので、土地勘があった。 そこで私の車を使い、私とフォーカスの記者の2人で南相木に向かうことになった。 東京を出発したのは午後8時半、南相木村の目的地に着いたのは深夜0時を過ぎていた。 車で村に近づくにつれ、警察車両や消防団が目に入ってきたが、さらに進んでいくと警察官に小学校の校庭に誘導された。 周囲を見渡すと報道関係者は私たちだけだった。 車をグラウンドの片隅に付け、運動会用のテントが張られた対策本部を覗くと、消防団員らしき人たちと駐在さんがいましたが、これといった情報はない。 夜明け前に自衛隊が動くとの情報を得て、そのあとをついて行くことになった。 自衛隊のジープについて、どのくらい進んだだろうか。 すでに車で入れる道はなくなり、自衛隊は歩いて現場へと向かった。 私たちもそのあとを追ったが、御巣鷹山はまさに樹海のような山林、相手は自衛隊。 素人がどんなに力んだところで追いつけるわけがない。 あっという間に自衛隊を見失ってしまった。 そして目の前には小高い崖が表れた。 重い機材をもって来たテレビクルーや革靴で現場にやってきた新聞記者たちはここでリタイア。 最後に残されたのは私たち2人だけだった。 そして崖を登りきると、白い煙が立ち上がるのが目に入り、カメラの望遠レンズを覗くとそこには墜落現場があった。 ベテランの登山家ではないから、現場へ行くための道などわからなかった。 場合によっては遭難するかもしれない。 それでも沢つたいにまっすぐ降りて行けばきっと現場に行けるに違いないという確信があり、そこで思い切って現場に向かった。 そして樹海のような中を進みながら沢の岩を一つひとつ超えていくと、徐々に視界が開けてきた。 そこには機械の部品のようなものが散らばり、何やら埃っぽい。 さらに進むと岩にトランプのエースが落ちている。 さらに進むと一気に視界が広がり、倒れた木々の隙間から翼の破片らしき大きな鉄の塊が見えた。

次の

御巣鷹山慰霊登山の服装は?昇魂之碑までの時間や登山のマナーまとめ

御巣鷹 山

その創刊時から活躍した伝説のカメラマン、小平尚典が今、いち早く現場を取材しスクープとなった群馬県・ 御巣鷹山での 日航機墜落事故の全貌を明らかにした。 1985年8月12日、18時56分頃 日本航空123便墜落事故の第一報を耳にしたのは1985年8月12日、仕事も終わり愛車のボルボ245GLEで帰路に向かう途中だった。 家に帰ったら1歳になったばかりの娘とお風呂でも入ろうかと考えていたさなか、当時としてはまだ珍しいショルダー携帯電話が突然鳴り出し、航空機が行方不明であることが同僚のカメラマンから告げられた。 私はその足で新潮社に向かった。 ラジオでは断片的な情報をつないで、「長野県、群馬県境の上野村、三国峠、南相木村当たりの山中に落ちた、米軍機から横田基地を通じて報告があり、捜査を開始したもよう」と報じていた。 南相木村は取材で何度も行っていたので、土地勘があった。 そこで私の車を使い、私とフォーカスの記者の2人で南相木に向かうことになった。 東京を出発したのは午後8時半、南相木村の目的地に着いたのは深夜0時を過ぎていた。 車で村に近づくにつれ、警察車両や消防団が目に入ってきたが、さらに進んでいくと警察官に小学校の校庭に誘導された。 周囲を見渡すと報道関係者は私たちだけだった。 車をグラウンドの片隅に付け、運動会用のテントが張られた対策本部を覗くと、消防団員らしき人たちと駐在さんがいましたが、これといった情報はない。 夜明け前に自衛隊が動くとの情報を得て、そのあとをついて行くことになった。 自衛隊のジープについて、どのくらい進んだだろうか。 すでに車で入れる道はなくなり、自衛隊は歩いて現場へと向かった。 私たちもそのあとを追ったが、御巣鷹山はまさに樹海のような山林、相手は自衛隊。 素人がどんなに力んだところで追いつけるわけがない。 あっという間に自衛隊を見失ってしまった。 そして目の前には小高い崖が表れた。 重い機材をもって来たテレビクルーや革靴で現場にやってきた新聞記者たちはここでリタイア。 最後に残されたのは私たち2人だけだった。 そして崖を登りきると、白い煙が立ち上がるのが目に入り、カメラの望遠レンズを覗くとそこには墜落現場があった。 ベテランの登山家ではないから、現場へ行くための道などわからなかった。 場合によっては遭難するかもしれない。 それでも沢つたいにまっすぐ降りて行けばきっと現場に行けるに違いないという確信があり、そこで思い切って現場に向かった。 そして樹海のような中を進みながら沢の岩を一つひとつ超えていくと、徐々に視界が開けてきた。 そこには機械の部品のようなものが散らばり、何やら埃っぽい。 さらに進むと岩にトランプのエースが落ちている。 さらに進むと一気に視界が広がり、倒れた木々の隙間から翼の破片らしき大きな鉄の塊が見えた。

次の