グッ と ラック 視聴 率。 グッとラック!|TBSテレビ

グッとラック!視聴率1%台突入の大コケ。テコ入れで真矢ミキ&NEWS加藤シゲアキ投入? 立川志らく司会で数字取れず…

グッ と ラック 視聴 率

9月30日から放送がスタートした立川志らくMCの情報番組「グッとラック!」(TBS系)の視聴率が苦戦している。 10月9日の放送では、ついに1%台に突入してしまったという。 「同番組の初回は、2. 9%という前番組『ビビット』とそこまで変わらない数字でスタート。 しかしその後は、ジリジリと視聴率を下げていき、9日の放送では1. 9%を記録してしまいました。 この先も上昇する見込みがないため、一部では視聴率測定不能の0%まで落ちるのではないかとも噂されています」(テレビ誌記者) そんな「グッとラック!」には、立川志らく以外に国山ハセンアナや新人の若林有子アナが出演。 特にハセンアナはイケメンなだけに主婦層の支持を集めそうだが、たまに空気の読めない発言をする時もあるという。 「立川志らくが濃いキャラなためTBSは脇にフレッシュな人材を投入し、バランスを取ろうとしたのかもしれません。 しかし若林アナは原稿読みの際、噛みまくりの棒読みで、視聴者から『まだ高校の放送部レベル』とイジられているほど。 さらに国山アナも番宣で菜々緒が出演した際、ドラマの感想について『これ言っちゃいますけど、菜々緒さんのスタイルが抜群! 本当にスタイルが抜群ってのも魅力で…』と発言。 サラッと褒める程度ならばよかったのですが、彼はドラマのストーリーよりも、菜々緒の体に関する魅力を興奮気味に熱弁したことで、周囲から『ハセンさん、前のめり。 前のめりすぎる…』と止められる事態となりました」(前出・テレビ誌記者) 今回のハセンの言動には、番組を見ていた一部の女性視聴者からも「ハラスメントっぽい」と引かれてしまうこととなった。 メインMCの立川志らくばかりに辛辣な意見が集まりがちだが、他にも問題は山積みなのかもしれない。

次の

立川志らく『グッとラック!』視聴率2.3%まで低迷! ダメ出しされる「3つのポイント」(2019/10/04 12:09)|サイゾーウーマン

グッ と ラック 視聴 率

4月16日の放送で、その記録は打ち立てられた。 なんと4・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)、初の4%台である。 たかが4・1%などと思ってはいけない。 裏番組の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日)が軽く10%を超える一方で、「グッとラック」ときたら1~2%というのがザラだったのだ。 一体、何が起きたのか。 民放プロデューサーが語る。 「コロナのお陰で、『モーニングショー』はじめ、『スーパーJチャンネル』(テレ朝)、「news every. 」(日本テレビ)、「news zero」(同前)も今年最高の数字を出しています。 人気が落ちたと言われる『ミヤネ屋』(読売テレビ制作・同前)も息を吹き返しています。 『グッとラック!』も、これまでテレビを見なかった層が、いろいろなチャンネルに合わせているうちに、見られるようになったんでしょう。 それには、今年に入ってからメジャーどころのコメンテーターを出演させるというテコ入れが行われたことも、功を奏したと思います」 それについてはデイリー新潮も「低迷『グッとラック!』新コメンテーター起用も効果ナシ 唯一評判のよい人とは……」(2月21日配信)で報じている。 放送開始以来ずっと起用されていた名前も聞いたこともないようなコメンテーターに、今年に入ってから山田ルイ53世や小林麻耶、アンミカ、厚切りジェイソン、星野真里らを加えたものの、視聴率あまりパッとしないという内容だった。 「今年になってから2~3%になっていました。 といっても、2%が3%に上がったからといって、胸を張れるようなものではありません。 スペシャルウィークには日替わりのコメンテーターを迎えたのだが、その初日(3月30日)に呼んだ辛坊治郎が大爆発し、MCの志らくは見る影もなかったという記事である。 「あの日の放送はかなり面白かった。 業界でも話題になったほどですからね。 だからか、翌日以降のスペシャルコメンテーターは、いずれも番組冒頭で辛坊さんについて触れるというリレーが行われました」(同).

次の

コロナ禍でとうとう「グッとラック!」も視聴率上昇 辛坊治郎にも感謝?(デイリー新潮)

グッ と ラック 視聴 率

より TOKIOの国分太一が4年半MCを務めてきた情報番組『ビビット』(TBS系)。 数々の話題を提供して世間を騒がせたこともあったが、9月27日の放送で最終回を迎えた。 自身がジャニーズ事務所所属でありながら、ジャニーズタレントにまつわるニュースも伝えてきた国分。 2018年4月にTOKIOメンバー(当時)・山口達也が強制わいせつ容疑で書類送検された際には、番組冒頭で国分が涙を浮かべて謝罪した。 何度も頭を下げながら、「山口が起こしてしまったことは、絶対に許される行為ではありません」と断罪している。 山口の一件からほどなく、後輩グループ・NEWSの小山慶一郎と加藤シゲアキに未成年者との飲酒報道があった。 「活動自粛」となった小山に対して、「厳重処分」にとどまった加藤は『ビビット』コメンテーターを務めていることもあり、同番組で生謝罪。 国分は自身が言える立場ではないと前置きしつつも、「信頼回復には近道はない」「自分をもう一度見つめ直してもらいたいと思います」と語った。 堀尾は番組で相手女性への恋愛感情は「ありません」と否定したものの、「許容範囲を超えた行動をした」と謝罪。 堀尾の妻からもコメントが寄せられ、「彼が困っている人を放っておけないのは出会った時から」と堀尾をフォローしたことも話題を呼んだ。 最近では、ドラマ『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)の番宣で出演した俳優・大泉洋に対し、国分がドラマと関係のない話題を振り続けて批判されたことも記憶に新しい。 最終回は、国分ら出演者の「4年半、ありがとうございました」という言葉で締めくくられたが、ネット上には「ジャニーズの不祥事の時だけ視聴率が上がる番組というイメージしかない」「加藤シゲアキや堀尾アナを平気で使い続けた時点でダメ」「国分さんは正直メインMCをやるような面白さや魅力がないと思う」と、厳しい声が寄せられた。 他方、『ビビット』の後継番組として、落語家・立川志らくがMCを担当する『グッとラック!』の放送が30日から始まる。 24日に行われた囲み取材で志らくは、自身の発言がたびたび炎上することに触れ、「言葉の通り魔みたいな連中が多い」とコメント。 「そういう大人になるなと教えるのも教育だし、そういう人を相手にしない」と皮肉を込めている。 『グッとラック!』については放送前から批判が続出しており、「志らくが出るなら見ない」「志らくは視聴者を煽るだけ」「朝から毒舌コメントなんて聞きたくない」「MC経験もないのに朝の冠番組を仕切らせて大丈夫?」といった声がある。 『ビビット』は、平均視聴率が3~4%程度の低空飛行を続け、2%台を出すこともたびたびあった。 そのため、アクの強い志らくをMCに立てたと見られているが、果たして『ビビット』以上の視聴率を獲得することができるのか、志らくの手腕に関心が集まりそうだ。 (文=編集部).

次の