田中 角栄 目白。 田中角栄、最後の言葉「政治家は誰のためにいるのか」(松田 賢弥)

今、田中角栄がブーム!人を惹きつける「今太閤」の言葉とは

田中 角栄 目白

田中邸が堀家の江戸屋敷だったことは、『堀家の歴史』(堀直敬著 堀家の歴史研究会,1967年刊)や複数のウェブサイトに記載がある(『堀家の歴史』では飯田藩堀家、ウェブサイトでは須坂藩堀家)。 ただ当館所蔵の地図資料では、該当地に堀家の屋敷が記載されているものを見つけられなかった。 <参照した地図資料> ・『江戸城下変遷絵図集』(全22冊 原書房,1985-1988年刊) ・『江戸東京大地図』(平凡社,1993年刊) ・『復元 江戸情報地図』(吉原健一郎ほか編集 朝日新聞社,1996年刊) ・『5千分の1江戸-東京市街地図集成(日本近代都市変遷地図集成)』(柏書房,1998年刊) また、『藩史大事典』(全8冊 雄山閣出版,1988-1990年刊)で堀家の藩である飯田藩(長野県)、須坂藩(長野県)、椎谷藩(新潟県)、村上藩(同)、村松藩(同)の項を参照するが、目白に藩邸があるとの記載があるものは見つからなかった。 回答プロセス Answering process 1 質問者がすでに参照していた『堀家の歴史』p. 611には「田中先生のお話に、現在ご住居の目白台のお屋敷を買われるとき、椎谷堀家の旧邸というので飛びついて買ったところ、のちになって飯田堀家の旧邸であったとのことであります。 」との記載がある。 2 質問者から依頼のあった『江戸城下変遷絵図集』のほか、江戸時代の絵図と現代の地図を対照できる資料を参照。 ・『江戸城下変遷絵図集』(全22冊 原書房,1985-1988年刊) … 別巻1に人名で引ける索引があるが、目白台に屋敷がある堀氏は見つからなかった。 ・『江戸東京大地図』(平凡社,1993年刊) … p. 109に周辺の地図(幕末期の江戸切絵図)が掲載されている。 堀姓の記載見つけられず。 位置的には「小笠原信濃守」(安志藩(兵庫県))か「稲垣摂津守」(鳥羽藩(三重県))の藩邸が近いか。 ・『復元 江戸情報地図』(吉原健一郎ほか編集 朝日新聞社,1996年刊) … p. 20に周辺の地図(現代の地図に「雑司ヶ谷音羽絵図」を重ねたもの)。 記載については上記と同じ。 ・『5千分の1江戸-東京市街地図集成(日本近代都市変遷地図集成)』(柏書房,1998年刊) … p. 140~147に年代別の周辺の地図を収録。 堀姓の記載見つけられず。 安政年間の地図の記載は、上記と同じ。 3 『堀家の歴史』およびWikipediaより堀家の藩をピックアップし、これらについて『藩史大事典』を参照(上記)。 4 ウェブサイトを検索。 「週刊長野記事アーカイブ 足もと歴史散歩126 奥田神社 ~田中角栄首相が突然表敬~」では、信濃毎日新聞の記者が郷土史家からの情報として「私邸の通称"目白御殿"は須坂藩・堀家の江戸屋敷だった」ことを伝えたとある。 須坂市が運営する「信州須坂のおたからウェブサイト」の奥田神社のページからも、上記ページにリンクが張られている。 ・「週刊長野記事アーカイブ」: 2016年4月確認 ・「信州須坂のおたからウェブサイト」・奥田神社: 2016年4月確認 5 『須坂藩主堀家の歴史』(廣瀬紀子著 長野郷土史研究会,刊行年不明)を参照したが、関連する記載を見つけられず。 事前調査事項 Preliminary research.

次の

秋田料理 五城目 (アキタリョウリゴジョウメ)

田中 角栄 目白

以前、実家の母が、 「目白行ってるって言ってたけど、目白と言えば の目白御殿があるんじゃないの??」 って聞いてきた。 は名前は知ってるけど、私の中では歴史上の人物と 同じ扱いやから、「目白御殿」っていう言葉も知らなかった(笑) でも、こないだTV見てたら、目白御殿のことをやってた。 「運動公園」というのが、目白の横にあって、 結構新しい公園。 噴水あり、野球場あり、テニあり、フットサル場ありの、 それはそれは芝生の緑が綺麗な、広くて気持ちのいい公園。 高台にあるから、新宿の高層ビル群が見渡せて、 晴れた日はとっても気持ちいいピクニックが出来そうな、 そんな公園。 そこが、例の「目白御殿」の跡地らしい!! 去年の4月にオープンしたばっかりだから綺麗なんや〜。 以前"目白御殿"の異名があったの土地の一部が、 が払いきれないが物納した土地を含めて 文京区が再開発して『運動公園』となったらしい。 昭和初期までは、元・細川邸の大きな洋館が建っていた場所で、 つい最近までは(KKR)の運動場 だったそうな。 の「目白御殿」、2575坪あったらいし!!! ひえ〜 で、そのうちの500坪程を文京区に渡したとか。 でも、まだ2000坪ほどあるんやんね?? 23区内、しかもお金持ちの街目白で2000坪・・・ 想像できないな。 歩いたり自転車で何回も前は通ってたけど、 この運動公園が目白御殿の跡地やったとは。 この公園の真横に、でっかいでっかいお家ありましたよ! そして、でっかいでっかい「田中」の表札がついてました! saya7713.

次の

田中角栄

田中 角栄 目白

[広告] 「そういううわさはあるようだが記録には残っていない。 例え大統領でも一個人でそんな決定はできないのでは」と、あくまでも否定。 「午前中は坂を下り都心方向に向かう車、午後は坂を登る車が圧倒的に多い。 交通量に顕著な違いがあるため、この策が採られた」とも。 「神楽坂がまるごとわかる本」の著書がある渡辺功一さんは「以前の神楽坂通りは対面通行だったが、歩道を作るにあたり車道が狭くなることから一方通行に変わった」と話す。 しかし、一方通行にしたことで大久保通りなどは渋滞。 当時、朝日新聞の投書欄には大々的に「神楽坂通りの一方通行は不便で困る」との声が寄せられた。 これにより、「逆転式一方通行」が誕生。 「このような通りは都内では唯一、日本でも唯一と言っていいだろう」と渡辺さん。 「毘沙門天が神楽坂通りに夜店を出して縁日を行うことになり人が集まってきた。 これでは車や馬が通れないと、歩行者天国が生まれた。 歩行者天国といえば秋葉原や銀座が知られているが、この通りは歩行者天国のはしりでもある」とも。 平日12時~13時(日曜・祝日は19時まで)は歩行者天国になるため、時間になると車止めの看板が立つ。 この日設置したのは、同通りの「田口屋生花店」(新宿区神楽坂1)の主人。 「危ないので、出来る限り自分が設置しているが、気付いた人が置くという感じ。 歩行者天国の時間が終われば、通りたい人が車から降りて看板を脇道に寄せることもある」という。

次の