結婚 式 の お祝い の 言葉。 結婚祝い》結婚お祝い・結婚祝い金・メッセージ・お返し・金額・相場・言葉

結婚式スピーチの締めに!結び&はなむけの言葉集

結婚 式 の お祝い の 言葉

祝い事は何回あってもいいものですが、結婚だけは1回きりが望ましいですよね。 そのため、結婚式のスピーチでは、縁起をかつぐ意味で、重ね言葉は使いません。 次々、ときどき、どんどん、日々、ぐれぐれも、かえすがえす、重ね重ね、しばしば、わざわざ、たびたび、たまたま、みるみる……などなど。 また、重ね言葉ではありませんが、前トピックに登場した「再び」、「くり返し」が忌み言葉になるのも、同じ理由からです。 重ね言葉は、「たまたま」や「わざわざ」など日常的に使う言葉が多いので、注意が必要です。 ただし、「どんどん、日々、ますます、みるみる」などは、次に良い意味の言葉が続くのであれば、使ってもかまわない、という方も多いです。 新郎新婦が学校時代の友人だったりすると、スピーチで懐かしいエピソードを披露したくなります。 でも、思い出話はOKですが、 暴露話や過去の恋愛話は禁句! 本人にとって何かしら不名誉な内容が含まれているエピソードは、暴露話と考えて、避けるようにしてください。 たとえば、「学園祭の打ち上げで飲み過ぎて、公園で一夜を明かした」など。 今の時代、この程度の出来事は大したことではありませんが、でも、両親や親族の立場からすると、わざわざ晴れの席で披露する話ではありませんし、聞いていて気持ちの良いものではないでしょう。 そして、中でも絶対に御法度なのは、 新郎新婦の過去の恋愛にまつわる話です。 たとえそれが、 心温まるハートフルなエピソードであったとしても、です。 新郎新婦のご両親は、どうしてもお相手の身持ち、素行が気になるものです。 恋愛はプライベートなものですし、確認のしようもないので、要らない憶測をかきたててしまうもの。 波風の原因にもなりかねません。 結婚式のスピーチに自分自身の自慢話を入れる方がいますが、これは感じのいいものではありません。 仕事の同僚の方がスピーチをした場合に多いケースで、新郎新婦はこんな立派な会社に勤めている、ということを強調したいのだと思います。 でもスピーチする本人もその会社に勤務しているわけですし、自慢と受け取られる可能性があります。 新郎新婦をほめる場合は、肩書や環境よりも、人格などパーソナルなことを挙げたほうが、好感度が高いです。 結婚式のスピーチは、言うまでもなく新郎新婦が中心。 注意しましょう。 結婚式のスピーチでは、「一日も早い赤ちゃんの誕生をお祈りしています」など、新郎新婦の子作りに関する話が、ひとつのお約束のようになっています。 おめでたい話題を重ねる意図なのでしょうが、でも、妊娠・出産の話題はとてもデリケート。 もしかしたら、花嫁さんが妊娠しづらい体質かもしれません。 逆に、いわゆる「授かり婚」かもしれません。 また、諸事情から、子どもを持つのはもう少しあとに……と考えているかもしれません。 こうした事情を抱えている方にとっては、子作りは触れてほしくない話題です。 妊娠や出産は、特に女性にとって何らかの社会的なプレッシャーになることが多いですから、お祝いのつもりが、相手を傷つけてしまうこともあります。

次の

結婚式の定番!相手が喜ぶお祝いの言葉はこれ!

結婚 式 の お祝い の 言葉

index• お祝いの言葉は関係性で内容が変わってくる! 結婚式で掛けるお祝いの言葉は、これからの門出を祝福するために大切なものです。 気の利いた言葉で華を添えることができると自分の印象もアップします。 結婚式を迎える新郎新婦は、非常にたくさんの人に祝福されますが、意外にも一つ一つをしっかり聞いています。 また、メッセージボードやメッセージカードなどを用意している式では、後から新郎新婦が全てに目を通しています。 結婚式にゲストとして参加する場合は、新郎新婦だけではなく家族や親族へもお祝いの言葉掛けが必要です。 参加しているのに誰とも会話をしない、メッセージも書かないという訳にはいかないので、気の利いたものを1つ2つ用意していくと安心なのです。 結婚式のようなお祝いの場では、繰り返す言葉を使わない、忌み言葉を使わないなど基本的なマナーがありますので、その辺を確認せず、「適当に挨拶しておけば良いかな?」と考えることは辞めましょう。 最低限の大人の振る舞いとして、自分の立場に合うお祝いの言葉を掛けられるようにしておきましょう。 お祝いには、祝福の気持ちと2人の幸せを願う気持ちが込められていると伝えやすくて良いでしょう。 家族や親族へは簡潔にお祝いする 結婚式当日、新郎新婦の家族や親族には簡潔なお祝いをするのが望まれます。 特に両家の両親は、ゲストのもてなしをしなくてはならないため、非常に忙しいからです。 そのため、ゲストがわざわざご忙しいご家族の元に出向いて挨拶をする必要はありません。 ご両親や兄弟姉妹であれば、披露宴の最中にテーブルにお酌をして回ることがありますので、その時に挨拶をするだけでも構わないのです。 そこを逃してしまった場合は、お手隙のところを見計らい挨拶をしましょう。 挨拶の際は、新郎新婦と自分の関係を簡潔に述べ、「この度はおめでとうございます」と頭を下げましょう。 それから、「自分のことのように嬉しいです。 これからも宜しくお願いいたします」と喜びを伝えると丁寧かつ好印象です。 親族が結婚する際のお祝いの言葉は? 自分の親族が結婚するということは、身内が増えるということでもあり、非常に喜ばしいことです。 そのため、喜びとこれからも宜しくという気持ちを伝えるお祝いの言葉が良いでしょう。 「ご結婚おめでとうございます。 末永くお幸せに」「手を取り合い 仲睦まじく明るい家庭を築いていけますよう お祈り申し上げます」というような言葉を用意しておくと安心です。 兄弟姉妹が結婚する際には、結婚式以前に連絡を取り合うことがありますので、その時に伝えるようにしましょう。 友人が結婚する際のお祝いの言葉は? 親しい友人の結婚式では、素直な気持ちで喜び、お祝いを伝えましょう。 2人の交際の経緯を知っているような仲の友人であれば、「喧嘩をしていても、いつかゴールインすると思ってたよ」など、自分しか知らない思い出話を加えても良いでしょう。 「いつまでも仲睦まじい2人でいてね」「今度、2人の新居にお邪魔させて下さい」などの挨拶が定番です。 近年では、受付でお祝いをムービー撮影したり、テーブルスピーチをする演出も増えてきました。 そんな時にも上記の様なお祝いの言葉を使用すると良いでしょう。 友人だからこそ、カジュアルに「ハッピーウェディング」などの横文字を使うこともできます。 また、「結婚おめでとう。 お幸せにね」といった、短くて気の利いたお祝いの言葉も人気です。 会社関係の知人の結婚式に出席する場合 会社関係の知人から招かれた結婚式に出席する場合は、その関係性でお祝いの言葉も変わります。 新郎新婦が上司であれば、尊敬するポイントや憧れるポイントをお祝いメッセージに付け加えると良いでしょう。 部下の場合は、更なる成長を喜び、先輩夫婦からのアドバイスなどを盛り込むと良いでしょう。 同僚ならば、友人のように少しカジュアルなメッセージが贈れます。 会社関係の知人となると、昔からのプライベートな友人や親族とは異なりますので、思わぬミスから自分の評価を下げてしまったり、関係を壊してしまい兼ねないという点を注意しなくてはなりません。 お祝いの言葉も慎重に選ぶ必要があります。 会社の上司の場合は言葉遣いに気を付ける 会社の上司の結婚式に参加する場合は、言葉遣いに気を付けましょう。 友人や同僚のような感覚でお祝いを述べてしまうと上司のプライドを傷付け、失礼になってしまいます。 お祝いの席では、お酒を飲むこともあるため気が大きくなりがちですが、そこで無礼な振る舞いをしてしまうと、その後の関係に響いてしまいます。 「ご結婚おめでとうございます。 二人のご多幸をお祈りしております」「新たな門出をお祝い申し上げます」というような言葉を掛けるのが一般的ですが、それに加えて部下らしいメッセージを添えると好感を得られます。 例えば、「理想のカップルです」「これからも、ご指導よろしくお願いします」など上司を慕う言葉を入れると良いでしょう。 会社の同僚には気の利いたメッセージを・・・ 会社の同僚の結婚式では、センスの良いメッセージを選ぶと良いでしょう。 また、「Congratulation to the best couple I khow (私の知っている中で最高のカップルを祝福します)」など、英文のお祝い言葉をメッセージボードなどへ書くのもオシャレです。 英文の場合は、スペルの間違いが無いように注意しましょう。 結婚式に贈る電報では? 招待された結婚式に参加できない場合や、会社関係の人が結婚する場合には、祝電を贈ることがあります。 祝電にはお祝いのメッセージが欠かせません。 などに招待されていた場合は、「本日はお招き頂いたのに 出席できず残念です」「お招き頂いたにも関わらず 出席できずにごめんなさい」などお詫びの言葉を入れるとより丁寧です。 友人や同僚など連名で送る場合には「私達も本当に嬉しいです」と皆が祝福している気持ちを入れましょう。 また、誰から贈った物なのかをしっかり明記することです。 電報では、台紙に入る文字数がある程度決められていますので、定型文意外を使用する際にはあまり長くなりすぎないようにしましょう。 祝電は、披露宴で披露されることもあるため、簡潔に分かりやすい文章にすることが大切です。 お祝いの言葉は忌み言葉に注意! 結婚式では、お祝いに使用してはいけない忌み言葉があります。 2人が離れることや再婚、不幸、死という悪い連想をさせる言葉は基本的にNGです。 更には、繰り返し言葉も結婚を何度も繰り返すというイメージがあり使用しません。 具体的には、分かれる、割れる、欠ける、離れる、去る、度々、益々、重ね重ね、4、9(苦)などです。 また、結婚式でお祝いのメッセージを書く際には、句読点を使用しないというのもマナーです。 句読点には「終止符をうつ」という良くないイメージがあるため、避けられています。 句読点に関しては、知らないという人も多いのですが、中にはマナーにうるさい人も居ますので、注意しておくと安心です。 お祝いを書く際は、淡い色や消えかかったペンは使用しません。 薄い色は悲しみや涙を表わす弔事を連想させるからです。 お祝いにはインクの濃い黒ペン、濃紺のような青ペンで書くのが基本です。 まとめ 結婚式で掛けるお祝いの言葉は、自分と相手の関係性を考慮した簡潔な言葉でなくてはなりません。 ゲストが多い結婚式では、新郎新婦やご家族とあまり長い時間話をすることはできませんし、メッセージボードやメッセージカードもスペースが限られています。 だらだらと話してしまったり、使ってはいけない言葉を用いてしまうという失敗は案外多いものです。 そのような失敗を避けるためには、お祝いの気持ちを上手に述べるシミュレーションをしておき、当日慌てないようにしましょう。

次の

結婚祝い》結婚お祝い・結婚祝い金・メッセージ・お返し・金額・相場・言葉

結婚 式 の お祝い の 言葉

1.結婚式のスピーチとは?(結婚式の祝辞とは) このページでは結婚式スピーチ・披露宴挨拶とそのマナーをご紹介しています。 結婚式では来賓や友人の祝辞と、新郎や父親による挨拶(謝辞)が行われます。 ご紹介するにあたり、内容が多いので祝辞ととを分けることにしました。 このページでは ・あなたが来賓や主賓として祝辞を依頼された場合や、 ・あなたが上司、同僚、友人代表として結婚式の披露宴でのスピーチ を依頼された場合や、 ・祝辞を述べる際に参考になるスピーチの例、文例,例文とそのマナー をご紹介しています。 媒酌人の祝辞と、来賓や、上司、友人代表のスピーチ、新郎新婦の謝辞、両親の謝辞では、それぞれの立場で 話す内容が異なってきます。 来賓、主賓、恩師、上司、同僚が結婚式の挨拶・披露宴のスピーチ、乾杯の挨拶、祝辞を述べる際は忌み言葉(別 れる、分かれる、切れる)に気をつけるほか、両家へのお祝いの言葉、新郎新婦へのお祝いの言葉を述べます。 結婚式スピーチ・披露宴挨拶、祝辞の長さは? 披露宴は全体の長さが決まっています。 通常の披露宴では余興も含めて、およそ2時間半(長くても3時間程度)をめどに 会場を予約しています。 新郎新婦入場と花嫁のお色直しや、キャンドルサービスなどの催し等もありますし、食事・歓談タイムも確保しなくてはなりません。 マイクまで歩み出る時間を含みます。 祝辞を述べる時には意識してゆっくり語るようにするのがコツです。 原稿を作ったらひととおり読んで、タイムを計ってみると良いでしょう。 長くても原稿用紙3枚以内でおさめるようにします。 媒酌人の祝辞・仲人の祝辞 スピーチ) のポイント 0)冒頭の挨拶をします。 0)-1 それでは媒酌人と致しまして、一言ご挨拶をさせていただきます。 丸山、角川ご両家より媒酌の任を賜り、一言ご挨拶をさせて頂きます。 1)ご列席の皆様に「新郎新婦は無事に結婚式をあげました」と報告をします。 1)-1 さきほど、このホテルのチャペルにおいて丸山、角川ご両家のご婚儀が滞りなく行なわれましたことをここにご報告申し上げます。 丸山一郎さんと花子さんは晴れてご夫婦となられたわけです。 1)-2 ただいま、神前におきまして新郎丸山一郎さんと新婦花子さんの結婚がいともおごそかにとどこおりなくとり行なわれましたことを、ご臨席の皆様にご報告申し上げます。 2)新郎新婦のなれそめや、お二人の人となりを紹介します。 2)-1 ここで少しお時間を頂戴しまして、新郎・新婦の人となりを簡単にご紹介させて頂きます。 2)-2 それでは、お二人のプロフィールを簡単にご紹介させて頂きます。 新郎のご両親は、お二人とも中学校の先生をして来られました。 小さい頃は学校から帰ってもお母さんの姿がなくて寂しい思いをしたこともあったそうですが、おじいさま、おばあさまに可愛がられて非常に優しい青年に育ちました。 新婦の花子さんはお母様のすすめで幼稚園の頃からピアノを習い、今では子供達にピアノを教える先生となられています。 子供達に非常に人気があり、レッスンはいつもいっぱいだそうです。 新郎と新婦はは中学校の頃から同じ吹奏楽部に所属し、音楽が共通の趣味だとのことです。 今回のおめでたい席で媒酌の任をお引き受けするにあたり、いつ頃からのおつき合いかと尋ねましたところ、両人から「高校3年生」との答えを得ましたが、私が思いますには、一郎君はもっと幼い頃から花子さんしか目に入らなかったようです。 一郎君は小さい頃の花子さんのことを非常に良く覚えており、花子さん本人もびっくりしておりました。 媒酌人の祝辞・仲人の祝辞 スピーチ) のポイント 3)新郎新婦に対し、周囲からの温かい支援を依頼します。 3)-1 若い二人はスタートに立ったところでございます。 皆様におかれましては今後も限りない御支援を賜りますようお願い申し上げます。 3)-2 本日はお忙しい中をご臨席賜りまして、まことにありがとうございました。 両家に代わりまして厚く御礼申し上げます。 どうか今後とも一郎君、花子さんをご支援いただきますよう心よりお願い申し上げます。 3)-3 どうか、若い二人にこれまで以上の御支援、ご指導を賜りますよう改めてお願い申し上げます。 本日はお忙しい中をご臨席賜りまして、まことにありがとうございました。 粗酒、粗宴ではございますが、ごゆっくりとお過ごし下さいますよう、両家に代わりましてお願い申し上げます。 主賓・来賓の祝辞 スピーチ) のポイント 0)冒頭の挨拶をします。 0)-1 丸山、角川ご両家の皆様、本日はまことにおめでとうございます。 0)-2 本日はお日柄も良く、新郎・新婦ならびにご両家の皆様に心よりお祝いを申し上げます。 0)-3 一郎君、花子さんおめでとうございます。 ご両家の皆様に心よりお祝いを申し上げます。 1)新郎または新婦との関係を話します。 1)-1 ただ今ご紹介に預かりました水野でございます。 新郎の一郎君とは、彼が当社に入社して以来のおつきあいとなります。 1)-2 本日はおめでたい席にお招きいただきまして本当にありがとうございます。 1)-3 ただ今ご紹介に預かりました水野と申します。 私は新婦の花子さんの高校時代の担任の教師でございます。 2)新郎新婦の人となりを紹介します。 2)-1 一郎君は、真面目を絵に書いたような人物で、職場でも周りからの信頼が厚く、介護主任という重要なポジションをまかされております。 「おばあちゃん子」だという本人の弁そのままに、どのお年寄りにも非常にやさしく、ご両親やおじいさま、おばあさまの深い愛情に包まれて育ったことがすぐにわかる、文字どおりの好青年です。 引率として生徒たちを取りまとめることに精一杯だった私に、「先生、私が先に行って切符を買ってきますね。 」「先生、3番ホームです。 」「先生、開始までまだ少し時間がありますから、今のうちにお昼ご飯を済ませてしまいましょうか。 」と、テキパキと提案をしてくれてびっくりしたのを覚えています。 こんなしっかりした女性を花嫁に選ぶとは、一郎さんは本当にお目が高い。 3)新郎新婦に対し、お祝いの言葉を述べます。 3)-1 一郎君、花子さん、本日は本当におめでとうございます。 お二人の末永いお幸せをお祈りいたしまして、私からのお祝いの言葉とさせて頂きます。 3)-2 本日はお招き頂きまして本当にありがとうございました。 お二人の末永いお幸せをお祈りいたしまして、私からのお祝いの言葉とさせて頂きます。 本日はまことにおめでとうございました。 友人の祝辞 友人代表スピーチ) のポイント 0)冒頭の挨拶をします。 0)-1 丸山、角川ご両家の皆様、本日はまことにおめでとうございます。 0)-2 本日はお日柄も良く、新郎・新婦ならびにご両家の皆様に心よりお祝いを申し上げます。 0)-3 一郎君、花子さんおめでとうございます。 ご両家の皆様に心よりお祝いを申し上げます。 1)新郎または新婦との関係を話します。 特に強い決まりがある訳ではありませんが、一般 的にスピーチの文中では「友達」という言葉を使うよりも「友人」という語を使います。 また、同じ先生から教えを受けた友達のことをさす「朋友(ほうゆう)」という表現もあります。 1)-1 本日はおめでたい席にお招きいただきまして本当にありがとうございます。 私は新婦の花子さんの大学時代の友人で、酒井と申します。 1)-2 ただ今ご紹介に預かりました大内でございます。 新郎の一郎君とは、彼が当社に入社して以来のおつきあいとなります。 1)-3 ただ今ご紹介に預かりました水野と申します。 私は新婦の一郎さんが所属するフットサルチームのチームメイトです。 1)-4 駒形と申します。 新郎とは小学校5年生の頃に一緒のチームでサッカーをやり始めてからずっと友人づきあいをしています。 2)新郎新婦の人となりを紹介します。 2)-1 一郎君とは入社式で隣り合わせになったのがきっかけで、彼の方から声をかけてきました。 彼は本当に人なつっこい性格で、入社当日の歓迎会では早くも同期会を組織し、初回合宿と称して親睦会の参加を募っておりました。 この行動力には上司も目を見張り、職場でのリクレーションにはいつも世話役を彼に一任しております。 持ち前の人なつっこさと、お笑い芸人顔負けの面白さ、そして行動力が彼のまわりにいろんな人を引き寄せ、昼休みの社員食堂でも 彼の周りにはいつも人の環ができています。 こんな彼が選んだ女性はどんな女性だろうと、本日花子さんにお目にかかるのを楽しみにしておりました。 話に聞いて来た以上に美しい女性であることに驚きましたが、それ以上に、一郎君が花子さんを見つめる目の真面目さと優しさ、そして目尻の下がり具合にも、かなりびっくりしております。 2)-2 ある時、花子さんから電話がかかって来ました。 ぜひ紹介したい人がいるとのことで、待ち合わせのレストランに行ってみると、当の花子さんはまだ来ていなくて、一郎さんが独りで佇んでいました。 せっかちな私は、待ち合わせの20分前についたのですが、ずいぶん前から待っている感じの一郎さんを、まさか花子さんの彼氏とは思わず、少し離れたテーブルに腰をおろしました。 たまたま、一郎さんの隣のテーブルで家族連れが食事をしていて、小さな女の子が背もたれ越しに一郎さんの方を見て何かを一生懸命語りかけています。 飽きずに女の子のあどけない会話につきあっている一郎さんをぼんやり見ながら、「若い男性にはめずらしい、本当に子供が好きな人なんだな」 と思いました。 待ち合わせ時間きっかりに来た花子さんから一郎さんを紹介されて、「あぁ、この人となら花子さんは幸せになれるだろうな」と思いました。 3)新郎新婦に対し、お祝いの言葉を述べます。 3)-1 一郎君、花子さん、本日は本当におめでとうございます。 お二人の末永いお幸せをお祈りいたしまして、私からのお祝いの言葉とさせて頂きます。 3)-2 本日はお招き頂きまして本当にありがとうございました。 お二人の末永いお幸せをお祈りいたしまして、私からのお祝いの言葉とさせて頂きます。 3)-3 私たちの大切な友人である花子さんをお預けするのですから、彼女を絶対に幸せにしてあげてください。 お二人のお幸せをお祈り申し上げます。

次の