座右の銘 前向き。 【就活生向け】座右の銘を面接で聞かれたら?おすすめの言葉や例文も紹介

座右の銘に使える四字熟語24選!かっこいい言葉で前向きな人生に!

座右の銘 前向き

面白い座右の銘一覧【ことわざ】 座右の銘と言えばことわざが浮かぶのではないでしょうか? 有名なものからちょっとマイナーで面白いものまで、知っておく事でいざと言う時に自身の座右の銘として役立ってくれる事でしょう。 山椒は小粒でもぴりりと辛い• 竹を割ったよう• 我が物と思えば軽し笠の雪• 理は天より来たらず• 売り出し三年• 鷹は飢えても穂をつまず• 吉凶は人によりて日によらず• 仇を恩で報ずる• 君子の交わりは淡きこと水の如し• 連理の枝• 朱に交われば赤くなる• 得を取るより名を取れ• 舟を焼く• 春秋に富む• 明日ありと思う心の仇桜• 知らずば人に問え• 負うた子に教えられて浅瀬を渡る• 学問に王道なし• 廉にして化あり• 体が小さくても、才能や気性、力量に優れていて 侮る事ができないという意味。 類義に『山椒は小粒でも実は辛い』という言葉もあります。 山椒は『さんしょ』とも読む事があるんですよ、面白いですよね。 体が小さくても、能力のある人やそれを目指す人にはぴったりの言葉です。 男性でこのことわざに当てはまる人や、このことわざを座右の銘にしている人は、仕事でも成功しそうですよね。 さっぱりとした 裏表のない性格の事を表します。 また、素直な様子や悪さができないといった良い意味でも使われる言葉です。 裏表なくさっぱりとした性格は男性女性問わずに好まれますよね。 同性からも異性からも好まれる、『竹を割ったよう』な性格の人になりたいものです。 そのためにもさっぱりとして面白いこのことわざを座右の銘にしてはいかがでしょうか? 榎本其角という人の句が元になっているこのことわざ。 仕事も毎日の生活の苦労も、このことわざを覚えておくと見方が変わるのではないでしょうか? また、仕事の面でこのことわざ通りの人が居るならば、その人は後に大成する事ができそうですね。 待っているだけでは利益を得る事はできないという事。 努力を忘れない人にこそ、良い結果はやって来るのだという事がことわざにもあるんです。 面白いですよね。 このことわざの通り、努力を忘れない人になりたいものです。 しかし、我慢して 三年経てば経営も軌道に乗ってくるという事のたとえ。 類義語に商い三年ということばもあります。 石の上にも三年ということわざもこのことわざの類義語です。 よく仕事などでも「三年は我慢しなさい」と言われたりしますが、このことわざもそれと同じ。 三年我慢すれば、そこから道は開けてくるという事です。 売り出し三年という言葉は何だか面白く軽く聞こえますが、物事を始めたばかりで辛い時には、このことわざを思い出しましょう。 鷹がどれだけ飢えていても穀物を食べる事は無い事からできたことわざ。 動物の生態からもことわざができるなんて面白いですね。 このことわざで評される程の信頼を周囲の人にしてもらえるようなおこないを日々心がけたいものです。 日の良し悪しなど周りに頼る事無く、自分自身の日頃の行ないで良い運を引き寄せておきたいものです。 また、縁起の良し悪しだけでなく人生の成功不成功も日や時のせいではないという意味でもあります。 このことわざはその反対。 ひどい仕打ちを受けたとしても、 恨むのではなく温かい気持ちで接するという意味です。 なかなか実行するのは難しいかもしれませんが、このことわざを知っておくだけで、グッと心の中でブレーキをかけて自分に言い聞かせる事ができますね。 そんな優れた人は、人と接するのに 水のように淡泊だけれども友情は永遠に変わらないという意味のこのことわざ。 水のように淡泊という表現がことわざらしくて面白いですね。 人付き合いが淡泊と感じられても、友情に反する事なく、その縁をずっと大切にしている人にぴったりのことわざです。 仲の良さを枝で表現しているのは面白い部分です。 周囲からこのことわざで表されるようなカップルで居たいものですね。 せっかくならば、このことわざを悪い意味では無く良い意味で使ってもらえるような人になりたいですよね。 類義語には『善悪は友による』ということわざがあります。 こちらはもっと直接的に聞こえることわざですね。 ついつい利益に目が向きがちかもしれませんが、そんな時に自分の名誉についても考えるきっかけをくれることわざ。 対義語には、『名を捨てて実を取る』ということわざがあります。 できる事ならこちらのことわざで評される人間にはなりたくないですね。 面白い言葉ですが、ジュリアス・シーザーの故事から生まれたことわざなんですよ。 類義語には『背水の陣』ということわざがあります。 舟を焼く覚悟で挑む事は簡単ではないですが、それができる人は格好いいですね。 『春秋』とは年齢を指す言葉なんです。 面白いですよね。 このことわざを座右の銘にして、 心を若く持ち、何事にもチャレンジしていく精神を忘れないというのも素敵ですね。 桜の花が明日も美しく咲いているとは限らないというところからできたものです。 面白いですが、確かに桜の花は一晩で散ってしまう事もあります。 せっかくのチャンスならば逃したくはないですよね。 このことわざを座右の銘にして、 今を大切にチャンスを逃す事の無い人生を歩んでみませんか? ついつい自分の恥を考えてしまって、知らない事もそのままに流してしまう事もあるかもしれません。 そんな時にはこのことわざを座右の銘にしてみるのも良いでしょう。 社会に出ると身に染みる面白いことわざですよね。 どんな人からでも学び取る事のできる素直さを忘れないように、このことわざを座右の銘にするのも良いですね。 学ぶという事に 楽な道はないという事の教えです。 何事にも楽な道はないとことわざで言われると深く頷いてしまいそうで面白いですよね。 難しく感じる勉強ほど楽な道を探してしまいがちですが、このことわざを座右の銘にしてコツコツと努力を重ねましょう。 このことわざで褒められるような人になりたいものですよね。 ぜひ座右の銘として心に刻んでおきましょう。 暮らしている土地の風習などに従う方が良いという事です。 引っ越した先などで新しい生活を始める時には、面白いこのことわざを座右の銘にしておくのも良いかもしれませんね。 座右の銘ランキング一覧【かっこいい】 では、かっこいい座右の銘ランキング一覧をみていきましょう... noel編集部 面白い座右の銘一覧【四字熟語】 四字熟語も簡潔なので、座右の銘にはぴったりですね。 面白い座右の銘であるというだけで、簡単な話題にする事もできますよ。 首尾一貫• 公平無私• 遠慮会釈• 機知頓才• 見縫挿針• 気宇壮大• 一視同仁• 温柔敦厚• 読書百遍• 節倹力行• 見兎放犬• 百折不撓• 面壁九年• 奮励努力• 衣帯不解• 兼愛交利• 一意奮闘• 落地成根• 全力投球• 面白い感じがせず、硬いイメージを持たれてしまうかもしれませんが、仕事においてはこのような姿勢の方が信頼を得ることができる事もありますよね。 類義語には『初志貫徹』という四字熟語があります。 周りからの信頼を得たいと考えている人の座右の銘にぴったりの四字熟語と言えますね。 類義語には『公明正大』や『是々非々』という四字熟語があります。 人を引っ張るリーダーである方、それを目指している方にはぜひ座右の銘にしていただきたい四字熟語です。 人付き合いをする上では覚えておきたい言葉ですね。 響きは面白いですが、仕事の場でこの言葉で褒められると嬉しいですよね。 『機知頓才の人になる』とこの言葉を座右の銘にして、周りから一目置かれる存在を目指してみてはいかがですか? 日々時間に追われて忙しくしている人にこそ座右の銘にしていただきたい言葉ですね。 作り出したほんの少しの時間で自分を労わってあげる事ができれば、仕事も家事ももっと頑張る事ができるでしょう。 この言葉に当てはまる男性はきっと魅力的に見えますね。 仕事でも、気宇壮大な上司の元でならのびのびと自分らしさを忘れず面白い仕事ができそうです。 どのような場面でも、このような心を持っていたいものですよね。 座右の銘として覚えておくべき四字熟語とも言えます。 女性ならば、心遣いが細やかだと思われたいもの。 素敵な女性を目指すならば、この四字熟語を座右の銘にしてみてはいかがでしょうか? これは、意味の分からない文でも何度も読めば 自然と理解できるという意味の言葉です。 百遍というのは何度もおこなう事のたとえ。 意味が理解できない物やつまらなく感じる物でも、何度も熟読する事で自然と意味が分かってくると考えて、コツコツと物事をおこなっていく事の大切さを忘れないように座右の銘にしてみてはいかがでしょう? ついついの無駄遣いをしてしまいがちな方には、この四字熟語を座右の銘にする事をおすすめします。 節倹力行が座右の銘だなんて少し変わっていて面白いですよね。 座右の銘にすれば、自己紹介の時などに会話の切り口にもなってくれそうな言葉です。 一回の失敗で心が折れて諦めてしまいがちな方の座右の銘としてぴったりな言葉です。 これは、狩りの際に兎を見つけてから犬を放しても間に合うというところからきている言葉なんですよ。 昔の人は狩りのこういった事からも学んで言葉を残していたなんて面白いですよね。 百折と言うのは、多くの失敗を指します。 不撓はめげない、くじけないという意味です。 新しい物事にチャレンジする時などに座右の銘にしたい言葉ですね。 発想は面白いですが、実際に行動するとなるとなかなか難しい事ですよね。 面壁九年の心で物事に取り組んでいると言われる人ならば、周りからの信頼の厚い人とイメージできますね。 そのような人を目指すならば、ぜひこの言葉を座右の銘にしてみましょう。 勉強でも仕事でも、この言葉を座右の銘として努力を忘れなければきっと良い結果に繋がる事でしょう。 一つの事に熱中する事を指します。 この言葉のように仕事に向き合う人は、成長も成功も近いかもしれませんね。 この言葉を座右の銘にしていれば、豊かな人生を送る事ができるのではないでしょうか? この言葉を座右の銘にしている人には仕事などを任せたくなりますし、困っていたら協力したくなりますね。 物事はその繰り返しであるという部分が面白いですね。 努力を忘れず、コツコツと物事に向き合う事ができる人の座右の銘にはぴったりの言葉です。 「全力投球で挑みます」と言えば、面白いですし分かりやすく誰にでも伝わります。 物事に全力で取り組むという気持ちも表す事ができるので、座右の銘にしてみてはいかがでしょうか? つい周囲の人に頼ってしまいがちな人には、心を強く持ち自立するという決意を込めて、この言葉を座右の銘にしてみるのも良いかもしれませんね。 面白い座右の銘一覧【偉人の言葉】 偉人の言葉を座右の銘にするのも面白いですよね。 座右の銘におすすめの偉人たちの言葉をご紹介します。 無いものを嘆くな、あるものを生かせ。 他人のために一生懸命、サービスする人がもっとも利益を得る人間である。 私はいつも数字をあげて、目標を掲げます。 進まざる者は必ず退き、退かざる者は必ず進む。 自分の選んだ道で一番になれ。 そうすれば、世界は自分のものになる。 険しい丘に登るためには、最初にゆっくり歩くことが必要である。 待っているだけの人達にも何かが起こるかもしれないが、それは努力した人達の残り物だけである。 天才とは努力する凡才のことである。 つねによい目的を見失わずに努力を続ける限り、最後には必ず報われる。 明日死ぬかのように生きよ。 永遠に生きるかのように学べ。 何かを始めるためには、しゃべるのをやめて行動し始めなければならない。 真実の山では、登って無駄に終わることは決してない。 最初から多くのことを成し遂げようとして極端な努力をすると、たちまちのうちに全てを放棄することになる。 腰を下ろして休むことは、絶対にすすめられない。 能力とは自分自身を信じぬく力である。 パナソニックを立ち上げた、経営者である松下幸之助の言葉です。 周囲の人と比べて、周りをうらやんでばかりだと感じている人にはとてもおすすめの言葉です。 この言葉を座右の銘にして、自分をもう一度見つめ直し、自分なりに様々な場面で勝負していくという心を忘れないようにしたいものですね。 あるものを生かせという部分が面白くかつ心に響きます。 ケンタッキー・フライド・チキンでお馴染みの、カーネル・サンダースの言葉です。 人のために一生懸命働く事ができる人がもっとも利益を得られるというこの言葉は、どんな仕事をしている人でも座右の銘にする事ができますね。 人のために働ける人間になる、という大きな志を持っている人にはぴったりの名言です。 日本マクドナルドの創業者である藤田田の言葉です。 目標を掲げる事は大切ですが、ぼんやりとした物ではそれを叶える事は難しいですよね。 目標までの 明確なビジョンを持つためにも、この言葉を座右の銘にしてみてはいかがでしょう? 福沢諭吉の言葉です。 信念を曲げずに努力をすれば、必ずその先に繋がる何かを得られるという言葉。 心が折れてしまいそうな時にこそ思い出したい言葉ですね。 何かを目指している方の座右の銘にぴったりです。 そうすれば、世界は自分のものになる。 ウォルマートの創業者であるサム・ウォルトンの言葉です。 自分が選んだ進みたい道を極めようとしている人には、その背中を押してくれるとても勇気づけられる言葉ですね。 世界は自分のものになると言うのは壮大でなんだか面白いようにも感じる言葉です。 座右の銘にして、立ち止まりそうになった時に思い出して、自分を 鼓舞する言葉にもなってくれそうですね。 劇作家のシェイクスピアの言葉です。 何かをスタートする時、困難な物事に向かっていく時には、まず 最初をないがしろにしてはならない、と考えさせてくれる言葉ですね。 つい勇み足になってしまう人は座右の銘としてこの言葉を覚えておくのも良いかもしれません。 山ではなく丘というところが面白いポイントです。 アメリカの16代大統領であるリンカーンの言葉です。 努力するのが苦手だと感じている人や、今から何かに向けて動き出そうとしている人の座右の銘として、ぴったりの言葉ですね。 努力した人達の残り物というのは面白い言い回しですが、目指すならば 努力する側の人間になりたいものです。 理論物理学者のアインシュタインの言葉です。 天才とは 特別なものではないという事を表している言葉。 努力を忘れなければいつか天才と呼ばれる時が来る、と自分を励ます時に覚えておきたい言葉ですね。 努力の素晴らしさを忘れないために座右の銘にしてみるのも良いかもしれません。 アインシュタインが言うからこそ、説得力のある言葉として感じられる面白い名言ですね。 ドイツの詩人ゲーテの言葉です。 努力を続ける事ができれば報われるという言葉。 よい目的を見失わずに、というところが面白いポイントですね。 何かに向かって一心に努力をしている人や、努力をしたいと思っている人の座右の銘にぴったりの言葉です。 永遠に生きるかのように学べ。 ガンジーの言葉です。 今日という日に 悔いを残さないように、何事にも取り組み生きるという事と、学ぶという事に関しては 貪欲に取り組んでいかなくてはいけない、という事を示した言葉。 どんな立場の人でも座右の銘にする事のできる言葉ですよね。 この言葉を座右の銘にすれば、日々の過ごし方や勉強への向き合い方が変わりそうです。 ウォルト・ディズニーの言葉です。 行動よりもついつい口の方が先に動いてしまいがちですが、この言葉を座右の銘にすればあらゆる事に対して 意識を変えていけそうですよね。 昔の人でも行動よりも口を先に動かしていた人が居たという事が面白いですよね。 ドイツの哲学者であるニーチェの言葉です。 経験は無駄にならない、と考えさせてくれる言葉ですよね。 真実の山という部分が面白いですが、そこが大きなポイントでもあります。 英国の俳優チャップリンの言葉です。 無理をしても 長続きしないというのは誰でも同じ事ですよね。 三日坊主で悩んでいる人にはこの言葉を座右の銘にする事をおすすめします。 コツコツと努力を続けるという事に目を向けるのも大切ですよね。 アップルの創業者、スティーブ・ジョブズの言葉です。 休む事無くあらゆる事にチャレンジするという事の大切さを語っている言葉です。 絶対にすすめられない、という部分が面白く感じますが、スティーブ・ジョブズの本心が現れているような気もします。 ソニーの創業者の一人である、井深大の言葉です。 能力と言うものは特別な何かではなく、自分自身を信じぬく力である、と言うこの言葉を座右の銘にしていれば、自分自身を 信じてあげる強さになる事でしょう。 面白い座右の銘一覧【漫画・アニメのセリフ】 面白い漫画やアニメのセリフにも座右の銘にしたくなるような名言が沢山ありますよね。 いちばんいけないのは、じぶんなんかだめだと思いこむことだよ。 意味のないことをたくさんするのが人生なんじゃよ。 なんとかなるって。 なんでもやってみなきゃはじまんねえだろ。 本気の失敗には価値がある。 信じよう、人の心を。 この世に悪い人なんていやしないよ。 努力した者が全て報われるとは限らん。 しかし! 成功した者は皆すべからく努力しておる!!• 二十歳になろうが30になろうが 何かを始めるのに遅すぎるということは絶対にないんだ。 そうなりたいと思って行動してれば、いつかそれが本物になるかもしれないじゃん。 なりたい自分になりたいじゃん。 他人(ひと)の世界を、うらやんでいても仕方ない。 自分の世界は、自分で変えなければ• 自分を信じない奴なんかに 努力する価値はない!!! あきらめたらそこで試合終了だよ。 人間の値うちは、 テストの点数だけできまるものじゃないのよ。 一生懸命な時はみんなダサいよ。 ま、焦っても しょうがないよ。 こつこつ 地道に少しずつ 慣らしていくしかないね。 ドラえもんの登場人物であるのび太のセリフです。 つい自分に自信が無くなってしまって マイナス思考になってしまう事もあるでしょう。 そんな時にこの言葉を思い出したいですよね。 のび太に言われていると考えるとなんだか面白いですが、とても勇気を貰えます。 ちびまる子ちゃんの登場人物、友蔵のセリフです。 仕事や勉強で「これは意味のある事なんだろうか? 」と感じてしまう事ってありますよね。 そんな時には友蔵のこの言葉を思い出してみてください。 愉快で楽しいおじいさんがそっと 背中を押してくれるはずです。 なんでもやってみなきゃはじまんねえだろ。 シャーマンキングの登場人物、麻倉葉のセリフです。 「なんとかなる」という言葉で 自分を後押ししてあげる事ができます。 さらに、『やってみなきゃはじまらない』というのはどんな事にも通じる言葉ですよね。 座右の銘として、自分を励まして一歩踏み出させてくれるような面白い勇気をくれる言葉です。 宇宙兄弟の登場人物、南波六太のセリフです。 本気で取り組んでいる事だからこそ失敗が怖く感じてしまいますが、本気で取り組んでいる事だからこそ 失敗にも意味があるのだと教えてくれる面白い言葉ですね。 何かにチャレンジする際には座右の銘にしておきたい言葉です。 この世に悪い人なんていやしないよ。 ちびまる子ちゃんの登場人物、山田君のセリフです。 普段愉快で面白い事ばかりしている山田君が、こんな事を言っていたなんて驚きですが、人間関係や 人付き合いに疲れてしまった時などに思い出したい言葉ですよね。 座右の銘にすれば、人に対しての接し方も少し変わってくるのではないでしょうか? しかし! 成功した者は皆すべからく努力しておる!! はじめの一歩の登場人物、鴨川源二のセリフです。 全ての努力が報われるわけではないけれども、 努力しなければ成功は無い、という言葉は深く刺さるものがありますね。 この言葉はどんな場面でも、思い出して心の中で繰り返して呟きたい言葉です。 優しい言葉だけが座右の銘ではないというところが面白いですよね。 ROOKIESの登場人物、川藤 幸一のセリフです。 自身の年齢を言い訳にして諦める事は簡単ですが、チャレンジする人に向けて大きく背中を押してくれる言葉ですね。 座右の銘にして、 チャレンジ精神を忘れない大人になりたいものです。 なりたい自分になりたいじゃん。 アオハライドの登場人物、吉岡双葉のセリフです。 夢や理想、なりたい自分になるために行動している人の座右の銘にはぴったりの言葉ですね。 「なりたい自分になりたいじゃん」という部分は、格言のように押し付けてくる事なく 自然と沁みていく言葉で面白いですね。 ナチュラルに優しく自分の背中を押してあげたい人に向いている面白い優しい言葉です。 自分の世界は、自分で変えなければ のだめカンタービレの登場人物、千秋真一のセリフです。 ついつい他人を羨ましく思ってしまうのは誰にでもある事。 そんな時にこのセリフを思い出して、向き合うべきは 他人ではなく自分なのだと視点を変える事ができれば、自分自身の成長に繋がる事でしょう。 NARUTO -ナルト-の登場人物、マイト・ガイのセリフです。 ただ努力すれば良いというのではなく、 自分を信じてこそ努力にも価値が生まれるのだというこの言葉はハッとさせられるものがありますね。 迷った時にはこの言葉を座右の銘として思い出して、前に進みたいと思わせてくれる面白い言葉です。 スラムダンクの登場人物、安西先生のセリフです。 有名なセリフで、知っている方も多いのではないでしょうか? 何事も諦めてしまえばそこで終わってしまう、という言葉。 優しく背中を押してくれるような雰囲気もあって、女性でも座右の銘にしやすい面白い言葉でもありますね。 ドラえもんの登場人物、しずかちゃんのセリフです。 テストの点数や仕事の成績で人を判断しがちですが、大切なのはそこではないという事を教えてくれる言葉。 自分の 目線を正したい時に思い出したい言葉ですね。 午前3時の無法地帯の登場人物、真野さんのセリフです。 つい周りの目を気にしてしまう事がありますが、一生懸命に努力している姿は ダサいのだと言い切ってくれると、なんだか心が軽くなりますね。 一心に向き合いたい事がある時には座右の銘にしたい面白い言葉です。 こつこつ地道に少しずつ慣らしていくしかないね。 銀の匙 Silver Spoonの登場人物、相川進之介のセリフです。 こつこつ 地道に努力していけるというのも一つの才能ですよね。 つい焦ってしまいがちな時に自分に言い聞かせたい言葉です。 小さくても、無駄だと感じても、努力を 積み重ねていく事が大切なんだと教えてくれる言葉ですね。

次の

面白い座右の銘・ことわざ一覧!印象に残るインパクトのある言葉集

座右の銘 前向き

気持ちが落ち込んだ時や、上手くいかない時に前向きな言葉を友人からかけられると、とても勇気が湧いてきて、「明日から頑張ろう」と心を強く持てますよね。 また、偉人の名言やことわざなどから、今時分が抱えている課題を解決するための突破口を見つけ出すのも一つの方法ですが、「 座右の銘」を自分で一つ持っておくと、ブレずに悩んだ時の指標にする事が出来ます。 よく失敗した方たちが言う言葉に「魔が差した」という言葉はありますが、悪魔の囁く声が差し込んできた。 と意味ではなく、本来は「間が差した」という意味だそうです。 つまり、 「油断した隙間にやった事が失敗に直結する」という意味になりますが、魔が差す事のないように、自分軸を持つのに座右の銘はオススメの方法です。 ここでは、特に「 前向きになれる座右の銘」を一覧にさせて頂きましたので、就職活動を行う学生さんの後押し、ビジネスマンや経営者が強い気持ちを持てるようになる言葉をお送りします。 もくじ• 座右の銘とは何? 座右の銘(ざゆうのめい)とは、自分の心を律するために使われる格言の事です。 自分に勇気を与えたり、ブレない信念を持つために座右の銘を持つ事も出来ますが、基本的に偉人の名言だったり格言、ことわざなどが使われることが多いです。 特に四字熟語にしなければいけないといったルールもありません、自由に決めて頂ければOKです。 座右の銘の語源は「 自分が座ったときの右側」の座右と、「 石や器に歴史上の人物の言葉を記す」という意味の銘を合わせたものです。 合わせて意味する事は、自分の右腕と同じでとても重要で大切な人の言葉になります。 前向きになれる座右の銘のヒントとなることわざ 座右の銘は自由に決めていいという事が分かったところで、ご自身の座右の銘を考える際に、参考になる名言や格言、ことわざを集めてみました。 前向きなポジティブシンキングへと変換できる言葉となるように、逆の意味にあたる不安をはじめ、努力、行動に関連した情報をまとめてみました。 遠い将来に対してしっかりと考えておかなければ、近い未来で必ず問題が起きるという意味ですが、目標設定は毎日、毎日設定するのも大事ですが、2週間先、1ヶ月先、6ヶ月先、1年先、10年先・・と考えておいた方が良いでしょう。 それぞれの時間のスパンで見て、人生の目的や目標を立てておく事、逆に長い時間軸の中から今何をすべきか?をしっかりと設定するようにしましょう。 例えば、人生を通しての目的を 「不安なくストレスフリーに生きたい」 とするのであれば、1ヶ月以内に不安になるような事がないようにするために何が出来るのか?ストレスフリーでいるには何が出来るのか?を考えて目標設定が出来るでしょう。 努力の大切さを認識する 前向きになれることわざ 馬に乗るまでは牛に乗れ 英訳 Ride a cow until you ride a horse 馬に乗る前に牛に乗って慣れろというところから、まずは小さな目標をクリアして経験を積めという意味があると思いますが、私なりの解釈をもう一つ追加させてください。 三国志や漫画キングダムなど、戦国の話を読んでいると、名だたる将軍は馬に乗り、一騎打ちの際は馬上で矛をふるって戦いますよね?? 命がけの戦いで仮にどんくさい馬だったらどうでしょうか?命がいくつあっても足りませんよね? という事で、牛から馬、そして足の早い名馬へと乗り換えていくのは、出世を表しているように思いますので、良い馬に乗れるように、まずは評価されるべき小さな目標を達成せよという意味でも良いかと思いました。 気宇壮大 想像を超える度量や発想で立派であるという意味で使われます。 前向きになれる座右の銘のヒント まとめ 冒頭でもお伝えしたように、座右の銘はあなたが何か迷ったり、ぶれたりしないために自分の側に常に置いておきたい言葉の数々です。 歴史上の偉人や尊敬するスポーツ選手、先輩などの言葉を座右の銘とするのも良いでしょうし、座右の銘を見て前向きな気持になれるものを一つは持つのも良いでしょう。 ちなみに、私の場合は 「 夢は逃げない、逃げるのはいつも自分だ」 という言葉が凄く気に入っていて、座右の銘として使っています。 あなたの心が少しでも軽くなり、前向きになれる、そんな座右の銘を作るヒントに、少しでもなれば幸いです。 2011年3月の東北大震災、2011年10月の母の余命宣告10ヶ月をきっかけに人生観が180度転換、サラリーマンとして死んだように生きるのではなく、 「自由な時間と経済を手に入れて、大人にも子供にも憧れられる存在、独立自尊人になる」 事を目標に起業しました。 NLP(神経言語プログラミング)や東証一部上場企業に10年勤務し培った人財マネジメントに関するコーチングやマインドフルネス導入によるメンタルトレーニングといたった人財育成コンサルティング アフィリエイトで培ったマーケティング力を活かしたWEBプロモーション事業を活かしたWEB導入コンサルティング で世の中のお役に立てるよう、日々ビジネスマインド大学で情報発信をしてまいります。

次の

【就活生向け】座右の銘を面接で聞かれたら?おすすめの言葉や例文も紹介

座右の銘 前向き

座右の銘とは 就活の面接で聞かれることがある座右の銘について、その理由や座右の銘を選ぶ際の注意点などをご紹介します。 座右の銘の意味 座右の銘を簡単にいうと「行動をするうえで指標となる言葉」のことです。 「座右」は座っている所のかたわら、「銘」は、大事なことを心に刻み込むという意味です。 つまり、座右の銘は「自分の励ましや心に常に刻んでいる言葉」ということです。 どのような言葉が座右の銘に選ばれるかというと、偉大な成果を挙げた偉人の言葉や、ことわざや格言、四字熟語などが多い傾向にあります。 最近では、漫画やアニメなどの登場人物の台詞などからヒントを得ている人もいます。 座右の銘はくじけそうな時に自分を鼓舞したり、自分の人生を成功へ導くための道しるべになったりしてくれるものです。 座右の銘を持てば就活の場で活用できるだけでなく、仕事でつまずいたり実生活で何か困ったことに直面したりした際にも、自分の心の支えとなってくれるでしょう。 面接で座右の銘を質問する目的 採用面接で面接官が応募者にする質問は、企業にとってその人が有益な人材かどうかや、性格、スキルなどを判断する材料となります。 面接官が出す質問の意図を理解すれば、好印象を与える回答をしやすくなるでしょう。 企業の面接官が応募者に座右の銘を尋ねる目的としては、おもに以下があります。 個性を知りたい 座右の銘とは、その人が人生を生きるうえで大切にしている言葉なので、どのような言葉を選ぶかによって、その人の個性や価値観をあらわすものになります。 たとえば「日進月歩」は成長意欲がある、「七転び八起き」は何度失敗してもあきらめない、「一期一会」は人の出会いを大事にし、誠実に接する人ということが伝わるでしょう。 前向きなのか、慎重なのか、協調性が高いのかなど、その人が選んだ言葉の性質から、個性を見極めたいという狙いがあります。 価値観を知るため 自己の価値観というのは、その人の日々の行動の規範となるものです。 行動する軸が定まっていれば行動に一貫性が生まれ、色々な場面でその人がどのような行動を起こすのかが見えてきます。 そのため、面接側は行動の規範になる価値観を知り、面接の際の参考にしたいと考えています。 また、どうしてその座右の銘を選んだのかという理由も知りたいと考えているため、なぜその言葉を行動指針としているのかを伝えられるようになることも大切です。 仕事でどう行動するかをイメージしたい 仕事をするうえではうまくいくことばかりではなく、壁にぶち当たることも多々あります。 座右の銘を知れば、危機に直面した時に人の力を借りるのか、とにかく行動を起こすのか、慎重に調べて取り組むのかなど、その人の仕事のやり方をイメージできます。 仕事のやり方をイメージできれば、企業もどのように活躍し貢献してくれるのか、当社になじんで長く働いてくれる人材なのかを判断しやすくなるのです。 座右の銘はなんでもいい? 座右の銘というのは、基本的にはどのようなものを選んでもよいということになっています。 そのため「ありがとう」「笑顔」「感謝」など、普段耳にするような簡単な言葉でも、本来はかまわないのです。 四字熟語や歴史上の人物、スポーツ選手の名言などを参考にしても大丈夫です。 また、場合によっては「好きな四字熟語は? 」「座右の銘にしていることわざは? 」といったように、ある程度ジャンルを絞って質問されることもあります。 座右の銘は、いくつあってもよいものです。 万全を期すのであれば、歴史上の人物の言葉、四字熟語、ことわざなどから好きなものをいくつか選び、どれを聞かれても困らないように準備しておくとよいでしょう。 面接で使う座右の銘の注意点 就活の面接における座右の銘の注意点について知りましょう。 言葉の正しい意味を理解する ことわざや四字熟語、偉人の名言などを座右の銘にする場合、正しい意味を理解するということが大切です。 意味や漢字の読みを間違えたまま覚えてしまうと、質問に対して的外れな答えを延々と述べる事態になってしまいます。 言葉の捉え方は人それぞれなので、場合によっては好きな言葉の意味を勘違いしているというケースもあります。 意味や漢字の読みなどを間違えることがないよう、辞書やインターネットで検索して、合っているか確認してみましょう。 企業の方針とかけ離れたものは選ばない 企業の方針とかけ離れた座右の銘は選ばないということも大切です。 たとえば、企業がチームプレーを大切にしているのに対し、個人プレーを重視するような意味を持つ座右の銘を選んでしまうと、企業の方針に合わないと判断されてしまうでしょう。 また、なにも考えずに同じ座右の銘を複数の企業の面接で使いまわした場合、企業の理解度や仕事理解が足りないと思われてしまい、就職活動が上手くいかない原因になることもあります。 企業が求める人材であることをアピールするために、座右の銘はできるだけ社風や仕事の内容に合わせることが大切です。 面接で使う座右の銘を選ぶコツ 面接の場で使用する座右の銘を選ぶ際のコツとしては、以下があります。 尊敬する人の言葉から探してもOK 尊敬する人がいるのであれば、その人の伝記や書籍から座右の銘になりそうな言葉を探すという方法もあります。 就活面接では「尊敬する人」を聞かれることもあり、答えることで自分がどんな人物なのか企業に伝えるためのツールにもなります。 尊敬する人のようになるためには、その人のことを真似るのが一番です。 尊敬する人の言葉を座右の銘にすればその人に近づくきっかけになりますし、尊敬する人ならば、その人の過去の発言から格言や名言を探しやすいという点もメリットです。 架空の人物の名台詞は避ける 漫画やアニメ、映画などの名台詞は避けた方がよいでしょう。 架空の人物や物語上の台詞よりも、実際に偉業を成し遂げた人の言葉のほうが説得力があります。 実際に、面接の場では、就活生はアニメや漫画から選んだ座右の銘は使わないことが多いようです。 学生の個性を求める企業や、自由闊達な社風の企業などであれば問題ないかもしれませんが、年配の面接官が担当だったり歴史ある企業を受けたりする場合、あまりよい印象を持たれないという可能性もあります。 できれば、実在する人物の言葉を参考にしましょう。 理由も準備しておく 座右の銘を聞かれる際には、それを選んだ理由も聞かれます。 座右の銘にしたきっかけとなる具体的なエピソードを述べることにより、面接官は就活生がその言葉を座右の銘としている理由を深く理解することができます。 実際に座右の銘をどのように仕事で活かしてきたか、役に立ったかなどを伝えれば、その言葉を大切にしていることも伝わるでしょう。 座右の銘は、ただ好きな言葉というだけで選んではいけません。 聞いた人があきらかにネガティブな感情を抱いたり、応募者の人間性を疑ったりしてしまうような、マイナスイメージが強すぎるものは避けるようにしましょう。 面接で使える座右の銘 就活生が企業の面接で使える座右の銘を、ジャンル別にご紹介します。 忍耐力や成長意欲に関する言葉 忍耐力や就職後の成長意欲が高い人を求めている企業ならば、次のような座右の銘を選ぶのがおすすめです。 守破離 しゅはり 「守」は何かを教わること、「波」はその教えを取り入れ、「離」は自分の力で新しいものを作り出すという意味です。 この言葉を座右の銘に選ぶことで、物事を上司から教わりその教えを守る謙虚な姿勢や、成長への意欲をアピールすることができます。 継続は力なり/塵も積もれば山となる これらの言葉は、続けることの大切さや、努力をつみ重ねればどんな人でもいずれ大成するということをあらわしています。 この言葉を座右の銘に選ぶことで、コツコツと真面目に日々の業務に取り組み、いずれは会社にとって有益な人物に成長してくれるのではないかという期待を相手に抱かせられるでしょう。 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)/石の上にも三年 前者は復讐を成し遂げるために苦労に耐え続けるという意味で、後者は、忍耐強く頑張っていればいつか報われる日が来るということわざです。 これらの言葉からは、目的達成をするためにあきらめない、仕事を途中で投げ出さない粘り強さなどが伝わります。 急がば回れ 危険が潜む道を避け、遠回りでも安全な道や方法を選ぶ方が得策だという意味の言葉です。 この言葉を選ぶことで、何が起きてもあわてず、冷静に着実に実績を積み上げていく人なのだなということが伝わります。 前向きさやチャレンジ精神をあらわす言葉 前向きさやチャレンジ精神をアピールしたいならば、次のような言葉を座右の銘としてチョイスしてみましょう。 明日は明日の風が吹く/ケセラセラ これらの言葉には「つらいことがあってもそのまま進んでいけば大丈夫さ、なんとかなるさ」という意味が込められています。 この言葉を座右の銘に選ぶことで、ポジティブ思考なだけでなく、チャレンジ精神があることも伝わるでしょう。 ただし、なぜこの言葉を選んだかということをしっかりと伝えられないと「何も考えていなさそう」と思われてしまう可能性もあるため、注意しましょう。 なんでもいいから、まずやってみる。 それだけなのだよ 芸術家である岡本太郎さんの言葉です。 これは「技術はあとからついてくるから、考えるまえに好き勝手にやれ」という意味です。 この言葉からは、いろいろなことに挑戦し、仕事を通じてどんどん成長していってくれるような積極的な印象を相手に与えられるでしょう。 馬には乗ってみよ人には添うてみよ この言葉の意味は「やってみなければなにもわからないのだから、批判する前に何事も自分でためしてみなさい」というものです。 この座右の銘を選ぶことで、自分で経験してみることの大切さや、知識が豊富だったり理解力があったりするようなイメージを与えることができます。 協調性をあらわす言葉 社会人に必要な協調性をアピールしたいならば、次のような言葉を座右の銘に選びましょう。 一期一会 「その人や物との出会いは一生に一度だけかもしれないので、今の出会いを大事にしよう」という意味の言葉です。 一期一会を大切にする人は、誰とでも分け隔てなく接っしたり、誠実さがあったりする人ということが伝わります。 営業職など人とのやりとりが多い職種に応募するならば、一期一会を座右の銘に選んでもよいでしょう。 採長補短(さいちょうほたん) 人の長所を取り入れ、自分の短所を補っていくという意味です。 採長補短を心掛けることで、相手が自分より上か下かということを考えることがなくなり、どんな人とも良好な関係を築くきっかけにもなります。 また、人からよい影響を受けることができるという印象も与えるので、自身の成長力をアピールすることにもつながるでしょう。 情けは人の為ならず 相手に対する思いやりを持ったり助けたりすることで、いずれ自分に恩恵が返ってくるという意味で使われる言葉です。 この言葉を座右の銘にする人は、人に親切にすることを心掛けている、どんな人に対しても思いやりを持って接するというイメージを相手に与えます。 ただし「情をかけることはその人の為にはならない」という間違った解釈をしている人も多いため、気をつけましょう。 ありがとう どこでも誰にでも「ありがとう」がいえる人は、どんなことにも感謝の気持ちを持てているということになります。 仕事は人間関係の上で成立するものであり、お礼を伝えることは、組織内で円滑な関係を築く上で必要不可欠です。 この言葉を座右の銘にしている人からは、チームワークを大切にし、場の士気や一体感を高めてくれるような期待が持てます。 面接で使える座右の銘の例文とポイント 座右の銘を面接で答える際の例文と、回答のポイントなどについて知りましょう。 面接での座右の銘の例文 面接で座右の銘について答える際に、例となる座右の銘とその例文をご紹介します。 石の上にも三年 私の座右の銘は「石の上にも三年」です。 つらくても我慢強く辛抱していればいずれ成功することができるというところが、自分の過去の経験において役立ちました。 私は高校時代に野球部に所属し、引退の日までバットを毎日欠かさず150回振るという目標を掲げ、それを実行してきました。 その結果、野球部をけん引する強打者になり、大会のベストナインに選ばれるなど、満足のいく成果をいくつもあげることができました。 継続することの大切さを肌で感じ、どんなことでも続ければ結果を出せると学ぶことができたため、私はこの言葉を座右の銘としています。 ありがとう 私の座右の銘は「ありがとう」です。 これまで、学校やアルバイト先、部活、サークル、習いごとなどの場でたくさんの人に優しくしてもらったのに、感謝の気持ちを十分に伝えられないまま、疎遠になってしまった人が何人かいます。 そのような経験もあり、私は誰かに親切にしてもらったときには、必ず感謝の気持ちを伝えるようにしました。 ありがとうを伝えると相手が笑顔になってくれるだけでなく、その笑顔を見ていると、こちらも心が穏やかになります。 周囲の人と良好な信頼関係を築くうえで欠かせないこの言葉を、これからも大切にしていきたいです。 座右の銘の伝え方のポイント 相手に上手に伝えるためには、まずは結論から話し、その後に理由を述べるようにしましょう。 ニュースでも、結論を先に伝えたあとに詳細が語られるのが基本です。 自分のことをより理解してもらうためには、座右の銘+選んだ理由のほかに、自分の経験や個性を伝えるのもありです。 そうすることにより「本当にその言葉が好きなのだな」「大切にしているな」ということが伝わります。 加えて、志望動機とどう関係しているのか、仕事をしていくうえでその個性や心がけをどう活かせるのかを答えれば、回答の説得力や効果をより高めることができるでしょう。 座右の銘と結び付ける「体験」の選び方と答え方 相手がイメージしやすいようにするコツとして、座右の銘を自分の具体的なエピソードにリンクさせるという方法があります。 ただ座右の銘を述べるだけでは「本当にその言葉が好きなのか」「適当に選んだだけではないのか」と疑われてしまうこともあります。 座右の銘にしたきっかけとなる具体的なエピソードを絡めることにより、相手はその言葉を座右の銘にしていることを理解し、効果的な自己PRにつなげることができるのです。 そのため、座右の銘に出会い、その言葉を信条としてどのような成果をあげたのか、成長を遂げたのかという体験談を話すようにしましょう。 これといった体験談がなければ、とある失敗をしてしまい「同じ過ちを二度と犯さぬよう自らの心を戒めるためにこの言葉を選びました」というエピソードでもかまいません。 そうすることにより、説得力のある回答になるだけでなく、成長意欲の高さをアピールすることもできます。 座右の銘で自分の人柄をアピールしよう 座右の銘は、むずかしいものを選ぶ必要はありません。 自分の大事にしている言葉や、行動の基準になっているものにするとよいでしょう。 自分が大事にしている言葉を選ぶことで、より伝わりやすい表現やエピソードに絡めて説明することができ、面接官からも共感を得やすくなります。 質問されてからあたふたすることのないよう、例文を参考にして、自分の人柄や価値観が伝わる答え方を事前に考えておきましょう。

次の