インスタ 動画 サイズ。 【インスタ】動画やストーリーの投稿できるサイズまとめ!

インスタグラムの動画のサイズに制限はあるの?投稿の場合とストーリーズの場合で検証!

インスタ 動画 サイズ

インスタに動画を投稿すると画質が劣化する理由 画質劣化の理由1:エンコードにより解像度が落ちる インスタに限らずSNSに動画を投稿する際は、 エンコードと呼ばれる圧縮作業が行なわれます。 このエンコード作業が行なわれることで動画の解像度が落ちてしまい、画質劣化につながります。 エンコード作業が行なわれる理由は、アップロードの際に動画を インスタで再生できるサイズに変更するためです。 いくら高画質で撮影した動画でもエンコードによって解像度が落ちてしまうことを覚えておきましょう。 画質劣化の理由2:インスタの動画サイズに合っていない インスタで再生される動画は 「1:1」「4:5」「16:9」のように形式が決まっています。 実はこのサイズの動画をアップロードしていないがために画質の劣化につながってしまいます。 スマホで撮影した「16:9」の動画をそのまま「1:1」の形式でアップロードすると、 サイズを変える作業が行なわれます。 きれいな動画をインスタにアップロードしたいなら、 インスタの動画サイズに合わせた動画をアップロードすることが重要です。 画質劣化の理由3:フレームレート数が大きく解像度が落ちる 動画はパラパラ漫画のように 静止画が連続で流れて表示されることで、動いて見えるようになっています。 1秒間に流れる静止画の枚数は fps フレームレート という単位を使います。 1秒間に30枚の静止画が流れているなら30fpsです。 iPhoneなどのスマホでは60fpsという滑らかな撮影も可能ですが、 インスタでは30fpsまでしか対応していません。 もし60fpsでアップロードしてしまったときは、30fpsに変更する作業がエンコードの際に行なわれます。 このときに解像度が落ちてしまうのです。 インスタに動画をあげるときは 30fpsで撮影した動画を上げるようにしましょう。 画質劣化の理由4:通信環境によるもの 通信環境によって画質が劣化してしまう可能性も考えられます。 これは作り手側に原因はなく視聴者側の通信環境がひどいときに解像度の低い動画が再生されてしまいます。 これは発信者側がどうにもできる問題ではないので仕方がないことです。 画質劣化の理由5:書き出し形式を間違えている 画質劣化の大きな原因として作った動画の 書き出し形式を間違えている可能性があります。 書き出し形式とは 「H. 264」や「MPEG-4」などの形式です。 現在では多くの動画で「H. 264」が使われていますし、SNSでも 「H. 264」の形式が一般的になっています。 この形式を間違えると、画質が劣化してしまう可能性もありますので注意しましょう。 インスタに動画を高画質で投稿する方法は? 高画質でアップロードする方法1:インスタサイズに合わせた動画で投稿 インスタの動画サイズは「1:1」「4:5」「16:9」のようなサイズになっています。 まずはこの動画サイズに合わせてアップロードすることが重要です。 高画質でアップロードする方法2:ビットレートを小さくする 60fpsで動画を撮影するのではなく、 30fpsで動画を撮影してインスタにアップロードするようにしましょう。 インスタでは動画を30fpsで再生しています。 60fpsから30fpsにエンコードするときの圧縮作業で動画が劣化してしまう可能性がありますよ。 インスタに投稿する際のPremiereのエンコード設定 Adobe Premiere Proでインスタ用に動画を作成する場合は、書き出しのタイミングでエンコード設定をしましょう。 書き出しのタイミングでちょっとした設定をするだけで、インスタの動画をきれいにアップロードすることができます。 まだPremiere Proをお持ちでない方は、無料体験版でも同様のエンコードができますので、試してみてはいかがですか? Premiere Proのエンコード設定1:形式は「H. 264」 書き出しのタイミングで 書き出しの形式を設定します。 書き出しの場所をクリックして 「H. 264」を選びます。 264」がよく使われる一般的な形式です。 Premiere Proのエンコード設定2:プリセット「Mobile Device 1,080p HD」 次に形式の下にある プリセットを設定しましょう。 インスタなどのモバイル用の動画なら 「Mobile Device 1,080p HD」を選択しましょう。 このプリセットがフルハイビジョン用のプリセットになります。 Premiere Proのエンコード設定3:ファイル名と保存先を決めて出力 あとはファイル名と保存先を決めて出力すれば完成です。 インスタはPCから投稿ができないので、スマホに送ってからインスタに投稿しましょう。 またPCからスマホに送るときも、LINEでは動画が劣化してしまう可能性があります。 ギガファイル便やSlack,Dropboxなど、動画ファイルがそのまま送れる方法を使うようにしましょう。 MacとiPhoneを使っている方は、AirDropで送るのがおすすめです。 インスタに動画を高画質で投稿する方法まとめ インスタなどのSNSに動画をアップロードする際は多少なりとも動画が劣化してしまいます。 それはエンコードによる圧縮作業が原因で解像度が下がってしまうからです。 そのため、インスタに適した動画を作成してアップロードするようにしましょう。 特に 動画サイズを合わせるのは解像度を下げないための重要なポイントになりますよ。

次の

Instagramでベストな画像サイズは?オススメの比率や解像度について

インスタ 動画 サイズ

こんにちは。 白石ふくです。 インスタグラムへ動画を投稿する際、どのようにリサイズしていますか?長方形で撮影した動画の場合、基本的には投稿時に強制的に正方形にリサイズされてしまいます。 しかしせっかくなら、撮影した映像がすべて視聴できる状態で投稿したいですよね。 そこで今回は、動画を簡単にリサイズできる無料の動画加工アプリ「正方形どん」の使用方法をご紹介します。 操作性はシンプルですが、リサイズだけではなく、動画の切り出しや拡大縮小、フレーム単位での正確な頭出しなども可能で、加工後はアプリからそのままインスタグラムへ投稿できる優れものです。 まだ使用したことのない方は、ぜひ試してみてくださいね! 「正方形どん」とは 「正方形どん」は、無料で利用できる動画加工アプリです。 写真を正方形にトリミングしたり、フレームをつけたりなどの加工をすることができる無料加工アプリとして有名な「正方形さん」の動画バージョンです。 (「正方形さん」の詳しい使用方法は、以下の記事を参考にしてみてくださいね。 ) インスタグラムへ動画を投稿する際、複数枚投稿にして1枚目に設定する写真を長方形で指定し、2枚目以降に動画を選択すれば長方形での投稿も可能ですが、基本的には正方形に強制リサイズされてしまいますよね。 そこで「正方形どん」を使用して動画に余白を追加すれば、長方形の動画を正方形に変換することができます。 正方形に変換した動画であれば、インスタグラムに投稿する際に撮影した動画の上下左右が見切れてしまうことがありません。 また、BGMを追加したりフィルターを適用したり、音声のみ消したりなど、特に初心者の方が動画編集をする際にあるとうれしい機能が多々搭載されています。 多機能とは言えとてもシンプルな操作性ですので、誰でも簡単に使いこなせることもポイントです。 入手方法 「正方形どん」で加工をしてみよう! 基本操作 まずアプリをインストールして起動したら、画面中央のアイコンをタップします。 アプリがスマートフォンのカメラロールへアクセスすることを許可するか問われますので、「OK」をタップしてください。 続いて、加工する動画を選ぶためにまずアルバムを選択します(デフォルトでは「カメラロール」のアルバムが選択されています)。 「アルバム選択」というメッセージが表示されますので「次回から非表示」をタップしてください。 スマートフォンに保存されている動画の一覧が表示されますので、動画を選択します。 アルバムを変更したい場合は「カメラロール」をタップしてください。 アルバムの一覧が表示されますので、加工したい動画を収録しているアルバムをタップしましょう。 上の画像のように、動画の編集画面が表示されたら加工を開始できます! 投稿範囲の切り抜き インスタグラムへ投稿できる動画の長さは、最大で60秒です。 60秒以上の動画は、まず投稿範囲の切り抜きをしましょう。 上画像のバーで投稿範囲を切り抜きます。 バーの左端の赤い縦線 青矢印部分 を1本指で抑えたままバーを左右に移動すると、動画の開始点を決定できます。 開始点を決めたら「ここから」をタップしましょう。 これで開始点を指定できました。 指定するとバー上にメニューアイコンが表示されます。 開始点を指定し直したい場合は、バツアイコンをタップすると再度指定できます。 続いて、終了点を決めましょう。 同じように赤い縦線を左右に動かして終了点を決めて「ここまで」をタップします。 これで再生範囲の切り抜きの完了です。 バー上には、切り抜いた範囲が赤く印付けされています。 なお、撮影した元の動画を再生したい時は動画上に表示されている再生ボタンを、切り抜いた範囲のみ再生したい場合はバー上の再生ボタンをタップしてくださいね。 まずは、動画を簡単に拡大・縮小する方法です。 バー下のメニューのうち、プラス・マイナスの記号が表示されている青いアイコンで、動画の拡大・縮小が可能です。 プラスアイコンをタップするごとにに少しずつ拡大し、マイナスアイコンをタップするごとに少しずつ縮小します。 拡大をした場合は、再生画面上に四方向の矢印メニューが表示されます。 このアイコンをタップした後に画面を上下左右に動かして、映像の範囲を指定することもできます。 1回タップするごとに、90度ずつ左回転します。 背景・余白・種類・枠線の設定 上画像の赤枠部分のメニューアイコンをタップすると、背景や余白、種類、枠線の設定ができます。 背景色は、色見本一覧から選びましょう。 「種類」をタップすると、動画の枠線を4種類から選ぶことができます。 デフォルトはAで、B、Cの順に四隅が丸くなり、Dは少しぼかしたような枠線です。 「枠線」をタップすると、枠線の色と幅を選択できます。 枠線の色は色見本一覧から選びましょう。 枠線の幅は、「枠線」ををタップして好みの幅に設定してください。 画面中央に「Off」「Hard」「Normal」「Soft」の4種類のボタンが表示されています。 これは背景色の濃さを決めるボタンで、「Off」をタップするとなにも表示されません。 「Hard」が1番濃く、「Soft」が1番薄い背景色になります。 すべて設定したら、メニューを下にスワイプして非表示にしましょう。 BGMの設定 画面右上の音符アイコンをタップすると、BGMの設定が可能です。 BGMの編集画面が表示されたら、まずサウンドを追加します。 画面中央の「サウンドを追加する」から、どこのフォルダに保存されているサウンドをBGMとして使用するか選択しましょう。 フォルダをタップするとサウンドの一覧が表示されますので、使用するサウンドをタップします。 サウンドを選択すると、画面中央にサウンドが表示されます。 サウンドのクレジット横の赤いバツアイコンをタップすると、再度選び直すことができます。 サウンドを決めたら、波形を左右に動かして動画内で使用する範囲を指定しましょう。 画面左下の「表示切替」では、サウンドのクレジットを動画上に表示するかどうかを決められます。 切り替えアイコン横はサンプルが表示され、さらに横の「文字寄せ」では画面のどこにクレジットを表示するか指定できます。 最後に、音量の設定をしましょう。 上画像の赤枠部分に2つ、音量調整バーがあります。 向かって左のバーが動画に入っている音の音量です。 ミュートにすることも可能です。 向かって右のバーは、サウンドの音量を調節できます。 すべて設定したら、画面右上の緑のチェックアイコンをタップしましょう。 保存してインスタグラムへ投稿しよう すべての設定が終了したら、「保存」をタップします。 「変換処理中です」という画面が表示されれば、動画がカメラロールへ保存されています。 保存後は「写真アルバムに保存しました」というメッセージが表示されます。 そのままインスタグラムへ投稿するのであれば、メッセージ下に表示されているインスタグラムのアイコンをタップしてください。 インスタグラムを開くか問うメッセージが表示されますので「開く」をタップします。 ストーリーズとフィードのどちらに投稿するか選べば、それぞれの通常の投稿画面が表示されますので、キャプション入力など行って投稿完了です。 まとめ 「正方形どん」は、簡単な操作で動画を整えられる便利な動画加工アプリです。 サクサク操作できるので、初心者の方にもおすすめできます。 まずは記事でご紹介している手順に沿って試してみてください! 以上、白石ふくでした。 この記事を書いた人 時間 2017. 人気記事ランキング カテゴリー• 人気キーワード•

次の

インスタストーリーの動画の載せ方!長さや秒数・サイズを詳しくご紹介!

インスタ 動画 サイズ

こんにちは。 白石ふくです。 インスタグラムへ写真や動画を投稿する際、みなさんは正方形・長方形のどちらの見た目で投稿していますか? 少し前までインスタグラムでは、正方形の写真・動画しか投稿できませんでしたが、現在は長方形でも投稿できますよね。 となると、正方形・長方形のどちらで投稿すればいいのか、迷ってしまいますよね。 また、プロフィールアイコンに使用する画像はどれくらいの大きさが適正なのかわからずになんとなく設定してしまって、よく見ると画質が荒れてしまっている、ということはないでしょうか。 そこで今回は、インスタグラムへ投稿する際の最適な画像サイズについてご紹介します。 今では正方形・長方形のどちらの見た目でも投稿できることが当たり前になっていますが、改めて確認してみてはいかがでしょうか。 あわせて、おすすめのリサイズアプリもご紹介していますので、参考にしてみてくださいね! インスタグラムで推奨されている画面サイズを知ろう インスタグラムに投稿できる写真・動画やプロフィールアイコンに使用できる画像について、まずは公式より推奨されているサイズや比率について確認しましょう。 知っているつもりでも、意外と知らなかったことがあるかもしれません(筆者だけでしょうか…)! 写真について 写真について、写真の横の解像度は「320〜1080ピクセル」、縦の解像度は「566~1350ピクセル」が推奨されています。 写真の縦横比率を表す「アスペクト比」は、縦長写真の場合は「4:5」、横長写真の場合は「1. 91:1」です。 これらを基準にすると、最適な画像サイズは以下のようになります。 しかし、320ピクセルを下回っている場合は、320ピクセルまで自動拡大されてしまうため、画質が劣化して粗くなってしまいます。 そのため、撮影時には写真の横幅が320ピクセル以上になるよう注意してください。 もし320ピクセル以下になってしまうのであれば、リサイズアプリなどを利用して全体が320ピクセルを上回るように加工しましょう。 なお、アプリ内で撮影する場合は、正方形のみの撮影となります。 動画について 動画については、アスペクト比以外にもファイル形式やファイルサイズ、動画の長さ、フレームレートなどにも気を配る必要があります。 特にアスペクト比については、iPhoneでは撮影画面が「3:4」のため、インスタグラムに投稿する際は少し上下が見切れてしまう場合があります。 そのため、上下に余白をもって撮影すれば、撮影した時と投稿時の動画の見た目が違う…!というトラブルがなくなります。 インスタグラムが公式で推奨している動画要件は、以下の通りです。 ・アスペクト比:1. 91:1の横長 ・ファイルタイプ:. mp4または. mov ・推奨動画コーデック:h. 264、VP8 ・推奨オーディオコーデック:AAC、Vorbis ・最大ファイルサイズ:4GB ・動画の長さ:最大60秒 ・フレームレート: 最大30fps 動画についても、アプリ内で撮影する場合は正方形のみとなります。 正方形の動画で構わない場合は、アプリ内で撮影すればファイルタイプやコーディック、サイズなどに気を配る必要がありません。 ストーリーズについて いまや通常の投稿よりも人気なのではないかと思われるほどユーザー数の多いストーリーズについても、要件が定義されています。 ストーリーズについては基本的に縦長の全画面投稿で「9:16」のアスペクト比が推奨されています。 解像度については写真・動画ともにおなじですが、動画の場合はファイルサイズや長さなどに注意しましょう。 mp4または. mov ・推奨動画コーデック:h. 264、VP8 ・推奨オーディオコーデック:AAC、Vorbis ・最大動画ファイルサイズ:4GB ・動画の長さ:最大15秒 アイコンについて インスタグラムのプロフィールに使用するアイコンについては、推奨サイズは特に発表されていません。 このことから、プロフィールに使用する画像は、縦横ともに300~400ピクセル程度の正方形が望ましいと言えます。 あまりに小さい画像を使用すると画質が荒れてしまう可能性があり、縦横のサイズが大きく違う画像を使用すると丸くトリミングする際にうまく見切れてしまうことがあるからです。 長方形の投稿をする方法 正方形で写真や動画を投稿する際は特に作業は必要ありませんが、長方形の写真・動画を撮影してそのまま投稿するのであれば、インスタグラム上で少しだけ作業が必要です。 まず、投稿したい写真・動画を選択します。 すると上画面にアイコンが表示されますので、左下のアイコンをタップしてください。 アイコンをタップすると、元の写真の見た目(長方形)になります。 写真の場合は、写真を2本指でピンチすると、サイズをトリミングできます。 このとき、元の写真が縦長長方形の写真なら縦長に、横長長方形の写真なら横長に、それぞれアイコンをタップするだけでサイズ変更可能です。 動画の場合はトリミングはできず、アイコンをタップして正方形・長方形の変形のみ可能です。 1本指で動画を上下して、表示箇所を変更することは可能です。 上の画像は、写真をピンチして少しサイズを変えたものです。 サイズを決めたら「次へ」をタップし、キャプションを入力して投稿しましょう。 サイズ変更時の注意点 複数投稿をするなら インスタグラムでは、1投稿に対して複数の写真や動画を選択することもできますよね。 この場合にインスタグラム上でトリミングをする際は、注意が必要です。 複数枚投稿をする際は、写真・動画ごとに正方形・長方形を指定することはできません。 1枚目に選択した写真・動画で指定したサイズが、ほかの写真・動画にも適用されます。 そのため、1投稿に正方形・長方形のの写真をどちらも反映させたい場合は、写真ごとにあらかじめリサイズしておくようにしましょう。 1枚目として投稿したい写真・動画を選択します。 すべて正方形で投稿する場合は特に気にする必要はありませんが、1枚目の写真・動画のサイズを指定したいのであれば、複数枚投稿のアイコンをタップする前に、トリミングアイコンをタップしてサイズを変更します。 サイズを指定したら、複数枚アイコンをタップしてほかの写真・動画を選択しましょう。 なお、サイズの変更はできませんが、写真・動画を2本指でピンチして拡大・縮小することは可能です。 Android Android端末を利用している方は、スマートフォンのカメラの設定であらかじめ撮影する写真のサイズを指定しておくことができます。 機種によって設定方法は多少異なりますが、カメラの設定画面を開くと画像サイズと動画サイズを指定できる画面が表示されます。 多くの機種でインスタグラムで推奨されている画像サイズよりも大きいサイズしか指定できないようですが、「1:1」または「16:9」の倍率のサイズを指定しておくと、インスタグラムに投稿する際に画像が崩れることはありません。 投稿する際は上記でご紹介したように指で写真をピンチして縮小すると、投稿画面に収めることができます。 おすすめのリサイズアプリ インスタグラム内でリサイズができるとはいえ、見た目にしっかりこだわってプロフィール画面を見た時に統一感を出したい!という方もいるのでは。 また、複数枚投稿をする際にも各写真・動画を最適なサイズで投稿したいですよね。 そんな時は、簡単にリサイズできる無料の加工アプリがおすすめです。 ここでは、特に愛用者の多いトリミングアプリ4つをご紹介します。 どれも初心者でも扱えるアプリですので、インスタグラムに投稿する前にサクッとサイズを整えてしまいましょう! 正方形さん こちらは、撮影した写真を正方形にトリミングしたり、余白をつけたりなどができる加工アプリです。 難しい操作は必要なく、加工後にそのままインスタグラムへ投稿することもできます。 写真サイズをサクッと整えられるので、愛用しているインスタグラマーもとても多い人気アプリです。 詳しい使用方法については、以下の記事でご紹介していますのでぜひ参考にしてみてくださいね。 入手方法 正方形どん こちらは、上でご紹介した「正方形さん」の動画バーションです。 「正方形さん」と同様に、撮影した動画をトリミングすることができます。 使用方法は基本的に「正方形さん」と同じですので、動画のリサイズを数秒で済ませたい方は使ってみてくださいね。 入手方法 VivaVideo こちらも、動画をリサイズできる加工アプリです。 リサイズのほかにフィルターを適用したり再生スピードを変更したり、テキストをつけたりなどの加工もできます。 動画編集に必要な機能を網羅しているアプリですので、リサイズだけでは物足りない!という方にはこちらがおすすめです。 詳しい使用方法については、以下の記事でご紹介していますのでぜひ参考にしてみてくださいね。 入手方法 ピクまる こちらは、インスタグラムのプロフィールアイコンに使用する写真を簡単にリサイズ・トリミングすることのできる無料アプリです。 プロフィールアイコンはインスタグラム上でも画像を丸くトリミングすることができますが、こちらのアプリを使用すればインスタグラムだけではなくLINEやTwitter、FacebookなどほかのSNSで使用するアイコンも同時に簡単に作成することができます。 アプリ内で写真を撮影するかスマートフォンのカメラロールから写真を選択し、表示されている丸枠の中に画像をセットしてチェックアイコンをタップするだけで、綺麗な丸抜き画像を作成することが可能です。 入手方法 まとめ 知っているようで意外と見落としていたことはありませんでしたか? 今回改めてインスタグラムが推奨している要件を見直してみたところ、筆者個人的には特に複数枚投稿の際に1枚目に指定したサイズがほかの写真・動画にも適用されることに気がついていませんでした(普段加工をして写真・動画ともにすべて正方形投稿をしているため…)。 インスタグラム歴が長い方ほど、意外と見落としている要件があることがあります。 とは言え、見た人の印象に残る写真・動画を投稿するなら、細かいところではありますが、推奨されている要件は無視できません。 また、プロフィールアイコンの画質が荒れているとおしゃれなアカウントには見えなくなってしまうことにも注意です。 せっかく世界観を統一したり加工にこだわったりとアカウント運用に気を使っているのであれば、プロフィールアイコンにも気を配らないともったいないですよね。 ぜひこの機会に、プロフィールアイコンについても普段の投稿を見直してみてくださいね! 以上、白石ふくでした。 この記事を書いた人 時間 2017. 人気記事ランキング カテゴリー• 人気キーワード•

次の