ライン タイム ライン ストーリー 足跡。 LINEのタイムラインで足跡や閲覧数を見る事はできる?|LINEの使い方まとめ総合ガイド

【LINE】タイムラインに足跡はつく?相手にわかる?

ライン タイム ライン ストーリー 足跡

結論:LINEのタイムラインとホームに足跡機能はない まず結論から述べると、 LINEのタイムラインとホームに足跡機能は存在しません。 したがって、足跡を付けないように行動する必要はありません。 たとえば、タイムラインで流れてきた友だちの投稿を見たり、写真を保存したりしたとしても、その投稿に足跡は付きません。 また、知らないユーザーが友だちのタイムライン投稿に「いいね」やコメントを付けている場合、そのユーザーのホーム画面を閲覧できますが、その足跡は残らず、相手は閲覧されたことに気づけません。 タイムラインやホームでの行動によって、他人の「知り合いかも?」に表示されやすくなることもありません。 左:タイムライン投稿を見た事実は誰にも伝わらない 右:「いいね」やコメントから見知らぬユーザーのホーム画面を見ても相手に知らされない 一方、 タイムライン投稿への「いいね」やコメント追加が投稿主に通知されることは認識しておいた方がよいでしょう。 なお、「あなたのLINEをブロックしている人を調べられます」と謳うTwitter連携アプリや「LINEの足跡がわかる」といったアプリが存在したとしても、それらはほぼ間違いなく悪質な目的を有するアプリなので注意してください。 LINE ID検索は相手にバレない LINE IDを検索して誰かを表示しただけであれば、相手側は検索された事実に気づけません。 「タイムラインやホームで足跡が残るかもしれない」と不安になる理由 「LINEのタイムラインやホームで足跡が残るかもしれない」と不安を抱かせる理由として考えられるのは、ひとつは一種の足跡機能とも評価しうる「既読」機能の存在です。 「メッセージを確認したことが相手に伝わるのであれば、その他の行動履歴も相手側にバレてしまうのではないか」と勘ぐってしまうのも致し方ないことなのかもしれません。 また、元々は顔見知りのあいだでコミュニケーションするための閉じたサービスであったLINEが、タイムラインやホームといった第三者に向けて開かれたソーシャル要素を組み入れたことも、足跡機能の有無を知っておきたくなる理由となっています。 つまり、友達ではないユーザーと接する機会が生まれたことで、そのユーザーのホーム画面やプロフィール写真などを表示した事実が相手に通知されたり、相手の「知り合いかも?」に表示されたりするかもしれないと心配になるユーザーが出てきたわけです。

次の

LINEのタイムライン、ストーリーってなに?見方や投稿、非表示方法も解説

ライン タイム ライン ストーリー 足跡

LINEに「足跡」機能ってある? 他のSNSでも、たびたび話題になる「足跡」機能。 では、LINEには「足跡」機能が存在するのでしょうか?それを紹介する前に、まず「足跡」機能とは何かを説明します。 そもそも「足跡」機能とは 「足跡」機能とは、自分の情報や投稿を見た人がいるかを知ることができる機能です。 LINEでいうならば、プロフィールやタイムラインにアクセスした人がいるかどうか、また何人アクセスしたのかを知る機能ということになります。 自分のSNSをだれが見ているかわかる機能ということで、気になる人も多いのではないでしょうか。 「足跡」機能は、インスタグラムの「」やmixiについていることで有名な機能ですね。 逆にTwitterやFacebookでは実装されていないことが知られています。 LINEのプロフィール画面に足跡機能はある? ときに使うプロフィール機能。 このプロフィール画面に足跡機能はあるのでしょうか? プロフィール機能とは? プロフィール機能とは、自分のプロフィールが見られる機能です。 アイコン画像やカバー画像の変更やステータスメッセージの変更などができます。 他にも友達から見られるプロフィール画面にBGMをつけたり、誕生日を設定できたりします。 は別の記事で紹介しているので、こちらも合わせてご覧ください。 プロフィール画面に足跡機能はない! 結論から言うと、プロフィール画面に足跡機能はありません。 LINEのプロフィール画面には投稿できる内容があまりなく、唯一の投稿といえるアイコンなどの画像変更は「タイムライン」に反映されます。 そのため、プロフィール画面に足跡機能を付けるメリットはあまりないのでしょう。

次の

LINEのストーリーは足跡つくの!?いいねやコメントの詳細を徹底解説

ライン タイム ライン ストーリー 足跡

インスタやフェイスブックなどでもおなじみのストーリー機能がLINEにも登場します。 LINEのストーリー機能とは? もともとはスナップチャットで24時間で消える投稿機能が有名でした。 それをフェイスブックやインスタグラムが導入し、これまた人気となりました。 ストーリー機能は24時間で消えることだけではなく、「たくさん投稿してもタイムラインを埋め尽くさない」というメリットなどが支持されたものと思います。 で、ラインでも遅まきながらストーリー投稿機能に対応しました。 評判を見てみると「インスタのパクり」「インスタでみているからいい」などの意見が目立つ感じです。 ただLINEの場合は公式アカウントや芸能人さんの利用者も多いでしょうから、それなりにストーリーを投稿する人が増えてくると定着してくるようにも思います。 例えばフェイスブックのストーリーは当初あまり使われていませんでしたが、今ではよく利用されています。 ストーリーの使い方 ストーリーを見るには? タイムラインタブの上部にストーリーが新着順に並びます。 投稿するには? タイムラインでストーリーのところにカメラアイコンが表示されます。 あとは、動画・写真・テキストなどを作成。 カラーフィルターもあります。 実行するとこのようにいろんな色フィルターをかけることができます。 顔エフェクトも使えます。 すると顔の位置を自動で認識してエフェクトをかけることができます。 紙飛行機アイコンで送信すれば公開されます。 なお「投稿を公開したい範囲」を選択して友達までの公開にしたり、新たに公開用リストを作れます。 見るとばれる? 現時点ではだれが見たかはわからないシステムのようです。 既読や足跡の類はつかないようです。 ただし「いいね」するとわかります。 今後機能として誰が見たかがわかるシステムが追加されるようですので、対応され次第また更新したいと思います。 ストーリーの不具合 利用できない? 9. 0からの対応となります。 投稿してないのにストーリー? 「プロフィールの変更」といった情報もストーリーで表示されます。 煩わしい場合は設定で表示をオフにする必要があります。 apicode.

次の