締り が いい 褒め 言葉。 部下を褒める達人になろう!やる気を引き出す褒め方3つのポイント

綺麗な絵の褒め言葉を教えてください。

締り が いい 褒め 言葉

この記事の目次• 旦那だってほめられたい! 人は誰だって、 褒められて悪い気はしません。 褒められることによって、やる気が増したり充実感や幸福感を得たりすることができますよね。 会社では仕事を評価してもらえますが、 家庭では妻が意識して褒めないと、何も評価を得られません。 家事や育児をどれだけしても評価が得られず、仕事はやればやるだけ評価される… このような状況が続いては、 旦那が仕事ばかりに力を注ぐようになるのは当然ではないでしょうか。 「褒める」と言っても、下手に出たり、おだてて褒めちぎったりする必要はありません。 ちょっとした感謝をこまめに伝えるようにしたり、感謝の伝え方を工夫したりするだけで旦那の行動は変わります。 具体的にどんな言葉かけが効果的だったのか、見ていきましょう。 すると、「喜んでもらえるなら今日もやろうかな」と思ってくれるわけです。 子どもの相手してくれると家事が捗る! 家事をなかなか手伝ってもらえない旦那には、 子どもの相手を積極的にしてほしいですよね。 そんなときは、この言葉を使ってみてください。 旦那は 「苦手な家事をしなくても妻の力になれるんだ」と感じてくれるでしょう。 実際、子どもの相手をしてくれる人がいるだけで、家事の捗り具合が全然違います。 ママは平日子どもの相手を中心にし、 休日パパが子どもの相手をしてくれている間に家事を重点的に進めてしまうのもおすすめの方法です。 子どもはパパのことが好きなんだよね 褒めるようなことがない日もありますよね。 「昼間、パパと遊びたいって言っていたよ」 「朝起きたらパパがいなくて悲しんでいたよ」 なんて言われたら、パパはメロメロです。 「明日は早く帰ってくるよ!」 「次の休みにはたくさん遊ぶよ!」 と言ってくれるかもしれません。 無理やり嘘をつく必要はありませんが、 パパのことが好きな子どもの気持ちは、積極的に伝えるようにしましょう。 どうしてそんなに遊び上手なの? 子どもと遊ぶのが上手なパパにはこの言葉がおすすめです。 実際、 体を大きく使ったダイナミックな遊びを得意とするパパは多いと思います。 パパとしかできない遊びに、子どもは大喜びですよね。 そんなときに 「パパは本当に遊び上手だよね」と声をかければ、 「遊んでくれてありがとう」と言われるよりずっと嬉しいはず。 子どもが好きな遊びや、遊び方のコツを教えてくれるかもしれません。 パパじゃないとだめなんだよ… 「パパとのお風呂は泣かないのに、わたしが入れると泣いちゃうんだよね」 「パパに抱っこしてもらうとすぐに泣き止むよね」 このように 「パパじゃないとだめ」というポイントをアピールするのも効果的です。 当然パパがいないときはママがお風呂に入れますし、ママの抱っこでは泣き止まないということもありません。 ですが、「パパがいてくれるとスムーズで助かる」という思いを伝えるバリエーションのひとつとして使えます。 普段は仕事人間だけど、本当は家族思いなのよね 珍しく休日サービスしてくれたときにおすすめの言葉です。 「社交的だけど本当は一人の時間も好き」 「普段は明るいけれど本当は寂しがり屋」 など、相反する2つの言葉を並べることで、 自分のことを深く理解してくれていると感じさせる効果があります。 家族のことを全く気に留めないパパはいないはずなので当然の言葉なのですが、改めて言葉に出して表現することで再認識できます。 「仕事人間だけど本当は家族思い」、と言われると「そうそう、俺、本当は家族のことも大切にしたいんだ」と思ってもらえますよ。 「あ、服持って行ってくれたんだ!」 「お皿下げてくれたら助かる~」 と一言添えるだけで、旦那は「やってよかった」と思ってくれます。 そのうち自然とできるようになり、習慣化しますよ。 このやり方いいね、わたしも真似しよう 旦那に家事を頼んだとき、 自分とやり方が違うからと文句を言ってしまっていませんか? せっかく手伝ったのに逆に文句を言われてしまったら、 旦那はもう二度とその家事を手伝ってくれないかもしれません。 洗濯物の干し方が気に入らなかったり、洗い残しが気になったりすることもあると思いますが、まずは ぐっと我慢が必要です。 継続して家事を手伝ってもらえるようになったら、少しずつアドバイスしてもっと上手になってもらいましょう。 逆に、旦那の家事の仕方が効率的だったり丁寧だなと感じたりしたら、 素直に「そのやり方いいね!」と伝えてください。 普段家事をしている妻に褒められたら、旦那もきっと嬉しいはずです。 「これくらいならいつでもやってあげるよ」なんていう言葉も出てくるかもしれませんよ。 無理し過ぎないでね 感謝と同時に、労わりの心も忘れてはいけません。 特に、妻が専業主婦の場合は、休日に家事をしてもらうこともためらってしまいますよね。 ですが、子どもが小さいうちは家事と育児の両立だけでも大変だから、少しでも手伝ってほしい…と思う妻の気持ちも分かります。 そんなときは、 旦那に感謝と同時に労わりの気持ちも伝えるようにしましょう。 ママに休息が必要なのと同じように、やっぱりパパにも休息は必要ですよね。 お互いに優しい気持ちを忘れずに過ごすことが、 夫婦円満の秘訣です。 両親や親戚、近所の人やママ友など、誰でもかまいません。 「パパって子どもと遊んでくれそうだよね」 「旦那さんはいつも笑顔だよね」 など、ちょっとした褒め言葉をもらう機会もあるはず。 どんな小さな話題でも、旦那に伝えるようにしましょう。 褒め言葉が嬉しいのはもちろん、「近所の人にそんな風に見られているんだ」と感じることでその後の行動にも良い影響を与えてくれます。 もちろん、 ママの言葉で直接感謝を伝えることも大切にしてくださいね。 ですが、手伝ってもらえて本当に助かったことがあった日は、 同じことを2回3回と伝えましょう。 1回目はしてもらったその場で、2回目は慌ただしい時間が落ち着いた頃に、3回目は子どもが寝た後に…など、細かく感謝を伝えます。 さすがに3回も褒めたら旦那も「もういいよ~」なんて照れるかもしれません。 でもまんざらでもないはず。 一方で「なにか裏があるんじゃないの?」と疑われてしまう危険もあるので、 これはとっておきの日にだけ使ってくださいね。 見返りは求めてはいけないけれど… 頑張っているママの中には、 「わたしは誰にも褒めてもらえないのに、どうしてパパを褒めないといけないの?」 と思われる人がいるかもしれません。 自分の行動に見返りを求めてはいけない、というのは毎日を幸せに過ごす基本でもありますが、なかなかそういう訳にもいきませんよね。 ですが、 人間というのは何かしてもらったら必ずお返しをしようとする生き物です。 これを「返報性の法則」と言い、誉め言葉や感謝にも当てはまります。 日頃から褒めたり感謝を伝えたりしていれば、旦那も自然と感謝を伝えてくれるようになるはずです。 ママも、頑張りを褒めてもらえるようになればとっても嬉しいですよね。 そのためにはまず、 自分の言動から変えなければなりません。 さらに、そんな両親を見て育った子どもは自然と褒め上手・褒められ上手になり、人生の幸福度が増すでしょう。 家族みんなが幸せになれる「旦那を褒めるテクニック」、ぜひ試してみてくださいね。

次の

女性の褒め方は?言われて嬉しい女性の褒めフレーズ10選

締り が いい 褒め 言葉

どうやって褒めればいい? 前回は褒めるためのポイントとして、相手の褒めるポイントを定めるということをお伝えしました。 中でも、「外見」「仕事」「性格」はそれぞれどんな相手に対して、どんなことで褒めるかを知っておくと、実際の場面で役に立ちます。 では、今回は相手を 褒め方の内容についてお伝えしたいと思います。 安易な褒め方は注意! 相手の良い点が見つかり、実際に言葉に出して褒めようとしたとき、注意しなくてはならない点があります。 それは、 安易な褒め方をしないということです。 例えば、「いいね」「すごいね」といった言葉を連呼してしまうことです。 これらの言葉はどんな相手、場面でも使えるのでついつい多用してしまいがちです。 しかし、使いすぎると相手は「ほんとにそう思ってる?」と疑いたくなってしまいます。 褒め上手は具体的! では、安易で反感を買わないような褒め方をするためにはどうしたらよいでしょうか?それは、 具体的な言葉で褒めるということです。 例えば、外見であれば「その青い服が似合うね」とか、仕事であれば「いつも早く仕上がって助かる!」といったことです。 このように褒めることが上手い人は、ただ「いいね」「すごい」といった言葉で褒めるのではなく、より褒める内容を具体的にして褒めているといった特徴があります。 具体的に褒めるために必要なこと! では、具体的に褒めるためにはどうしたらよいでしょうか?具体的に褒めるにあたって、以下のことを考えてみてください。 問題 身近にいる人を褒めてみよう! まず、褒めるポイントを定めます。 それは3大褒め要因「外見」「仕事」「性格」の中から選ぶと、やりやすいでしょう。 次に、そのポイントを具体的に突き詰めてみましょう。 そのために相手のことをよく見ていかなければならないからです。 しかし、相手を具体的に褒めることが相手の心をつかみ、褒め上手につながっていきます。

次の

部下を褒める達人になろう!やる気を引き出す褒め方3つのポイント

締り が いい 褒め 言葉

「いつも受け身の部下が今日は積極的だ」「雑な仕事が多かった部下が今回は丁寧にやってくれた」など、普段との違い、とくに良い方向への変化に気づいたら見逃さず、その点を褒めてあげましょう。 褒める達人は、相手の良いところが目に付く人でもあります。 人は悪い変化ばかりに目が向かいがちです。 しかし、部下をよく観察し、以前はできなかったことが今はできるようになった、ミスが減ったなどの変化を見逃さずに見ていきましょう。 褒める達人への近道は、相手の変化を感じ取ることからです。 褒める達人は、小さな成長も見逃しません。 たとえば、前期の成績や同僚の成績と比べて良い点を褒めてあげるのです。 具体的な数字をあげられると「こんなに自分を評価してくれている」と上司に対しての印象も良くなります。 この褒め方は、ある程度成果を上げている部下を、さらにワンステージ引き上げたいときに、特に効果があります。 人は「良きライバル」がいたり、数値化した明確な目標があるとやる気が引き出され、成長していきます。 ただし、達人として注意して欲しいのはやりすぎ。 数値を見える化して社内に張り出したり、発表したりなどやりすぎてしまうと、社内がぎすぎすしてしまい雰囲気が悪くなるので注意が必要です。 相手の言葉には褒めて欲しいヒントが隠されています。 例えば部下から「コスト削減のために品質を落とすわけにはいかないので、苦労しました」という報告があった時。 「確かに品質は落とせないよね、よく努力してくれた」というねぎらいます。 暗にこの部下は「品質を落とさないために自分は頑張った」と言っているわけで、そこを褒められると部下は「この上司は気づいてくれた!」と感じます。 これは難易度の高い褒め方ですが、達人になるためにぜひ習得して欲しいテクニックです。 普段部下の仕事ぶりをすべて見ていられない多忙な上司こそ、相手の言葉に着目するというテクニックをぜひ使ってみてください。 褒める達人になって部下のやる気を引き出そう 毎日部下に声がけをするのが難しい場合は、日報やメールのコメントに言葉を添えるだけでも、印象が変わります。 ぜひ褒める達人のワザを活用して、部下のやる気を引き出し、日々の仕事を円滑に進めていきましょう。 部下の信頼を得続け、リーダーシップを発揮し続けるためには、部下の日報を日々よく読み、業務の中でPDCAサイクルを支援し続けることが大切です。 日報共有アプリ「gamba! ガンバ 」には、部門や役職に応じた複数のテンプレート設定がカンタンにできるなど、日報でPDCAを習慣化させるための機能や上司のための支援機能が満載です。 日報でその日の仕事を振り返ることは、大きな意味があります。 書き方がバラバラだと、内容に個人差が出たり、報告すべき内容が漏れます。 gamba! には フォーマットが用意されているので、何を書こうか悩んで日報作成に時間を費やしたり、報告漏れを防ぎます。 日報は共有することに意味があります。 また、仕事がデキる社員の動きを学べば、全社員のスキルの底上げに繋がります。 上司のコメントから同僚のアドバイスまで共有できる みんなからコメントがもらい、問題解決ができます。 また、いいところを褒めると、部下のモチベーションは上がります。 チームワークが良くなる 各事業部が今どんな取り組みをしているかはもちろん、誰がどんな事を考えていて、今どんな進捗状況なのかわかります。 そうすると、周囲も積極的にフォローができ、連携がよくなります。 メールの日報のように、メールとエクセルを両方開く必要はありません。 実績の見える化で競争心が刺激され、これまで以上に切磋琢磨する風土が醸成されます。 さらに、LINEのようなチャット機能も搭載。 LINEを業務利用すると、個人情報の流出の恐れなどセキュリティー面で危険が伴います。 仕事では、セキュリティー機能のある業務専用チャットを使うのがベター。 疲れがピークに達し、早く書き終えて帰りたいもの。 そんななか、「今日何したんだっけ?」と思い出しながら書くのは時間がかかり、日報を面倒臭いと思わせる要因。 でもgamba! ならクリック一発で Googleカレンダーの予定をコピー!複数の予定をカンタンに貼り付け、週報もラクラク作成できます。

次の