内定 メール お礼。 【内定通知メールの返信内容】入社・辞退・保留の例文をご紹介

内定お礼メールの正しい送り方!メール作成の方法や注意点・例文を解説

内定 メール お礼

就活で内定もらったらお礼の気持ちを伝える 内定のメールが届いたら必ず返事をしましょう。 メール通知だからといって返信をしないのは大変失礼です。 内定をもらったことへ深く感謝の気持ちを伝え、企業での仕事についての熱意を伝えておくことが大切です。 数多くの就活生の中から選ばれているので、それに対してのリアクションはしっかりとしましょう。 内定のお礼はメールをもらった当日、遅くても翌日には返信するようにします。 ビジネス上、お礼メールは何かをしてもらったその当日に出すのが基本です。 内定をもらった後にお礼メールを送る場合の注意点 マナーとして電話をした方がよいのではないかと考える就活生もいるでしょう。 メールで内定通知の連絡がきたのであれば、メールで返信しても失礼にあたりません。 連絡方法を変えることで手間がかかってしまったり、行き違いが発生することもあるのでメールで返信するようにしましょう。 なお、内定通知のメールに対するお礼の連絡は、企業からもらった内定通知のメールにタイトルを変えずにメール返信するのが無難です。 タイトルを変えて送るほうが、丁寧で良いマナーに見えるかも知れませんが、タイトルを変えてしまうと受け手は何のメールか分かりづらくなります。 また、「Re:」で返信するほうが誰からの返信であるか分かりやすく、メールの内容も内定承諾か内定辞退かの返事だと、中身を開かなくてもすぐに判断がつきます。 メールの件名は原則変更しなくてよいですが、名前と学校名を追加するとより親切になります。 内定をもらったら、いよいよ新しい職場での仕事が始まります。 初めての就職は誰もが不安を感じるものです。 就活エージェントなどの就活支援サービスを利用すれば、入社後のフォローも万全です。 定期的に仕事内容や不安がないかなど、現状のヒアリングを行っているので安心して働くことができます。 また、入社後にミスマッチが起きないよう、専任の就活アドバイザーが応募したい企業で働いた場合のメリット・デメリットをお伝えしているのもポイントです。 【就活生の4人に1人が登録!】オファー型就活サイト『OfferBox<オファーボックス>』 OfferBoxは、逆求人サービスにおける利用企業数業界1位です。 しかも、自己分析テストや就活イベントもある逆求人に留まらない就職サイトです。 利用企業数 5600社以上(2019年12月時点の実績)で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)などが利用しています。 オススメするOfferBoxのポイント3つ• 大手からベンチャーまで数多くの企業からのオファーが来る!• 高精度な自己分析ができる!• 単なる逆求人サイトに留まらずイベントが豊富! 学生に対して一斉スカウトメールを送れない仕組みをとっているため、迷惑メールがなく、プロフィールや強みをしっかり見たうえで、スカウトメールが届くので安心です。 これらの適性診断の結果をもとに、自己PRをさらに磨くことができます。 さらに、選考直結するインターンや業界研究まで様々なイベントに参加することができます。 まずは、あなたの価値を知るために自己分析からはじめましょう。 興味のある方はをご覧ください。

次の

【メール文例】内定へのお礼メールの書き方とマナー | 転職マニュアル

内定 メール お礼

キャリア アドバイザー 基本的に相手の連絡手段に合わせます。 メールできたならメールで返信しても問題ありません。 メールで内定承諾を済ませてもいいのか?と思う人も多いかもしれません。 企業に失礼な対応をしないためにも、メールで内定承諾をしてもいい条件について知っておきましょう。 メールで内定承諾をしていいのは、企業からの内定通知がメールで送られてきた場合です。 基本的に企業の連絡方法に合わせて返事をするのが自然なので、メールに対してメールで返信をするのは問題ありません。 もし電話で内定通知の連絡がきたのであれば、メールではなく電話で返事をしましょう。 企業からすると、メールではなく電話で連絡した意図があるはずです。 その意図を無視せずに応えるためにも、同じ方法で返事するのが好ましいです。 内定承諾のメールを送る際のポイント3つ メールで承諾の意思を示すには、ポイントを押さえておくことが大切です。 ポイントを押さえておくことで、正しく内定承諾の意思が伝えられるだけではなく、好印象も与えられます。 内定辞退や保留をお願いするメールであれば考える時間が必要ですが、承諾を決めているのであれば24時間以内の返信が理想的です。 返信が遅くなると、企業の担当者が「メールが届いていないのかも」「辞退するのかも」と心配してしまいます。 企業への志望意欲が高く悩む必要がないのであれば、内定承諾の返信はすぐにしておきましょう。 すぐに返信できる状況ではない場合は、メールにフラグをつけておき、空いた時間に返信できるようにしておくと便利です。 ただし、慌てて返信すると誤字脱字などが生じてしまう恐れがあるので、落ち着いて打ち込み、送信前に最低でも3回は確認しましょう。 内定を獲得したことへの喜びという点もありますが、1人の社会人として、すぐに返事をするという行為は高評価を得られる行動です。 ビジネスにおいても、ひとつひとつの行動に対するスピード感によって、取引先などから得られる信頼度は変わってきます。 対応が早い学生は企業様から「マメだな」という印象だったり、「しっかりしている」という印象をもらえます。 その印象はきっと入社後の評価にも繋がることでもあります。 失礼な表現や書き方がないようにすることはもちろん、なるべく早めに送れるようにしましょう。 承諾の返信をする場合、この件名はそのままで問題ありません。 実際に返信する時は「Re:選考結果のご連絡」でOKです。 また、本文についても残しておきましょう。 本文を残すことで、 企業が「本当にこの就活生に内定を出したかどうか」が一目でわかります。 多くの企業が内定通知だけでなく不採用通知も送っているので、担当者がスムーズに選別するためにも心がけましょう。 件名や本文はそのまま残しますが、署名は忘れずに入れましょう。 署名には氏名、学校名、学部、学科、メールアドレス、携帯番号などを書きます。 内定をもらうまでには、何度も選考をしてもらい、手間をかけてもらっています。 就職するにふさわしいと評価してもらってもいるため、きちんとお礼を伝えて感謝の気持ちを表現しましょう。 丁寧に感謝の気持ちを伝えるには、最初と最後でお礼を述べることがポイントになります。 本題に入る前に一度お礼をし、最後の締めくくりでもお礼を述べると、より感謝の気持ちは伝わりやすくなります。 ポイントを押さえて感謝の気持ちを述べることで、効果的に好印象が与えられるでしょう。 こちらの記事では、お礼メールの書き方や、内定者懇親会のメールに返信する際の書き方を紹介しています。 ぜひ、参考にしてみてくださいね。 この度は内定のご連絡を頂き、誠にありがとうございます。 貴社からの内定をお受けしたく思います。 内定を頂くことができ、大変嬉しく思っております。 4月より貴社の一員として活躍できるよう、努力して参ります。 今後もご指導のほど、何卒よろしくお願い致します。 明確に入社の意思を示して基本的なメールマナーさえ守っていれば問題ないので、件名の設定や署名の付け忘れなどがないよう、細かい点まで注意して作成しましょう。 内定辞退もメールで伝えてOK 内定通知がメールできた場合はメールで返して構いませんが、これは辞退する場合も同じです。 メールで内定通知の連絡がきた場合、辞退する旨を返信してもいいでしょう。 直接会って伝えないからといってマイナスの印象を与えることはありません。 内定辞退のメールでは、明確に「辞退する」というワードを含めて伝えることが大切です。 辞退の意思は伝えづらいでしょうが、濁してしまうと気持ちが正しく伝わらず、混乱を招いてしまうこともあります。 辞退者が出るのは企業側も想定済みなので、重く考え過ぎなくてもいいと思います。 明確に正しく辞退の意思を伝えましょう。 この度は内定のご連絡をいただきまして、誠にありがとうございます。 誠に恐縮ですが、貴社の内定を辞退させていただきたく、ご連絡いたしました。 貴重なお時間を取って頂いたにも関わらず このようなお返事となり大変申し訳ございません。 最後まで悩みましたが、自分の適性を慎重に考えた結果 別の企業にご縁を感じ、辞退させていただくことにしました。 採用に関わってくださった皆様には 大変お世話になりましたことを心より感謝しております。 末筆ではございますが、貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます。 感謝を伝えた後に、辞退をする旨を伝えてください。 承諾の場合は「よろしくお願いします」という内容で締めましたが、辞退の場合は「末筆ではございますが〜」のように辞退先の今後の発展を願う内容で締めます。 内定承諾のメールは早く確実に返信しよう 企業から内定通知が届くと、就活も一段落してほっと一息つけるでしょう。 しかし、内定通知をもらったからといって、それだけで安心してはいけません。 通知をもらっただけでは不確かな状態であり、厳密には内定ではなく内々定です。 内定通知の方法は企業によって違いますが、メールで知らせる企業も多くあります。 メールで内定通知がきた場合、基本的にはメールでの返信で問題なく、出来るだけ早く自分の意思を伝えることが大切です。 内定通知は企業から届いて終わりではなく、返事をするところまでがワンセットです。 最後まで油断せずに取り組み、内定承諾のメールを出して就活に区切りをつけましょう。

次の

内定お礼メールの書き方は?内定保留の場合は?【例文付き】|転職Hacks

内定 メール お礼

このページのまとめ• 内定へのお礼は、メール、手紙のどちらでも良い• 手紙の構成は、冒頭の挨拶、本文、結びの挨拶、日付、署名、宛名• メールの構成は、件名、宛名、冒頭の挨拶、本文、結びの挨拶、署名• メール、手紙のどちらの場合も、なるべく当日中に送る• 送る前に誤字脱字がないか見直しをしよう 就職内定のお礼状は、適切な書き方を知っておくことで印象アップにつながります。 お礼状の書き方に不安がある方は、当コラムを読んで基本構成やマナーを確認しましょう。 内定のお礼は手紙とメールのどちらが良い? 企業からの内定通知へのお礼は、手紙とメールのどちらでも問題ありません。 メールの場合、すぐに企業に届くのがメリット。 一方で、作成に手間がかかる手紙の方が、より丁寧な印象を与えられるという声もあります。 どちらにするか迷うときは、「企業からの内定通知がメールだったので、こちらからもメールでお礼を伝える」といったように、企業と同じ連絡手段にするのも1つの方法です。 お礼状(手紙)の書き方 ここでは、内定へのお礼を手紙で伝える際のポイントをご紹介します。 当コラムの例文は横書きになっていますが、企業に送る手紙は縦書きが基本ということを念頭に置き、マナーを確認するための参考にしてください。 冒頭の挨拶 手紙の冒頭には、「拝啓」と書きます。 なお、「拝啓」は「敬具」とセットで使うのが基本のため、最後に結びの挨拶を記したら、忘れずに「敬具」と書きましょう。 「拝啓」と記載したら、改行して時候の挨拶を書きます。 時候の挨拶は月ごとに種類がありますが、「時下、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」のように、季節に関係なく使えるものを記載しても問題ありません。 時候の挨拶を書いたら、大学名・学科名と氏名を述べましょう。 〈例文〉 拝啓 時下、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 本文 内定通知へのお礼を述べ、入社する意志や抱負などを伝えます。 〈例文〉 この度は、内定のご連絡をいただきましてありがとうございました。 来春から貴社で働けることを大変うれしく思っております。 入社後一日も早く貴社で活躍できるよう、努力してまいります。 結びの挨拶 「まずはお礼を申し上げたく、お便りを差し上げました。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 」といった文を入れ、最後に「敬具」を記載しましょう。 〈例文〉 まずはお礼を申し上げたく、お便りを差し上げました。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 敬具 日付 年号と月日を記載します。 年号は和暦と西暦のどちらでも問題ありませんが、手紙全体でどちらか一方に統一してください。 敬称は企業・部署宛なら「御中」、個人宛なら「様」にしてください。 お礼メールの書き方 一般的に、「お礼状」は感謝の気持ちを記した手紙のことを指し、謝意を伝えるメールは「お礼メール」と呼ばれます。 お礼メールの基本構成は手紙の場合と異なるため、しっかり確認しておきましょう。 件名 用件と大学名、氏名を記載します。 「誰がどんな目的で送ってきたメールか」が一目で分かる件名にしましょう。 先述のとおり、敬称の「御中」と「様」の使い分けに注意しましょう。 〈例文〉 お世話になっております。 本文 内定通知へのお礼、入社意思、入社後の抱負などを伝えます。 〈例文〉 この度は内定のご連絡をいただきありがとうございました。 謹んでお受けいたします。 入社後一日も早く活躍できるよう、努力してまいります。 結びの挨拶 お礼の気持ちを伝えたら、「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」といった挨拶文を入れましょう。 〈例文〉 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 署名 メールの署名には、大学名・学科名、氏名、電話番号、メールアドレスを記載します。 本文と署名を区別しやすくなるよう、署名の上下に「-」や「=」で線を引くのがおすすめです。 jp ----------------------------------------------------------------------- お礼状・お礼メールの注意点 お礼状・お礼メールに関する注意点として、下記の3つが挙げられます。 お礼はなるべく早く伝える メール・手紙のどちらの場合も、なるべく当日中に送るのが基本。 数日経ってから送ると、感謝の気持ちや誠意が伝わりづらくなってしまいます。 なお、メールは企業の営業時間内に送るのがマナーのため、夜遅くに作成した際は翌日(営業日)の午前中に送信しましょう。 誤字脱字がないか確認する お礼メールや手紙を作成したら、誤字脱字がないか見直しをしましょう。 企業名や担当者名に間違いがないかも必ず確認してください。 切手の過不足がないように注意する 手紙を送る際、切手の料金に不安があるときは、郵便局の窓口で確認して必要な分を購入しましょう。 「切手を余分に貼れば良いのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、「コスト意識がない」と悪印象につながる恐れがあるためおすすめできません。 なお、企業に手紙を送るときは「普通切手」を貼り、キャラクター柄や慶弔用のものは使わないようにしましょう。 「自分に合う企業が分からない」「就活のマナーに不安がある」という方は、キャリアチケットにご相談ください。 キャリアチケットは、新卒者を対象に就活支援を行う就職エージェント。 専任の就活アドバイザーが、求人のご紹介、履歴書・ESの添削、面接対策といったサポートをマンツーマンで行います。 アドバイザーとはメールやチャットツールを使って連絡をとれるため、就活の悩みを気軽に相談することが可能です。 そのほか少人数形式の就活セミナーでは、グループディスカッションや面接について人事目線のアドバイスをもらえます。 効率的に選考対策を進めるために、ぜひご活用ください。

次の