メルペイ 後払い ポイント。 メルペイの仕組みやメリットデメリット!使い方やポイント還元の事も解説|資産運用や財テクを知って生活を豊かにする山斗のブログ

「メルペイスマート払い(旧メルペイあと払い)」後払い利用分の支払い方法・支払期限・手数料・メルカリ売上金清算・ポイント充当

メルペイ 後払い ポイント

その後、お客様番号・確認番号を控え、指定したコンビニの端末でレシートを発券し、レジで支払いをしてください。 上記の手順でポイントを利用して支払いが可能です。 編集後記 メルペイの後払いは、一部のポイントであれば支払いにも利用できるようですね。 もちろん現在やっているキャンペーンで得たポイントも利用できるので、実質半額、もしくは70%OFFで商品を購入したことになります。 メルカリでの売上金で購入したポイントは、支払いに利用できないのでご注意ください。 他にキャンペーンの多いオススメの電子マネーは? PayPay(ペイペイ) PayPayの魅力としては、まずお得さが挙げられます。 ペイペイは 「ワクワクペイペイ」などの高還元率のキャンペーンが毎月行われています。 これまで継続的に10%~20%程の高還元率を受けることができましたし、これからもワクワクペイペイキャンペーンは続けられていくものと思われます。 更に、 PayPayでは銀行口座からのチャージなら常時3%が還元が行われていますし、20回に1回最大で1000円還ってくるPayPayチャンスも好評を得ています。 更に、 PayPayは銀行口座とクレジットカードの2つの方法でチャージできるのも魅力です。 中でもYahoo! マネーカードによるチャージであれば、3%の還元に加えて1%がTポイントが付与され、実質4%の還元を受けることができます。 知り合いに立替えて貰った時や皆で割り勘をする時など、大変便利です。 多くの便利機能が魅力的なPayPayですが、更に大切なポイントとしては知名度が高いという事でしょう。 現在様々なコード決済がありますが、 PayPayは「100億円あげちゃうキャンペーン」などでユーザーも増加し、多くの知名度ランキングで上位にランクインしています。

次の

メルペイ後払いの支払い方法は?ポイントは使えないの?

メルペイ 後払い ポイント

メルペイのポイント還元キャンペーン 還元は翌日に付与されます ポイントの還元は、 利用した翌日に還元されます。 還元のタイミングは 翌日の23時59分までに行われるとアナウンスしており。 付与のタイミングがいつになるかはシステムの処理状況によって変わります。 還元率は場所によって異なる 今回のメルペイキャンペーンの目玉である 「還元率」です。 残高が3000円、ポイントが1800ポイントだった場合、 合計 4800円分の現金を持っていることになります。 ポイント移行手続きによる申請待ちなどが発生しませんので、 使いたいときにすぐ使えるのが強みになります。 つまり1店舗の利用で発生するポイント付与上限ではありません。 キャンペーンを開催していないときに店舗でメルペイ決済をしてもポイントが付きませんが、この大型連休中のキャンペーン期間中のみポイントが付くことになります。 ぜひこのチャンスを逃さずにどんどん利用しましょう。 「メルペイ残高」と「ポイント」違いは ここで疑問を持った方が居ると思います。 「メルペイ残高」と「ポイント」の違いがよく分からないという疑問です。 メルペイ残高の場合、ご自身の銀行口座に出金することができるため現金が手に入ります。 対してポイントの場合は、 出金することができないため現金化することができません。 以上がそれぞれの違いになります。 ポイント付与対象外があります メルペイのキャンペーン特設案内ページでは、以下の記述があります。 Apple payのモバイルSuicaでは、チャージにメルペイを利用することができます。 しかし、そのチャージではポイント還元の対象にはならないということになります。 メルペイキャンペーンの案内文には 「実店舗での利用のみが還元対象」になっています。 この案内文を見ると 「これまで還元されていたことになるのでは?」と感じる方も居ると思います。 おそらく、運営の手違いで還元対象になっていたかと考えられます。 26日 までの利用は対象に。 それ以降は対象にしないという対応になったのでしょう。 今後Suicaチャージでポイント還元を考えている方は、対象にはなりませんのでご注意ください。 ポイントに有効期限があります 還元で取得したポイントには、有効期限がありますので気を付けましょう。 還元されるポイントの付与日を含めて180日になります。 およそ半年が有効期限になります。 総ポイント保有で180日の有効期限ではなく、それぞれの利用で取得したタイミングからになります。 うっかりポイントを貰ったことを忘れてしまって失効してしまわないように気を付けてください。 できるだけ早めに利用するのが良さそうです。 電子マネー「iD」とメルペイコード対応の店舗しか使用できない ポイント利用も含めて、 電子マネー決済の「iD」と「メルペイコード」が利用できる店舗に限ります。 電子マネー決済にはたくさん種類があり、他社の「Quick pay」や「LINE pay」では利用できません。 利用する前に 「iD アイディー は使えますか?」と店員さんに一言伝えるとスムーズかと思います。 近くに利用できる店舗がありましたら積極的に行ってみてください。 ポイントは銀行出金ができない メルペイのポイントは、 銀行口座に出金することができないため、現金化することができません。 ポイントは使い切る意識で利用すると良いでしょう。 本人確認が必須 キャンペーン参加とポイント利用には「本人確認」が必要になります。 確認方法は以下の2つが用意されています。 お支払い用銀行口座の登録• アプリでかんたん本人確認 本人確認が完了すると、利用することができるようになります。 余裕をもって参加するようにと案内をしています。 18歳未満はキャンペーン対象外 ポイント還元キャンペーンの 対象は18歳以上になります。 18歳未満の方は参加することができませんので、ご注意ください。 少し不便なのは銀行口座から1000円単位でしかチャージができないという点です。 クレジットカードを用いてのチャージはできないため、チャージは計画的に行う必要があります。 還元されていなかった場合の対処法 システム上の都合や利用状況により遅れることがある 公式ページでは、 利用者の利用状況とシステム上の都合により還元が遅れる場合があると案内をしています。 また、ポイント付与のタイミングは冒頭でも記載しましたが、 利用した翌日の23時59分まで付与となっているため、タイミングがいつになるか分かりません。 22時以降の深夜に付与されることがありますので、時間を置いてチェックをすると良さそうです。 運営に問い合わせてみる 万が一、日付を越したり明らかに時間がかかっていると思った場合はメルカリのサポートを受けましょう。 本キャンペーンについてのお問い合わせは 【GW半額ポイント還元!キャンペーン】と記載のうえ、サイドメニュー、またはマイページの 「お問い合わせ>お問い合わせ項目を選ぶ>クーポン・キャンペーンについて>メルペイのキャンペーン」からご連絡ください。 お問い合わせの手順をご紹介します。 (アプリ経由の場合) アプリの下のタブ一番右にある 「マイページ」をタップします。 マイページ内に 「お問い合わせ」がありますのでタップします。 「お問い合わせ項目を選ぶ」をタップします。 項目を 「クーポン・キャンペーンについて」を選択します。 「メルカリのキャンペーン」をタップし、サポート内容を記入します。 公式ページの案内にある通り 【GW半額ポイント還元!キャンペーン】を文頭に入れて、問い合わせ内容を書きましょう。 送信をすると後日返答が来ます。 他にキャンペーンの多いオススメの電子マネーは? PayPay(ペイペイ) PayPayの魅力としては、まずお得さが挙げられます。 ペイペイは 「ワクワクペイペイ」などの高還元率のキャンペーンが毎月行われています。 これまで継続的に10%~20%程の高還元率を受けることができましたし、これからもワクワクペイペイキャンペーンは続けられていくものと思われます。 更に、 PayPayでは銀行口座からのチャージなら常時3%が還元が行われていますし、20回に1回最大で1000円還ってくるPayPayチャンスも好評を得ています。 更に、 PayPayは銀行口座とクレジットカードの2つの方法でチャージできるのも魅力です。 中でもYahoo! マネーカードによるチャージであれば、3%の還元に加えて1%がTポイントが付与され、実質4%の還元を受けることができます。 知り合いに立替えて貰った時や皆で割り勘をする時など、大変便利です。 多くの便利機能が魅力的なPayPayですが、更に大切なポイントとしては知名度が高いという事でしょう。 現在様々なコード決済がありますが、 PayPayは「100億円あげちゃうキャンペーン」などでユーザーも増加し、多くの知名度ランキングで上位にランクインしています。

次の

【メルペイあと払い】を超効率的に現金化する方法まとめ

メルペイ 後払い ポイント

残高不足の場合、現金・クレジットカードで併用できるが、店舗によってはできない場合があります。 まず、メルペイの利用規約に以下の記載がありました。 他の決済手段の併用 ユーザーは、メルカリサービス又はメルカリサービス外の一部の加盟店においては、 商品代金の一部のみについてポイントサービスを利用し、残部については当該加盟店及び弊社が認める他の決済手段を利用することができます。 メルカリサービス外の加盟店における他の決済手段の併用の可否については、加盟店に直接ご確認ください。 次は、利用頻度が多いコンビニを中心とした利用規約を見ていきます。 iD編:コンビニ大手3社の場合 iD利用に関して、コンビニ大手3社の見解です。 セブンイレブン 「iD」と併用できない支払方法• nanaco• 交通系電子マネー• 楽天Edy• QUICPay• 他のiD• クレジットカード• バーコード決済 引用: ファミリーマート• dポイント・楽天ポイント・Tポイントを加算する場合は、お支払いの前にいずれかのポイントカードをご提示ください。 (ファミマTカードiD支払いを除く)(一部店舗で取り扱いのない場合がございます。 ファミマTカードの「クレジット払い」との併用はできません。 「iD」と他の電子マネーとの併用はできません。 引用: ローソン 「HPに併用に関する記載なし」 セブンイレブンのみ、クレジットカードとの併用はできない旨の記載がありました。 他のコンビニは特に記載ありません。 メルペイコード払い:コンビニ大手3社の場合 コード払いに関して、コンビニ大手3社の見解です。 セブンイレブン 「メルペイ」と併用できない支払方法• nanaco• 交通系電子マネー• 楽天Edy• QUICPay• クレジットカード• バーコード決済• 現金 引用: ローソン バーコード決済のご利用にあたり• モバイル端末の液晶画面に傷やヒビがある場合は読取りができない場合がございます。 テレホンカード類、バスカード・各種乗車券・回数券、各種商品券、QUOカード、切手・ハガキ、・印紙、一部のLoppi取次サービス、公共料金・収納代行票でのお支払にはご利用いただけません。 QUOカードPayを除くバーコード決済は、現金を含む、他の決済手段との併用支払いはできません(クーポン・ポイントを除く)。 引用: ファミリーマート• (一部店舗で取り扱いのない場合がございます。 引用: コード払いでは、どのコンビニでも 「併用はできない」という旨の記載がありました。 Twitterでは以下のようなツイートも見られます。 せめて、銀行口座登録出来るならチャージし直しじゃなくて不足分引き落としてほしい。 — fuby fuby00 一部店舗では、現金やクレジットカードで併用可能 コンビニ各社においては、現金やクレジットカードでの併用はできないとしていますが、店舗によってはできる所もあります。 以下、利用できる店舗のTwitter引用です。 つまり、 システム的には現金・クレジットカードの併用はできるはずなのです。 では、なぜ先述したコンビニ等では不可としているかですが、おそらく以下の理由が大きいのではないでしょうか?• レジ店員が「併用での支払い方法」を理解していない• レジ店員の対応が複雑になったり、レジが混雑してしまう懸念があるための措置 これはコンビニだけでなく、他の店舗も同様だと考えます。 そのため、 併用したい場合は、「店舗に確認する」が一番いい方法になります。 メルペイ残高を利用せずお買い物ができ、翌月に利用分をまとめて払うシステムです。 そのため、残高不足を気にする必要がありません。 要は、クレジットカードのように利用できるサービスです。 上限金額を設定できるので、自分が利用したい金額を設定しておけばOKです。 翌月に利用分をまとめて支払う場合、支払い方法によって手数料が発生しますので注意です。 ポイント分だけ利用したくても、ちょうどよくポイント分だけ買い物をするのは難しいものです。 そんな場合でも、後払い スマート払い が非常に便利です。 先ほど説明した通り、後払い スマート払い では翌月清算にメルペイ残高を利用することが可能です。 そのメルペイ残高にはメルペイポイントも合わせて利用することができるんです。 例えば、メルペイポイントを300ポイント保有している場合で、後払い スマート払い で2,000円分利用したとします。

次の