ころん 過呼吸 小説。 白鳥沢 (しらとりざわ)とは【ピクシブ百科事典】

うらたぬき(歌い手)の顔や本名を公開!A24との炎上も解説。

ころん 過呼吸 小説

応援席に飾られている横断幕の文字は『 獅子奮迅 ししふんじん 』と『 強者であれ』 部員 部員の苗字は殆どがの温泉地から付けられている。 名前に続く情報は次の通り。 3年生• ・・・189. 全国高校3大エースの一人で通称「 東北のウシワカ」。 ・・・179. ・・・182. 日向曰く「弁慶」。 ・・・187. 読みと直感に優れており「ゲス・ブロック」を使いこなす。 ・・・174. 添川仁・・・??? 2年生• ・・・174. スタメンの中で唯一一般入試で進学。 ・・・188. ブロックの使い分けに優れている。 1年生• ・・・181. 牛島に対抗心を燃やす。 赤倉櫂・・・174. 寒河江勇将・・・…177. 学年不明• 湯野浜・・・??? 指導者• ・・・監督。 良い素材 選手 を良い形で磨くことが、勝つ為の最も効率的な道だと考えている。 ・・・コーチ。 その他• ・・・牛島の父親でありOB。 関連イラスト.

次の

まふまふのすっぴんと本名が意外すぎ!髪型や兄弟と私服ブランドについても

ころん 過呼吸 小説

| | |初めまして、作者のふわふわの花と申します。 今回が初作品なので緊張しております・・・ 更新の速度は遅いです!! なるべく週3くらいのペースであげていきたいと思っているので、 これからよろしくおねがいします!! ご了承ください。 ネタなんですが、書けるのは 嘔吐、リスカ、風邪、とかです。 死ネタとかは書けないです・・・ すみませんm -- m リクエストはじゃんじゃん受け付けているので、 どんどんください!! 長くなってしまいましたがどうぞいってらっしゃいませ!! 2020年3月24日 追記 検索避けとして、タイトルを変更しました。 理由などは本編でご覧ください。 また、キーワード タグ の方も一部変更しました。 2020年3月24日 さらに追記 検索避け一応したんですが、とある方のホームページ見て変更しました。 キーワード タグ も変更しました。

次の

まふまふ の顔や大学,年齢&誕生日,本名,過去が壮絶だった...【プロフィール,Twitter,そらる,グッズ,画像,イラスト,YouTube】

ころん 過呼吸 小説

はじめに ご本人様とは一切関係がございません。 SNSなどでの拡散はおやめください。 ローマ字タグは二日後に削除させていただきます。 うらたさんが過呼吸になります。 雷恐怖症、暗所恐怖症を題材としています。 [newpage] 『ーーーー、今日の東京は昼頃から雷鳴りを伴った激しい雨が降る予報です。 落雷に注意して下さい、、ーーーーーー』 テレビから聞こえてくる情報にはぁ、とため息を落とす。 それでは元気に行ってらっしゃい、だなんて目のクリクリとした女子アナウンサーが言う。 こっちはそんな気分じゃねーっつーの。 落雷を伴う雷雨なんて俺からしたらたまったもんじゃない。 今日は一日中家から出たくなかったが、あいにく10時から浦島坂田船の打ち合わせが入っている。 もうそろそろ出ないと、 よっこいしょと重い腰を上げて打ち合わせ場所へ向かった。 待ち合わせ場所はよく行くビルの5階の端の部屋。 べちべち雨粒が窓ガラスに叩きつけられて、風が低く這いずり廻る。 くるくると湿気であっちこっち跳ねている髪が鬱陶しい。 来るまでの道のりで靴下は湿ってしまった。 「こんにちはー」 「あ、うらたさん、やっほー」 「うらたん、久しぶりやね」 瞳に飛び込む、紫と黄色。 ドアを開けるとそこにはもう、赤い彼以外のメンバーが揃っていた。 いつものことだろ、と3人で談笑をして坂田を待つ。 話がだんだんも盛り上がってきたその時、 「ごめんなさい!!遅れましたっ!!!」 20分遅れで彼はやってきた。 走ってきたのか息はまばらで整っておらず、髪はうらたよりもぴょこぴょことあっちこっち跳ねている。 「ったく、お前はもう」 「ごめんなさぁああい」 ぜーはー息を整える姿を見ると、まるで怒る気が失せてしまうのだから不思議なものだ。 それは他の2人も同じようで、仕方ないなとばかりに笑っていた。 「じゃ、打ち合わせ始めるか。 」 うらたの声を皮切りに、場が引き締まる。 そんな緊張感の中、話し合いは順調に進んでいった。 [newpage] 打ち合わせが終わり、スタッフが撤収した部屋には浦島坂田船メンバーだけが残っていた。 久しぶりの4人での面と向かった会話についつい盛り上がりすぎてしまう。 本当に、心から、楽しい時間。 会話が一区切りついた時、 「すんません、俺トイレ行ってきますわ」 「あ、俺も行きたかってん」 志麻とセンラが席を立ったのに続いて坂田も立ち上がった。 「ごめん、うらさん。 喉乾いたしなんか買って来るわ。 1人になってまうけど、大丈夫?ついでになんか買ってこようか? 」 「大丈夫、行ってこいよ。 」 3人を見届けて、うらたは机に突っ伏した。 頬杖をついて外を見ると、空を分厚い雲が覆っているせいか随分と暗かった。 さっきにも増して雨風が強くなって来たみたいだ。 雷、落ちてきそうだな、 そう思った時、 ピカッ、ドォン 激しい閃光と地響きと共にすぐそばで雷が落ちた。 「っひぅぅ、う、ぁ、…」 ビクッとうらたは背中を震わせガタガタと震える肩を抱いた。 怖い、怖い怖い怖い。 ーーーーーーーーーー雷が怖い。 幼少期、一人で留守番をしていた時に、家に雷が落ち停電になったことがあった。 大きな音が鳴り響く、寒くて真っ暗な部屋に、ひとりぼっち。 自分は無力だと叩きつけられた現実。 部屋の隅で震えることしかできなかった。 1時間ほどで家族が帰ってきたが、その時の恐怖は今でも忘れることはない。 脳裏に焼き付いて今でも体を蝕む記憶。 それ以来、雷と暗闇が怖くて怖くて仕方がなかった。 雷鳴は次から次へと轟き落ちていく。 「っは……はぁ、ふ、っは………」 息が乱れて呼吸が定まらない。 恐怖で握った手が震えて冷たくなっていく。 さかた、しまくん、せんら、早く来て、怖い、助けて、怖い、 1人でいることが怖い。 雷が怖い。 でも、今、1番怖いことは、 暗闇の中に取り残されること。 閃光が瞬いた刹那、轟音と共にジジっと音がしてビル全ての電気が消えた。 「ぇ…、ぁ、…」 脳裏にフラッシュバックする光景、感覚、 やだ、ひとりにしないで、さかた、こわいよ 「…ひゅっ、はっ、ふ、ひゅ、はっ、」 こわい、こわい、くるしい、いき、できない 呼吸の仕方が分からない。 なにも分からない。 手足がガクガクと意思とは関係なしに痙攣する。 涙が勝手に溢れては落ちて、机の上に大きな水たまりを作った。 座っていることもままならず、うらたは椅子から転げ落ちた。 「…げほっ、ひゅ、っは、ふ、は、」 定まらない呼吸に意識を手放そうとした時、 「ーーーーっうらさん!!」 バタバタとした足音と一緒に坂田が現れた。 「さか、はっ、ひゅ、こわ、げほっ、さか、」 「うらさん、大丈夫、大丈夫やで、ちょっと体起こすな」 床でうずくまるうらたをぐっと抱えて、抱きしめる。 大丈夫、うらさん、ここにおるよ。 ゆっくりと背中をさすり、涙を指ですくう。 「っぐす、ひゅ、ふ、さか、さか、はっ、」 「ゆっくーり、うらさん、ほら息吐いてみ?」 「ひゅ、はっ、はぁ、できな、さかた、ひゅ、いき、できない、はっ」 今回は大分、ひどいな。 坂田は近くにあった自分のカバンからタオルを取り出し、うらたの鼻と口を覆った。 「んむっ、はぁー、はっ、ふ、」 「ちょっとくるしいけど、我慢してな。 ほら、ゆっくり息吐いて」 「……はぁー、はっ、ひゅ、はぁーー……」 「そうそう、上手。 もうちょっとでくるしいのなくなるからな」 さかたの、においだ。 …おれの、好きなにおい。 あったかくてお日様みたいな優しいにおい。 嗅いでいると、少しずつ気持ちが落ち着いてくる。 坂田は腕の中で震えるうらたをしっかりと腕の中に閉じ込めると、冷えて白くなった指先を握った。 「…ふっ、はっ、はぁー…はぁ……はぁ、…」 「うらさん、もう大丈夫、もうくるしいのないよ」 涙をポロポロと零すうらたと目を合わせて坂田はこつんとおでこを合わせた。 俺の体温、うらさんに全部あげる。 こわいのも全部俺がとってあげるから。 繋いだ手は坂田の体温であったかくなっていた。 まだ頭がぼーっとするのか、くたっと自分の胸に体を預けるうらたのふわふわとした頭を優しく撫でる。 10分ほど、そうしていたのだろうか。 再びジジッと音がなり、ビルに明かりが戻った。 そこに、スポーツドリンクを持ったしませんの2人が現れた。 「うらたさん、ほら、飲んで」 「うらたん、ちょっとだけでも飲んどいた方がええよ」 坂田にコアラのように抱きつくうらたのぼんやりとした目を覗いて2人は優しく笑う。 「あり、がと、」 「どーいたしまして」 かすかに震える指先を動かしてペットボトルを受け取るうらたをみて、3人は微笑んだ。 うらたは一口だけ飲むとペットボトルを離した。 そして、ぎゅっとさかたのタオルを握りしめたまま、こてんと坂田の胸で眠ってしまった。 「うらさん、寝ちゃった」 「きっと疲れてもたんやな」 坂田、志麻、センラに優しく撫でられたうらたは母親の腕の中で安心する幼子のように微笑みを浮かべてすやすやと眠っていた。 [newpage] あとがき 最後まで読んでくださりありがとうございます。 昨日今日で、たくさんのフォロー、ブクマ、いいね、マイピク申請をいただきました。 ありがとうございます。 とても嬉しいです。 そして、1月22日のr18女子人気ランキング23位、デイリーランキング27位にお邪魔しました。 閲覧してくださった皆様にはありがとうを伝えきれません。 これからも少しずつではありますが、好きなものを前面に押し出した作品を挙げていきたいと思っております。 私の好きを通じて、皆様が少しでもいいなと思っていただけると幸いです。

次の