年金 免除 妊婦。 国民年金の免除制度とは?失業中の特例も!条件や申請方法を解説 [仕事・給与] All About

妊婦さん・ママ必見!国民年金・社会保険料の免除を考える

年金 免除 妊婦

健康保険の給付は出産手当金と出産育児一時金の2種類 健康保険では、出産に関して2種類の給付があります。 それぞれの手続きにおける提出書類は以下のとおりです。 <出産手当金の提出書類> 健康保険出産手当金支給申請書 <出産育児一時金の提出書類>• 健康保険出産育児一時金支給申請書• 健康保険出産育児一時金内払金支払依頼書・差額申請書 出産手当金は、従業員が出産のために会社を休業し、給料の支払いを受けられないときに、支給されます。 支給される額は、支給開始日以前の継続した12カ月間の各月の標準報酬月額の平均額の30分の1相当額の3分の2に、日数を乗じた額となります。 ここでは全国健康保険協会(以下:協会けんぽ)を例にとって説明しますが、出産手当金の手続きは、会社に対して「健康保険出産手当金支給申請書」を提出することで完了します。 また、会社に健康保険組合がある場合は、会社を通じて健康保険組合に、国民健康保険の方は、管轄の自治体窓口に同申請書を提出します。 出産育児一時金は、出産したときに1児につき42万円(産科医療補償制度に加入していない医療機関などで出産の場合は40. 4万円)を出産費用として支給する制度です。 多胎児の場合は、胎児数分支給します。 出産育児一時金の手続きは、会社に対して「健康保険出産育児一時金支給申請書」を提出することで完了します。 この手当は基本的に協会けんぽや健康保険組合から医療機関へ直接支払われますが、医療機関でかかった費用が42万円より少なかった場合は、「健康保険出産育児一時金内払金支払依頼書・差額申請書」を提出することで、その差額が支給されます。 健康保険・厚生年金保険の保険料免除について 従業員が出産休業中である場合、健康保険・厚生年金保険の保険料が免除されます。 その手続きも紹介しましょう。 手続きに必要な提出書類は以下のとおりです。 <健康保険・厚生年金保険の保険料免除の提出書類>• 健康保険・厚生年金保険 産前産後休業取得者申出書• 健康保険・厚生年金保険 産前産後休業取得者変更(終了)届 この免除制度を利用するには、被保険者から事業者へ届出があったときに、事業者が日本年金機構へ「健康保険・厚生年金保険 産前産後休業取得者申出書」を届け出ることで手続きが完了します。 また、被保険者が産前産後休業期間を変更したり、休業を切り上げて早く復職した場合は、「健康保険・厚生年金保険 産前産後休業取得者変更(終了)届」の提出が必要です。 標準報酬月額の改定と養育期間の標準報酬月額特例 標準報酬月額の改定と養育期間の標準報酬月額特例も、出産にかかわる必要な手続きです。 それぞれの手続きにおける提出書類は以下のとおりですので確認しましょう。 <標準報酬月額の改定の提出書類>• 産前産後休業終了後に給料が下がった場合、産前産後休業が終わった後3カ月間の報酬額を元に、標準報酬月額を再算定して翌月から改訂できるようになりました。 また、下がってしまった標準報酬月額によって、将来従業員が受け取る年金額に不利益が出ないよう、養育期間の従前標準報酬月額のみなし措置という制度も一緒に設けられています。 どちらも被保険者から事業者を通じて日本年金機構へ所定の書類を届け出ることで手続きをします。 この手続きをしておくと、従業員が将来受け取る年金額を計算する際に、下がる前の標準報酬月額が適用されるという特例措置があるため、将来の年金受取額が減少してしまうということはありません。 措置は3歳未満の子供を養育している期間中適用されます。 なお、この手続きは厚生年金保険加入者のみが該当しますので、しっかり把握しておきましょう。 子供の健康保険への加入手続きについて 出産後は、生まれてきた子供の健康保険加入手続きも必要です。 手続きに必要な提出書類は以下のとおりです。 <子供の健康保険加入手続きの提出書類> 健康保険 被扶養者(異動)届 協会けんぽのケースでは、提出する書類は「健康保険 被扶養者(異動)届」で、出産から5日以内に、被保険者から事業者を経由して日本年金機構に届け出ることで手続きをします。 そのほかの健康保険組合や国民健康保険でも同様の手続きが必要です。 出産から5日以内と短い期間での手続きなので、出産前に従業員に説明しておき、子供が生まれたらすぐ手続きを進めるように促してください。 まとめ 従業員の出産に関する健康保険や厚生年金保険で必要な手続きの内、6種類をご説明しました。 協会けんぽや健康保険組合で必要な手続きは「出産手当金」「出産育児一時金」、日本年金機構で必要な手続きは「健康保険・厚生年金保険の保険料免除」「標準報酬月額の改定」「養育期間の標準報酬月額特例」「子供の健康保険への加入手続き」です。 見落としがちな制度もありますので、漏れがないように注意してください。 適切な時期に従業員と連携を取りながら手続きを進めていき、円滑に処理しましょう。

次の

国民年金の免除制度とは?失業中の特例も!条件や申請方法を解説 [仕事・給与] All About

年金 免除 妊婦

雇用形態にかかわらず、正社員でも、パートでも、派遣でも、健康保険に加入している女性が妊娠・出産した場合、産前産後休暇を取ることができます。 また、産前産後休暇中には、社会保険料である「厚生年金保険料」が免除されているって知っていましたか? 一方で、「第1号被保険者」である個人事業主やフリーランスの方は「産前産後休暇」や「国民年金保険料の免除」はありません。 でも、次世代育成支援の観点から制度が改正され、2019年4月1日からは、 産前産後期間は、国民年金保険料が免除になります。 国民年金保険料が免除となるのは、出産日が2019年2月1日以降 2019年4月1日以降に個人事業主やフリーランスの方が出産した場合には、出産した前後の一定期間の国民年金保険料が免除になります。 免除の対象となるのは、出産日が2019年2月1日以降の方です。 そもそも、出産とは、妊娠85日(4カ月)以後の生産(早産)、死産(流産)、人工妊娠中絶をいいます。 出産予定日(出産日)が属する月の前月から4か月間の「産前産後期間」の国民年金保険料が免除されます。 なお、双子など多胎妊娠の場合は、出産予定日(出産日)が属する月の3か月前から6か月間の国民年金保険料が免除されます。 ただし、注意をしないといけない点が、仮に2月・3月に出産となった場合です。 法律の施行日が4月1日なので、2月と3月の国民年金保険料については免除されません。 国民年金保険料免除の申請方法 出産予定日の6か月前から提出ができます(ただし、提出ができるのは平成31年4月から)。 申請先は、住民登録をしている市(区)役所・町村役場の国民年金担当窓口となります。 申請書は、2019年4月から年金事務所または市(区)役所・町村役場の国民年金の窓口に備え付けられる予定とのこと。 またWebページでもダウンロードできるようになるようです。 個人事業主やフリーランスの方にとって、産前産後の4ヶ月間、国民年金の保険料が免除になるのはうれしいことですね! とはいえ、制度は知っているだけでは活用できません。 活用するためには自ら申請することが必要なのです。 該当する方は、きちんと申請するようにしましょうね。 まとめ 2019年4月1日から個人事業主やフリーランスの方が出産した場合には、産前産後の4ヶ月間、国民年金の保険料が免除になります。 免除の対象となるのは、2019年2月1日以降に出産した場合です。 ただし、該当者は自動的に免除を受けられるわけではなく、自ら申請する必要があるので忘れずに申請しましょう。

次の

さいたま市/国民年金保険料の免除について

年金 免除 妊婦

(1)産前産後休業期間(産前42日(多胎妊娠の場合は98日)、産後56日のうち、妊娠または出産を理由として労務に従事しなかった期間)について、健康保険・厚生年金保険の保険料は、事業主の申出により、被保険者分及び事業主分とも徴収しません。 被保険者から産前産後休業取得の申出があった場合、事業主が「産前産後休業取得者申出書」を日本年金機構へ提出します。 (2)この申出は、産前産後休業をしている間に行わなければなりません。 (3)産前産後休業期間中における給与が、有給・無給であるかは問いません。 (4)保険料の徴収が免除される期間は、産前産後休業開始月から終了予定日の翌日の月の前月(産前産後休業終了日が月の末日の場合は産前産後休業終了月)までです。 免除期間中も被保険者資格に変更はなく、将来、年金額を計算する際は、保険料を納めた期間として扱われます。 出産とは、妊娠85日(4カ月)以後の生産(早産)、死産(流産)、人工妊娠中絶をいいます。 被保険者が産前産後休業期間を変更したとき、または産前産後休業終了予定日の前日までに産前産後休業を終了したときは、事業主は速やかに「産前産後休業取得者変更(終了)届」を日本年金機構へ提出してください。 育児休業の保険料免除期間と産前産後休業の保険料免除期間が重複する場合は、産前産後休業期間中の保険料免除が優先されます。 事業主等であっても、被保険者であれば産前産後休業期間中の保険料免除を受けられます。

次の