中国 スパイ 容疑。 伊藤忠社員はなぜ中国で拘束されたのか

実は身近にいた中国共産党スパイ

中国 スパイ 容疑

【AFP=時事】ドイツの検察当局は15日、中国のためにスパイ活動をしていた容疑で3人を捜査していると明らかにした。 メディアによると、容疑者の中には元欧州連合(EU)大使も含まれているという。 ニュース週刊誌シュピーゲル(Der Spiegel)によると、容疑者の1人はドイツの外交官としてベルギー・ブリュッセルの欧州委員会(European Commission)で勤務した後、EU大使として複数の国々に赴任した。 他2人は「著名なドイツのロビー会社」で働くロビイストとされる。 検察当局は容疑者らの詳細を明らかにせず、まだ逮捕はしていないと述べた。 一方、警察が15日にベルリンとブリュッセル、ドイツ南東部のバイエルン(Bavaria)州と南西部のバーデン・ビュルテンベルク(Baden-Wuerttemberg)州で、3人に関連した住居や事務所を家宅捜索したとのシュピーゲルの報道内容を認めた。 シュピーゲルによると、元EU大使とロビイストの1人には、「私的および営利情報を中国の国家安全省と共有」した疑いがかけられている。 もう1人は、そうした情報を「共有する意志」を示すにとどまったとみられている。 主犯格とされる元EU大使は2017年にEUの仕事を辞め、ロビー会社に転職したとされる。 その後、他2人をリクルート。 同年にスパイ活動を開始したとみられている。 有罪が確定すれば、中国のスパイ活動が露見した希少な事例となる。 【翻訳編集】AFPBB News.

次の

日本政府に見捨てられた「公安スパイ」の悲惨すぎる肉声(桜坂 拳太朗,週刊現代)

中国 スパイ 容疑

つい最近、中国で日本人がスパイ容疑で警察に捕まった。 中国紙・大連日報は18日、遼寧省大連市の国家安全局がスパイ容疑で取り調べていた日本人1人が、同日逮捕されると伝えた。 日本人の名前は「樋口健」だという。 「日本人をスパイ容疑で逮捕へ=初の国産空母準備中の大連-中国紙」 このニュースには驚いた。 日本人が逮捕されたから、というより「日本人がまた大連で逮捕されたんだ!」という意味で。 じつは1週間ぐらい前の記事で、こんなことを書いていた。 「旅順の港で写真を撮っていた日本人観光客が警察に捕まったという話を、中国人ガイドから聞いたことがある。 旅順港に軍艦があったのだけど、その日本人は気づかず写真を撮ってしまったのを警察に見つかったらしい」 旅順港は大連市にあって、この人は大連で捕まっている。 上の記事の日本人も旅順港で捕まったのかもしれない。 記事を書いた1週間後に、日本人がまた大連で逮捕されている。 もちろん偶然だけど、それにしても、大連で捕まる日本人は多いような気がする。 中国で逮捕されたら、当分の間は日本に帰国することはできない。 そうなると、人生を左右する問題になる。 今回は、中国旅行で「このことは注意して!」というポイントを書いていこうと思う。 結論から言ったら、中国での写真撮影とGPS機能を使うことについて。 ちなみに旅順といえば、日露戦争のとき203高地を攻め落とした乃木希典(まれすけ)が有名ですね。 乃木坂46の乃木も、もともとは「乃木希典」の乃木から来ているんだよ。 下の写真の中央にいるのが乃木希典。 画像はウィキペディアから。 「日本人が中国で捕まった!」という記事について、日本の反応は? こういう日本人拘束って北京とか旧満州で多発しているね また地質調査してた民間人をスパイ認定して拘束したんやろ? あまりニュースにはならないが 海外の官公庁や警察官や警察署、軍事施設や宮殿なんかを許可なく撮影した一般人がスパイ容疑で逮捕されるってのはよくある事 知り合いが一時拘束された、ただの一般人だから1日で解放だったよ。 日本なら横須賀に観光にいって「わぁ~」とかカメラを構える行為なんだろうな 軍施設近辺で能天気に写真なんか撮るなよ 中国で何処でも其処でもパシャパシャ撮るやつが馬鹿。 今のところ誰も同情してない件 最後のコメントのように、警察に捕まった日本人に対して同情の声がない。 「中国でこんなことをしたら、捕まって当然やろ」という自業自得的な意見が多い。 でも実際、中国で軍艦にカメラをかまえたら捕まってしまうというのは常識だ。 でも拘束された日本人も、そんなことは知っていたと思う。 「中国でこれだけはやってはいけない!」という注意事項は、ガイドブックやネットにいくらでも書いてある。 この日本人はスパイではなくてただの観光客だろう。 本人は港の写真を撮っただけで、そこに軍艦があったことには気づいていなかったかもしれない。 それとも、軍艦があることを承知で、「横須賀観光」の気分で気軽に写真を撮ってしまったのか? 後者だと言い方は悪いが、一種の平和ボケだ。 去年(2016年)の5月にも、今回と同じくスパイ容疑で50代の日本人男性が身柄を拘束(こうそく)された。 場所は浙江省。 軍事施設の近くで写真を撮っていたことがスパイ容疑になっている。 ただこの場合は、次の点がハッキリわからない。 この日本人は軍事施設を撮ったのか? それとも、軍事施設ではなくてその周辺で写真を撮っていただけなのか? どっちにしても、中国では疑われたらアウト。 また、先ほどこんなコメントがあった。 「また地質調査してた民間人をスパイ認定して拘束したんやろ?」 これは2010年に起きたことを言っていると思う。 携帯電話のGPS機能を使って測量活動をしていた日本人が、「違法な測量活動」と見なされて身柄を拘束された。 このことは、外務省ホームページにあるにも書いてある。 中国では軍事基地など国家機密にかかわるところでは、絶対に写真撮影をしてはいけない。 その周辺であってもダメ。 スパイ行為を疑われて、「知りませんでした。 すみません」は中国で通じない。 ふつうの観光地じゃなかったら、事前にその周辺に何があるかを確認してから撮影したほうがいい。 先ほどのでは、中国での写真撮影についてこう注意している。 写真撮影の制限 「軍事禁区」や「軍事管理区」と表示された軍事施設は,軍事施設保護法により,許可なく立入ったり撮影すること等が禁止されていますので,特に注意する必要があります。 (中略)撮影した対象が国家機密に触れた場合は重罪となる場合があります このページには、「逮捕に至らなくても当局から一時拘束され,撮影した写真を調べられる事例が少なくありません」とも書いてある。 「中国では、日本よりも簡単に捕まってしまう」と考えておいたほうがいい。 中国ではGPS機能を使うことも「スパイ行為」として禁止されている。 だからGPS機能付きカメラも要注意。 フジフィルムのホームページには、「デジカメで撮影するときはGPS機能をオフにするように」と注意をうながしている。 中国など一部の国や地域でGPS測位が禁止されている(規制対象)の場合は「GPS測位」と「GPS移動軌跡」をOFFにしてください。 外務省のもGPSについてこう書いてある。 GPSなど観測機器の外国人の無許可使用は中国の測量に係る法令(測絵法)違反となり、逮 捕される可能性があります 海外旅行に行くと、旅行者がスマホのGPSを使って宿や駅なんかを探している。 ボクが知る限りでは、スマホのGPSを使っていただけで捕まったという人はいない。 でもこれを、「知っているか知らないか?」ということは大きく違う。 中国でコワいのは、何がスパイ行為(国家安全に危害を与える行為)に当たるのかがよくわからないこと。 もそのことにふれている。 「国家安全に危害を与える」とされる行為は必ずしも明確ではなく,様々な行為が取締りの対象とされており,疑われないよう注意することが必要です。 中国では、「スパイ行為をしてはいけない」のではなくて、それと疑われる行為もしてはいけない。 そもそも中国は日本やアメリカのような、民が主(あるじ)の民主主義国家ではない。 国(政府)がもつ力がとても大きい。 写真撮影やGPSについて、中国ではこれからもっと注意したほうがいい。 スパイ行為の定義があいまいなうえ、スパイ行為の摘発は強化されているから。 2017年4月に北京市政府が市民による「スパイ行為」の通報を奨励する規則を公布する等,最近の中国政府は,「国家安全」に関する立法や対策,宣伝を強化しています。 今回大連で逮捕された日本人も、この国家安全を重視する動きの中にあるように思う。 この流れはきっと今度も続く。 中国旅行では、写真撮影とGPSには要注意ですよ。 博物館では日本より写真撮影が自由。 ルールを守っていれば安心。 こちらの記事もいかがですか?.

次の

なぜ中国は日本人をスパイ容疑で逮捕し続けるか:日経ビジネス電子版

中国 スパイ 容疑

つい最近、中国で日本人がスパイ容疑で警察に捕まった。 中国紙・大連日報は18日、遼寧省大連市の国家安全局がスパイ容疑で取り調べていた日本人1人が、同日逮捕されると伝えた。 日本人の名前は「樋口健」だという。 「日本人をスパイ容疑で逮捕へ=初の国産空母準備中の大連-中国紙」 このニュースには驚いた。 日本人が逮捕されたから、というより「日本人がまた大連で逮捕されたんだ!」という意味で。 じつは1週間ぐらい前の記事で、こんなことを書いていた。 「旅順の港で写真を撮っていた日本人観光客が警察に捕まったという話を、中国人ガイドから聞いたことがある。 旅順港に軍艦があったのだけど、その日本人は気づかず写真を撮ってしまったのを警察に見つかったらしい」 旅順港は大連市にあって、この人は大連で捕まっている。 上の記事の日本人も旅順港で捕まったのかもしれない。 記事を書いた1週間後に、日本人がまた大連で逮捕されている。 もちろん偶然だけど、それにしても、大連で捕まる日本人は多いような気がする。 中国で逮捕されたら、当分の間は日本に帰国することはできない。 そうなると、人生を左右する問題になる。 今回は、中国旅行で「このことは注意して!」というポイントを書いていこうと思う。 結論から言ったら、中国での写真撮影とGPS機能を使うことについて。 ちなみに旅順といえば、日露戦争のとき203高地を攻め落とした乃木希典(まれすけ)が有名ですね。 乃木坂46の乃木も、もともとは「乃木希典」の乃木から来ているんだよ。 下の写真の中央にいるのが乃木希典。 画像はウィキペディアから。 「日本人が中国で捕まった!」という記事について、日本の反応は? こういう日本人拘束って北京とか旧満州で多発しているね また地質調査してた民間人をスパイ認定して拘束したんやろ? あまりニュースにはならないが 海外の官公庁や警察官や警察署、軍事施設や宮殿なんかを許可なく撮影した一般人がスパイ容疑で逮捕されるってのはよくある事 知り合いが一時拘束された、ただの一般人だから1日で解放だったよ。 日本なら横須賀に観光にいって「わぁ~」とかカメラを構える行為なんだろうな 軍施設近辺で能天気に写真なんか撮るなよ 中国で何処でも其処でもパシャパシャ撮るやつが馬鹿。 今のところ誰も同情してない件 最後のコメントのように、警察に捕まった日本人に対して同情の声がない。 「中国でこんなことをしたら、捕まって当然やろ」という自業自得的な意見が多い。 でも実際、中国で軍艦にカメラをかまえたら捕まってしまうというのは常識だ。 でも拘束された日本人も、そんなことは知っていたと思う。 「中国でこれだけはやってはいけない!」という注意事項は、ガイドブックやネットにいくらでも書いてある。 この日本人はスパイではなくてただの観光客だろう。 本人は港の写真を撮っただけで、そこに軍艦があったことには気づいていなかったかもしれない。 それとも、軍艦があることを承知で、「横須賀観光」の気分で気軽に写真を撮ってしまったのか? 後者だと言い方は悪いが、一種の平和ボケだ。 去年(2016年)の5月にも、今回と同じくスパイ容疑で50代の日本人男性が身柄を拘束(こうそく)された。 場所は浙江省。 軍事施設の近くで写真を撮っていたことがスパイ容疑になっている。 ただこの場合は、次の点がハッキリわからない。 この日本人は軍事施設を撮ったのか? それとも、軍事施設ではなくてその周辺で写真を撮っていただけなのか? どっちにしても、中国では疑われたらアウト。 また、先ほどこんなコメントがあった。 「また地質調査してた民間人をスパイ認定して拘束したんやろ?」 これは2010年に起きたことを言っていると思う。 携帯電話のGPS機能を使って測量活動をしていた日本人が、「違法な測量活動」と見なされて身柄を拘束された。 このことは、外務省ホームページにあるにも書いてある。 中国では軍事基地など国家機密にかかわるところでは、絶対に写真撮影をしてはいけない。 その周辺であってもダメ。 スパイ行為を疑われて、「知りませんでした。 すみません」は中国で通じない。 ふつうの観光地じゃなかったら、事前にその周辺に何があるかを確認してから撮影したほうがいい。 先ほどのでは、中国での写真撮影についてこう注意している。 写真撮影の制限 「軍事禁区」や「軍事管理区」と表示された軍事施設は,軍事施設保護法により,許可なく立入ったり撮影すること等が禁止されていますので,特に注意する必要があります。 (中略)撮影した対象が国家機密に触れた場合は重罪となる場合があります このページには、「逮捕に至らなくても当局から一時拘束され,撮影した写真を調べられる事例が少なくありません」とも書いてある。 「中国では、日本よりも簡単に捕まってしまう」と考えておいたほうがいい。 中国ではGPS機能を使うことも「スパイ行為」として禁止されている。 だからGPS機能付きカメラも要注意。 フジフィルムのホームページには、「デジカメで撮影するときはGPS機能をオフにするように」と注意をうながしている。 中国など一部の国や地域でGPS測位が禁止されている(規制対象)の場合は「GPS測位」と「GPS移動軌跡」をOFFにしてください。 外務省のもGPSについてこう書いてある。 GPSなど観測機器の外国人の無許可使用は中国の測量に係る法令(測絵法)違反となり、逮 捕される可能性があります 海外旅行に行くと、旅行者がスマホのGPSを使って宿や駅なんかを探している。 ボクが知る限りでは、スマホのGPSを使っていただけで捕まったという人はいない。 でもこれを、「知っているか知らないか?」ということは大きく違う。 中国でコワいのは、何がスパイ行為(国家安全に危害を与える行為)に当たるのかがよくわからないこと。 もそのことにふれている。 「国家安全に危害を与える」とされる行為は必ずしも明確ではなく,様々な行為が取締りの対象とされており,疑われないよう注意することが必要です。 中国では、「スパイ行為をしてはいけない」のではなくて、それと疑われる行為もしてはいけない。 そもそも中国は日本やアメリカのような、民が主(あるじ)の民主主義国家ではない。 国(政府)がもつ力がとても大きい。 写真撮影やGPSについて、中国ではこれからもっと注意したほうがいい。 スパイ行為の定義があいまいなうえ、スパイ行為の摘発は強化されているから。 2017年4月に北京市政府が市民による「スパイ行為」の通報を奨励する規則を公布する等,最近の中国政府は,「国家安全」に関する立法や対策,宣伝を強化しています。 今回大連で逮捕された日本人も、この国家安全を重視する動きの中にあるように思う。 この流れはきっと今度も続く。 中国旅行では、写真撮影とGPSには要注意ですよ。 博物館では日本より写真撮影が自由。 ルールを守っていれば安心。 こちらの記事もいかがですか?.

次の