ソフトバンク光 固定 電話。 アナログ戻しでソフトバンク光の電話番号を引き継げる条件と方法について

固定電話なしでインターネット/Wi

ソフトバンク光 固定 電話

目次 この記事でわかること• ソフトバンク光のアナログ戻しとは まずは、アナログ戻しがどの様なものであるか、解説します。 ソフトバンク光の電話サービスは、光回線を利用しています。 これを一時的に、NTTのアナログ回線契約に戻すことをアナログ戻しと呼び、光回線から別の光回線に乗り換える際に電話番号を引き継ぐために、必ず必要になる作業です。 アナログ回線契約の状態からであれば、どの光回線にでも電話番号を引き継ぐことができるのです。 アナログ戻しで電話番号を引き継げるケースと引き継げないケース それでは、ソフトバンク光のホワイト光電話で使用していた番号はどんな場合にも引き継げるのかというと、そうではありません。 アナログ戻しができるケースと、できないケースがあるためです。 その2つのケースを詳しく見ていきましょう。 ソフトバンクの電話番号を引き継げるケース ソフトバンクの電話番号を引き継げるケースは次のような場合です。 <電話番号を引き継げないケース>• 具体的なケースに続いて、アナログ戻しの条件を詳しく見ていきましょう。 ソフトバンク光の電話をアナログ戻しできる条件 ソフトバンク光の電話をアナログ戻ししたい場合、押さえるべきポイントは2つです。 この2つをチェックしておけばアナログ戻しを行うことができます。 NTT発番の電話番号であること アナログ戻しを行うために、固定電話を利用する会社を変更しても番号を変えずに利用できる「番号ポータビリティ」が必須です。 そのためにはNTT発番の電話番号であることが条件になってくるのです。 ソフトバンクなどNTT以外の発番の電話番号ではNTTのアナログ回線を使用ができますないのです。 NTT加入権が消滅していないこと NTTの加入権を購入し、もらった NTT加入電話の番号を持っていたとしても、その加入権が消滅していてはアナログ戻しを行うことができません。 NTTのアナログ電話からソフトバンク光のホワイト電話サービスなどに移行する際にNTTの電話加入権を「休止状態」にしておく必要があるのです。 こうしておくと、アナログ戻しを行う際にNTTの加入権を復活させることができます。 なお、この「休止状態」は最大10年の期限付きです。 10年以上放置してしまうと加入権が消滅してしまいます。 さらに5年ごとに延長手続きを行わなければならないことも忘れてはいけません。 アナログ戻しの手順 それでは、ここから実際のアナログ戻しの手順を説明していきます。 手続きをスムーズの行うために、事前に手順をよく確認しておくと良いでしょう。 NTTにアナログ回線復活の連絡を入れる まずはNTTにアナログ回線復活の連絡を入れなければいけません。 アナログ回線復活ということは、ソフトバンクの解約を意味しますが、ここで注目すべきは「ソフトバンク」ではなく「NTT」に連絡を入れるという点です。 通常の解約手続きであればソフトバンクへ解約の連絡をします。 しかし、ここで行うのは「アナログ戻し」ですのでNTTへアナログ回線復活を申し込む必要があるのです。 電話番号116番にかけることで手続きが可能です。 工事の日程を決める アナログ戻しを行う際の工事は、電話設備によって異なります。 詳しくは116番へ電話した際にNTTに確認ができますます。 NTT局内工事だけで済む場合は自宅工事の必要はありません。 自宅工事が必要な場合は、工事の日程を決めなければいけません。 注意しなければならないのは、この アナログ戻しに必要な「休止」や「再開」の工事は平日しか対応していないという点です。 早い段階で日程を調整し工事日を決定しておくと良いでしょう。 アナログ回線が復活したらソフトバンク光を解約する NTTアナログ回線復活の手続きと工事が完了したらソフトバンク光を解約します。 ソフトバンク光のサポートセンターに連絡を入れます。 (電話番号0800-111-2009:通話無料)ソフトバンク光を解約するには電話にて直接申し出るしか方法がありません。 インターネット上では手続きができないので注意してください。 土日などは混雑が予想されますので、電話がつながりにくい場合があります。 この時、忘れず有料オプションも解約してください。 別途解約の手続きが必要になるため解約のし忘れに注意しましょう。 サポートセンターへ連絡し解約手続きをしたらレンタルしていた機器をソフトバンク光へ返却します。 ソフトバンク光の公式ホームページに機器の返却先が記してありますので確認しましょう。 配送時に同梱されていた電源アダプタやLANケーブルなども全て返却します。 漏れのないようにしっかり梱包しましょう。 最後にソフトバンク光の撤去工事をば解約完了です。 撤去工事日には立ち会う必要があるため日程をきちんと調整しましょう。 アナログ戻しにかかる費用 アナログ戻しを行うためには費用が必要です。 それはNTT側だけでなくソフトバンク側にも支払う必要があります。 どのくらい費用が必要になるのかをあらかじめきちんと把握しておきましょう。 中断・再開工事費用 アナログ戻しを行うにはNTTアナログ回線を「利用休止」にする」必要があります。 その際にかかる工事費用は税抜2,000円です。 「一時中断」という選択もありますが、その際には中断後も毎月の回線利用料を支払う必要があります。 (「利用休止」の場合は、月額料金は発生しません)もちろん「一時中断」する場合も工事費用が必要です。 金額は設備状況によって2,000~10,000円と差があります。 「利用休止」していたアナログ回線を復活させるための再開工事も必要です。 NTTの公式ホームページには2,000~10,000円の費用が必要だと記されています。 この金額の差は、工事の手間や材料の有無によって生まれるものです。 もともとNTTのアナログ回線を使用していた場合、再開時には以下の状況が考えられます。 以前利用していたアナログ回線がそのまま利用できる• 以前利用していたアナログ回線はあるがケーブルが破損しているなどの不具合がある• 以前利用していたアナログ回線が無くなっている より手間と材料のかかる工事が必要であれば高くなり、以前の回線が使える状態で簡単にできる工事であれば安くなるという事です。 自宅工事費用(必要な場合のみ) NTT局内工事で済む場合の工事費用は税抜2,000円です。 以前利用していたアナログ回線に不具合があった時には自宅工事が必要です。 その場合、支払わなければならない工事費用は以下のとおりです。 基本工事費:4,500円~• 交換機器等工事費:1,000円• 屋内配線工事費:既設の配線を利用した場合は2,400円、新規に配線を設置する場合は4,800円• 機器工事費:設置する機器により異なります 工事費用は後日電話料金と一緒に請求されます。 交換器等の工事費 必要な工事費用はソフトバンク側にもあります。 金額は交換器等の工事費として1,000円です。 アナログ戻しにかかる費用は全て合わせると高い場合で13,000円以上かかるということです。 アナログ戻しの注意点 アナログ戻しの手順自体は複雑なものではありません。 しかし、押さえておくべき注意点も存在します。 以下の3つを確認しておいてください。 ソフトバンク光の解約はアナログ戻しの後に行う アナログ戻しの手順として、先にNTTへアナログ回線復活の連絡を入れるのが鉄則です。 焦ってインターネット側の解約を先に行ってしまうと番号の引継ぎができなくなってしまうからです。 さらに、乗り換え先によっては他社回線への解約金を補助してくれるキャンペーンを行っているところもあります。 その中には電話の工事費も還元してくるものもありますので、高額になってしまったアナログ回線再開費用が戻ってくる可能性もあります。 キャッシュバック自体が高額でソフトバンクスマホの割引が継続できるNURO光などは、乗り換え先として非常にオススメです! 最大12万円の特典! NTT加入権の休止は10年以内に更新が必要 アナログ戻しには、NTTの加入権の「利用休止」が必須です。 その際、5年ごとに更新手続きをしなければいけません。 この時に更新手続きを忘れてしまうと、再開する時に電話番号が変わってしまいます。 さらに10年以上放置すると加入権が消滅してしまいます。 こういった手続きをしたくない場合は「一時中断」という選択肢もあります。 この「一時中断」は、期間中の手続き無し・期間無制限・さらに電話番号も変わらないというものですが毎月回線利用料を支払わなければいけません。 ひかり電話よりも電話料金が高くなる可能性がある ひかり電話の電話料金は全国一律・終日7. NTTの固定電話は時間帯や距離によって電話料金が違います。 市内通話の場合、午前8時~午後11時まで8. したがって、遠方へ電話する機会が多い人はひかり電話の時と比べて電話料金がかなり高くなってしまう可能性があるのです。 ソフトバンク光のアナログ戻しまとめ ソフトバンク光から他社へ乗り換えたい場合、アナログ戻しをば電話番号を変えずに乗り換えることができます。 そのためにはNTT加入権を購入済でNTT発番の電話番号を使用していることが条件です。 アナログ戻しには工事費用がかかりますが、乗り換え先の光回線によってはその費用を還元してくれるキャンペーンを行っている場合があります。 電話番号を変えずにソフトバンク光から他社へ乗り換えたい場合は、工事費還元キャンペーンなどをチェックしお得にアナログ戻しを行ってみてください。

次の

ソフトバンクエアーで固定電話が利用できる「おうちのでんわ」とは

ソフトバンク光 固定 電話

工事費の残金があれば残りを請求される ソフトバンク光は最初の導入の際、工事費がかかる場合があります。 この工事費は毎月分割で請求されるので、解約の辞典で残金が残っていれば支払わなければなりません。 新たに光ファイバーの引き込みがあった場合 ソフトバンク光の申し込み時に戸建てタイプなどで光ファイバーケーブルを新たに宅内に引き込み工事を行った場合、 24,000円の工事費がかかっているはずです。 この工事費の支払い回数は24回または36回、48回、60回の中から選択が可能です。 例えば、支払い回数を36回にしていた場合、工事費を毎月667円支払うことになります。 解約金がかからないように開通からちょうど24ヶ月後の更新月で解約した場合、解約金はかかりませんが、 工事費の未払い分がまだ残っていることになります。 支払いが24回終了しているので、残り8回分の合計である8,000円の残金を解約時に支払う必要があります。 もし、24回払いにしていた場合、開通から24ヵ月後の開通月で解約した場合、ちょうど工事費の分割も終了するので、 解約時の支払いは0円となります。 立会い工事が必要なかった場合 戸建てタイプで新たに光ファイバーを引き込んだ場合、24,000円の工事費がかかります。 しかし、マンションタイプなどの場合、最初から光ファイバーの設備が入っていることがあります。 通常マンションタイプであれば、工事担当者がマンションの共有部分に設置してある配電盤のスイッチを切り替えるだけなので立会い工事は必要ありません。 そのため工事費も大幅に安くなります。 立会い工事が必要なかった場合の工事費は2,000円のみで、開通月に一括で支払い終えていると思います。 このように立会い工事が必要なかった場合、 解約時の工事費の支払いは0円となります。 フレッツ光から転用した場合 ソフトバンク光は元々NTTフレッツ光の回線を丸ごと使ったサービスです。 そのため、フレッツ光を使っている方であれば、工事無しで簡単にソフトバンク光へ乗換えが出来ます。 工事自体が発生しないので当然工事費がかかることはありません。 例え戸建てタイプであっても工事費はフレッツ光を使っている時にNTTに払い済みのはずなので、ソフトバンク側で工事費は発生しません。 このようにフレッツ光から工事無しで転用をした場合、 工事費が発生しないので、解約時の工事費負担も0円となります。 ひかり電話の電話番号を継続したい ソフトバンク光の固定電話サービスであるホワイト光電話を使っていて乗り換えと同時に電話番号も継続したい方も多いと思います。 しかし、電話番号の継続には条件があり、場合によっては電話番号を変更する必要が出てきます。 基本的に電話番号を他社サービスへ移行する番号ポータビリティの条件はNTT加入電話で発番された番号のみとなります。 NTT加入電話とは昔から使われているアナログ回線のことで、NTTフレッツ光のひかり電話とも異なります。 また、元々フレッツ光のひかり電話で発行された番号をソフトバンク光で利用していたとしても、再度フレッツ光に戻す事は出来ません。 あくまでNTT加入電話で発行された電話番号のみとなります。 ネット上の手続きや書面だけでは解約をすることは出来ないので注意しましょう。 ソフトバンク光 サポートセンター 186-0800-111-2009 通話料無料 受付時間:10:00〜19:00 平日のみ スマホ、携帯電話からも繋がります。 ただ、昔から変わっていませんがソフトバンクのサポートセンターは繋がりにくい事で有名です。 そのため、根気強く電話する必要があります。 また、サポートセンターの休み明けである月曜日は特に混雑します。 なるべく火曜日から金曜日に連絡をすることをお勧めします。 また契約しているホワイト光電話、 または連絡先として登録している電話から186を付けて問い合わせをすると本人確認がスムーズに行う事が出来るので、時間を節約できます。 フレッツ光や他社光コラボへの乗り換えは再度工事が必要 ソフトバンク光のような光コラボ事業者はNTTのフレッツ光の回線や設備を丸ごと利用しています。 そのためフレッツ光を使っている方であれば転用手続きが可能なため、工事無しで簡単に乗り換えができました。 しかし何だかの理由でソフトバンク光からフレッツ光に再度戻したい場合、転用手続きをとることは出来ません。 一度ソフトバンク光を解約してフレッツ光に再度申し込む必要があります。 また、ソフトバンク光から他の光コラボ事業者へ乗り換える場合も転用手続きは出来ません。 同じフレッツ光の回線とは言え、転用はフレッツ光から光コラボ事業者への一方通行のみとなります。 引越しの場合でも工事費が発生 引越しを予定している方、ソフトバンク光を解約するか迷っている方もいると思います。 引越しの手続きをして引越し先でもソフトバンク光を継続するか、または引越しをきっかけに他の事業者へ乗り換えてしまうか実に悩ましいところです。 特にソフトバンクに拘りが無ければ、他社への乗り換えがお勧めです。 通常auひかりやフレッツ光など多くの光事業者では引越しの手続きを行う場合、引越し先での工事費が免除されます。 これは工事費負担を理由に他の事業者への乗り換えを防止するためです。 しかし、ソフトバンク光の場合、引越し先で光ファイバーが導入されていない場合、 再度24,000円の工事費が請求されてしまいます。 もしソフトバンク光を継続しないで、他社へ乗り換えを行った場合でも、工事費が請求される点では変わりありません。 それでも乗り換えが有利な理由として、 他社乗り換えであればキャンペーンなどで工事費相当分が割引になり、 しかもキャッシュバックも受け取る事ができるためです。 例えば、auひかりなどであれば、代理店によって3〜4万円ほどのキャッシュバックが貰えます。 しかも、auひかりの工事費は毎月の割引で相殺されるので工事費自体の負担もありません。 ソフトバンク光を引越し先でも継続した場合、場合によっては工事費の負担だけ増えてしまいます。 他社回線に乗り換えを行えば、キャッシュバックが貰える上に、場合によっては工事費の負担もなくなるのでお勧めです。 インターネットが使えない期間、タイムラグは発生する? auひかりやNURO光など、フレッツ光や光コラボ以外への乗り換え フレッツ光や光コラボ系以外の回線への乗り換えであればタイムラグは発生しません。 なぜならソフトバンク光はフレッツ光の回線を使ったサービスだからです。 フレッツ光や光コラボ系以外の回線としては、auひかりやNURO光、その他電力会社が提供しているサービスがあげられます。 これらの回線はフレッツ光とは物理的にも別回線です。 例えば、ソフトバンクからauひかりへ乗り換えを行う場合、一定期間ソフトバンク光とauひかりの両方が使える状態になります。 auひかりが無事開通し問題なくインターネットに接続出来る状態になったらソフトバンク光を解約すれば、インターネットが使えなくなる期間はありません。 一方、フレッツ光や他の光コラボ事業者へ乗り換えを行う場合注意が必要です。 基本的に他の光コラボ事業者へ乗り換えを行うにしても転用することは出来ないので再度工事が必要です。 フレッツ光や光コラボへの乗り換え フレッツ光や他の光コラボ事業者であっても、別回線を一度宅内に引き込み、 ソフトバンク光と併用する期間が少しでもあればタイムラグは発生しません。 しかし、ソフトバンク光は元々フレッツ光の回線を利用した光コラボです。 そのため、ソフトバンク光を使っていたときに利用していた回線を、他の光コラボ事業者で再利用することが可能です。 光コラボ事業者によっても代わってきますが、事業者によっては回線を再利用する事で、工事費を安くする事も出来ます。 この場合、物理的にソフトバンク光と同じ回線を引き続き利用するので、一度ソフトバンク光を解約した後に、 新しい回線が開通するようにスケジュールを組む必要が出てきます。 乗り換えを行う光コラボ事業者によって対応が異なるので、新しいサービスに申し込みを行った後、すぐにソフトバンク光を解約せずに、以下の事を確認しましょう。 ソフトバンク光で利用していた回線を再利用できるか?• 再利用した場合工事費は安くなるのか?• 再利用した場合、タイムラグはどのくらいになるのか? 上記を内容を必ず確認しましょう。 NURO光• キャンペーン 30,000円キャッシュバック 毎月1,334円割引 初回設定サポート無料• 月額料金 4,743円 7階建て以下の集合住宅も同額 NURO光はこんな方にお勧め• ソフトバンクスマホを使っている方• ソフトバンク光の速度に満足できなかった方 NURO光はソニーグループであるSo-netが提供する世界最速の光ファイバーです。 So-netはソフトバンクグループと提携をしており、 NURO光とソフトバンクスマホとのセット割りが提供されています。 しかも、ソフトバンク光の場合はスマホセット割りを適用するのに月額1,000円近くのオプション申し込みが必要でした。 しかし、NURO光の場合、月額500円のNURO光電話だけで スマホ1台につき最大2,000円の割引を受ける事が出来ます。 NURO光はソフトバンク光とのセット割りと比べて適用条件が緩い上に、同じ割引額が適用されるためソフトバンク光の代用回線として高い人気がでています。 また、ソフトバンク光はフレッツ光の回線を使っているので他社の光コラボ事業者と回線を共有する必要がありました。 速度的にも不利な上に、セキュリティ面も低くなってしまいます。 その点ではNURO光は他社との共有は無くNURO光の専用回線が使われています。 セキュリティ面でも非常に強く、他社では使われていない新技術を使う事で、最大2Gbps、都心の一部の地域では最大10Gbpsの高速回線が実現しました。 イギリスの通信技術に特化した市場調査会社「OVUM」の調べではNURO光は家庭用インターネットとしては世界最速と言われています。 ソフトバンク光の速度に満足が出来なかった方に非常にお勧めの光ファイバーです。 ただ、欠点としてNURO光は現在関東地方限定のサービスとなっています。 その為、関東圏以外での申し込みは出来ません。 公式申し込みページ: SoftBank Air• キャンペーン Tポイント12,000円プレゼント• 月額料金 4,880〜5,370円 SoftBank Airはこんな方にお勧め• 光ファイバーの工事は面倒• ソフトバンクスマホとのセット割りは適用したい SoftBank Airはモバイル回線を利用した固定インターネットサービスです。 光ファイバーのように宅内工事の必要が無く、ソフトバンク提供のルーターのコンセントを入れるだけでインターネットに接続できます。 工事が要らないので引越しの時は非常に重宝します。 引越し先が提供エリアであれば、ルーターを引越し先に持っていくだけでインターネットがすぐに開通します。 また、SoftBank Airはソフトバンクが提供しているサービスなのでソフトバンクスマホとのセット割りも提供されています。 ソフトバンク光やNURO光のようにオプション申し込みの必要が無く、気軽にスマホとのセット割りが適用できます。 公式申し込みページ: auひかり• キャンペーン を参照• 月額料金 戸建て: 5,200円 マンション: 3,800円〜 auひかりはこんな方にお勧め• ソフトバンクスマホとのセット割りは不要• ソフトバンク光よりも速度を速くしたい auひかりはKDDIグループが提供している光ファイバーです。 その為、当然ソフトバンクスマホとのセット割りはありません。 auひかりではauスマホとのセット割りであるスマートバリューが用意されています。 ソフトバンク光はフレッツ光の回線を使っているサービスでしたが、auひかりはKDDIの独自の設備が使われており全く別回線となります。 フレッツ光とauひかりの比較でもご説明した通り、auひかりは技術的にフレッツ光よりも速度が出やすいと言われています。 インターネットの速度はすべてベストエフォートなので実際に使ってみるまで、どのくらいの速度が出るか分かりません。 しかし、フレッツ光の回線を使ったソフトバンク光と比べると auひかりの方が比較的速度が出やすいと言われています。 auひかりはソフトバンクスマホとのセット割りが不要で、なおかつソフトバンク光よりも速度を向上したい方にお勧めです。 auひかりの申し込みについては下記記事を参考にしてください。

次の

ホワイト光電話

ソフトバンク光 固定 電話

工事費の残金があれば残りを請求される ソフトバンク光は最初の導入の際、工事費がかかる場合があります。 この工事費は毎月分割で請求されるので、解約の辞典で残金が残っていれば支払わなければなりません。 新たに光ファイバーの引き込みがあった場合 ソフトバンク光の申し込み時に戸建てタイプなどで光ファイバーケーブルを新たに宅内に引き込み工事を行った場合、 24,000円の工事費がかかっているはずです。 この工事費の支払い回数は24回または36回、48回、60回の中から選択が可能です。 例えば、支払い回数を36回にしていた場合、工事費を毎月667円支払うことになります。 解約金がかからないように開通からちょうど24ヶ月後の更新月で解約した場合、解約金はかかりませんが、 工事費の未払い分がまだ残っていることになります。 支払いが24回終了しているので、残り8回分の合計である8,000円の残金を解約時に支払う必要があります。 もし、24回払いにしていた場合、開通から24ヵ月後の開通月で解約した場合、ちょうど工事費の分割も終了するので、 解約時の支払いは0円となります。 立会い工事が必要なかった場合 戸建てタイプで新たに光ファイバーを引き込んだ場合、24,000円の工事費がかかります。 しかし、マンションタイプなどの場合、最初から光ファイバーの設備が入っていることがあります。 通常マンションタイプであれば、工事担当者がマンションの共有部分に設置してある配電盤のスイッチを切り替えるだけなので立会い工事は必要ありません。 そのため工事費も大幅に安くなります。 立会い工事が必要なかった場合の工事費は2,000円のみで、開通月に一括で支払い終えていると思います。 このように立会い工事が必要なかった場合、 解約時の工事費の支払いは0円となります。 フレッツ光から転用した場合 ソフトバンク光は元々NTTフレッツ光の回線を丸ごと使ったサービスです。 そのため、フレッツ光を使っている方であれば、工事無しで簡単にソフトバンク光へ乗換えが出来ます。 工事自体が発生しないので当然工事費がかかることはありません。 例え戸建てタイプであっても工事費はフレッツ光を使っている時にNTTに払い済みのはずなので、ソフトバンク側で工事費は発生しません。 このようにフレッツ光から工事無しで転用をした場合、 工事費が発生しないので、解約時の工事費負担も0円となります。 ひかり電話の電話番号を継続したい ソフトバンク光の固定電話サービスであるホワイト光電話を使っていて乗り換えと同時に電話番号も継続したい方も多いと思います。 しかし、電話番号の継続には条件があり、場合によっては電話番号を変更する必要が出てきます。 基本的に電話番号を他社サービスへ移行する番号ポータビリティの条件はNTT加入電話で発番された番号のみとなります。 NTT加入電話とは昔から使われているアナログ回線のことで、NTTフレッツ光のひかり電話とも異なります。 また、元々フレッツ光のひかり電話で発行された番号をソフトバンク光で利用していたとしても、再度フレッツ光に戻す事は出来ません。 あくまでNTT加入電話で発行された電話番号のみとなります。 ネット上の手続きや書面だけでは解約をすることは出来ないので注意しましょう。 ソフトバンク光 サポートセンター 186-0800-111-2009 通話料無料 受付時間:10:00〜19:00 平日のみ スマホ、携帯電話からも繋がります。 ただ、昔から変わっていませんがソフトバンクのサポートセンターは繋がりにくい事で有名です。 そのため、根気強く電話する必要があります。 また、サポートセンターの休み明けである月曜日は特に混雑します。 なるべく火曜日から金曜日に連絡をすることをお勧めします。 また契約しているホワイト光電話、 または連絡先として登録している電話から186を付けて問い合わせをすると本人確認がスムーズに行う事が出来るので、時間を節約できます。 フレッツ光や他社光コラボへの乗り換えは再度工事が必要 ソフトバンク光のような光コラボ事業者はNTTのフレッツ光の回線や設備を丸ごと利用しています。 そのためフレッツ光を使っている方であれば転用手続きが可能なため、工事無しで簡単に乗り換えができました。 しかし何だかの理由でソフトバンク光からフレッツ光に再度戻したい場合、転用手続きをとることは出来ません。 一度ソフトバンク光を解約してフレッツ光に再度申し込む必要があります。 また、ソフトバンク光から他の光コラボ事業者へ乗り換える場合も転用手続きは出来ません。 同じフレッツ光の回線とは言え、転用はフレッツ光から光コラボ事業者への一方通行のみとなります。 引越しの場合でも工事費が発生 引越しを予定している方、ソフトバンク光を解約するか迷っている方もいると思います。 引越しの手続きをして引越し先でもソフトバンク光を継続するか、または引越しをきっかけに他の事業者へ乗り換えてしまうか実に悩ましいところです。 特にソフトバンクに拘りが無ければ、他社への乗り換えがお勧めです。 通常auひかりやフレッツ光など多くの光事業者では引越しの手続きを行う場合、引越し先での工事費が免除されます。 これは工事費負担を理由に他の事業者への乗り換えを防止するためです。 しかし、ソフトバンク光の場合、引越し先で光ファイバーが導入されていない場合、 再度24,000円の工事費が請求されてしまいます。 もしソフトバンク光を継続しないで、他社へ乗り換えを行った場合でも、工事費が請求される点では変わりありません。 それでも乗り換えが有利な理由として、 他社乗り換えであればキャンペーンなどで工事費相当分が割引になり、 しかもキャッシュバックも受け取る事ができるためです。 例えば、auひかりなどであれば、代理店によって3〜4万円ほどのキャッシュバックが貰えます。 しかも、auひかりの工事費は毎月の割引で相殺されるので工事費自体の負担もありません。 ソフトバンク光を引越し先でも継続した場合、場合によっては工事費の負担だけ増えてしまいます。 他社回線に乗り換えを行えば、キャッシュバックが貰える上に、場合によっては工事費の負担もなくなるのでお勧めです。 インターネットが使えない期間、タイムラグは発生する? auひかりやNURO光など、フレッツ光や光コラボ以外への乗り換え フレッツ光や光コラボ系以外の回線への乗り換えであればタイムラグは発生しません。 なぜならソフトバンク光はフレッツ光の回線を使ったサービスだからです。 フレッツ光や光コラボ系以外の回線としては、auひかりやNURO光、その他電力会社が提供しているサービスがあげられます。 これらの回線はフレッツ光とは物理的にも別回線です。 例えば、ソフトバンクからauひかりへ乗り換えを行う場合、一定期間ソフトバンク光とauひかりの両方が使える状態になります。 auひかりが無事開通し問題なくインターネットに接続出来る状態になったらソフトバンク光を解約すれば、インターネットが使えなくなる期間はありません。 一方、フレッツ光や他の光コラボ事業者へ乗り換えを行う場合注意が必要です。 基本的に他の光コラボ事業者へ乗り換えを行うにしても転用することは出来ないので再度工事が必要です。 フレッツ光や光コラボへの乗り換え フレッツ光や他の光コラボ事業者であっても、別回線を一度宅内に引き込み、 ソフトバンク光と併用する期間が少しでもあればタイムラグは発生しません。 しかし、ソフトバンク光は元々フレッツ光の回線を利用した光コラボです。 そのため、ソフトバンク光を使っていたときに利用していた回線を、他の光コラボ事業者で再利用することが可能です。 光コラボ事業者によっても代わってきますが、事業者によっては回線を再利用する事で、工事費を安くする事も出来ます。 この場合、物理的にソフトバンク光と同じ回線を引き続き利用するので、一度ソフトバンク光を解約した後に、 新しい回線が開通するようにスケジュールを組む必要が出てきます。 乗り換えを行う光コラボ事業者によって対応が異なるので、新しいサービスに申し込みを行った後、すぐにソフトバンク光を解約せずに、以下の事を確認しましょう。 ソフトバンク光で利用していた回線を再利用できるか?• 再利用した場合工事費は安くなるのか?• 再利用した場合、タイムラグはどのくらいになるのか? 上記を内容を必ず確認しましょう。 NURO光• キャンペーン 30,000円キャッシュバック 毎月1,334円割引 初回設定サポート無料• 月額料金 4,743円 7階建て以下の集合住宅も同額 NURO光はこんな方にお勧め• ソフトバンクスマホを使っている方• ソフトバンク光の速度に満足できなかった方 NURO光はソニーグループであるSo-netが提供する世界最速の光ファイバーです。 So-netはソフトバンクグループと提携をしており、 NURO光とソフトバンクスマホとのセット割りが提供されています。 しかも、ソフトバンク光の場合はスマホセット割りを適用するのに月額1,000円近くのオプション申し込みが必要でした。 しかし、NURO光の場合、月額500円のNURO光電話だけで スマホ1台につき最大2,000円の割引を受ける事が出来ます。 NURO光はソフトバンク光とのセット割りと比べて適用条件が緩い上に、同じ割引額が適用されるためソフトバンク光の代用回線として高い人気がでています。 また、ソフトバンク光はフレッツ光の回線を使っているので他社の光コラボ事業者と回線を共有する必要がありました。 速度的にも不利な上に、セキュリティ面も低くなってしまいます。 その点ではNURO光は他社との共有は無くNURO光の専用回線が使われています。 セキュリティ面でも非常に強く、他社では使われていない新技術を使う事で、最大2Gbps、都心の一部の地域では最大10Gbpsの高速回線が実現しました。 イギリスの通信技術に特化した市場調査会社「OVUM」の調べではNURO光は家庭用インターネットとしては世界最速と言われています。 ソフトバンク光の速度に満足が出来なかった方に非常にお勧めの光ファイバーです。 ただ、欠点としてNURO光は現在関東地方限定のサービスとなっています。 その為、関東圏以外での申し込みは出来ません。 公式申し込みページ: SoftBank Air• キャンペーン Tポイント12,000円プレゼント• 月額料金 4,880〜5,370円 SoftBank Airはこんな方にお勧め• 光ファイバーの工事は面倒• ソフトバンクスマホとのセット割りは適用したい SoftBank Airはモバイル回線を利用した固定インターネットサービスです。 光ファイバーのように宅内工事の必要が無く、ソフトバンク提供のルーターのコンセントを入れるだけでインターネットに接続できます。 工事が要らないので引越しの時は非常に重宝します。 引越し先が提供エリアであれば、ルーターを引越し先に持っていくだけでインターネットがすぐに開通します。 また、SoftBank Airはソフトバンクが提供しているサービスなのでソフトバンクスマホとのセット割りも提供されています。 ソフトバンク光やNURO光のようにオプション申し込みの必要が無く、気軽にスマホとのセット割りが適用できます。 公式申し込みページ: auひかり• キャンペーン を参照• 月額料金 戸建て: 5,200円 マンション: 3,800円〜 auひかりはこんな方にお勧め• ソフトバンクスマホとのセット割りは不要• ソフトバンク光よりも速度を速くしたい auひかりはKDDIグループが提供している光ファイバーです。 その為、当然ソフトバンクスマホとのセット割りはありません。 auひかりではauスマホとのセット割りであるスマートバリューが用意されています。 ソフトバンク光はフレッツ光の回線を使っているサービスでしたが、auひかりはKDDIの独自の設備が使われており全く別回線となります。 フレッツ光とauひかりの比較でもご説明した通り、auひかりは技術的にフレッツ光よりも速度が出やすいと言われています。 インターネットの速度はすべてベストエフォートなので実際に使ってみるまで、どのくらいの速度が出るか分かりません。 しかし、フレッツ光の回線を使ったソフトバンク光と比べると auひかりの方が比較的速度が出やすいと言われています。 auひかりはソフトバンクスマホとのセット割りが不要で、なおかつソフトバンク光よりも速度を向上したい方にお勧めです。 auひかりの申し込みについては下記記事を参考にしてください。

次の