さつまいも ダイエット レシピ。 食べ応えばっちり!人気のさつまいもダイエットレシピを紹介

食べ応えばっちり!人気のさつまいもダイエットレシピを紹介

さつまいも ダイエット レシピ

辛い食事制限なしに、さつまいもを食べながらおこなうダイエット法です。 お隣り韓国でも「コグマダイエット」として人気なのだとか。 ただし、さつまいもは糖質が多く含まれているので、その食べ方には注意が必要。 好きなだけさつまいもを食べていても、さつまいもダイエットは成功しません。 この章では実践者8人の声をもとに、さつまいもダイエットの方法を紹介していきます! 「炭水化物代わり」の置き換えが1番人気! 一般的に知られているさつまいもダイエットの方法は、「炭水化物をさつまいもにする」というものです。 体験者の中でも、この方法が最も人気でした。 炭水化物と置き換え・・・5人• 間食代わりに・・・1人• 食事代わりに・食事と置き換え・・・2人 私は、昼食の主食をサツマイモに置き換えました。 by 綾 さつまいもがどんなに栄養豊富でも、それだけを食べていればバランスが偏ってしまいます。 また、毎食食べていれば早く飽きてしまう可能性も。 さつまいもは1日1食にしておくことをおすすめします。 食べる時間帯は「昼食」が人気 さつまいもをどの食事で食べるかに決まりはないようですが、昼食にさつまいもを食べるという人が多いようです。 朝食・・・1人• 昼食・・・5人• 夕食・・・2人• 間食・・・2人 「昼食か夕食にさつまいもを食べるのが基本ルールだ」という説もあれば、「朝食にすることでパンやシリアルを食べるよりも栄養バランスがいい」という説もあります。 食べる時間帯は、自分の生活リズムで選ぶのがよさそうですね。 1食分は150gを目安に 1食のさつまいもの量は、8人中5人が150g程度と答えています。 ご飯1膳が150g程度なので、さつまいもも同じ量を食べているということになりますね。 同じ量でも、カロリーはさつまいものほうが低めなのです。 150gあたりのカロリー比較 さつまいも 201kcal こめ 252kcal 炭水化物代わりにしたいという人は、150gを目安に摂取しましょう。 とは言え、さつまいものカロリーは低めなので、「150gだと足りないかも」という人は少しだけ増やしてもOK。 ただ、さつまいも188gでご飯1膳と同じ252kcalになってしまうので、1食でさつまいもを188g以上食べないように気をつけてくださいね! 失敗して太った人も?さつまいもダイエット8人の結果を発表! あまり細かいルールがなく、面倒臭がりな人でも続けられそうなさつまいもダイエット。 ただ、気になるのはそのダイエット効果ですよね。 8人の結果をまとめ、実践者が感じた3つの効果についてご紹介します。 実践者8人中7人が「前より便通がスムーズになった」と話しています。 サツマイモダイエットを始める前のお通じの頻度は、1週間に1~2回でした。 サツマイモダイエットを始めてからは、2日に1回はお通じが来るように。 by 綾 さつまいもには食物繊維が豊富に含まれているので、便秘解消に役立ちます。 頑固な便秘に悩んでいる人には嬉しい効果ですよね! この便秘解消効果は短期間で出たという人が多く、実施して1ヶ月未満の人でも効果に満足しています。 即効性があるのが魅力的ですね。 最も効果が出た人は、3kg減・体脂肪率3%減・ウエスト4cm減という結果でした。 3kg以上の減量に成功・・・3人• 1〜3kgの減量に成功・・・2人• 変化なし・・・1人• 体重増加・・・2人 さつまいもダイエットは、ゆるく長く続けることで効果が出てきます。 上でご紹介した、最も効果のある実践者も3ヶ月間さつまいもダイエットを継続していました。 一方、始めて間もないライターはまだ体重に変化は出ていないものの、手応えは感じているようです。 さつまいもダイエットを始めて毎日便が出るようになってから、肌荒れが治ったのがとても嬉しかったです!減量だけではなく体質改善にも効果があると感じました。 また、さつまいもには体の老化を防ぐと言われているビタミンEが含まれているので、それも美肌効果の理由かもしれません。 さつまいもダイエット成功のコツ!美味しい調理法とアレンジレシピ さつまいもダイエットは、減量できなかった人も便秘解消や美肌効果を感じており、満足度の高いダイエット法だと言えそうです。 ただし、お伝えした通り、食べる量や食べ方を間違えると逆に太ってしまう可能性も。 さつまいもダイエットを成功させる調理法やアレンジ法をまとめました。 素朴な味を楽しむ基本の調理法!レンジ以外では? 最もシンプルかつおすすめな調理法が、「茹でる」「焼く」「蒸す」。 余計な油や調味料を使わないので、ダイエット向けです。 私は毎回オーブンで焼くだけ!それ以外は何も手をかけません。 by 49歳女性 どちらのレシピも簡単にできるので、食感や味で好きなほうを選んでみてくださいね。 アレンジするならヘルシーに さつまいもは甘みがあるので、毎日食べてもイケる!という人も多いようですが、さすがに毎日同じのは飽きるという人もいますよね。 そんな時は「シンプルな材料でアレンジする」を心がけてみてください。 炭水化物の代わりなので、なるべく砂糖やバターを使わずに作れるレシピが必要になってきます。 いつもと違う味や食感を楽しみたい場合におすすめなのが、次の2つのレシピ。 こちらのレシピは醤油だけしか使っていないので、ダイエット中でもおすすめ。 皮は捨てずに一緒に調理する さつまいも調理方法の他に気をつけたいのが、「さつまいもの皮」。 皮なんて当然むいているという人は、ちょっと損しているかもしれませんよ。 皮に多く栄養が含まれているので、皮ごとおいしく食べられるレシピを工夫して、捨てる部分が無いようにしていました。 カルシウム(肌の新陳代謝をUPし、イライラを抑える)• ビタミンC(コラーゲン生成を促進し、美肌作りのサポートをする)• アントシアニン(新陳代謝を促す)• クロロゲン酸(脂肪燃焼を促す)• ヤラピン(消化を促進し、ガスの発生を抑える) 美容やダイエットに嬉しい効果がぎゅっとつまっているようですね。 また、ヤラピンの効能により、皮ごとさつまいもを食べるとおならが出にくくなるという効果も期待できます。 さつまいもダイエットのメリット・デメリット 基本レシピやアレンジ法を見たところで、さつまいもダイエットに挑戦したい!と興味が湧いてきた方も多いのではないでしょうか。 この章では、さつまいもダイエット実践者が感じたメリット・デメリットをご紹介します。 しかし、さつまいもダイエットの挑戦者からは、「飽きにくい」という声が挙がっていました。 食物繊維がしっかりと摂れるので、お通じとお肌の状態はよくなりました。 しかし、お腹にガスが溜まって、おならが出やすくなってしまうというデメリットも・・・。 ガスの発生を抑える方法は、上の章でもご紹介したように「皮ごと食べる」というものがあります。 皮の内側に含まれる酵素(ヤラピン)が消化を促進するので、おならも出にくくなるというわけ。 気になる方は皮ごと食べてみるといいかもしれませんね! さつまいもダイエットの注意点 最後に、さつまいもダイエットの注意点を見てみましょう。 過剰摂取は避ける 美味しくて食べ過ぎてしまうことがデメリットだと、前の章でお話ししました。 さつまいもの食べ過ぎは、消化不良で便秘になってしまう可能性もあるのです。 お菓子のようにして食べるのは、ダイエット向きではないと思いました。 前の章でご紹介した通り、たくさんの調味料を使わずともアレンジすることは可能です。 さつまいもに飽きてきた・・・という時も、あくまでもシンプルな味付けを心がけるようにしてくださいね。 さつまいもダイエットがおすすめなのはこんな人! 以上、さつまいもダイエット実践者の声をまとめてきました。 さつまいもダイエットがおすすめなのは次のような方!• 辛い便秘をどうにか解消したい• 飽きのこない食材でダイエットしたい• 無理や我慢をせずにダイエットしたい さつまいもは栄養も豊富に含んでいて、ご飯やパンよりもカロリーが低いという優秀な食材です。 我慢するダイエットはもう嫌!という方は、ぜひさつまいもを食事に取り入れてみてはいかがでしょうか?.

次の

さつまいも(コグマ)ダイエットをやってみた!口コミ・効果・感想|FIT Search

さつまいも ダイエット レシピ

糖質は、100gあたり約30gです。 白ご飯お茶碗1杯(約140g)は、カロリー約165kcal、糖質は約37gです。 こう見比べると、白米とそこまで大きな違いがありません。 食物繊維:便秘の解消・予防• ビタミンC:抗酸化作用、美肌作り• ビタミンB群:脂質・糖質の代謝促進• ビタミンE:抗酸化作用、アンチエイジング• カリウム:むくみの解消・予防 お腹に溜まりやすく、満腹感が得やすいのもポイントです。 3食の食事の中で、1食だけでもサツマイモに置き換えると、ビタミンや食物繊維などの摂取量が増えますね!置き換えをしなくても、おやつのスナック菓子やケーキをサツマイモにするだけで、栄養を摂りながら甘いものを食べられるんです。 甘いものが食べたい!我慢したくない!という方!食べるものを少し変えるだけで、より良いダイエットライフを送ることができますよ。 しかし、食べ過ぎは太る原因になります。 サツマイモ本来の甘さが楽しめる蒸かし芋は、何もしなくても美味しいです。 きな粉のイソフラボンやタンパク質で、さらにダイエット&美容効果を上げることができます。 お塩は天然塩にすることで、ミネラルなども摂れます。 その他にも、クリームチーズを混ぜてチーズケーキ風にしてみたり、クミンパウダーを混ぜてエスニックなおかずにしてみたりも。

次の

さつまいもダイエットで3キロ減?!痩せる理由と効果的な食べ方!

さつまいも ダイエット レシピ

野菜の煮物 51品 ラタトゥイユ 1品 ポトフ 3品 なすの煮浸し 1品 野菜の煮物 その他 47品 野菜の和え物 15品 野菜の白和え 2品 野菜の和え物 その他 13品 野菜の炒め物 23品 ジャーマンポテト 1品 野菜の炒め物 その他 22品 野菜の炒め煮 4品 野菜の炒め煮 その他 4品 野菜の焼き物 13品 野菜の肉巻き 4品 野菜の焼き物 その他 9品 野菜の揚げ物 11品 定番 1品 野菜のフリット 1品 野菜の揚げ物 その他 10品 野菜の蒸し物 6品 野菜の蒸し物 その他 6品 野菜のきんぴら 5品 にんじんのきんぴら 1品 きんぴら その他 4品 野菜のおかず その他 5品 野菜のマリネ 1品 栗きんとん 2品 ゆで野菜 2品 肉のおかず さつまいもの基本情報 さつまいもの特徴 秋の味覚の一つ、さつまいも。 ほくほくして甘く、おかずやおやつに人気です。 原産は中南米といわれ、日本へは17世紀に伝わりました。 薩摩藩(現在の鹿児島県)から全国に広まったとか。 食物繊維が多いヘルシー食品なので、おかずとしても、もっと食べたい素材です。 皮の色は、赤紫や黄、白、肉色は白、黄、だいだい色、紫などがあります。 関東では「紅あずま」、関西以西では「高系14号」が主流。 焼酎の原料としても使われます。 さつまいもの選び方ガイド 太く、円柱形の両端がとがった紡錘形のものが良品。 皮はつやがあり、色が均一で、デコボコがなくなめらかなものを選んで。 毛穴が深く、ひげ根のあるものは繊維が多いことがあります。 黒い斑点があるものは、貯蔵時に低温障害を受けて味が落ちているので避けましょう。

次の