自殺未遂 芸能人。 加護ちゃん自殺未遂。

加護ちゃん自殺未遂。

自殺未遂 芸能人

うつ病、躁鬱病を告白した芸能人・有名人達 現代病と言われる「うつ病」。 新型うつ病と言われるものも含めて多くの方が発症しており、一般人だけではなくたくさんの有名人、芸能人たちもうつ病に悩まされています。 最近ではブログやtwitterなどで自らのうつ病や双極性障害を告白・公表したり、休養を発表される有名人、芸能人達も増えてきています。 やはり芸能界で俳優や女優、タレント、芸人として活躍していくのは並大抵のストレスなんでしょう。 最終的に追い込まれて自殺や自殺未遂・・・なんていう場合もあります・・・ ここではそんな「うつ病だった」「うつ病寸前だった」「うつ病治療中」の芸能人・有名人の一覧をご紹介していきます。 岡村隆史さんは病名を明かさず、 体調不良のことを「(頭が)パッカーン」と表現し、睡眠不足に悩まされたといっています。 50才の頃から「うつ病」で悩んでいた渡辺 正行さん 渡辺 正行さんは、千葉県夷隅郡夷隅町(現いすみ市)出身で、石井光三オフィス系列の暖簾分けの個人事務所である、なべやに所属している、日本のお笑いタレント、司会者、俳優です。 渡辺 正行さんは、物腰が柔らかく、軽快なトークで司会やバラエティで活躍をされている印象を持つ人が多いと思いますすが、 実は50才の頃から「うつ病」で悩んでいた経緯があるようです。 過去に軽いうつ状態だったことを告白している真矢ミキさん 真矢ミキさんは、オスカープロモーションに所属している、日本の女優であり、元宝塚歌劇団花組トップスターです。 真矢ミキさんは、「あきらめないで!」のキャッチフレーズが有名で、力強くポジティブな印象です。 しかし、実際は落ち込みやすく、繊細な性格なようで、過去に軽いうつ状態だったことを告白しています。 ブログでうつ病であることを公表している勝谷誠彦さん 勝谷誠彦さんは、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属(マネジメント契約)している、日本のコラムニスト、ライター、タレント写真家であり、元ジャーナリストでもあります。 テレビ番組「スッキリ!」のコメンテーターでもおなじみな勝谷誠彦さんですが、ブログでうつ病であることを公表しています。 長年うつ病に苦しんでいた萩原流行さん 萩原流行さんは、日本のダンサー、俳優、タレントであり、2000年代以降は役者だけでなく、バラエティ番組などにも出演していました。 萩原流行さんは、2015年4月22日、東京都杉並区の青梅街道の道路上でオートバイを運転中に高井戸警察署の護送車に接触されて転倒しました。 その直後、後ろから来た乗用車に胸をひかれてしまい、病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。 萩原流行さんはうつ病であったことから、この事故はうつ病による注意力の散漫が原因といわれています。 実は長時間うつ病だった武田鉄矢さん 武田鉄矢さんは、日本の歌手・俳優・タレント・作詞家であり、フォークグループ・海援隊のボーカル・リーダーでもあります。 そんな武田鉄矢さんは、2014年10月に、うつ病だったとの報道がされました。 うつ病の症状が出始めたのが1991年のころだったそうで、 ちょうどドラマ「101回目のプロポーズ」が大ブームになっていたころです。 重度のうつ病を発症して番組を降板した高島忠夫さん 高島忠夫さんは、東宝芸能に所属する、日本のタレント・俳優・司会者です。 そんな高島忠夫さんは、1998年に重度のうつ病を発症して、レギュラー番組を降板し、世間に衝撃を与えました。 母親の死をきっかけに、うつ病も発症した長嶋一茂さん 長嶋一茂さんは、東京都大田区田園調布出身で、ナガシマ企画に所属している、日本の元プロ野球選手(内野手)で、タレント、スポーツキャスター、野球評論家、俳優でもあります。 そんな長嶋一茂さんが、パニック障害であったことは広く知られており、その闘病記をエッセイとして出版もしています。 また、近年では、母親の死をきっかけに、うつ病も発症したそうです。 過去にうつ病であったことを告白しているNONSTYLE石田明さん 石田明さんは、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属している、日本のお笑い芸人、俳優、演出家、脚本家です。 NON STYLEでは主にボケを担当しているのですが、まれにツッコミとネタ作りを担当するそうです。 そんな石田明さんは、過去にうつ病であったことを告白しています。 柳原可奈子さんは、2013年時点で11本のレギュラーを持っている売れっ子のタレントですが、2013年7月頃に突然原因不明の激しい頭痛に襲われ検査入院された事があり、うつ病では?と話題になりました。 2度のうつ病を克服してきた千葉麗子さん 千葉麗子さんは、元市民活動家で、日本の声優・元女優・アイドルで、実業家・ヨーガインストラクターでもあります。 そんな千葉麗子さんは、「チバレイ」の愛称で親しまれ、アイドルから女性起業家に転身しましたが、2度のうつ病を克服してきたそうです。 ユースケ・サンタマリアさんがうつ病であると告白 ユースケ・サンタマリアさんは、大分県出身で、ジャパン・ミュージックエンターテインメントに所属している、日本の俳優、タレント、司会者、歌手です。 ドラマやバラエティなどで活躍中のユースケ・サンタマリアさんは、明るく楽しいイメージがありますが、うつ病という重大な病気にかかっていました。 離婚の際、うつ病寸前だった藤原紀香さん 藤原紀香さんは、兵庫県西宮市出身の日本の女優、モデル、タレントです。 藤原紀香さんは、ファッション誌「Numero TOKYO」(扶桑社)において、初めて離婚のときの心境について告白しており、うつ病寸前で、一時は睡眠薬を服用していたことなどを明かしています。 自己破産、パニック障害、うつ病を乗り越えた岸部四郎さん岸辺シロー 岸部四郎 さん 岸辺シローさんは、京都府京都市出身の日本のタレント、俳優、元実業家です。 岸辺シローさんは、前述の通り、自己破産や、脳出血で倒れ、右目の視力の3分の1を失ったり、また、長年連れ添った最愛の妻を亡くすなどの辛いことが重なったことにより、うつを患いました。 さらに岸辺シローさんには、パニック障害を発症するという不幸も待ち受けていました。 東日本大震災の後、軽いうつ状態だった松本人志さん 松本人志さんは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー(東京)に所属している、日本のお笑い芸人・お笑いタレント、漫才師、作家、作詞家、映画監督、俳優、司会者であり、ダウンタウンのボケ担当でもあります。 そんな松本人志さんは、東日本大震災の後、軽いうつ状態になっていたと、日本テレビ系列のニュース番組「NEWS ZERO」のインタビューで明かしています。 映画公開直後にうつ状態だった庵野秀明さん 庵野秀明さんは、山口県宇部市出身の日本のアニメーター、映画監督、実業家であり、カラー代表取締役社長でもあります。 そんな庵野秀明さんは、2012年の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」公開直後にうつ状態になったことを告白しました。 そして、「6年間、自分の魂を削って再びエヴァを作っていた事への、当然の報いでした」と振り返っています。 総合失調症や躁うつ病等の病気を患っていた玉置浩二さん 玉置浩二さんは、ソニー・ミュージックレコーズ内の自主レーベルである、「ソルトモデラート(Saltmoderate)」に所属している、日本のミュージシャン・俳優です。 玉置浩二さんは、ロックバンド「安全地帯」のボーカルでもあり、その圧倒的歌唱力は芸能界でもナンバーワンだといわれているほどです。 そんな玉置浩二さんは、総合失調症や躁うつ病等の病気を患っていたそうです。 長年、躁うつ病にも悩まされていた中島らもさん 中島らもさんは、本名は中島 裕之といい、日本の小説家、劇作家、随筆家、広告プランナー、放送作家、ラジオパーソナリティ、ミュージシャンでした。 兵庫県尼崎市出身であり、広告代理店社員のコピーライターとしてキャリアをスタートしました。 北杜夫さんの場合。 双極I型障害を発症。 北杜夫さんの作品としては「どくとるマンボウ昆虫記」が有名で、ファンも多く、また、芥川賞作家でもあります。 そんな北杜夫さんは躁うつ病患者としても知られています。 北杜夫さんは、現在の東京都港区南青山である、東京市赤坂区青山南町に、母である斎藤輝子さんと、父である茂吉さんの次男として生まれ、その生家は輝子さんの実父である斎藤紀一さんが創設した、精神病院である「青山脳病院」でした。 はらたいらさんの場合。 男性更年期障害とうつ病を発症。 はらたいらさんは、クイズ番組「クイズダービー」に出演して有名になりましたが、他の番組出演時にはクイズと異なり、トークも求められたので、それが原因でうつ病となったそうです。 はらたいらさんは、父である原 太郎さん、母である小夜子さんの長男として生まれ、はらたいらさんの姉の美和さんは元バスガイドだったそうです。 うつを発症し克服した経験がある音無美紀子さん 音無美紀子さんは、東京都出身で、オフィスのいりに所属している、日本の女優です。 数々のテレビや映画、舞台等で活躍している女優の音無美紀子さんは、夫は俳優の村井国男さんで二人の子供がいます。 この母親と女優を両立させているる姿勢に、同世代の女性から共感を得ています。 そんな音無美紀子さんは、うつを発症し克服した経験を持っています。 40代後半頃にうつ病を発病した竹脇無我さん 竹脇無我さんは、石原プロモーション、タケワキプロダクション、イザワオフィスと所属事務所を変えていき、最終的にはアクターズ・セブンに所属していた日本の俳優です。 竹脇無我さんは、クールな二枚目俳優として、テレビドラマ等で活躍していましたが、小脳出血のため、2011年8月21日に死去してしまいました。 享年67歳でした。 そんな竹脇無我さんは、40代後半頃にうつ病を発病したそうです。 うつ状態を三度経験している五木寛之さん 五木寛之さんは、作詞家としての活動も多い、日本の小説家・随筆家です。 若くして流行作家となり、直樹賞を受賞するなど文壇の第一線を走り続けてきた五木寛之さんですが、 40代後半から現在に至るまで、うつ状態を三度経験しているそうです。 悶々とした状態をやり過ごすことができた影には、或るノートの存在があったそうです。 五木寛之さんはうつ病の中、三冊のノートをつけ始めたそうで、まずは、「嬉しかったこと」を綴るノートだったそうです。 東日本大震災をきっかけにして、うつ病を発症した丸岡いずみさん 丸岡いずみさんは、元放送局アナウンサー・報道記者であり、日本のニュースキャスター、タレント、フリーアナウンサー、エッセイストでもあります。 そんな丸岡いずみさんは、2010年3月から、「news every. 」の、キャスターとして人気を集めていましたが、2011年3月11日に発生した東日本大震災をきっかけにして、うつ病を発症したそうです。 首吊り自殺を図り、そのまま意識が回復することなかった桂枝雀さん 桂枝雀さんは、兵庫県神戸市生出身の落語家です。 桂枝雀さんは、3代目桂米朝に弟子入りして基本を磨き、古典的な落語を踏襲していながら、超人的な努力と持って生まれた天才的なセンスにより、客を爆笑させるというスタイルを開拓しました。 そんな、桂枝雀さんですが、1999年3月に首吊り自殺を図り、そのまま意識が回復することなく、同年の4月19日に心不全によって、59歳で死去しました。 桂枝雀さんは、2代目桂枝雀を襲名する前に、うつ病で苦しんでいたそうです。 自殺未遂していたことや、うつ病に襲われていた高岡奏輔さん 高岡奏輔さんは、千葉県出身で、ジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)に所属している日本の俳優です。 そんな高岡奏輔さんは、2011年7月29日、個人ブログの中で、過去に自殺未遂していたことや、うつ病、パニック障害に襲われていたことを衝撃告白しました。 過去にパニック障害を患った経験があるSEKAI NO OWARI 深瀬さん SEKAI NO OWARIは、日本の4人組バンドであり、2010年にインディーズデビューし、2011年にメジャーデビューしています。 深瀬さんは、そのSEKAI NO OWARIの初代リーダーを務めています。 独特な世界観を歌い上げるSEKAI NO OWARIの深瀬さんですが、過去にパニック障害を患った経験があるそうです。 また、軽度のうつ状態になっていたかもしれないそうです。 自力でそのうつを克服した高木美保さん 高木 美保さんは、東京都葛飾区出身、千葉県松戸市育ちの、日本の女優・コメンテーター・エッセイスト・農業従事者・タレントです。 このように、マルチな才能で活躍する高木美保さんもうつで悩む1人でしたが、高木美保さんの凄いところは自力でそのうつを克服したことです。 うつ病を発症しますが、自ら克服した小川宏さん 小川宏さんは、元NHKアナウンサーで、東京都墨田区出身の日本のフリーアナウンサー・司会者です。 小川宏さんは、NHKの看板アナウンサーとして活躍後、フリーアナウンサーとなり冠番組「小川宏ショー」で人気を博しましたが、「小川宏ショー」終了後の平成3年に、うつ病を発症しました。 更年期性うつ病になった木の実 ナナさん 木の実 ナナさんは、東京都向島区寺島町(現在の墨田区向島)出身で、ダンカンミュージックに所属している、日本の女優、歌手です。 演技に歌、ダンスと幅広い才能でドラマやミュージカルなどで活躍する木の実ナナさんもうつを克服した一人となっています。 なお、木の実ナナさんは更年期性うつ病と診断されたそうです。 摂食障害、身体醜形障害、強迫性障害、うつ病だった遠野なぎこさん 遠野なぎこさんは、ワイルドビジョンに所属している、日本の女優です。 遠野なぎこさんは、母親との確執などから、摂食障害となってしまった経験を、自叙伝「一度も愛してくれなかった母へ、一度も愛せなかった男たちへ」という本で、赤裸々に告白されています。 戦争やうつ病など波乱に満ちたオードリー・ヘップバーンさん オードリー・ヘップバーンさんは、イギリス人で、アメリカ合衆国の女優であり、日本においてはヘップバーンと表記されることも多くなっています。 オードリー・ヘップバーンさんは、ハリウッド黄金時代に活躍した女優です。 しかし、そんなオードリー・ヘップバーンさんの人生は、戦争やうつ病など波乱に満ちたものでした。 ツアー中に、うつ病を患っていると告白したレディー・ガガ レディー・ガガさんは、アメリカ合衆国の音楽家で、オーストラリア・シドニー名誉市民でもあります。 イタリア系アメリカ人でインターネット企業の実業家の家庭のもと、ニューヨーク州ヨンカーズに生まれました。 派手なパフォーマンスや派手な衣装で有名のレディー・ガガさんですが、2013年末のツアー中に、うつ病を患っていると告白されています。 うつとドラッグ漬けの毎日を送っていたブラッド・ピットさん ブラッド・ピットさんは、アメリカ合衆国オクラホマ州出身の俳優、映画プロデューサーであり、アカデミー賞に俳優として3度、プロデューサーとして3度ノミネートされています。 そんなブラッド・ピットさんですが、若かりし頃の彼は、その栄光を受け入れられず、うつとドラッグ漬けの毎日を送っていたとのことです。 キャリー・フィッシャーさんは、人気SF映画シリーズ「スター・ウォーズ」のレイア姫役でよく知られていますが、2016年12月27日、心臓発作で死去しました。 享年は60歳でした。 そんなキャリー・フィッシャーさんは、80年代初頭から、うつに悩まされるようになっていたそうです。 重度のうつ病、そしてアルコール依存症だったロビン・ウィリアムズさん ロビン・ウィリアムズさんは、アメリカのイリノイ州シカゴ出身で、アメリカ合衆国の俳優、コメディアンです。 2014年8月11日に、63歳という若さで、残念ながら自らの人生の幕を閉じてしまいました。 実はその成功の陰には、重度のうつ病、そしてアルコール依存症という、深刻な病気や症状を抱えていたという事実が分かりました。 うつ病、ADHD、失読症だったジム・キャリー ジム・キャリーさんは、本名をジェームス・ユージーン・キャリーさんといい、カナダ・オンタリオ州出身の俳優です。 そんなジム・キャリーさんですが、なんとうつ病、ADHD、失読症という、3種類の症状で大いに悩まされていたらしいとのことです。 アン・ハサウェイさんは、うつ病を患っていたことを公表している芸能人の1人 アン・ハサウェイさんは、アメリカ合衆国の女優で、アカデミー賞の助演女優賞受賞の経験もあります。 そんなアン・ハサウェイさんは、10代の頃、うつ病を経験したことがあったと告白しています。 その当時のアン・ハサウェイさんは、憂うつで不安な状態が続いていて、眠れない日々が続いたそうです。 20代のときうつに苦しんでいたビヨンセさん ビヨンセさんは、アメリカ合衆国のシンガーソングライターで、音楽プロデューサー、女優、ダンサーでもあり、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身です。 そんなビヨンセさんも、うつ病であることを告白した芸能人の一人です。 2011年にビヨンセさんは意識がぼんやりし始め、今日が何日なのか、自分がどこの都市にいるかもわからなくなってしまうという症状に陥ってしまったことから、自身のことに集中するための1年の休暇を取ったそうです。

次の

芸能界の闇・・『自殺した芸能人たち』まとめ

自殺未遂 芸能人

うつ病、躁鬱病を告白した芸能人・有名人達 現代病と言われる「うつ病」。 新型うつ病と言われるものも含めて多くの方が発症しており、一般人だけではなくたくさんの有名人、芸能人たちもうつ病に悩まされています。 最近ではブログやtwitterなどで自らのうつ病や双極性障害を告白・公表したり、休養を発表される有名人、芸能人達も増えてきています。 やはり芸能界で俳優や女優、タレント、芸人として活躍していくのは並大抵のストレスなんでしょう。 最終的に追い込まれて自殺や自殺未遂・・・なんていう場合もあります・・・ ここではそんな「うつ病だった」「うつ病寸前だった」「うつ病治療中」の芸能人・有名人の一覧をご紹介していきます。 岡村隆史さんは病名を明かさず、 体調不良のことを「(頭が)パッカーン」と表現し、睡眠不足に悩まされたといっています。 50才の頃から「うつ病」で悩んでいた渡辺 正行さん 渡辺 正行さんは、千葉県夷隅郡夷隅町(現いすみ市)出身で、石井光三オフィス系列の暖簾分けの個人事務所である、なべやに所属している、日本のお笑いタレント、司会者、俳優です。 渡辺 正行さんは、物腰が柔らかく、軽快なトークで司会やバラエティで活躍をされている印象を持つ人が多いと思いますすが、 実は50才の頃から「うつ病」で悩んでいた経緯があるようです。 過去に軽いうつ状態だったことを告白している真矢ミキさん 真矢ミキさんは、オスカープロモーションに所属している、日本の女優であり、元宝塚歌劇団花組トップスターです。 真矢ミキさんは、「あきらめないで!」のキャッチフレーズが有名で、力強くポジティブな印象です。 しかし、実際は落ち込みやすく、繊細な性格なようで、過去に軽いうつ状態だったことを告白しています。 ブログでうつ病であることを公表している勝谷誠彦さん 勝谷誠彦さんは、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属(マネジメント契約)している、日本のコラムニスト、ライター、タレント写真家であり、元ジャーナリストでもあります。 テレビ番組「スッキリ!」のコメンテーターでもおなじみな勝谷誠彦さんですが、ブログでうつ病であることを公表しています。 長年うつ病に苦しんでいた萩原流行さん 萩原流行さんは、日本のダンサー、俳優、タレントであり、2000年代以降は役者だけでなく、バラエティ番組などにも出演していました。 萩原流行さんは、2015年4月22日、東京都杉並区の青梅街道の道路上でオートバイを運転中に高井戸警察署の護送車に接触されて転倒しました。 その直後、後ろから来た乗用車に胸をひかれてしまい、病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。 萩原流行さんはうつ病であったことから、この事故はうつ病による注意力の散漫が原因といわれています。 実は長時間うつ病だった武田鉄矢さん 武田鉄矢さんは、日本の歌手・俳優・タレント・作詞家であり、フォークグループ・海援隊のボーカル・リーダーでもあります。 そんな武田鉄矢さんは、2014年10月に、うつ病だったとの報道がされました。 うつ病の症状が出始めたのが1991年のころだったそうで、 ちょうどドラマ「101回目のプロポーズ」が大ブームになっていたころです。 重度のうつ病を発症して番組を降板した高島忠夫さん 高島忠夫さんは、東宝芸能に所属する、日本のタレント・俳優・司会者です。 そんな高島忠夫さんは、1998年に重度のうつ病を発症して、レギュラー番組を降板し、世間に衝撃を与えました。 母親の死をきっかけに、うつ病も発症した長嶋一茂さん 長嶋一茂さんは、東京都大田区田園調布出身で、ナガシマ企画に所属している、日本の元プロ野球選手(内野手)で、タレント、スポーツキャスター、野球評論家、俳優でもあります。 そんな長嶋一茂さんが、パニック障害であったことは広く知られており、その闘病記をエッセイとして出版もしています。 また、近年では、母親の死をきっかけに、うつ病も発症したそうです。 過去にうつ病であったことを告白しているNONSTYLE石田明さん 石田明さんは、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属している、日本のお笑い芸人、俳優、演出家、脚本家です。 NON STYLEでは主にボケを担当しているのですが、まれにツッコミとネタ作りを担当するそうです。 そんな石田明さんは、過去にうつ病であったことを告白しています。 柳原可奈子さんは、2013年時点で11本のレギュラーを持っている売れっ子のタレントですが、2013年7月頃に突然原因不明の激しい頭痛に襲われ検査入院された事があり、うつ病では?と話題になりました。 2度のうつ病を克服してきた千葉麗子さん 千葉麗子さんは、元市民活動家で、日本の声優・元女優・アイドルで、実業家・ヨーガインストラクターでもあります。 そんな千葉麗子さんは、「チバレイ」の愛称で親しまれ、アイドルから女性起業家に転身しましたが、2度のうつ病を克服してきたそうです。 ユースケ・サンタマリアさんがうつ病であると告白 ユースケ・サンタマリアさんは、大分県出身で、ジャパン・ミュージックエンターテインメントに所属している、日本の俳優、タレント、司会者、歌手です。 ドラマやバラエティなどで活躍中のユースケ・サンタマリアさんは、明るく楽しいイメージがありますが、うつ病という重大な病気にかかっていました。 離婚の際、うつ病寸前だった藤原紀香さん 藤原紀香さんは、兵庫県西宮市出身の日本の女優、モデル、タレントです。 藤原紀香さんは、ファッション誌「Numero TOKYO」(扶桑社)において、初めて離婚のときの心境について告白しており、うつ病寸前で、一時は睡眠薬を服用していたことなどを明かしています。 自己破産、パニック障害、うつ病を乗り越えた岸部四郎さん岸辺シロー 岸部四郎 さん 岸辺シローさんは、京都府京都市出身の日本のタレント、俳優、元実業家です。 岸辺シローさんは、前述の通り、自己破産や、脳出血で倒れ、右目の視力の3分の1を失ったり、また、長年連れ添った最愛の妻を亡くすなどの辛いことが重なったことにより、うつを患いました。 さらに岸辺シローさんには、パニック障害を発症するという不幸も待ち受けていました。 東日本大震災の後、軽いうつ状態だった松本人志さん 松本人志さんは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー(東京)に所属している、日本のお笑い芸人・お笑いタレント、漫才師、作家、作詞家、映画監督、俳優、司会者であり、ダウンタウンのボケ担当でもあります。 そんな松本人志さんは、東日本大震災の後、軽いうつ状態になっていたと、日本テレビ系列のニュース番組「NEWS ZERO」のインタビューで明かしています。 映画公開直後にうつ状態だった庵野秀明さん 庵野秀明さんは、山口県宇部市出身の日本のアニメーター、映画監督、実業家であり、カラー代表取締役社長でもあります。 そんな庵野秀明さんは、2012年の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」公開直後にうつ状態になったことを告白しました。 そして、「6年間、自分の魂を削って再びエヴァを作っていた事への、当然の報いでした」と振り返っています。 総合失調症や躁うつ病等の病気を患っていた玉置浩二さん 玉置浩二さんは、ソニー・ミュージックレコーズ内の自主レーベルである、「ソルトモデラート(Saltmoderate)」に所属している、日本のミュージシャン・俳優です。 玉置浩二さんは、ロックバンド「安全地帯」のボーカルでもあり、その圧倒的歌唱力は芸能界でもナンバーワンだといわれているほどです。 そんな玉置浩二さんは、総合失調症や躁うつ病等の病気を患っていたそうです。 長年、躁うつ病にも悩まされていた中島らもさん 中島らもさんは、本名は中島 裕之といい、日本の小説家、劇作家、随筆家、広告プランナー、放送作家、ラジオパーソナリティ、ミュージシャンでした。 兵庫県尼崎市出身であり、広告代理店社員のコピーライターとしてキャリアをスタートしました。 北杜夫さんの場合。 双極I型障害を発症。 北杜夫さんの作品としては「どくとるマンボウ昆虫記」が有名で、ファンも多く、また、芥川賞作家でもあります。 そんな北杜夫さんは躁うつ病患者としても知られています。 北杜夫さんは、現在の東京都港区南青山である、東京市赤坂区青山南町に、母である斎藤輝子さんと、父である茂吉さんの次男として生まれ、その生家は輝子さんの実父である斎藤紀一さんが創設した、精神病院である「青山脳病院」でした。 はらたいらさんの場合。 男性更年期障害とうつ病を発症。 はらたいらさんは、クイズ番組「クイズダービー」に出演して有名になりましたが、他の番組出演時にはクイズと異なり、トークも求められたので、それが原因でうつ病となったそうです。 はらたいらさんは、父である原 太郎さん、母である小夜子さんの長男として生まれ、はらたいらさんの姉の美和さんは元バスガイドだったそうです。 うつを発症し克服した経験がある音無美紀子さん 音無美紀子さんは、東京都出身で、オフィスのいりに所属している、日本の女優です。 数々のテレビや映画、舞台等で活躍している女優の音無美紀子さんは、夫は俳優の村井国男さんで二人の子供がいます。 この母親と女優を両立させているる姿勢に、同世代の女性から共感を得ています。 そんな音無美紀子さんは、うつを発症し克服した経験を持っています。 40代後半頃にうつ病を発病した竹脇無我さん 竹脇無我さんは、石原プロモーション、タケワキプロダクション、イザワオフィスと所属事務所を変えていき、最終的にはアクターズ・セブンに所属していた日本の俳優です。 竹脇無我さんは、クールな二枚目俳優として、テレビドラマ等で活躍していましたが、小脳出血のため、2011年8月21日に死去してしまいました。 享年67歳でした。 そんな竹脇無我さんは、40代後半頃にうつ病を発病したそうです。 うつ状態を三度経験している五木寛之さん 五木寛之さんは、作詞家としての活動も多い、日本の小説家・随筆家です。 若くして流行作家となり、直樹賞を受賞するなど文壇の第一線を走り続けてきた五木寛之さんですが、 40代後半から現在に至るまで、うつ状態を三度経験しているそうです。 悶々とした状態をやり過ごすことができた影には、或るノートの存在があったそうです。 五木寛之さんはうつ病の中、三冊のノートをつけ始めたそうで、まずは、「嬉しかったこと」を綴るノートだったそうです。 東日本大震災をきっかけにして、うつ病を発症した丸岡いずみさん 丸岡いずみさんは、元放送局アナウンサー・報道記者であり、日本のニュースキャスター、タレント、フリーアナウンサー、エッセイストでもあります。 そんな丸岡いずみさんは、2010年3月から、「news every. 」の、キャスターとして人気を集めていましたが、2011年3月11日に発生した東日本大震災をきっかけにして、うつ病を発症したそうです。 首吊り自殺を図り、そのまま意識が回復することなかった桂枝雀さん 桂枝雀さんは、兵庫県神戸市生出身の落語家です。 桂枝雀さんは、3代目桂米朝に弟子入りして基本を磨き、古典的な落語を踏襲していながら、超人的な努力と持って生まれた天才的なセンスにより、客を爆笑させるというスタイルを開拓しました。 そんな、桂枝雀さんですが、1999年3月に首吊り自殺を図り、そのまま意識が回復することなく、同年の4月19日に心不全によって、59歳で死去しました。 桂枝雀さんは、2代目桂枝雀を襲名する前に、うつ病で苦しんでいたそうです。 自殺未遂していたことや、うつ病に襲われていた高岡奏輔さん 高岡奏輔さんは、千葉県出身で、ジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)に所属している日本の俳優です。 そんな高岡奏輔さんは、2011年7月29日、個人ブログの中で、過去に自殺未遂していたことや、うつ病、パニック障害に襲われていたことを衝撃告白しました。 過去にパニック障害を患った経験があるSEKAI NO OWARI 深瀬さん SEKAI NO OWARIは、日本の4人組バンドであり、2010年にインディーズデビューし、2011年にメジャーデビューしています。 深瀬さんは、そのSEKAI NO OWARIの初代リーダーを務めています。 独特な世界観を歌い上げるSEKAI NO OWARIの深瀬さんですが、過去にパニック障害を患った経験があるそうです。 また、軽度のうつ状態になっていたかもしれないそうです。 自力でそのうつを克服した高木美保さん 高木 美保さんは、東京都葛飾区出身、千葉県松戸市育ちの、日本の女優・コメンテーター・エッセイスト・農業従事者・タレントです。 このように、マルチな才能で活躍する高木美保さんもうつで悩む1人でしたが、高木美保さんの凄いところは自力でそのうつを克服したことです。 うつ病を発症しますが、自ら克服した小川宏さん 小川宏さんは、元NHKアナウンサーで、東京都墨田区出身の日本のフリーアナウンサー・司会者です。 小川宏さんは、NHKの看板アナウンサーとして活躍後、フリーアナウンサーとなり冠番組「小川宏ショー」で人気を博しましたが、「小川宏ショー」終了後の平成3年に、うつ病を発症しました。 更年期性うつ病になった木の実 ナナさん 木の実 ナナさんは、東京都向島区寺島町(現在の墨田区向島)出身で、ダンカンミュージックに所属している、日本の女優、歌手です。 演技に歌、ダンスと幅広い才能でドラマやミュージカルなどで活躍する木の実ナナさんもうつを克服した一人となっています。 なお、木の実ナナさんは更年期性うつ病と診断されたそうです。 摂食障害、身体醜形障害、強迫性障害、うつ病だった遠野なぎこさん 遠野なぎこさんは、ワイルドビジョンに所属している、日本の女優です。 遠野なぎこさんは、母親との確執などから、摂食障害となってしまった経験を、自叙伝「一度も愛してくれなかった母へ、一度も愛せなかった男たちへ」という本で、赤裸々に告白されています。 戦争やうつ病など波乱に満ちたオードリー・ヘップバーンさん オードリー・ヘップバーンさんは、イギリス人で、アメリカ合衆国の女優であり、日本においてはヘップバーンと表記されることも多くなっています。 オードリー・ヘップバーンさんは、ハリウッド黄金時代に活躍した女優です。 しかし、そんなオードリー・ヘップバーンさんの人生は、戦争やうつ病など波乱に満ちたものでした。 ツアー中に、うつ病を患っていると告白したレディー・ガガ レディー・ガガさんは、アメリカ合衆国の音楽家で、オーストラリア・シドニー名誉市民でもあります。 イタリア系アメリカ人でインターネット企業の実業家の家庭のもと、ニューヨーク州ヨンカーズに生まれました。 派手なパフォーマンスや派手な衣装で有名のレディー・ガガさんですが、2013年末のツアー中に、うつ病を患っていると告白されています。 うつとドラッグ漬けの毎日を送っていたブラッド・ピットさん ブラッド・ピットさんは、アメリカ合衆国オクラホマ州出身の俳優、映画プロデューサーであり、アカデミー賞に俳優として3度、プロデューサーとして3度ノミネートされています。 そんなブラッド・ピットさんですが、若かりし頃の彼は、その栄光を受け入れられず、うつとドラッグ漬けの毎日を送っていたとのことです。 キャリー・フィッシャーさんは、人気SF映画シリーズ「スター・ウォーズ」のレイア姫役でよく知られていますが、2016年12月27日、心臓発作で死去しました。 享年は60歳でした。 そんなキャリー・フィッシャーさんは、80年代初頭から、うつに悩まされるようになっていたそうです。 重度のうつ病、そしてアルコール依存症だったロビン・ウィリアムズさん ロビン・ウィリアムズさんは、アメリカのイリノイ州シカゴ出身で、アメリカ合衆国の俳優、コメディアンです。 2014年8月11日に、63歳という若さで、残念ながら自らの人生の幕を閉じてしまいました。 実はその成功の陰には、重度のうつ病、そしてアルコール依存症という、深刻な病気や症状を抱えていたという事実が分かりました。 うつ病、ADHD、失読症だったジム・キャリー ジム・キャリーさんは、本名をジェームス・ユージーン・キャリーさんといい、カナダ・オンタリオ州出身の俳優です。 そんなジム・キャリーさんですが、なんとうつ病、ADHD、失読症という、3種類の症状で大いに悩まされていたらしいとのことです。 アン・ハサウェイさんは、うつ病を患っていたことを公表している芸能人の1人 アン・ハサウェイさんは、アメリカ合衆国の女優で、アカデミー賞の助演女優賞受賞の経験もあります。 そんなアン・ハサウェイさんは、10代の頃、うつ病を経験したことがあったと告白しています。 その当時のアン・ハサウェイさんは、憂うつで不安な状態が続いていて、眠れない日々が続いたそうです。 20代のときうつに苦しんでいたビヨンセさん ビヨンセさんは、アメリカ合衆国のシンガーソングライターで、音楽プロデューサー、女優、ダンサーでもあり、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身です。 そんなビヨンセさんも、うつ病であることを告白した芸能人の一人です。 2011年にビヨンセさんは意識がぼんやりし始め、今日が何日なのか、自分がどこの都市にいるかもわからなくなってしまうという症状に陥ってしまったことから、自身のことに集中するための1年の休暇を取ったそうです。

次の

加護ちゃん自殺未遂。

自殺未遂 芸能人

確実と言われもっとも有名な自殺方法といえば「首吊り自殺」。 毎年日本人の自殺者は30,000人くらいですが、その半数以上、およそ15,000人もの人がが首吊り自殺を選択し、自殺を遂行しています。 確実な自殺方法「首吊り自殺」とは 縄一本という手軽さ 道具は縄や紐、紐状のものであればなんでも使えます。 ただ、なるべく柔らかく首にピッタリとフィットするもので、 電気コード、包装用のヒモ、USBの充電ケーブル、ベルト、シーツ、タオルなど、首に巻きつけることができるもの。 ドラマに出てくるような縄じゃなきゃいけないわけじゃないので、様式にこだわる必要はないです。 百貨店などの包装用のビニール紐でも、100kg程度までの体重なら支えるのに十分な強度をもっています。 ホームセンターで売ってるようなビニール紐でも充分な強度がある。 これが、針金などの切断力があるものだと、首を切り落とすこともあります。 座ったままでも実行可能 通常首吊り自殺といえば高い木の枝などにロープをくくりつけ首からぶら下がっている姿を想像するけど、縄や紐をかけるのは折れやすい木の枝などでなければどこでも実行可能。 中学1年生の少年が本棚に5寸釘を打ち付けて首吊り自殺をしたという例もあります。 そして、自分の身長より高いところからつりさがる必要はなく、座ったままでも実行が可能です。 図のように、足やお尻が床についていても首吊り自殺は完遂してしまいます。 なぜかというと、首吊りの死因は首を締め付けられて窒息死すると思われがちですが、実際はそうではないからです。 首吊り自殺の理論は、脳へ血液を送る頚動脈と椎骨動脈が締め付けられて脳への血流が滞り 脳が酸欠状態となって死に至るものになります。 気道は締められないので呼吸困難とまでいたらず、むしろ ほんの一瞬で意識を失うので呼吸困難の暇もないといわれています。 脳に血液を送る動脈は2種類あり、 「頸動脈」と脊椎のわきを骨に保護されながら上っていく 「椎骨動脈」で、例えば首を締める場合だと頸動脈は塞がれるが、骨で守られている椎骨動脈ふさがれず、脳への血流は止められないので、死因としては窒息死になるけど、首を吊る場合は斜め上方向から首が引っ張り上げられて角度がつくために、 頸動脈と椎骨動脈の両方が同時にふさがれ、瞬時にして脳への血液供給が絶たれ、意識を失うということになります。 その差は死体を見ればよくわかり、首を絞めた死体の多くは椎骨動脈による脳への血流は続くのに、逆に脳から血液を送り出す頸動脈はふさがれているので顔が紫色に鬱血してるが、首吊りの場合はそのような鬱血の状態がほとんどみられない。 X Japanのギタリストで人気のソロアーティストでもあったHideも事故死ということではあるがタオルをドアノブにかけそこに首をつった状態でなくなっていたということなので、自殺の意思なくても簡単に死に至ることもあるという証拠です。 首を吊る高さ 首を吊る場合、血圧が170mmHgの人であれば頚動脈は3. 5kg、椎骨動脈は16. 6kgの力で塞がれます。 足が床について曲がっている程度であれば全体重の70〜80%くらいの重量が首にかかります。 膝が床についた状態でも全体重の20%くらいの重量が首にかかるので、例えば体重60kgの人であれば約12kgの力がかかるので頚動脈は完全に塞がれ、椎骨動脈は完全塞がれるわけではないので、わずかながら脳に血流があるが、時間の問題で脳は酸欠状態となりいずれ失神状態になります。 つまり、首にかかる力が体重の20%程度だったとしても、首にきちんと角度がついてさえいれば、 完全に身体をぶら下げた状態でなくても死にいたることはあるということなので、足が床についていても座った状態でも首吊り自殺は完遂できるということ。 お尻や背中が床についていた例もあるそうで、高さが30cmあれば十分だという説もあります。 欧米ではむしろ足が床についた状態の方が多いという説もあります。 充分な高さのない自分の家などでも、ドアのノブでも充分可能であり、階段の斜面を使うといった方法もあるし、とにかく どこかにロープをひっかけることのできる30cm以上の高さと十分な強度があれば自殺可能な環境にあるので「自室にいるから自殺の心配はない」とは言えないということになります。 一瞬で意識を失う 首吊り自殺の未遂率が極端に低い要因が、 短時間で死へといたるからです。 およそ10数分間誰にも見つからなければ、自殺としては完遂してしまいます。 法医学者の研究では、首を吊るとすぐに意識が遠のき、手も足も動かそうとしても動かず、しかもこの過程でまったく苦痛がないことが明らかになっており、これはすでに医学界では常識となっています。 東京で演出家が見物人の前で首吊りの演技をしてみせたところ、腰をおろしたとたんに意識を失いそのまま見物人の前で死んだという事件があります。 ある法医学者は首吊りの苦痛を体験しようとしていつでも踏み台に戻れるように準備し、踏み台から足を外した途端に失神してしまい、かろうじて居合わせた同僚に助けられたという例もあり、同様の体験例はたくさんあります。 電気コードで首をつって助けられた未遂者は、 「頭がぽわーんとしてなにもわからないうちに意識がなくなった。 息ができなくなって苦しいとか痛いといった感じはなかった」と語っています。 また、高さのある場所での首吊りで勢いをつけてぶら下がって首関節を脱臼してしまうケースもありその場合はその一瞬で心停止・呼吸停止に至るそうです。 首吊り死体は汚い? 死に至るには確実と言われる首吊り自殺の欠点としてよく言われるのが、死体の見た目がよくないということです。 たしかに、失禁したり射精したりすることがあります。 喉を締め上げられるため、下が飛び出しよだれが流れ、顔は鬱血して紫色に変色し、さらに目玉が飛び出すなどとも言われるが、ここまでひどいケースはめったにはありません。 死後何日もたっていないと目玉が飛び出すことはないし、舌も歯にひっかかれば突き出ないので、「こういった状態になることもある」という程度。 首吊り死体を写真で見ると、ほとんどがダラ~ン・ブラーンとした状態で、生きている状態とほぼ変わりません。 前述したように脳への血液供給はすでに遮断されているので、顔も鬱血していない場合がほとんどであり、見た目がよくないとは言うものの、ビルからの飛び降り自殺や電車への飛び込み自殺でバラバラやぐちゃぐちゃになった死体に比べれば格段にキレイな死体と言えます。 首吊り自殺に失敗した時のリスク 1985年に歌手のフランク永井氏が首吊り自殺を未遂しています。 妻に発見され救急車が到着した時には意識不明で呼吸も脈もなく、病院に搬送された時には瞳孔が開き昏睡状態だったそうです。 しかし奇跡的に一命を取り留め4〜5日後には意識を回復し、1ヶ月後には少し話せるようになり、その後徐々に回復はしていったものの、見舞いに行った人や妻を識別できず認知症と近い状態であったという。 すなわち脳が酸欠状態に陥って大きな損傷を負ってしまったものであろうと思われます。 失敗してしまうと生きるのにも辛い状態が続き、自殺未遂者として周りの人間からは差別的な目で見られるし、再度自殺を図らないかと監視の目でもみられます。 それどころか、脳に損傷を負う後遺症が残ると、自殺を図ること自体困難でありしかも生きることも困難という、非常に辛い現実が待っているということになります。 首吊り自殺未遂は、1年以内に首吊り自殺を成功させる また、いざ実行にあたって怖くなり躊躇して首吊り自殺未遂に終わってしまうことも多々あると思うけど、 首吊り自殺未遂歴のある人は、1年以内に再度首吊り自殺を実行し成功するという研究があります。 スウェーデンのカロリンスカ研究所による研究で、わかったそうです。 研究グループは、いろんな自殺の未遂・失敗に終わった自殺の方法と、その後の自殺のリスクの関連を、スウェーデンの全国的な長期コホート研究を実施したとのこと。 調査対象は、1973年から1982年の各種病院など施設の入院患者のうちに、過去に自殺未遂歴のある人4万8,649人に対し、2003年までの自殺状況を調査した。 その自殺について調べたところ、以前に未遂に終わった自殺の方法によって、自殺のリスクには大きなばらつきがみられたとのこと。 首つり、絞首、窒息といった自殺をした人は以前にも同じ方法で自殺未遂をしていたものが多く、首つり、絞首、窒息といった自殺未遂者の男性の54%(258人)、女性の57%(125人)が後に自殺に成功して、87%(333人)は未遂後1年以内に目標を達成していた。 これ以外の自殺未遂の人たち(ガス自殺、飛び降り、拳銃、入水)は、首つり、絞首、窒息といった自殺に比べてその後の自殺実行については確率は低かったけど、それでも注意は必要。 自殺成功者のほとんどが、未遂に終わった自殺の方法と同じ方法で自殺に成功していて、たとえば首つり自殺に失敗した自殺未遂者はその90%以上が、再度首吊り自殺を敢行し、自殺に成功。 まとめ 以上、首吊り自殺についてまとめると、 ・使用する道具はなるべく柔らかく首にピッタリとフィットする ロープ、電気コード、包装用のヒモ、USBの充電ケーブル、ベルト、シーツ、タオルなど ・ 身長より高い必要はなく地面に足がついた状態、座った状態でも実行可能 ・一瞬で意識を失い 短時間で死へといたる ・死体は汚いと言われるが、 死体が汚くなるのは極稀なケース ・失敗した時は後遺症が残り車椅子生活になることも ・首吊り自殺未遂歴のある人は、1年以内に再度首吊り自殺を実行し成功するという調査結果 死にそびれたら後悔する死に方をするくらいなら、自殺を実行できるほどの行動力があるなら、その行動力を、まず幸せに生きることに使って見てからでもいいんじゃないでしょうか。 実際私も、自殺を計画するくらいまで精神的に追い込まれたことがありましたが、そのことを通院している精神科の主治医に話したりして、ある意味救われた経験があるのですが、そのときに「確実な自殺方法」を知っていたことにより、「やるだけやってから、言いたいだけ言ってから死ねばいい」とドライに考えることができたので、結果的にまだ死なずにいますし、今でも「いつでも死んでやる」って気持ちで生きてます。

次の