在 トルコ 日本 大使 館。 JAPONYA BÜYÜKELÇİLİĞİ 在トルコ日本国大使館

在トルコ日本国大使館にビザ申請する!

在 トルコ 日本 大使 館

7月より、がを務めている。 沿革 [編集 ]• 5月14日 - イスラエルがから離脱して独立する• 4月28日 - の発効により日本国が独立する• - 在トルコ大使が在イスラエル公使の兼任開始• 7月1日 - 在テルアビブ日本国公使館( 在テル・アヴィヴ日本国公使館)が開設される• - テルアビブの公使館が大使館に昇格する 所在地 [編集 ] 19th and 20th Floor, 4 Berkowitz Street, Tel Aviv 6423806 著名な在勤者 [編集 ]• - 教授• 在イスラエル日本国大使館の所轄となっている。 武野義治 1963• 服部比左治 1963-1967• 吉川重蔵 1967-1971• 1971-1973• 小室和秀 1973-1976• 片上一郎 1976-1979• 吉田長雄 1979-1981• 1981-1983• 門田省三 1983-1986• 1986-1989• 谷口禎一 1989-1992• 内田勝久 1992-1994• 渋谷治彦 1994-1997• 1997-1999• 1999-2002• 今井正 2002-2004• 2004-2006• 2006-2008• 2008-2011• 2011-2014• 2014-2015• 2015-2018• 2018-• アイスランド• アイルランド• アルバニア• イタリア• ウクライナ ()• オーストリア• オランダ• 北マケドニア• ギリシャ• コソボ• サンマリノ• スウェーデン ()• スロバキア ()• スロベニア• セルビア• デンマーク• ノルウェー ()• バチカン ()• ハンガリー• フィンランド• ブルガリア• ベラルーシ• ベルギー• ポーランド ()• ボスニア・ヘルツェゴビナ• ポルトガル• マルタ• モルドバ• モンテネグロ• ラトビア• ルーマニア• ルクセンブルク• 総領事館• アルジェリア• アンゴラ• ウガンダ• エスワティニ• エリトリア• ガーナ• カーボベルデ• ガボン• カメルーン• ガンビア• ギニア• ギニアビサウ• ケニア• コートジボワール ()• コモロ• コンゴ共和国• コンゴ民主共和国• サントメ・プリンシペ• ザンビア• シエラレオネ• ジンバブエ• スーダン• セーシェル• 赤道ギニア• セネガル• ソマリア• タンザニア• チャド• 中央アフリカ• チュニジア• トーゴ• ナミビア• ニジェール• ブルキナファソ• ブルンジ• ベナン• マダガスカル• マラウイ• 南アフリカ• 南スーダン• モーリタニア• モザンビーク• モロッコ• リビア• リベリア• ルワンダ• レソト 総領事館• アルゼンチン• アンティグア・バーブーダ• ウルグアイ ()• エクアドル• エルサルバドル• ガイアナ• キューバ• グレナダ• コスタリカ• コロンビア• ジャマイカ• スリナム• セントクリストファー・ネービス• セントビンセント• セントルシア• ドミニカ国• トリニダード・トバゴ• ニカラグア• パナマ• バハマ• バルバドス• ベネズエラ• ベリーズ• ホンジュラス• 総領事館• アイルランド• アルバニア• イギリス ()• イタリア• ウクライナ ()• エストニア ()• オーストリア• オランダ• キプロス• ギリシャ• クロアチア• ジョージア• スイス• スウェーデン ()• スペイン• スロバキア• スロベニア ()• セルビア• チェコ• デンマーク• ドイツ ()• ノルウェー• バチカン ()• ハンガリー• フィンランド• フランス ()• ブルガリア• ベラルーシ• ベルギー• ボスニア・ヘルツェゴビナ• ポーランド ()• ポルトガル• マケドニア• マルタ• モルドバ• ラトビア• リトアニア• ルーマニア• ロシア 領事館.

次の

【速報】 トルコ共和国の名古屋総領事館、明日開設へ

在 トルコ 日本 大使 館

日本政府は,新型コロナウイルスの感染拡大に対処するための水際対策(当館注:空港や港などで行われる,検疫検査のこと)を強化しています。 現時点での主要な措置や関連情報は以下のとおりです。 日本への渡航を検討される皆様におかれましては,これらの措置に留意するとともに,日本政府の最新情報,当館ホームページ及び領事メール等により,関連情報の収集に心がけていただきますようお願い申し上げます。 1.感染症危険情報(外務省海外安全ホームページ) 世界的な新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ,外務省ではモンゴルを含む世界各国に対して感染症危険情報を発出して注意喚起を行っています。 現在,モンゴル全土に対しては「不要不急の渡航はやめてください」(レベル2)が発令されています。 詳しくは以下の海外安全ホームページをご確認ください。 2.水際対策強化の概要 (1)日本政府は,「上陸拒否(入国禁止)」,「検疫の強化」,「既に発給された査証の効力停止」,「査証免除措置の停止」及び「航空機の到着空港の限定等」などの水際対策を実施しています。 (2)各対策の概要につきましては,外務省ホームページ「新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置について」をご確認ください。 3.上陸拒否 (1)この措置は,「日本上陸前14日以内に,上陸拒否対象国・地域に滞在歴のある外国人」等を,原則として上陸拒否の対象とするものであり, 日本人を対象としたものではあ りません。 (2)上陸拒否対象国・地域につきましては,新型コロナウイルスを巡る世界情勢の変化により頻繁に変更されていますので,法務省ホームページ「新型コロナウイルス感染症の拡大防止に係る上陸拒否等について」をご確認ください。 4.検疫の強化 (1)「14日以内に上陸拒否対象国・地域に滞在歴のある 入国者(日本人も含む。 )は,当面の間,PCR検査の実施対象となり,結果判明までの間,検疫所が指定する施設等への待機が要請されます。 (2)全ての地域からの 入国者(日本人も含む。 )に対し,5月末日までの間,検疫所長の指定する場所(自宅やご自身で確保された宿泊施設等)で,入国の翌日から起算して14日間待機し,国内において公共交通機関を使用しないよう要請しています(右期間は更新されることがあります。 (3)空港から自宅等への移動は,公共交通機関(鉄道,バス,タクシー,航空機(国内線),旅客船等)を使用せずに移動できることが条件となりますので,事前にご家族や勤務先の会社等による送迎,ご自身でレンタカーを手配するなど移動手段を確保してください。 (1)査証制限 ア 既に発給された査証の効力停止在モンゴル日本国大使館で4月2日までに発給された一次・数次査証の効力は,当分の間,停止されます。 本措置は,4月3日午前0時から開始され,5月末日 日本時間。 右期間は,更新することができる。 まで行うこととされています。 なお、査証手数料の返金は行っておりません。 イ 査証免除措置の停止 日本とモンゴルの取り決めにより,モンゴルの 外交旅券所持者については,査証免除措置が講じられていましたが,この適用が停止されています。 本措置は,4月3日午前0時から開始され,5月末日(日本時間。 右期間は更新することができる。 )まで行うものとされています。 ウ 査証申請受理の制限 4月3日以降の査証申請にあたって,日本入国の特段の必要性が認められる外交・公用査証,人道・緊急案件(注)については,受理しますが,既に受理した申請分も含め,当面の間,現行の標準処理期間(申請の受理から原則4業務日以内の交付)を延長されます。 注:人道・緊急案件 「日本人の配偶者等」,「日本在住の家族等の死亡・事故・病気」及び「医療目的」など,皆様個々の事情により,査証申請の可否を判断いたしますので,当館領事・警備班までお問い合わせください。 )に対し,検疫所長の指定する場所(自宅又はホテル等)で14日間待機し,国内において公共交通機関(電車・バス・タクシー等で、家族が運転する自動車又はレンタカー等は除く)を使用しないことを要請されます。 (4)第三国経由での帰国を検討中の皆様へ モンゴル政府が運航する第三国行きのチャーター機に搭乗し,日本への渡航を希望される方もいらっしゃいます。 5月12日現在の,第三国経由(実際に邦人が帰国した実績のある国のみ記載)での帰国の可否については以下のとおりです。 日々情勢が変化しておりますので,第三国経由での帰国を希望される皆様におかれましては,経由国・地域を管轄する我が国の在外公館へ直接確認していただくなど,情報収集に努めていただきますようお願い申し上げます。 チャーター機に搭乗する前に,乗継便の航空券も確保する必要があります。 従って,乗り継ぎに際しては,事前に乗継便を運航する航空会社に,モンゴル政府のチャーター機を運航するMIATモンゴル航空との間で,預け荷物のスルーチェックインが可能であるか確認しなければなりません(スルーチェックインができない場合,韓国に入国した上で,預け荷物を一旦引き取らなければならないため)。 【在韓国日本国大使館】 【仁川国際空港】 イ トルコ(イスタンブール)経由 トルコ政府は全ての国際航空便の一時運航停止措置を講じていますので,現時点では,トルコから乗継便で日本に渡航することはできません。 6.長期滞在査証の取得,在留資格,再入国許可等に関する問い合わせ 「留学」,「技術・人文・国際業務」等の長期滞在査証の取得,在留資格(在留資格認定 証明書も含む。 ),再入国許可等に関しましては,日本の出入国在留管理庁の所掌業務となりますので,下記の窓口までお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。 【外国人総合インフォメーションセンター】 電話:0570-013904(IP,PHS,海外:03-5796-7112) メールアドレス:info-tokyo i. moj. jp URL(日本語 : (英語) : 【当館問い合わせ窓口】 在モンゴル日本国大使館 領事・警備班 EMBASSY OF JAPAN IN MONGOLIA C. Box 1011 Elchingiin gudamj 10,Ulaanbaatar 14210,Mongolia 電 話:(976)11-320777 開館時間:9:00-13:00,14:00-17:45 FAX:(976)11-313332 メール:consul-section1 ul. mofa. jp 休日・夜間の緊急連絡先:(976)7004-5004.

次の

在トルコ日本国大使館とは

在 トルコ 日本 大使 館

1937-1940• 栗原正 1940-1946• 1953-1957• 結城司郎次 1957-1959• 井上孝治郎 1959-1962• 1962-1968• 1968-1970• 須山達夫 1970-1973• 広瀬達夫 1973-1976• 二階重人 1976-1980• 西宮信安 1980-1982• 杉原真一 1982-1986• 和智一夫 1986-1989• 仙石敬 1989-1991• 1991-1993• 1994-1996• 1996-1999• 1999-2003• 阿部知之 2003-2007• 2007-2011• 2011-2013• 2013-2016• 2016-2017• 2017-• アイスランド• アイルランド• アルバニア• イタリア• ウクライナ ()• エストニア ()• オーストリア• オランダ• 北マケドニア• ギリシャ• コソボ• サンマリノ• スウェーデン ()• スロバキア ()• スロベニア• セルビア• チェコ• デンマーク• ノルウェー ()• バチカン ()• ハンガリー• フィンランド• ブルガリア• ベラルーシ• ベルギー• ポーランド ()• ボスニア・ヘルツェゴビナ• ポルトガル• マルタ• モルドバ• モンテネグロ• ラトビア• ルーマニア• ルクセンブルク• 総領事館• アルジェリア• アンゴラ• ウガンダ• エスワティニ• エリトリア• ガーナ• カーボヴェルデ• ガボン• カメルーン• ガンビア• ギニア• ギニアビサウ• ケニア• コートジボワール ()• コモロ• コンゴ共和国• コンゴ民主共和国• サントメ・プリンシペ• ザンビア• シエラレオネ• ジンバブエ• スーダン• セーシェル• 赤道ギニア• セネガル• ソマリア• タンザニア• チャド• 中央アフリカ• チュニジア• トーゴ• ナミビア• ニジェール• ブルキナファソ• ブルンジ• ベナン• マダガスカル• マラウイ• 南アフリカ• 南スーダン• モーリタニア• モザンビーク• モロッコ• リビア• リベリア• ルワンダ• レソト 総領事館.

次の