ガイア の 夜明け 大 戸屋 動画。 貫地谷しほりのさん結婚・ちゃん結婚・女優が話題

歌舞伎町カラオケスナックのいま...三密の店が生き残る条件:ガイアの夜明け|テレ東プラス

ガイア の 夜明け 大 戸屋 動画

「何故下にだけ色々求めてるんだ?」 12月10日放送の経済番組「ガイアの夜明け」(テレビ東京系)では、大戸屋の働き方改革に特集した。 番組では長時間労働に悩む3人の店主に密着し、大戸屋が抱える労働環境の課題を浮き彫りにした。 放送は視聴者に大きな衝撃を与えたようで、SNSでは「ブラックすぎる」「よく放送できたな」との書き込みが集中。 特に山本匡哉社長(46)が店主に「本気になってる?本当に?目が死んでいるんだけど。 下向いて、本気になっているとは思えないんだけど」と強い口調で問いただすシーンは、 「根本的に間違っていることに気づけない社長。 根性論ではどうにもならない」 「何故下にだけ色々求めてるんだ?パワハラ社長の典型。 しばらく大戸屋行く気しないな」 と批判が相次いだ。 大戸屋の公式ツイッターは放送直前に「あ~!放送直前の今、とってもドキドキしています!!ぜひご覧ください」と投稿したきり沈黙していたが、12日に「『ガイアの夜明け』をご覧頂いた皆様、ありがとうございました」と切り出し、「現在も残業時間を含め、働き方の改革中です。 ご視聴頂いた皆様からのご意見を誠実に受け止め、社員の皆さんが健全に働ける環境づくりを会社全体で取り組んで参ります。 この度は貴重なご意見をありがとうございました」と続けた。

次の

歌舞伎町カラオケスナックのいま...三密の店が生き残る条件:ガイアの夜明け|テレ東プラス

ガイア の 夜明け 大 戸屋 動画

現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー番組「」(毎週火曜夜10時)。 6月23日(火)の放送では、新型コロナウイルスの影響で苦境に立たされている飲食業界と、"ドクター"として飲食店の支援にあたる企業を取材。 これからの飲食店のあり方を考える。 まさに三密... 窮地に立たされる歌舞伎町スナックの今 街に活気が戻ってきたかに見える一方で、この数カ月大打撃を受けた飲食業界では、閉店を余儀なくされる店も多い。 閉店した店から運び出された厨房機器を追跡すると、運び込まれたのは巨大な倉庫。 串カツ店のフライヤーから焼肉店の鉄板までうず高く積まれた光景は、さながら飲食店の墓場...。 しかしそこは、飲食店経営者にとって希望の場でもあった。 東京・大田区に本社を構える「テンポスバスターズ」は、厨房機器をリサイクルして販売。 全国に59店舗を展開し、年商は290億円にのぼる。 同社はこのノウハウを活かし、去年飲食店支援事業「ドクターテンポス」をスタート、飲食店経営者たちから様々な相談を受けてきた。 社長の森下篤史さんは、今こそ飲食店の役に立ちたいと、このプロジェクトに一層力を注ぐことに。 「ドクターテンポス」のリーダー・鬼頭一将さんのもとを訪れたのは、新宿・歌舞伎町でカラオケスナック「スタジオ向日葵」を営む立花たくやさん。 芸能人や文化人も訪れるなど店は繁盛していたが、緊急事態宣言の発出を受けて4月10日に営業を自粛。 月の売り上げは9万円に落ち込み、4月分の家賃やカラオケリース料・55万円が未納になるなど、苦境に立たされていた。 夜の街・歌舞伎町という立地に加え、20人も入れば客同士の肩が触れ合うほどの狭い店内、夜8時から朝方までの営業時間など、コロナ禍での悪条件が揃う中、鬼頭さんはまず、給付金申請の手続きから丁寧にサポート。 将来に向けて新規客を獲得するべく、店の内装やコンセプトを一から見直すことを提案する。 しかし立花さんには、これまで続けてきた店に並々ならぬ思いがあった。 課題が山積する中、時には感情をぶつけ合いながら二人三脚で店を残す方法を探っていく。 店の垣根を越えろ! テイクアウトの新たな形 外出の自粛で客足が激減する中、テイクアウトに活路を求める飲食店が増えている。 東京・三軒茶屋で創作料理が売りの居酒屋「ジョーズマン2号」を営む髙崎丈さんは、東京都の要請を受け、夜の営業を臨時休業した。 売り上げが前年の3割から4割程度まで激減する中、窮余の策として弁当販売を始めるが、店が2階にあるため客を呼び込めず、苦戦が続く。 髙崎さんが助けを求めたのは「ドクターテンポス」の品川恵美さん。 自身も食べることが大好きな品川さんは、飲食店の利益が増え、お客が喜ぶ方法を常に考えている。 5月12日、品川さんが店の周辺を視察すると、多くの飲食店が店頭で弁当販売を始めていた。 厳しい競争が予想される中、差別化を図るための案を練る品川さんは、店にあった重箱や小鉢をそのまま使った懐石料理風の弁当を思いつく。 テイクアウトは使い捨てのプラスチック容器が主流だが、品川さんの狙いは「家でも店の雰囲気が味わえる」こと。 「開けたときに"うわぁ~"となって欲しい」との願いをこめた。 この日、品川さんの呼びかけで集まったのは、髙崎さんをはじめ、近所で評判の日本料理店やフレンチレストランを営むオーナーたち。 品川さんは、満を持して懐石弁当のアイデアを披露するが、重量やコスト面などプロの目から次々と厳しい意見が出される結果に。 ところがこの懐石弁当が、店の垣根を越えた思いもよらないアイデアへと発展していく。 飲食業界で生き残りを賭けて奮闘する人々を追った「ガイアの夜明け」は、今晩10時から放送。 どうぞお見逃しなく! 過去の放送が見たい方は、へ!.

次の

ガイアの夜明け 6月23日

ガイア の 夜明け 大 戸屋 動画

戸屋の各店で、「桃浦(もものうら)かきの出汁鍋定食」が1月27日に発売される。 3月上旬までの期間限定。 価格は1,148円(税込)。 これは、今年で6回目となる「東北復興支援スペシャルメニュー」。 宮城県石巻市・桃浦湾で育った牡蠣に、たっぷりの野菜と手づくり豆腐を合わせ、鰹本枯節と昆布でひいた出汁で煮込んである。 隠し味に豆板醤も加えられているそう。 トマトとクレソンがアクセント。 牡蠣のうまみがしみ出した出汁と、素材を生かしたシンプルな味わいが楽しめるそうだ。 味付けは、おろしぽん酢で。 なお、1食あたり20円が、認定NPO法人NPOカタリバが運営するコラボ・スクール(宮城県女川町、岩手県大槌町にある被災地の子どもたちのための放課後学校)に寄付されるとのこと。 定食チェーン・大戸屋のレシピが掲載されたレシピ本「大戸屋 にっぽんの定食レシピ」が、学研ホールディングスから発売された。 税別価格は933円。 野菜たっぷりレシピが家庭で再現できる? 野菜たっぷりレシピが家庭で再現できる? 大戸屋は、野菜たっぷりでバランスのよいメニューが人気の定食チェーン。 ヘルシーでおいしいと、特に女性からの支持を集めている。 今回発売されたレシピ本には、家庭で簡単に再現できるようアレンジされた「人気の定食メニュー10」のほか、サイドメニューや季節メニュー&限定メニュー、ごはんをおいしく炊くコツなどが掲載されているとのこと。 同店のレシピを再現するだけでなく、献立を考える際のヒントも得られそうだ。 先日放送された「お願い! 1番人気のメニューや創業時から愛され続ける看板メニューにも差をつけ、ほぼ満点の高評価で1位となったのが、期間限定の「出汁香る たっぷり葱の鴨鍋定食」(税込898円)。 辛口の美食家たちも「完璧です」「安すぎ、大丈夫なの?」などと絶賛していました。 気になったので、筆者もさっそく最寄りの大戸屋へ食べに行ってみました!…で、結論から言うと、これめちゃくちゃおいしい!このクオリティで1,000円以下は相当コスパも高いんじゃないでしょうか。 ぐつぐつと音を立てる土鍋の中に、厚みのあるあい鴨肉とお店仕込みの鴨だんごがごろごろと。 お野菜には白菜やニラ、そしてたっぷりのねぎがこんもりと。 ・9割以上がネガティブな反応 ・ガイアの夜明け「企業の闇を明らかにする番組」と話題 ・「社長が一番のガン」「こんな社長なら行くの控える」大戸屋・山本社長に批判 ・反響が大きく「大戸屋のホームページがつながらないw」との声 ・調査概要 ・「お店なくなるよ?じゃねーよ。 お前がやるんだよ!」 2019年12月10日、経済ドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」で定食チェーン店「大戸屋」が特集され、「ブラックですよと紹介してる」や「久々に恐ろしい番組を見た」など、大戸屋の経営状態を問題視する声で溢れました。 9割以上がネガティブな反応 SNS分析ツールによるツイートの分析結果、94. 頻出関連語には「社長」「無能」「現場の状況」などが多く見られる中、「ブラック企業」「恐ろしい」などの単語も。 ガイアの夜明け「企業の闇を明らかにする番組」と話題 12月10日放送のガイアの夜明けでは、大戸屋の時間外労働是正に密着し、問題となっている店主の労働環境について放送しました。 しかし、視聴者からは「密着に見せかけた告発の回」とされ、「人手不足飲食店業界の闇を見せてくれた大戸屋」や「密着されてメリットあるの?」といった声が多く、大戸屋に対する悪印象が強かったようです。 定食チェーンの大戸屋(東京)はこのほど、愛知県名物「八丁みそ」を使った新メニューの提供を始めた。 煮込みうどんと焼きうどんをメインに据えた2種類で、5月31日までの期間、愛知、三重、岐阜の東海3県限定(24店舗)で提供する。 新メニューは「味噌(みそ)煮込みうどん定食」(930円)と「味噌焼きうどん定食」(890円)。 愛知県岡崎市八帖町で生産される長期熟成の豆みそ「八丁みそ」を使用した。 いずれもご飯が付き、価格が高めのみそ煮込みうどんを割安に提供しているところも特徴の一つという。 「味噌焼きうどん定食」には空揚げとみそ汁も付いており、ボリューム満点。 特に男性客をターゲットに売り出したい考えだ。 社内では2年ほど前から提案が上がっていたが、ようやく商品化にこぎ着けた。 同様に東海3県の地域限定で提供している「四元豚ロースの味噌とんかつ定食」(970円)は定番メニューとなっている。 地域限定メニューは人気が出れば全国展開する可能性もあるといい、担当者は「売れ行き次第では提供の期間延長や、エリア拡大も検討したい」と話している。

次の