アフターピル 病院 値段。 ピルの値段はどれくらい?相場や保険適用になるかなど気になる疑問にお答えします!

アフターピルの値段はどれくらい?

アフターピル 病院 値段

アフターピルを処方してくれる病院は色々ありますが、それぞれ特徴が違うので自分にあったところを選びましょう。 通常のアフターピルの避妊効果は72時間ですが、時間とともに効果は下がるので、なるべく早く行きましょう。 アフターピルは婦人科・産婦人科・レディースクリニックでもらえます アフターピルを処方しているのはおもに• 婦人科の病院• 産婦人科の病院• レディースクリニック です。 どこでもらっても問題はありません。 もらいに行く病院の場所選びは慎重に 病院が自宅や職場、通っている学校から近すぎると、知り合いに遭遇するリスクもあります。 普段行かない街の病院にするか、大きい街の病院にすると良いでしょう。 土曜日・日曜日・祝日も診察しています アフターピルの処方は土日祝日や夜間でも対応してくれます。 病院によって対応できる日が違うので、病院のホームページを見るか、直接電話して聞いてみましょう。 診察はなるべく早くしたほうが望ましいので、 今日(もしくは明日)休診ではない病院を選びましょう。 それぞれ説明していきます。 予約 電話予約が一般的ですが、病院によってはネット予約やLINEでの予約ができる場合もあります。 緊急性が高い場合は、予約をしないでも対応してくれる病院が多いです。 受付(保険証と未成年について) アフターピルの処方の用途(緊急避妊)は、病気の治療ではないので保険証は不要ですが、病院によっては、保険証を持参すると料金が安くなるところがあります。 また、ほとんどの病院で未成年でも受診が可能です。 保護者の同伴や同意書も必要ありません。 診察の内容(時間は大体5~10分) 診察では以下のようなことを聞かれます。 病院によっては問診票に記入するだけのところもあります。 最終月経日• 生理周期は安定しているか• 性交をした日・時間• 過去にアフターピルを服用したことがあるか など 内診(触診)や血液検査などはありませんが、高血圧や過度な肥満の方の場合には処方が出来ない可能性があるため、血圧や体重を測定することもあります。 問題がなければ、医師からアフターピルの効能や副作用、服用時の注意事項についての説明があります。 診察はだいたい5分~10分程度で終わります。 人によっては副作用が強く出てしまい、アフターピルを吐いてしまう方もいます。 心配な場合は、診察時に医師に相談して吐き気止めの薬を出してもらいましょう。 病院によっては医師の前で服用する必要があります。 病院でもらえるアフターピルの種類 ほとんどの病院では「ノルレボ法」「ヤッペ法」の2種類のアフターピルを処方しています。 基本的には避妊効果が高いノルレボ法が推奨されますが、医師の診断によってはヤッペ法のアフターピルが処方されます。 また、従来よりも避妊可能な時間が長い(120時間)アフターピル「エラ」も最近注目されています。 エラは現在日本では未承認となっていますが、病院によっては輸入されたものを処方してもらえるところもあります。 アフターピルの種類 ノルレボ法(ノルレボ錠) 1錠を服用。 避妊効果が高く、副作用も少ない。 72時間以内の服用 ヤッペ法(プラノバール) 中用量ピルを使用するため、副作用が強め。 72時間以内の服用 第3のアフターピル (エラ・エラワン) 新しい成分が使われているアフターピル。 120時間(5日)以内の服用 診察と処方にかかる費用 病院によっても違うのでだいたいの目安ですが、以下のようになります。 初診料・再診料 無料~3,000円• アフターピルを処方してもらえないケースは? 以下のようなケースがあります。 病院ごとで対応が違う場合が多いので、あらかじめ電話して聞いておくと良いでしょう。 持病や服用中の薬との飲み合わせ 持病や服用中の薬の有無によって、アフターピルを処方してもらえない場合もあります。 本人以外の受け取りはNG(代理人や男性) アフターピルは服用する女性本人が来院して医師の診察をうけることが必要です。 男性パートナー(夫や恋人)など、代理の受け取りはできません。 授乳中の人は? 授乳中の人にもアフターピルは処方できますが、服用から24時間は母乳に薬の成分が残ってるので、授乳しないように気を付けてください。 希望したアフターピルがもらえない 病院によってはノルレボ錠しか取り扱っていない、という場合もあります。 また、医師の診断によっては別の種類のアフターピルが処方される場合もあります。 アフターピルをもらいに行く前に、病院に確認しましょう ここまで説明したことは一般的なアフターピル処方の例なので、病院によって違いがあります。 事前に病院のホームページで料金・処方している薬の種類・アフターケアなどを確認しておきましょう。 不安な点や疑問に思う点があれば、病院に確認することをおすすめします。 イザというときのために通販で購入しておこう ここまで、病院でアフターピルをもらう方法についてご説明しましたが、 アフターピルは海外の通販サイトで購入することが可能です。 海外ではアフターピルがドラッグストア簡単に買うことができ、価格も非常に安いです。 海外のアフターピルの値段 その海外製アフターピルを個人輸入という形で日本人も購入することができます。 また、プライバシーが守られやすいという利点も見逃せません。 アフターピルの場合、商品の到着を待つ余裕がないので、避妊失敗後の注文では間に合いませんが、万が一の常備用として通販の利用はおすすめです。 失敗したときに備えて、2~3錠用意しておくのがいいですね。 通販で購入できるアフターピル 海外の通販サイトでは日本でよく使われているノルレボ、プラノバールは売っていませんが、ノルレボ法とヤッペ法に使える別のピルがそれぞれ購入可能です。 ノルレボ法のピル• アイピル(ノルレボのジェネリック)• アンウォンテッド72(ノルレボのジェネリック) ジェネリック(後発医薬品)は、ノルレボと成分・用量が同じ効果に違いはありませんが、価格が非常に安くなっています。 ヤッペ法のピル• ロエッテ(低用量ピル)• トリキュラー(低用量ピル) ヤッペ法では中用量ピルを使用しますが、低用量ピルを複数錠飲むことでもアフターピルとして使うことが出来ます。 新しいピル(エラ) エラは国内未承認のアフターピルですが、通販サイトでは購入が可能です。

次の

アフターピルはまとめ買いしておくべき?

アフターピル 病院 値段

あなたはピルという言葉を聞いてどのような事を思い浮かべるでしょうか。 一口にピルと言っても、使う用途によってピルには様々な種類があります。 昔は病気の治療を目的として、含まれているホルモンの量が多い高用量ピルや中用量ピルが使われていましたが、今では副作用の強さ等の理由から高用量ピルはほとんど使われる事はありません(中用量ピルは今でも使われています)。 現在、女性の間で一般的になりつつあるのは 避妊を目的とした低用量ピル(経口避妊薬)です。 避妊には アフターピルという薬も使われています。 他には月経困難症(生理の重い症状)の治療等に使われる超低用量ピルがあります。 このページでは特に関心が高い 低用量ピルとアフターピルの違いを解説します。 この2種類のピルは両方とも 通販で購入する事ができます。 下のリンクから飛べる通販サイトなら、 病院処方より安い価格でこれらのピルを手に入れられるので、かかる費用を抑えたい方におすすめです。 もくじ [閉じる] [開く]• 低用量ピルとアフターピルのそれぞれの効果 低用量ピルとアフターピルは女性ホルモンが含まれた経口避妊薬と呼ばれる薬です。 2つとも女性が避妊するために飲む薬ですが、薬に入っているホルモンが異なるため、効果に違いがあります。 毎日の服用でほぼ確実に避妊できる低用量ピル 低用量ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンが含まれています。 毎日の継続した服用によって排卵を抑える事ができ、ほぼ確実な避妊が可能になります。 主に避妊を目的として服用されますが、ホルモンバランスを整える作用によって 生理前のつらい症状(PMS)やニキビを軽減する効果も得られます。 避妊に失敗!緊急時に飲むアフターピル アフターピルには黄体ホルモンが含まれていて、服用する事によって排卵が強力に抑えられます。 避妊なしのセックスを行ってしまった、コンドームが外れた・やぶれた、暴行事件に巻きこまれてしまった等の危険なセックスの直後に飲む事によって妊娠を防ぎます。 緊急に避妊したい場合のみに使用されるピルであり、低用量ピルが様々な副効果を期待できるのと比べて、アフターピルで得られるのは避妊効果のみです。 ピルの種類によって飲み方が違う 低用量ピルとアフターピルはそれぞれ飲み方が異なります。 服用する際はまちがわないようにしましょう。 低用量ピルは飲み忘れに注意 1枚の薬のシートに1周期分の薬が入っています。 ホルモンが含まれた21錠の薬を毎日1錠ずつ同じ時間に飲みます。 飲み終わったら7日間の休薬期間を経て、次のシートを服用します。 毎日飲む必要がある薬で、飲み忘れがあると避妊の効果が下がってしまいます。 休薬期間中にホルモンが入っていない偽物の薬(プラセボ)を飲み続けるタイプもあり、飲み忘れが心配な人におすすめです。 アフターピル服用にはタイムリミットがある アフターピルは1つのパッケージに1回分、1錠の薬が入っています。 セックスの直後になるべく早く1錠を飲みます。 セックスから時間が経つほど避妊の効果が下がっていき、 12時間以内の服用で99. 5%、72時間以内の服用で84%の確率で避妊に成功します。 72時間以降ではがくんと成功率が下がってしまうので、最長でも72時間以内の服用が必要とされます。 病院処方のピルの値段 ピルを病院で処方してもらう場合、保険が適用されません。 自由診療になるのでかかる費用は病院によって異なりますが、 低用量ピルは約3,000~6,000円、アフターピルは約10,000~20,000円かかるようです(低用量ピルは初診の場合を例にしています)。 低用量ピルは初回以降は数回の周期分の薬をまとめて処方してもらう事ができますが、アフターピルは避妊の失敗の後でないと処方してもらう事はできません。 低用量ピルもアフターピルも通販で買える 低用量ピルもアフターピルも保険が適用されない事から、処方にかかる費用が高いと感じる人は多いのではないでしょうか? 特にアフターピルは万単位のお金がかかる上に避妊の失敗の後でないと処方してもらえないので、お金がない時や病院の休診日等はとても不便です。 このような問題に悩んでいる方に私は ピルを通販で購入する事をおすすめします。 実は、ピルのような医薬品は 個人輸入代行サイトを利用する事によって、海外のものに限り通販で購入できるのです。 通販を利用すればピルを安く購入できる上に、もしもの時のためにアフターピルもストックしておけるので便利です。 おすすめの低用量ピルとアフターピル 私が特におすすめしたい低用量ピルとアフターピルを紹介します。 どちらも通販で注文する事ができて病院よりも安い価格で購入できます。 マーベロン ノルレボという日本でも処方されているアフターピルのジェネリック(先に作られた薬と同じ効果を得られながら安い価格で買える薬の事です)で、 通販でのみ購入する事ができます。 4回分の薬(4錠)が1つのパッケージに入っていて、 1錠あたり約700円前後の価格で買えます。 海外の薬ですが、当初から小柄の日本人の体質に合わせて作られているので、副作用が心配な方にもおすすめです。 何度もアフターピルを使ってしまう人は低用量ピルの服用を考えてください 低用量ピルもアフターピルも避妊に使用される薬ですが、低用量ピルは継続した避妊、アフターピルは緊急避妊のために服用されます。 中用量ピル等に比べたらアフターピルは副作用が低く抑えられて作られていますが、度重なる服用は少なからず体の負担になります。 もしも、アフターピルを服用する機会が多いのであれば、継続して服用する低用量ピルをおすすめします。 このページで紹介したマーベロンは特に通販で人気のある低用量ピルです。 いきなり通販と言われてもとまどう方がほとんどだと思います。 ピルを通販で注文する場合の方法や注意点をまとめたページを用意したので、気になる方は参考にしてください。

次の

アフターピルの値段

アフターピル 病院 値段

安さの秘密は海外ではアフターピルが薬局などで売られている薬だからです! 日本では考えられませんが、 海外は国全体が避妊に協力的です。 避妊に対する教育も進んでいるので、 緊急時に女性が手に取りやすい価格でピルが販売されています。 【カナダの薬局、緊急避妊薬2500円🇨🇦】カナダの薬局でも見つけました!緊急避妊薬、約2500円!日本では医師の受診が必要で、価格は1. 5万円前後。 72時間以内には飲むべき薬なのに😱この差はなに。。。 日本でもアクセス改善しますように。 ですが、 病院は最悪の事態が起こる前にアフターピルの処方をしてくれません。 自分で自分の身を守るためにも、 アフターピルは通販であらかじめ準備しておくと安全です。 通販で購入できるアフターピルの種類 通販人気No. 避妊率No. 商品 ナイピル エラ アイピル ノルレボ オススメ 初心者向け 5日以内の服用で 避妊率85%以上 通常3日以内服用 処方薬と同成分を 安く買いたい人向け 病院処方薬と同じもの が欲しい人向け 価格 2,980円 4,950円 1,200円 3,320円 内容量 4錠入り (1錠745円) 1錠入り 1錠入り 1錠入り 特徴 ・4錠入りでお得 ・日本人向けに開発 副作用が起こりにくい ・通常3日以内 の避妊効果が 5日間ある ・1錠売り最安 ・病院処方の ノルレボの ジェネリック ・病院が処方している アフターピル もくじ [閉じる] [開く]• アフターピル正規品取り扱いサイト紹介 アフターピルを種類別で、正規品最安値取り扱いサイトを紹介します。 ナイピル最安値サイト! ナイピルは避妊に失敗してしまった場合や望まない妊娠を避けたい場合に服用する1錠タイプの アフターピルです。 行為から 72時間以内の服用で避妊成功率80%以上の高い効果が期待できます。 自宅やかばんに常備しておけば病院に行くことができない場合でも服用することが可能です。 ナイピルは1箱4錠入りで2,980円と 1錠あたりの値段が安いので緊急用に持っておく薬として人気があります。 通販サイト クーポン利用で 最安値!! お薬なび お薬ラボ メデマート 内容量 4錠 4錠 4錠 1箱 2,980円 2,980円 2,980円 2箱 5,660円 1箱単価:2,830円 5,660円 1箱単価:2,830円 5,660円 1箱単価:2,830円 3箱 8,050円 1箱単価:2,013円 8,050円 1箱単価:2,013円 8,050円 1箱単価:2,013円 割引 会計時に入力! 500円OFFクーポン Syokai500 コードをコピー なし なし アイピル最安値サイト! アイピルは 日本の病院処方でも一般的なアフターピル「ノルレボ錠」のジェネリック医薬品です。 行為後 24時間以内に服用することで避妊成功率98%の高確率で望まない妊娠を防いでくれます。 1箱1錠入り1,200円と買い求めやすい金額なので、今すぐ使用しない人でも自宅保管用として人気があります。 通販サイト クーポン利用で 最安値!! お薬なび 6箱まとめ買い 最安値! お薬ラボ メデマート 内容量 1錠 1錠 1錠 1箱 1,200円 1,250円 なし 3箱 3,510円 1箱単価:1,170円 3,450円 1箱単価:1,150円 3,640円 1箱単価:1,213円 6箱 6,840円 1箱単価:1,140円 6,000円 1箱単価:1,000円 6,480円 1箱単価:1,080円 割引 会計時に入力! 500円OFFクーポン Syokai500 コードをコピー なし なし ノルレボ最安値サイト! 2020年現在、 日本の病院で処方されるアフターピルがこのノルレボです。 避妊効果を確かめる臨床試験では、行為から 24時間以内の服用で妊娠阻止率98. 2%と高確率。 74時間以内の服用でも84%の妊娠阻止率を持っているので、行為から少し時間が空いてしまっていても安心です。 病院処方の医薬品として信頼度の高いノルレボは通販でも購入することが可能です。 通販サイト クーポン利用で 最安値!! お薬なび メデマート お薬ラボ 内容量 1錠 1錠 1錠 2箱 6,300円 1箱単価:3,150円 6,300円 1箱単価:3,150円 6,300円 1箱単価:3,150円 3箱 8,920円 1箱単価:2,973円 8,900円 1箱単価:2,967円 8,920円 1箱単価:2,973円 割引 会計時に入力! 500円OFFクーポン Syokai500 コードをコピー なし なし エラ最安値サイト! エラは従来のアフターピルに比べて 行為後の避妊可能な日数が120時間(約5日)に増えた新しい薬です。 今までは行為の後から72時間以内の服用で80%程度の避妊成功率でしたが、 エラは72時間以内の服用で95%、 120時間以内の服用でも85%以上の避妊成功率です。 エラを手元に置いておくことで、避妊失敗から時間が経っても不安な思いをしなくて済むようになります。 通販サイト クーポン利用で 最安値!! お薬なび お薬ラボ ベストケンコー 内容量 1錠 1錠 1錠 1箱 4,950円 4,950円 6,674円 2箱 8,910円 1箱単価:4,455円 8,910円 1箱単価:4,455円 10,794円 1箱単価:5,397円 3箱 11,880円 1箱単価:3,960円 11,880円 1箱単価:3,960円 14,913円 1箱単価:4,971円 割引 会計時に入力! 500円OFFクーポン Syokai500 コードをコピー なし 会計時に入力! 500円OFFクーポン GOLD コードをコピー アフターピルを通販で安全に購入するためのポイント アフターピルを通販できると聞いて、「 薬を通販で手軽に購入するなんて安全なのかな?」と不安に思う人も少なくないのではないでしょうか。 実際、通販サイトを利用することで、薬が届かなかったり、偽物が届いたりしたというトラブルが起こる可能性も少なからずあります。 今回は、そういった トラブルを避けるべく、安全に購入するためのポイントを紹介します。 通販で安全に購入するためのポイント ・個人輸入のルールを守る ・安全なサイトから購入する 個人輸入のルールを守る Amazonや楽天といった通販サイトでは、アフターピルは販売されていません。 通常、アフターピルを購入するには、医師による処方箋が必要です。 しかし、下記のようなルールを守ることで、 個人でも海外から医薬品を手軽に輸入することが出来ます。 薬を注文した人のみが薬を使用する(譲渡・転売は禁止)• このサイトで紹介している通販サイトは 個人輸入代行サイトと呼ばれています。 本来、個人輸入では海外との手続きがとても面倒。 個人輸入代行サイトでは面倒な手続きを代わりにやってくれるので、利用者は普通の通販サイトと同じように商品を注文できるのです。 安全なサイトから購入する 利用しようとしているサイトが安全なサイトか判断したい時は、コチラを参考にしてください。 【運営者の所在地は記載されているか】 本当に存在している運営業者であれば、通販サイト内に所在地(住所)が記載されています。 問い合わせ先(電話番号やメールアドレス)の記載があるかもチェック! 【価格は安すぎないか】 他の通販サイトと比較してあまりにも安いピルが売られている場合、偽物を販売している可能性があります。 注意しましょう。 【配送期間に注意】 通常、個人輸入の配送にかかる日数は1週間~2週間です。 それよりも早い日数で到着すると書かれている通販サイトは、国内から発送している詐欺サイトの可能性があります。 【クレジットカードが利用できるか】 カード会社の審査をクリアした通販サイトだけがクレジットカードを利用することが出来ます。 クレジットカードを利用できないということは、何らかの理由でその審査をパスできなかったサイトということになるので注意が必要です。 支払い方法が銀行振込しかない場合はさらに注意! 個人名講座だと詐欺を疑った方がいいかも... 参考 管理人オススメの通販サイト 安全なサイトの基準を考えた上で、管理人がオススメしたい通販サイトが「お薬なび」です。 基準をしっかりとクリアし、口コミ評判がいいこともあって利用し始めたお薬なび。 現在に至るまでしっかり本物のピルを購入することが出来ていることが何よりも信頼がおけます。 そんなお薬なびでアフターピル「ナイピル」を購入した時の流れをまとめてみました。 お薬なびでナイピルを購入してみた! アフターピル「ナイピル」を最安値サイトお薬なびで実際に購入してみました。 注文から到着までの流れをまとめて、注文してみてどうだったかの感想を紹介します! 注文内容 購入した商品:ナイピル1箱 届くまでにかかった日数:9日間 合計金額:3,480円 薬代:2,980円+送料1,000円-割引500円 お薬なびでナイピルを注文 まずはお薬なびでナイピル1箱 4錠入り を注文。 楽天やAmazonなどの有名な通販サイトと変わらず、発送先の住所や氏名などの入力を行います。 注文完了までにかかる時間としては1分半ほどです。 ナイピルを注文した後、支払い情報のメールが届く 商品を注文後、すぐに商品代金の支払い情報がメールで届きました。 今回、管理人は銀行振込を選択していたので、振込先の口座情報が届きました。 入金が完了してすぐに商品発送完了のメールが届く 入金したその日の内で商品発送完了のメールが届きました。 他通販サイトと比べても入金から発送までとても早いと思います! 商品発送のお知らせと、追跡情報番号も送られてきました。 商品を追跡してみた! 追跡情報番号が届いて約1週後に商品を追跡してみました。 商品が今どこにいるのかが見れることで、後どれくらいで着くのかのある程度の目安となるので便利でした。 届いたダンボールは、気のせいかもしれませんが少し古びた感じを受けました… また、乳製品のような酸っぱいニオイがしたので気になる方もいるかもしれません… プラスチック箱の中にナイピルが入ってました! ダンボールの箱を開けると、プラスチックの箱の中にナイピルが入っていました。 商品の状態 商品の状態も良好です。 商品に問題は無かったのですが、商品が入っていたピンクの箱の梱包が少し雑な感じがしたので、気になる方は気にかも…という感じです。 とはいえ、お薬なびで注文してみて 全体的に受けた印象は良く、注文するごとに ポイントも貯まるし、 また利用したいと思える良いサイトだなと思いました。 病院 約10,000~20,000円(薬の料金+処方料・診察料など) 通販 約4,000円前後(送料込み) 少なくとも 6000円、高いところだと 16000円以上の差がつくことが分かりました。 病院処方のアフターピルは保険が適用されず、値段も病院側が自由に決めることが出来ます。 その為、このような高額な費用を請求されてしまうのです。 継続して避妊をしたいなら低用量ピルがオススメ アフターピルは、短期間内で強制的に排卵をストップさせて避妊を行うため、副作用が出る可能性が高いという所がデメリットとして挙げられます。 そのため、アフターピルを常用することは体にかかる負担が大きくなってしまうため危険です。 あくまで やむを得ない場合に服用するのがアフターピル。 継続して避妊を行いたい場合は低用量ピルの服用がオススメです。 低用量ピルは、避妊を行うだけでなく、ホルモンバランスを安定させる作用があるため下記のような症状を改善する効果が期待できます。 生理痛を解消• 肌荒れ改善• 生理前後の気分の落ち込みを解消 また、低用量ピルはアフターピルと同じく、医薬品通販サイトを利用して購入することができます。 アフターピルの常備には通販が便利! アフターピルは、避妊に失敗してしまった後からでも服用することで望まない妊娠を防ぐことができます。 避妊に失敗した後72時間以内に服用しなければいけないというタイムリミットがあるため、通販サイトを利用して事前に購入しておくと すぐに対処ができてより避妊成功率が高くなるので安心です。

次の