いかなご くぎ煮 レシピ。 「第9回 いかなごのくぎ煮文学賞」入賞作品

くぎ煮レシピ

いかなご くぎ煮 レシピ

いかなごを洗し、ザルに上げしっかり水を切る• 土しょうがをよく洗い水気を取り、皮付きのまま細かく千切りに。 鍋より一回り小さいアルミホイルに、指で多めの穴を開けた落しブタを作っておく。 醤油、きざら、みりん、酒、水、土しょうが、水あめ、寒天の粉をあわせたものをしっかり煮立たせる。 煮立ったところに、いかなごを4〜5回に分けて入れる。 手早く手でいかなごを均等にする。 事前に用意したアルミホイルの落としブタを入れ、強火で一気に煮立たせ、ふきこぼれない程度の火加減で煮る。 この時、いかなごに泡がまんべんなくかぶさっている状態にする。 箸などで絶対にかき回さない。 泡が鎮まり、いかなごの間に小さなブクブクでるくらい煮汁が減った時、中火〜弱火にしてアルミホイルのフタを取り、煮汁の残りの量を確かめながら煮つめ、レモンの皮を入れて少し煮汁が残っている状態で火を止める。 鍋つかみを使って2〜3回ひっくり返す。 煮上がったら、平ザルにかえして残り汁を切り、すばやく冷ます。 好みにより白ゴマをかけてください。 ・鮮度の良いいかなごを選ぶこと!• ・煮汁を手早く捨てること!• ・手早く冷ますこと!• ・大きく厚手の鍋を使用すること! 1回に1kgが限度.

次の

こう使うと美味しい!いかなご「くぎ煮」のアレンジレシピ5選

いかなご くぎ煮 レシピ

いかなごの漁業解禁時期は 2月から3月です。 この頃の稚魚を逃すと、いかなごは大きくなってしまうそうです。 ということで、 いかなごのくぎ煮は2月から4月が旬。 この時期に、新鮮ないかなごを使って、くぎ煮を作られる方も多いですよね。 面倒な下処理をしなくても手軽に食べられる『いかなご』。 今回はそんな優秀食材 「いかなご」について、 栄養素やカロリー、 くぎ煮のレシピや くぎ煮以外の食べ方などなどを紹介していきますね。 Sponsored Links• カリウム 高血圧予防、筋肉の収縮をスムーズにします。 カルシウム 骨や歯の元になります。 また、神経を安定させる働きがあります。 カルシウムが不足すると、骨粗しょう症のリスクが高くなることや、神経不安になりイライラすることも。 稚魚をそのまま食用にするため、カルシウムを多く摂ることができます。 また、豊富なビタミン類 ビタミンD、B2、B12を多く含み、活性酸素抑制・不眠予防・心の安定に効果があるとされています。 いかなごのくぎ煮(佃煮)の栄養価&カロリーは? いかなごのくぎ煮は、神戸の播磨地域の郷土料理です。 スポンサードリンク なぜ「くぎ煮」という名前が付けられたのかというと、醤油などで煮詰められたいかなごは茶色くなり、湾曲して釘の様に見えることに由来します。 カロリーは161kcal(100gあたり)と、そんなに高くはありません。 栄養価はカルシウム、ビタミンD、B2、B12が高いです。 いかなごのくぎ煮を一鉢食べるだけで、カルシウム、ビタミンD、B2、B12については 一日に必要な摂取量の8割以上を摂ることができるそうですよ! Sponsored Links いかなごのくぎ煮(佃煮)のレシピ&くぎ煮以外の食べ方は? けっこう簡単な、いかなごのくぎ煮のレシピはこちら! 用意するもの• いかなご 1kg• 酒 50cc• 醤油 200cc• ザラメ糖 200g• みりん 150cc• 生姜を千切りにして、いかなごを水で洗う• 鍋に酒、醤油、ザラメ糖、みりんを入れて煮立たせる• いかなごと生姜を4回程に分けて加えていく• 中火にして、アクを取る• 30分くらい煮たら弱火にする• 時々鍋をゆすり、全体に味が染み込むようにする• 煮詰まってきたら、底面にしゃもじ等を入れ優しくひっくり返す(数回)• 必要以上に触らないことがポイント! くぎ煮以外の食べ方は? 「いかなご」と言えば「釘煮」が浮かびますが、他にはどんな食べ方があるのでしょう。 いかなごの天ぷら 天ぷら粉を付けて揚げるだけ• いかなごの酢の物 わかめやきゅうりと一緒に酢、みりん、醤油と混ぜるだけ• いかなごのだし巻き 卵といかなごを混ぜて、だし巻きを作る• いかなごのスープ わかめスープの中にいかなごを入れるだけ まとめ いかなごは、沿岸において食物連鎖の底辺を支える大切な魚です。 食物連鎖が崩れてしまうと、絶滅する種類も出てきますし、異常に増える種類も出てきますからね。 20,030件のビュー• 15,063件のビュー• 12,365件のビュー• 8,801件のビュー• 8,697件のビュー• 8,215件のビュー• 6,612件のビュー• 5,125件のビュー• 4,894件のビュー• 4,381件のビュー カテゴリー• 最近の投稿•

次の

神戸の名産!いかなごのくぎ煮 KOBE伍魚福オンラインショップ

いかなご くぎ煮 レシピ

いかなごのくぎ煮といえば兵庫県の名物で知られている郷土食です。 炊きあげたいかなごが茶色く錆びた釘に見えることから「いかなごのくぎ煮」と呼ばれるようになったようです。 今回は、あばあちゃんが昔から作っていたレシピを孫である調理人が隣でおばあちゃんから伝授されながら料理していく過程を忠実に再現しました。 具体的に見たい場面は動画を参照して頂ければと思います。 いかなごのくぎ煮のレシピ いかなごは身が非常に崩れやすい魚なので 一切かき混ぜないことが重要です。 かきまぜてしまうと、魚の形というよりもお団子状態になってしまいますので、以下を参照にして料理して頂ければと思います。 いかなごのくぎ煮のレシピの材料 ・いかなご:2kg ・中ザラ糖:440g(いかなごが小ぶりの時は400g) ・丸大豆しょう油:200ml ・濃い口しょう油:200ml ・ミリン:160ml ・日本酒:160ml ・生姜:260g(千切りにしておきます) ・水飴:大さじ二杯 ・皮なしゴマ(お好みにより) いかなごのくぎ煮の作り方 1.生のいかなごを水に入れてぬめりを取る感じでよく洗います。 そして、ザルに入れて水気を切っておきます。 2.鍋に中ザラ糖440g(いかなごが小ぶりの時は400g)入れます。 そこに、丸大豆しょう油を200ml(いかなごが小ぶりの時は180ml)と濃い口しょう油を200ml(いかなごが小ぶりの時は180ml)入れます。 3.次に鍋にミリンと日本酒を160mlずつ入れてから火にかけます。 時折、そこにある中ザラ糖が溶けていないようであれば、鍋の取っ手を持って鍋を軽くゆすりながら溶かすようにします。 決して鍋の中をお玉などでかき混ぜてはいけません。 (動画に録音されているおばあちゃんの声がそう言っています) 4.中ザラ糖が溶けて沸騰した状態の鍋に千切りにした生姜を一部投入します、(動画6:40秒付近) そこへ、いかなごを少し入れます。 そして、その上に千切りした生姜を軽く乗せて更に煮ます。 スポンサーリンク 6.上記の方法を繰り返していかなごと生姜が無くなるまで続けます。 いかなごを入れるタイミングは、沸騰した泡が表面を覆う時です。 動画を何回か見ればニュアンスがわかると思います。 7.全部入れ終えたら煮詰めながらアクを取っていきます。 (動画12:40秒付近) 次に、アルミホイルで落とし蓋を作り、それに6箇所ほど穴を開けます。 そして、落し蓋をして煮汁がこぼれない程度の強火で煮続けます。 ここで、料理人の女性が「火が強すぎない?」とおばあちゃんに質問していますが、おばあちゃんは「落し蓋をして煮汁がこぼれない程度の強火で大丈夫」と答えています。 火力の強さでアルミホイルの落し蓋が少し浮き上がっている状態が良いのだそうです。 8.それから40分後に一応確認してみると(動画13:56秒付近)いい感じになっています。 さらに10分後落し蓋をとって水あめ大さじ二杯を入れます。 (この時かき混ぜてはいけません。 )そして、再度落し蓋をして煮続けます。 9.そして3分後、(動画15:03秒付近)落し蓋をとって、鍋の取っ手を持ち混ぜあわせます。 そして、ザルに入れてから容器に入れてうちわ等で冷まして完成です。 最後に、お好みで皮なしゴマを振りかけるとなお美味しいと感じました。 いかなごのくぎ煮のレシピ動画 まとめ いかがでしたでしょうか。 上手に作れましたでしょうか? いかなごのくぎ煮の旨さのポイントは味付けはもちろんですが、いかなご自体、旨味があってとても美味しい魚なんです。 兵庫県から神戸にかけての沿岸では春の風物詩でもある「いかなごのくぎ煮」。 お惣菜屋さんなどでも並びますが、自分で作るいかなごのくぎ煮は格別です。

次の