今日 の プロ 野球 の 結果 を 教え て ください。 高校野球の結果

スコア速報

今日 の プロ 野球 の 結果 を 教え て ください

野球は少年野球から高校野球、大学野球、社会人野球、プロ野球といろいろあり、 それぞれ楽しくおもしろいですが、なんといっても高校野球が一番人気が有るのではないでしょうか? 野球の好きな少年が、まず目指すのが「甲子園」に行くことです。 そして、応援する側の野球部OB、先生、父兄、地元の人たちが盛り上がるのも地元の高校が甲子園に出場することです。 そこで、 高校野球の春季大会、秋季大会の組み合わせや結果速報など高校野球の試合情報について紹介していますので参考にしてください。 スポンサーリンク 高校野球の大会について 高校野球は、下記のように1年間でいろんな大会があります。 ・選抜高等学校野球大会 ・春季都道府県大会 ・春季地区大会 ・選手権大会地方大会(夏季都道府県大会) ・全国高等学校野球選手権大会 ・国民体育大会(国体) ・秋季都道府県大会 ・秋季地区大会 ・明治神宮野球大会(神宮) ・その他(新人大会、1年生大会、地域リーグ、地方杯など) それぞれの大会について紹介します。 ・選抜高等学校野球大会 この大会は、春の甲子園のことで「 センバツ」と言われます。 3月下旬~4月上旬にかけて開催され、選抜された32校で行われます。 選抜されるためには、一般選考28校枠、明治神宮枠1校、特別選考の21世紀枠3校の中に入らなければいけません。 一般選考28校枠に入るには、秋季地区大会の成績で、ある程度の成績を残す必要があります。 いろんなハンデを乗り越えて頑張った高校は、特別に21世紀枠で選ばれる可能性があるのでそれも楽しみの一つです。 21世紀枠は全国でたった3校ですが、秋季地区大会で善戦すれば候補にあがることが可能な高校はたくさんあります。 ・春季都道府県大会 地域によって開催時期は異なります。 成績が優秀な高校は春季地区大会へ進出できます。 この大会の結果が、夏の地方大会のシード校を決定する材料になります。 ・春季地区大会 北海道、東北、関東(東京都含む)、北信越、東海、近畿、中国、九州の9地区で地区大会だけが開催されます。 全国大会はありません。 ・選手権大会地方大会(夏季都道府県大会) 6月中旬から7月にかけて開催され、優勝校は夏の選手権大会に出場できます。 3年生にとっては最後の公式大会なので、負けた時が「引退」の時になります。 この大会で3年生は引退し、1・2年生による新チームが結成され新しく出発します。 ・全国高等学校野球選手権大会 毎年8月に開催される夏の甲子園のことです。 「選手権」とも言いますが、正式には「全国高等学校野球選手権大会」と言います。 全国の各地方大会(6月中旬から7月下旬)のトーナメント戦を勝ちあがってきた高校が出場できます。 出場校できるのは全国で49校です。 (記念大会では56校) 各都道府県から1校ずつと、北海道と東京都は2校の合計49校です。 春のセンバツもおもしろいですが、夏の甲子園は地方予選からトーナメント戦を勝ち上がってくるので、しだいに盛り上がり、 いろんなドラマもあるので人気がある大会です。 大深紅旗を獲得するために全国が熱く燃える負けたらそこで終わりのトーナメント戦です。 スポンサーリンク ・国民体育大会(国体) 夏の甲子園が終わったあとの、10月に開催されます。 高校生活最後の3年生中心のチームで参加する12校のトーナメント大会です。 この大会を最後に3年生は引退となります。 12校の内訳は、夏の甲子園での成績上位の高校から選考された11校にプラスして、開催地枠1校です。 ・秋季都道府県大会 夏の甲子園が終わり、3年生が引退したのちの1年生、2年生での新チームによる最初の公式戦の大会になります。 トーナメント戦で地域大会を勝ち上がり、都道府県レベルの地区大会への出場校を決定します。 ・秋季地区大会 明治神宮野球大会の予選を兼ねた大会で10地区(北海道、東北、関東、東京、北信越、東海、近畿、中国、四国、九州) で地区大会が開催されます。 各地区大会の優勝校が神宮大会出場権を獲得します。 ・明治神宮野球大会(神宮) 毎年11月に開催され、秋季地区大会で優勝した10チームのトーナメント戦です。 夏の甲子園を終えて、3年生が抜けて新チーム最初の全国大会になります。 各地区大会で優勝したチームが出場するので、強豪同士の戦いになります。 出場チームは、翌年のセンバツ甲子園に選ばれる可能性が高いチームなので、春のセンバツ甲子園の前哨戦みたいなものです。 この大会で優勝した所属地区は、翌年のセンバツ甲子園の一般選考枠の出場枠が1つ余分にもらえる特典があります。 ・その他 新人大会、1年生大会、地域リーグ、地方杯などがあります。 野球用品の紹介 スポーツ用品の「リンドスポーツ」はテーピング・トレーニング用品・ストレッチング用品・ケア用品などを中心としたスポーツ用品全般を取り扱っていて、全国の学校・社会人チーム・プロチーム・クラブチームでも多くの人に愛用されています。 野球用品も良品を多数取り扱っていますので、参考にして下さい。 このような高校野球の大会の組み合わせや速報がわかるサイトを紹介します。 hb-nippon. 地区予選から全国大会の観戦レポートなどもあるので、高校野球の情報収集にとても役立ちます。 asahi. 高校野球を楽しむために欠かせない情報サイトです。

次の

ノーゲーム?

今日 の プロ 野球 の 結果 を 教え て ください

A ベストアンサー 戦争放棄をしていても、国軍が必要なのは世界の常識。 完全中立国のスイスでも、立場は違えど、国軍が有り、攻めてくれば 戦争も辞さない構えです。 バカ野党が、知ったかぶりの法律家が、平和ボケで 何処からも攻めてくる はずがないと、責任転化で逃げ続けていたから、 あの国は島を占領したって、何も出来ない。 韓国 あの国は勝手に軍事基地を作っても、何も出来ない。 ロシア あの国は海洋資源を黙ってとっても、技術を盗んでも、何も出来ない。 中国 あの国には何をしても、戦うことすらできない、屁みたいな国。 北朝鮮 今日の我が国 てな、感じですね。 野党のバカ共が、真剣に、国や国民の安全を考えるのなら、 こんな無様な国に 落ちぶれていない。 あいつらは、時期選挙に当選さえ すれば、それでいいのである。 国益などどうでもいい、クソ連中。 日本の技術を全て結集して軍備すれば、何処の国も、何も言えなくなる。 それこそが、防衛で有り、戦争回避する最大の力。 この国には、国民の核シェルターすら ないのが現実。 Q 50年くらい前ならわかるけど、いまどき高校野球をNHKの地上波で半日使ってやる意味あるの? BSNHKでいいんじゃないのかな? と思っています。 4~50年前なら、地方から集団就職で都会に出てきて「おらが故郷の高校が頑張ってるぅ~って、集団就職先の社員寮でお盆休みにみんなで応援するって行為・・わからないでもないけど・・・。 今時 高校野球って・・・面白いの? 誰が見てるの? 朝から夕方まで丸々一日テレビの前って・?どれだけヒマ人なんだろうって思っちゃいます。 高校生の野球みて何が面白いんだか??です。 なんかやらされてる感、使命感、連帯感で息苦しい感じに見えます。 今時??って感じです。 汗根性こんなことやってるからいつまでたっても、部活やスポーツで虐待がなくならないんですね。 A ベストアンサー 高校野球大嫌い人間の私としては、このようなご質問はうれしいことです。 せめて、年2回の大会のうち、1回は関東地方の球場で開催すべきです。 私がなぜ高校野球が嫌いかというと、特に関西エリアでは、NHKのみならず、民放でも大嫌いな中継が放送されること。 特にABC朝日放送は、未だに全試合中継しており、そのため2010年8月には、楽しみにしていたAKB48が出演する「徹子の部屋」が、関西地区では放送されないことになってしまいました。 (最も、この当時は、BS朝日での遅れ放送がありましたが) 一方、MBS毎日放送も、かつてはセンバツの全試合を中継していましたが、2009年頃から、ラジオ、テレビとも、決勝戦のみの放送となり、それ以外の試合は、系列の有料チャンネル「GAORA」での放送となり、ABCよりは改善が進んでいます。 このように、見たくもない高校野球中継を、NHKだけでなく民放でも放送されるのが、関西エリアに住む者の悲劇です。 NHKでも、今は中継が18:00以降にずれ込んだ場合、Eテレ(古い言い方で教育テレビ)へのリレー中継となりましたが、以前は、17:30以降は「出場校地元の皆様には、引き続き高校野球中継を放送します」ということで、特に関西地区は有力校が多い上に、放送エリアが1県エリアでなく、2府4県エリアのため、すべての府県が地元校となります。 現在50代以上の方ならご存知と思いますが、NHKでは、64~69年に、17:45から15分間の帯での人形劇「ひよっこりひょうたん島」を放送していましたが、当然、高校野球の開催期間、地元校が17:30以降の試合に出場の場合は、「ひょうたん島」は休止となりました。 この人形劇は連続ものですから、1話でも飛んでしまうと、ストーリー展開がわからなくなります。 NHK側も配慮して、高校野球の期間中は「ドン・ガバチョ(ひょうたん島の大統領)回顧録」と称して、過去の放送の名場面集のような形で再編集した内容を放送していましたが、それでも高校野球最優先の番組編成には、腹立たしさを感じました。 そのため私は、関西勢が早く敗退してほしいと、いつも思ったものでした。 実は、これと似たような問題は、民放でもあり、ABC朝日放送は、「腸捻転ネット」と呼ばれた75年3月まで(高校野球中継としては、74年夏の大会まで)はTBS系列でしたが、TBSは、以前は13時台に連続ドラマを放送していましたが、これも高校野球中継で休止になるため、ABCでは時間を変えて放送していました。 TBSは、在京キー局の中でも、系列局への締め付けが厳しく、このようなことが認められるのは異例のことでした。 他にも、高野連のおエラ方の「高校野球は、教育の一環として行っている」という、お決まりの発言も、「教育の一環とはとういうことか」と、問い直してみたくなる発言です。 とにかく高校野球は、できれば無くなってほしい、そして、このようなご質問を立ち上げて下さった質問者の方に、感謝しています。 高校野球大嫌い人間の私としては、このようなご質問はうれしいことです。 せめて、年2回の大会のうち、1回は関東地方の球場で開催すべきです。 私がなぜ高校野球が嫌いかというと、特に関西エリアでは、NHKのみならず、民放でも大嫌いな中継が放送されること。 特にABC朝日放送は、未だに全試合中継しており、そのため2010年8月には、楽しみにしていたAKB48が出演する「徹子の部屋」が、関西地区では放送されないことになってしまいました。 (最も、この当時は、BS朝日での遅れ放送がありましたが)...

次の

スコア速報

今日 の プロ 野球 の 結果 を 教え て ください

野球は少年野球から高校野球、大学野球、社会人野球、プロ野球といろいろあり、 それぞれ楽しくおもしろいですが、なんといっても高校野球が一番人気が有るのではないでしょうか? 野球の好きな少年が、まず目指すのが「甲子園」に行くことです。 そして、応援する側の野球部OB、先生、父兄、地元の人たちが盛り上がるのも地元の高校が甲子園に出場することです。 そこで、 高校野球の春季大会、秋季大会の組み合わせや結果速報など高校野球の試合情報について紹介していますので参考にしてください。 スポンサーリンク 高校野球の大会について 高校野球は、下記のように1年間でいろんな大会があります。 ・選抜高等学校野球大会 ・春季都道府県大会 ・春季地区大会 ・選手権大会地方大会(夏季都道府県大会) ・全国高等学校野球選手権大会 ・国民体育大会(国体) ・秋季都道府県大会 ・秋季地区大会 ・明治神宮野球大会(神宮) ・その他(新人大会、1年生大会、地域リーグ、地方杯など) それぞれの大会について紹介します。 ・選抜高等学校野球大会 この大会は、春の甲子園のことで「 センバツ」と言われます。 3月下旬~4月上旬にかけて開催され、選抜された32校で行われます。 選抜されるためには、一般選考28校枠、明治神宮枠1校、特別選考の21世紀枠3校の中に入らなければいけません。 一般選考28校枠に入るには、秋季地区大会の成績で、ある程度の成績を残す必要があります。 いろんなハンデを乗り越えて頑張った高校は、特別に21世紀枠で選ばれる可能性があるのでそれも楽しみの一つです。 21世紀枠は全国でたった3校ですが、秋季地区大会で善戦すれば候補にあがることが可能な高校はたくさんあります。 ・春季都道府県大会 地域によって開催時期は異なります。 成績が優秀な高校は春季地区大会へ進出できます。 この大会の結果が、夏の地方大会のシード校を決定する材料になります。 ・春季地区大会 北海道、東北、関東(東京都含む)、北信越、東海、近畿、中国、九州の9地区で地区大会だけが開催されます。 全国大会はありません。 ・選手権大会地方大会(夏季都道府県大会) 6月中旬から7月にかけて開催され、優勝校は夏の選手権大会に出場できます。 3年生にとっては最後の公式大会なので、負けた時が「引退」の時になります。 この大会で3年生は引退し、1・2年生による新チームが結成され新しく出発します。 ・全国高等学校野球選手権大会 毎年8月に開催される夏の甲子園のことです。 「選手権」とも言いますが、正式には「全国高等学校野球選手権大会」と言います。 全国の各地方大会(6月中旬から7月下旬)のトーナメント戦を勝ちあがってきた高校が出場できます。 出場校できるのは全国で49校です。 (記念大会では56校) 各都道府県から1校ずつと、北海道と東京都は2校の合計49校です。 春のセンバツもおもしろいですが、夏の甲子園は地方予選からトーナメント戦を勝ち上がってくるので、しだいに盛り上がり、 いろんなドラマもあるので人気がある大会です。 大深紅旗を獲得するために全国が熱く燃える負けたらそこで終わりのトーナメント戦です。 スポンサーリンク ・国民体育大会(国体) 夏の甲子園が終わったあとの、10月に開催されます。 高校生活最後の3年生中心のチームで参加する12校のトーナメント大会です。 この大会を最後に3年生は引退となります。 12校の内訳は、夏の甲子園での成績上位の高校から選考された11校にプラスして、開催地枠1校です。 ・秋季都道府県大会 夏の甲子園が終わり、3年生が引退したのちの1年生、2年生での新チームによる最初の公式戦の大会になります。 トーナメント戦で地域大会を勝ち上がり、都道府県レベルの地区大会への出場校を決定します。 ・秋季地区大会 明治神宮野球大会の予選を兼ねた大会で10地区(北海道、東北、関東、東京、北信越、東海、近畿、中国、四国、九州) で地区大会が開催されます。 各地区大会の優勝校が神宮大会出場権を獲得します。 ・明治神宮野球大会(神宮) 毎年11月に開催され、秋季地区大会で優勝した10チームのトーナメント戦です。 夏の甲子園を終えて、3年生が抜けて新チーム最初の全国大会になります。 各地区大会で優勝したチームが出場するので、強豪同士の戦いになります。 出場チームは、翌年のセンバツ甲子園に選ばれる可能性が高いチームなので、春のセンバツ甲子園の前哨戦みたいなものです。 この大会で優勝した所属地区は、翌年のセンバツ甲子園の一般選考枠の出場枠が1つ余分にもらえる特典があります。 ・その他 新人大会、1年生大会、地域リーグ、地方杯などがあります。 野球用品の紹介 スポーツ用品の「リンドスポーツ」はテーピング・トレーニング用品・ストレッチング用品・ケア用品などを中心としたスポーツ用品全般を取り扱っていて、全国の学校・社会人チーム・プロチーム・クラブチームでも多くの人に愛用されています。 野球用品も良品を多数取り扱っていますので、参考にして下さい。 このような高校野球の大会の組み合わせや速報がわかるサイトを紹介します。 hb-nippon. 地区予選から全国大会の観戦レポートなどもあるので、高校野球の情報収集にとても役立ちます。 asahi. 高校野球を楽しむために欠かせない情報サイトです。

次の