名前 シール 入学。 名前シールの選び方は?入学準備の鉛筆や算数セットにおすすめします

小学校入学準備で大変な名前書き!スタンプ・シール?それとも手書き?

名前 シール 入学

スポンサーリンク 入学準備でお名前シールは必ず必要なものでしょうか?また、何枚あれば足りるのでしょうか? 小学一年生は持ち物に全て記名しないといけません。 子供たちでも読めるように、 ひらがなでの記名が基本となっています。 また、記名すべきものは本当に持ち物全てなので、かなりの量となるのです。 教科書やノート、文具類、お道具箱の中身、算数セットなど大き目のものからかなり小さいものまで、名前を書かなくてはなりません。 そこで 便利なのが、お名前シールなのです。 入学準備にお名前シールは必須ではないのですが、あるとかなり便利なので、利用する人が多くなっているのです。 \お名前シールのランキングを見てみよう!/ この記事に書いてあること• お名前シールって何?必要? お名前シールとは、個人のお名前を印字したシールとなります。 ネットショップで簡単にオーダーできるので、あとは持ち物全てに貼るだけ、ととても楽な作業となります。 もしお名前シールがなければ、全部に手書きをしなくてはなりません。 私はあまり字を書くのが上手ではないですし、何といっても面倒臭い。 長女の入学準備は、教科書もノートも文具類も何もかも、大小のお名前シールを使い分けて貼りまくって終わりでした。 それに、 お名前シールを貼るだけならば、小学校入学前の長女でもできたので、一緒に作業をすることでとても楽しくできました。 また、お名前シールには、まさに貼るだけのシールタイプと、アイロンで接着するタイプのものがあります。 シールタイプのお名前シール シールタイプのお名前シールは、普通のシールのように台紙から外して貼るだけなので、とっても楽です。 使用用途としては、教科書やノート、文具類、お道具箱の中のもの、算数セットなど、ほぼ全てに使えます。 防水タイプがおすすめ シールタイプのお名前シールの中でも、 防水加工がされているタイプがおすすめです。 防水加工がされているものであれば、 歯磨きセットの歯ブラシやコップにも使えます。 また、雨の日などは、教科書やノートが濡れてしまう可能性もありますし、文具やお道具の中のものなどは濡れた手で触ったり、水気がある環境で使ったりすることもあります。 ですので、万一の時のことも考えて、シールのお名前シールは防水加工がされているタイプを選んだ方が良いです。 そこに、 算数セットが必要ならば、200~300枚多くなります。 それから、衣類に貼る アイロンタイプのお名前シールは、洋服の数分は必要となります。 我が家では、防水加工されたお名前シールは、大きさの違うお名前シールが多数入った228枚のものを購入して使っています。 算数セットは、算数セット用のお名前シールを購入しました。 また、アイロンタイプのものは購入せず、洋服への記名はそれほど数が多くなかったので手書きで行いました。 教科書やノート類のお名前シール 教科書やノート類のお名前シールは、全部で20~30枚程度必要です。 教科書やノートに使うので、大き目のお名前シールが見やすくて良いです。 文具類のお名前シール 鉛筆や赤鉛筆、お名前ペン、定規、下敷きなどの分類のお名前シールは、小さ目のものを10~20枚あれば足りると思います。 また鉛筆や赤鉛筆は、使っていくうちに短くなりますので、新しい鉛筆を使う時にもその都度お名前シールが必要となります。 また、鉛筆や赤鉛筆は、お名前シールだと外れやすかったりもするので、名入れの鉛筆や赤鉛筆を使うのもおすすめです。 お道具箱用のお名前シール 色鉛筆やクーピー、絵の具などには一つひとつに全部お名前シールを貼ります。 小さいものをその数分必要となります。 また、絵の具のパレットや筆、かきかた用サインペン、クリアファイルなどには少し大き目のものを貼ります。 算数セット用お名前シール 算数セットは個人で用意する小学校と、小学校にあるものを使う小学校があります。 個人で用意する場合には、その一つひとつに記名しなくてはなりません。 これが本当に大変です。 算数セットの内容にもよって記名する数が変わるのですが、 200~300個くらいはあると思います。 特に、おはじきは小さい上に、シールが貼りづらい構造となっています。 ピンセットで一枚一枚台紙から剥がして貼る作業は楽なものではないのですが、手書きよりは何倍も楽です。 お名前シール専門のネットショップには、 算数セット用のお名前シールがあります。 算数セットの中身を確認して、必要な大きさと数が揃っているセットのものを利用すると便利です。 また、算数セットの記名は手書きでももちろん良いのですが、おはじきなどの小さいものに関しては、手書きでフルネームを書くのは容易ではありません。 名前の一字やマークでもダメではないのですが、誰でも誰のか分かるようにするのが記名ですから、極小のお名前シールを使うのが良いです。 長女も算数セットが必要でしたから、200枚以上のお名前シール貼りをしました。 大変ではありましたが、長女も一緒に作業可能でしたので、一人で全部に手書きで記名するよりは何倍も楽でした。

次の

名前シールの選び方は?入学準備の鉛筆や算数セットにおすすめします

名前 シール 入学

スポンサーリンク 小学校入学準備で大変な名前書き! 小学校入学を控えたお子さんをお持ちのお父さん、お母さん。 おめでとうございます! 生まれた時には遥か先のことと思っていた我が子の小学校入学も、過ぎてみればあっという間にやってきますね。 我が子の小学校入学はとても嬉しいことですが、同時に沢山のものを準備しなければなりません! ランドセルや学習机から文房具や身の回りの小物類まで準備するものでいっぱいです。 そして、物が一式揃ったら、必ずやらなければならないのが「 名前書き」です。 小学校の入学準備って、本人はもちろんですが、親もとてもワクワクします。 ・算数セット ・クーピー・クレヨン ・鉛筆 算数セットのブロック一つ一つやクーピーなどは一本一本に名前をつけなければならず、結構な手間です。 うちの子の通う小学校では、クーピーもクレヨンも必要だったので、この2つだけでも名前付けに時間がかかりましたね。 小学校での持ち物の名前はスタンプやシール?それとも手書き? そんな苦労の多い「名前書き」ですが、名前の付け方には色んな方法があります。 昔は皆、油性のマーカーで全て手書きが当たり前だったのでしょうが、今は、名前のスタンプを使ったりシールを作ったり注文したりと皆さん工夫をされていますね。 持ち物への名前はスタンプで 幼稚園や保育園で特によく使われるのが、スタンプで名前を付けていく方法ではないでしょうか。 注文すると、数種類のサイズの名前ハンコが届き、後は持ち物にペッタンペッタンと押していくだけ。 手間がかからず簡単です。 シールの場合、さらにいくつかの方法があります。 ・お名前シールの業者に注文をして様々なサイズの名前入りシールを作成してもらう ・100均などで無地のシールを買ってきて、手書きでシールに名前を書いてから貼る ・無地のシールを準備して自宅で印刷して使う 一番簡単で確実なのは業者に注文することですが、その分コストはかかりますね。 しかもウチ、双子ですし。 でも、結局手書きが一番かな、と。 スタンプは便利ですが、場合によりうまく押せないこともあり、一回キリのものになら失敗でも良いですが、数年使うものだとちょっとへこみます。 また、メーカーによっては洗濯などですぐに名前が薄くなってしまうものもあるので、注意が必要。 シールは、スタンプ同様見た目とてもキレイで、字が苦手なママなどとても助かりますが、シールを貼る時に一つ一つ台紙から剥がすのって地味に手間です。 その間に手書きで書いた方が早かったりします。 そんなこんなな理由と、あと、やっぱり教科書とかノートとか先々子供が自分で名前を書くことを考えると、お手本のような感じで手書きで名前を書いてあげるのが良いかなーと。 それに、 スタンプ派やシール派のお母さん方にお話を聞いても、始めはそうやって準備しても、字が薄くなって来たりシールが剥がれてきたら、結局油性マーカーで直接書き直した、と言う方が多かったりしますね。 そんな訳で、私は昔と変わらず「手書き」がおすすめです。 紙類などは問題ないですが、物によっては油性マーカーで書いていてもすぐに落ちてきてしまうものってありますね。 鉛筆や消しゴムカバー、プラスチックの物などは油性マーカーでも結構すぐに落ちてしまいます。 そんな時は、我が家では必ず「セロテープ」が登場します。 鉛筆などに名前を書いたら上からサイズを合わせてカットしたセロテープをペタッと貼っておくだけで、ほぼ取れることがありません。 簡単な方法ですしコストも殆どかからないのでオススメです。 まとめ 持ち物への名前付けは、色んな方法があります。 私は手書き派ですが、もちろんスタンプだってシールだってかまいません。 一番大切なのは、 「持ち物に全て名前が書かれていること」です。 そして、忘れてはいけないのが 継続してチェックすることです。 始めだけきちんと名前を書いても、使う内に薄くなったり消えてしまい、それを放置していると物を無くすことへと繋がってしまいます。 どんなに小さなものでもお子さんの大切な学習道具の一つ。

次の

入園入学準備の「名前つけ」で便利な2児の母オススメの「お名前スタンプ」他

名前 シール 入学

マジックで書いても、毎日洗う度に薄くなって きますよね。 薄くなる度に書き直すのが面倒・・・。 耐水のシールは、ラミネート加工になっているので、 毎日洗っても薄くならず、はがれにくいのが嬉しいです。 レンジや食洗機で使えるものも多いです。 年長さんになると、大分ひらがなが読めるようになりますが、 イラスト付きは、ただ可愛いだけでなく、まだ字が読めない 幼稚園、保育園児さんにもおススメです。 私が最初に名前シールを購入したのは、年少さんの時です。 クレパスや粘土板、粘土ヘラ、のり、ピアニカなど 自分の道具が増えて、初めての名前書き作業になりました。 字が読めない我が子に、 「赤い車のシールがついてるのが自分のよ!」 と教えることで自分の持ち物が分かるようになりました。 毎回、赤い車のシールを確認しているうちに 自分の名前の形を覚えて読めるようになりました。 入学準備の名前は、ひらがな?漢字? 入学準備の学用品に書く名前は、 ひらがな?漢字? と悩まれるママも多いと思います。 漢字が読めない幼稚園児でも「名札は漢字で書いてください」 という園もあり、漢字かひらがなかは、学校の方針によって違います。 息子が通う小学校では、入学説明会で 「持ち物すべてに、ひらがなで学年、組、名前を書いてください」 と言われたので、名前シールはひらがなで注文しました。 すでにクラスが分かる方は、学年と組が入ったシールを注文するのも アリ!だと思います。 せっかく可愛いシールで名前を貼ったのに、後でマジックで学年と組を 手書きする手間がなくなります。 スポンサーリンク 入学準備の名前シールのおすすめは? 私が購入したのは、 「ゼストのお名前シール工場」さんです。 スタンダードタイプと算数セットタイプを 注文しました。 選んだイラストは、Tレックスです。 我が子は、恐竜が大好きだし、6年生でも恐竜ならOKかな? と思いました。 人気ランキングも2位でしたので! 折曲厳禁のかわいい封筒に入って届きます。 算数セット用とスタンダードタイプがそれぞれビニールに 入っていて、曲がらない様にクリアファイルに入っています。 算数セットには、ピンセットまでついています。 これなら細かい部分にも、ピッタリ貼れそうです! 算数セットには、「コイン」「さいころ」「おはじき」と分類 されているので、どれに何を貼るのかすぐに分かります。 縦のシールにも「数字カード」「かぞえ棒」「計算カード」など 細かく書いてあるので、失敗する事はなさそうです。 細かいシールが多いので、この赤いマークの部分から 周りのシールを外すと取りやすくなります! 名前シール無料プレゼントと比較してみました 水族館やテーマパークなどのイベントで個人情報を書くと 名前シールを無料でプレゼントしてもらえる事がありますよね。 ゼストのお名前シール工場さんとベネッセさんのおなまえシール で比べてみました。 ベネッセさんのお名前シールにも防水加工がされています。 表面がすべすべの加工になっていますが、シールの質は普通の シールを変わらず薄いです。 小さい部分に貼れるお名前シールも入っていて、濡れない部分に 貼るには問題なし!です。 防水加工されていると書いてありますが、お箸に貼ってみると 数回洗っただけで、名前の部分が削れてなくなってしまいました。 ベネッセさんの無料プレゼントのお名前シールは、 濡れない部分に貼る事をおすすめします。 こちらは、ゼストのお名前シール工場のシールです。 シールの紙質も厚めで表面キラキラしていて しっかりラミネートが効いてる感じです。 お箸に貼って、洗っても名前が削れたり はがれたり、今のところはしていません。 クレパスにも貼ってみました。 マジックで名前を書くとにじみそうな、 上靴入れにも貼ってみました。 ナイロンの布地にもピッタリ貼れました! まとめ まだお名前シールの文化がなかった、私が小学1年生の頃、 母が「算数セットに名前を書くのが大変だった~」と 何度も言っていました。 私にもその任務が来た!と思い、迷わずお名前シールを注文 しました。 手書きするよりコストは掛かりますが、鉛筆などの細くて丸い、 書きにくい場所の名前が潰れてしまって、「あ~!!!」って なるより断然楽チンで、可愛く仕上がります。 時短になるのも嬉しいです。

次の