みずほ マイレージ クラブ 特典。 みずほマイレージクラブの取引条件とうれしい特典が改悪

【悲報】みずほマイレージクラブ特典が改悪 振込手数料やATM手数料に制限

みずほ マイレージ クラブ 特典

自分の主力銀行は「みずほ銀行」です。 まあ、昔からの付き合いというのもありますが、自分にとっては「みずほマイレージクラブ」が利用し易すかったから。 どこの銀行でもあるサービスですが、 自分にとっては最高の特典を受けるステージのクリアが容易だったからです。 給与の振り込みや少額の外貨預金などをすれば、月4回までの他行向けの振込が無料だったり、土日や時間外でもATM手数料の無料などのサービスが受けられて、毎月それをフル活用してきたのです。 クレジットカードなどの引き落としもみずほ銀行に集中させていて、 メイン銀行を替えるに替えれない状況なのです。 そして、数日前、その「みずほ銀行」から重要なお知らせという封書が届いたのでした。 内容は、 みずほマイレージクラブ「お取引条件」と「うれしい特典」が変わります、という内容です。 今のようなマイナス金利の状況下では、サービスの改悪はあれ、改善など当然期待できない厳しい銀行業界です。 案の定、 大幅な改悪のお知らせと相成りました。 特典ステージが下記の3つになります。 Bステージ• Aステージ• Sステージ 特典内容は、BステージがATM時間外手数料が月1回まで無料、Aステージは月2回まで無料です。 この利用ステージでは共に他行宛振込手数料の無料枠はありません。 しかし、自分にとっては、 他行宛振込手数料の無料は生命線なのです。 そうすると、 必然的には最高位のSステージを目指す必要があります。 Sステージでは、ATM時間外手数料が月3回までは無料、他行宛振込手数料はみずほダイレクトの利用で月3回まで無料となっています。 今までの最高ステージでは月4回まで無料だったので、回数も改悪されていますね。 そして、Sステージを維持するハードルが高くなっているんだな。 Sステージを獲得するには、下記の3つのうちいずれかをクリアする必要があります。 みずほマイレージクラブカード(クレジットカード)を年間合計100万円以上の利用• 資産運用商品残高 合計100万円以上(みずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券)• 借入残高あり 住宅ローン、カードローン これを2020年1月末で判定して、3月から導入とのことです。 そうすると、自分ができるのは資産運用残高を100万円以上か、クレジットカード年間100万円以上かのいずれかです。 クレカではみずほマイレージクラブカードは利用する気がおこりませんが、 引落口座をみずほ銀行に設定しているオリコカードの利用金額は含まれるとのことです。 ここは、このクレジットカードをフル活用するしかないのかな、とも思っています。 それにしても、新聞等で噂されていた個人向けでも口座維持手数料をとるとか、各種手数料を値上げするとか、現実となりました。 まあ、メガバンクの中でも一番収益性の悪いみずほ銀行です。 しょうがないと言えば、しょうがないとも言えます。 ここは、個人の知恵でこの改悪を乗り越えるしかないですね。 ネット銀行を給与受け取りにしてメイン銀行を変更してもよいのですが、ネット銀行は支店名が変で会社に書類を提出する時に恥ずかしいんだな。 ロック支店とかリンゴ支店とか。 どうにかならないものでしょうか。 キッパリ。

次の

みずほマイレージクラブの取引条件とうれしい特典が改悪

みずほ マイレージ クラブ 特典

みずほ銀行のみずほマイレージクラブの特典が2020年3月1日より変更になります。 この結果、私の取引内容の利用ステージではみずほ銀行から他行への振り込み手数料無料特典がなくなります。 今まで給与・賞与振り込み口座として毎月利用していましたが、これを機にもうやめました。 みずほマイレージクラブ特典について Bステージ(一番下ランク) Aステージ(真ん中ランク) Sステージ(一番上のランク) 私の現状のみずほマイレージクラブ特典 私は現在は会社からの給与・賞与受け取りをみずほ銀行で利用しています。 なぜみずほ銀行かというと、会社に入社したときからそうだったので、その後も特に変更する必要もなく「給与振込先としては使える銀行」のためとして使っていました。 給与振込後、住宅ローン引き落としのため専用銀行に資金移動、生活費や投信購入のためなど楽天カード引き落としがあるので楽天銀行に資金移動をしていました。 そのため、月に最低2回は振込を実施しています。 そうすると現在はAステージにいる様子。 Aステージは外貨預金があれば大丈夫なすで外貨預金残高としては数十円しかなくても 現在月4回まで振込手数料が無料になっています。 しかしそれが、今回の改悪により私はAステージのままですが 他行振り込み手数料無料の特典はありません! これはイカン!振込するたびに手数料が取られてしまいます。 しかも他行へ3万円以上の振り込みは440円もかかってしまうのです。 これではもう給与振り込み口座を変更して回避するしか方法がありません。 給与振込口座の変更について 新入社員として入社すると、最初会社指定の銀行に口座を作ってそこに給与や経費精算を振り込むように言われます。 その方が会社としては振込手数料がかからないのでそうするわけです。 しかし給与振り込み口座については、従業員が変更を申し出ることができます。 これが意外と知らない方が多く、会社も聞かれない限り説明しません。 給与振り込みは会社の便宜によるものなので、原則従業員の変更申し出にはには応じなければならず、振込手数料等も会社が負担するのです。 そのため、口座変更したい場合は自分の好きな銀行口座を申し出て、振り込み手数料ももちろん会社持ちで変更できるわけです。 ネットで「給与振り込み口座の変更」で検索すればいくらでも出てきますので、ぜひ参照してください。 まとめ 今回のみずほマイレージクラブ特典の変更を受けて、私も給与口座の変更をしました。 12月末の給料振り込みより変わるはずです。 振込先口座変更したい場合、当社はシステムの手続きだけでできるし、人事部の人たちもしっかり知識があるので、変更についてガミガミ言われることは決してありません。 こういったことについてはうちの会社ホワイトです 笑 とりあえず振込手数料無料回数特典が多い、住信SBIネット銀行かソニー銀行が候補です。 ソニー銀行 : 振込手数料が5回まで 住信SBIネット銀行 :振込手数料が3回まで 現在の私のステージだとこんな状態ですのでソニー銀行にしました。 しかしみずほ銀行も顧客囲いのために、ライトユーザを切り捨て、ヘビーユーザーのみ取り込みに走った印象があります。 ただでさえネット銀行とは便利さが解離している状況なのにこの改悪です。 ライトな若者のみずほユーザーはこれを機に離れること間違いありません。 最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

次の

複数の支店でそれぞれ「みずほマイレージクラブ」を申し込みできますか

みずほ マイレージ クラブ 特典

みずほ銀行の口座をお持ちのお客さまが無料でご利用いただける会員制サービスのみずほマイレージクラブにつきまして、 2020年3月1日 日曜日(2020年1月31日 金曜日のお取引条件判定)より、内容を改定することといたしました。 詳細はみずほ銀行のサイトでご確認いただくとして、気になるポイントを見ていきます。 セブン銀行ATMとローソン銀行ATMの無料特典が終了 コンビニATMの時間外手数料・ご利用手数料の無料特典は、イーネットATMご利用時が対象となります(セブン銀行ATMおよびローソン銀行ATMをご利用時の無料特典は終了させていただきます)。 僕はよくセブン銀行ATMを使っていたので、無料特典の終了はかなり残念です。 イーネットATMってあまり知らなかったのですが、こちらは無料特典として引き続き利用できるようです。 いつでもどこでもお気軽にご利用いただけるよう、お近くのスーパーやコンビニをはじめ、さまざまな場所にイーネットATMを設置しています。 他行宛て振込手数料の無料条件が厳しくなりすぎ 資産運用商品(投資信託[MMF・MRFなどを除く]・金銭信託・外貨預金[特約付き定期預金を含む]・公社債・株式・保険など)の月末残高が合計100万円以上のお客さま 資産運用商品の残高が、 「残高あり」から「残高100万円以上」に変更されます。 僕的にはこれが一番厳しいです。 これまでの条件では、投資信託の口座に残高があればよかったので、1円だけ入れていました。 これは、投資信託の商品を買ってすぐに売却することで残高1円にしていました。 この残高が100万円以上も必要になるので、一気にハードルが上がります。 みずほ銀行を使い続けるべきなのか? みずほ銀行をメイン銀行にしており、特典をうまく活用して他行への振り込みをしていましたが、このままだと2020年3月以降は同じことができなくなります。 100万円以上もみずほの投資信託に突っ込むのは、僕の金銭事情では現実的ではないです。 そうなると、メインバンクを他行に変えざるを得なそうです。 住信SBIネット銀行が有力候補 僕はサブ銀行として、住信SBIネット銀行も使っています。 スマプロランクというランク制度があり、ランク1でも月1回の他行振り込み無料、ランク2で月3回まで無料です。 条件は複数ありますが、ランク2は給与振り込み口座にして、ハイブリッド預金に少し残高を残しておけば条件クリアです。 これならいけそうな気がします。 以下1~11の条件のうち2つ該当 1. 外貨預金(普通・定期)の月末残高あり 2. 仕組預金の月末残高あり 3. SBIハイブリッド預金の月末残高あり 4. 純金積立月末時点でご契約あり 5. 給与、賞与または年金の月内ご入金あり 6. 目的ローンまたは不動産担保ローンの月末残高あり 7. カードローンの月末残高あり(50万円以上2つにカウント) 8. BIG・toto購入または公営競技ご入金の月内合計が2万円以上 9. ミライノ デビットの月末時点の確定金額が合計1万円以上(3万円以上2つにカウント) 10. クレジットカード「ミライノ カード(JCB)一般」の引落口座を当社に設定かつ当月確定(翌月引落)金額が1万円以上(5万円以上2つにカウント) 11. 当社口座からプリペイドカード「JAL Global WALLET」への円貨チャージの月内合計金額が1万円以上(3万円以上2つにカウント) まとめ みずほ銀行のマイレージクラブの特典が改悪 いつかこんな日がくるのではないかと思っていましたが、とうとう来てしまいました。 みずほ銀行もいろいろ大変なのでしょうが、ここまで大胆にやってユーザー離れは大丈夫でしょうか。 まだ数ヶ月は時間的な猶予があるので、どこの銀行を使うのがベストか、もう少しじっくり考えてみたいと思います。 もし、今日考えた住信SBIネット銀行以外の結論になった場合は、このブログでご報告したいと思います。 2020年4月3日追記.

次の