売り子 ちゃんねる。 売り子通信 売り子ちゃんねる

東京ドームの売り子かわいい子ランキング!2017年はどんな子が?

売り子 ちゃんねる

Koboパーク宮城でポーズをとる笹森さん 【球場を彩る美女売り子】新企画「球場を彩る美女売り子~第2のおのののかを探せ!~」がスタート。 売り子を始めたきっかけからお客さんとの「そんなことまで?」な交流まで、赤裸々に語ってもらった。 友達の中でもやってる子がいて、その子の紹介で始めました。 「また勝ったね」「いつもありがとう」と喜んでもらえるのが一番うれしいですね。 逆につらいこと? うーん、体力的にキツイくらいですかね。 サーバーが15キロくらいで、それを背負ってひたすら階段を上り下りするのはキツイです。 始めたばかりのころは一日が終わると体重が2キロも減ってた。 今は同じくらい動いてもあんまり減らなくなってきましたけど(笑い)。 たくさん勉強しました。 シフトがない日もビジターの試合をテレビで観戦したり、結果をチェックしたり。 それでお客さんとも話が盛り上がるので。 そのころは杯数ばかりを気にして、接客がおろそかになってた。 接客態度を見直すきっかけになったし、育ての親というか、仙台のお父さんみたいな感じ。 今日もいらしてるかな。 いつも三塁側にいらっしゃるんですよ。 売り子の中でもできる子は少ないんですよ! あと、Koboパーク宮城ではスタバみたいにコップにメッセージを書くサービスがあるんですが、女性のお客さんだとかわいいほうがいいかなと(楽天公式キャラクターの)クラッチーナを描いたり、カップルにはクラッチとクラッチーナを描いて、間にハートを描いたり、西武戦だったらライオンのマークを描いたり、そういう工夫はしてます。 酔ったお客さんだと触ってこようとする人もいて、うまく流してます。 社会に出てからも役立つスルースキルが身につきますよ(笑い)。 あと変なお客さんだと、売り子のサインを集めてて、ユニホームにサインしてくれと頼まれたことがあります。 でも、なんて書いていいかわからないじゃないですか。 ローマ字の筆記体で名前を書いて、応援してる嶋選手の(背番号の)37を書いてやりすごしました。 去年始球式で売り子が投げる機会があって、私もマウンドに行ったんですが、投げたのは他の子。 ボールが嶋さんのミットに入るのを見て、「イイな~」って。 それくらいです。 見た目がグロテスクだから敬遠する人が多いですけど、ぜひ三陸産のホヤも食べてみてください。 4年目で、自分としては最後のシーズン。 CSに連れてってほしいですね。 私も4年間の集大成として、一生懸命頑張ります! 【最高売り上げ一日282杯】 正式名称は「立ち売りスタッフ」。 約15キロのサーバーを背負って急勾配の階段を上り下りし、炎天下や雨中など天候の影響を受ける過酷な仕事だが、基本給+歩合制で給料が高く、人気は高い。 一日の平均売り上げは100杯ほど。 ビールは1杯約800円で、人気の売り子は一日約15万円以上を売り上げる。 タレントのおのののかが東京ドームの売り子時代に売り上げた一日400杯は伝説の記録と言われている。 ちなみに青帆さんの一日の最高売り上げは282杯。 チームの成績が売り上げと結びつく傾向もあり、今季の楽天では寒さの残る春先でも200杯以上の売り上げが出ているという。 売り子のルックスはもちろん経験値がものをいい、常連客や固定客をいかに獲得できるかが売り上げを左右する。

次の

売り子さんについて

売り子 ちゃんねる

売り子は可愛い グッドモーニング。 マーシーです。 何故、売り子はあんなに可愛いのか。 顔採用だからです(諸説有ります)。 何故なら、彼女(彼ら)は常に客席の間を走り回るので、嫌でもお客さんの視界に入るからです。 こうしたスタッフの顔が残念な感じだと、お客さんも残念な気持ちになります。 野球観戦の4割はビールの売り子で決まります。 あれだけ観客との距離が近いんですから、そこのスタッフの質が低いと客の満足度も必然的に下がります。 何が言いたいかというと顔採用(諸説あります)。 — マーシー shaly7831 残りの6割は選手のプレーや球場環境です。 全部楽しいのですが、やっぱり球場の楽しみと言えばビールの売り子です。 とにかくお客さんとの距離が近いですし、選手やチアはその道のプロなのに対して、ビールの売り子はアルバイト(素人)です。 初々しさが良いですよね。 そんなビールの売り子さんと少しでもお近づきになりたいと考える野球好きは大勢いることでしょう。 チャレンジャー達の軌跡 さて、同士達は普段どのようにしてビールの売り子を口説いているのでしょうか。 私がナゴヤドームで見たケースをご紹介いたします。 彼女にアタックを仕掛けたのは新卒2〜3年目くらいの若いサラリーマンです。 売り子を呼び止めて、ビールを注文せずに連絡先を聞き始める若リーマン。 じゃあ連絡先・・・」 売り子「ありがとうございました〜」 サラリーマン「」 サラリーマンのアタックを上手く受け流し、逆にチューハイを買わせる超絶テクを披露し、颯爽と去っていきました。 これがプロ売り子の腕です。 アイドルグループに所属していそうな雰囲気を持っており、声も比較的小さくて大人しい印象。 30代くらいと思われる私服の男性が口説いていました。 30代男性「お姉さん彼氏いる?」 売り子「・・・」 30代男性「試合終わったら飲みに行かない?」 売り子「・・・」 無視! まるで30代男性の存在が初めから無かったかのような対応。 「ビールを買わないなら用は無い」と言わんばかりです。 しかし、ナンパ対応としては100点だと思います。 小柄で少々化粧が厚めだったのですが、笑顔で元気に走り回る姿は魅力的でした。 彼女を口説いたのは向井理似の爽やか系イケメンサラリーマン。 顔が良いだけに、「これはひょっとして・・・!?」と思って見ていたのですが・・・ 向井理「休みいつ?今度飲みに行こうよ」 売り子「知りません」 向井理「」 これはちょっと衝撃的でしたね。 結論、口説けません おわかりいただけたでしょうか。 売り子を口説くことが、いかに難しいかを。 今回紹介した同士3名は、どれも高身長で清潔感のある男前ばかりでした。 しかし、彼らは散りました。 理由は簡単。 売り子の給与体系が歩合制だからです。 球場でビールの売り子をナンパするのは実質無理です。 彼女らにはノルマがありますし、給料が歩合制なので、とにかく数をこなしたいはずですから、そんな人を呼び止めて連絡先を聞くのは至難の技です。 確かに可愛い子は多いんですけどね。 — マーシー shaly7831 基本給2500円ほどで、そこから給料を上げるためには、プレイボールからゲームセットまでの3時間のうちにできるだけ多くのビールを売り捌かなければならないわけで、客との余計な会話は時間のロスになりますから、彼女たちは極力客との会話を最小限にしようとします。 こうした条件下で売り子を口説くのは至難の技です。 球場では野球を楽しんで、売り子は球場外で狙いましょう。 彼女たちも一度球場の外に出れば普通の女の子です。 あなたにもチャンスはありますよ。

次の

売り子ちゃんねる

売り子 ちゃんねる

売り子から売り子へのインタビュー 第26弾はナゴヤドームの まなさんです! 2年間の中に凝縮された、濃密な売り子生活を語っていただきました! 人と接する事が好きで、今しかできないことを探していたときにに、テレビで放送されていた売り子の特集を見て応募。 綺麗で爽やかなイメージから一転、 すごく体力が必要だということを実感します。 始めたばかりの頃は、階段の登り降りや座って立っての繰り返しのせいで ひどい筋肉痛。 毎試合、 試合開始前から汗だくで、サポーターをしていても 膝は黒ずみ、痣もすごかったそうです。 楽しい空間作り 最初はビールの比率の作り方もままならず、上手に注ぐ事に集中してガチガチでしたが、慣れてくると杯数のことを考える余裕が生まれます。 どうしたら順位を上げられるか考えるようになり、自分はどういう売り子だと思われたいのか、自分だったらどんな売り子から買いたいと思うのかを意識するようになります。 「お客さんと接するときはもちろん、それ以外でも 疲れた顔を見せず常に笑顔を心がけて、ビールを注いでいる時間もお話をしたり、 楽しい空間づくりを努めました。 そのために常備していたメモとペンがお客さんのためにも役立つことになります。 「焦るとテンパリやすいタイプなので、そのときはメモを見ながら 動く場所や時間配分を決め、立て直すようにしていました。 お客さんから「また来てね」と言われたら必ず行けるように、 座席と時間の記録にも活用してましたね。 ニュースや試合結果などもチェックして、 会話のレパートリーを増やすことも心掛けていました。 」 こうしてお客様から愛される売り子になっっていったまなさん。 常連さんとのエピソードにも事欠きません。 その一つ一つが貴重な思い出です。 「今度あのお客さんにあったとき、この話をしよう!と考えたりするのも楽しかったです。 お客さんが自分の事を覚えてくれたり、親しくなっていくのがとても嬉しかったですね。 自分がお客さんに誠実に接していれば、お客さんも自分のことを大事に思ってくれて、いざというとき助けてくれるし、同期や仲間と励まし合う事で乗り越えられた事もたくさんあります。 2年しか働いてなかったのにも関わらず、卒業の際は、お客さんや仲間が盛大に祝ってくれて、とても嬉しかったです。 人との繋がりを大切にしていて良かったと心の底から思いました。 同期の仲間が大好きで、これからもずっと集まりたい!一生の友達!って思ってます💕」 売り子を卒業する時のお祝いは、売り子生活の集大成でもあります。 こんなに盛大に見送られたまなさんはきっとステキな売り子さんだったに違いありません。 彼女がいたナゴヤドームの2年間は、多くのお客様の心の中でたくさんの想い出とともに刻まれていることでしょう。 有観客試合が始まりました。 売り子さんがいる球場は今のところ限られていますが、私は 売り子を出したほうがいいと思っていて、その理由は以下の3つです。 ・密を避ける ・座席飲食を促す ・共に戦う お客さんを入れての開催で、アルコールを販売するということであれば売り子がいたほうがいいと思います。 売店でお酒を売るのであれば尚更。 ですので、今回はこのコロナの状況において売り子がいるべき理由を考察します。 密を避ける 8月に入り、観客の動員数をさらに増やすとなれば、売店等の混雑は必至。 売店に行くためにコンコースが人で溢れたり、トイレの行列を横切ったり。 アルコールを販売するということであれば、売り子さんを出勤させて 購買場所を分散させたほうが多少は密の解消につながると思います。 京セラドームがすでに実施しているような、 コンコースでの立ち売りの形でも混雑の緩和という意味では効果があるでしょう。 座席飲食を促す 各球場のガイドラインを見ると「指定場所及び座席での飲食」が定められています。 そして、人が集まる可能性がある指定場所よりも、座席のほうがより感染リスクは物理的に低いです。 売り子がマスクやフェイスガードなどでしっかりと対策を講じていれば、売店で買うよりも安全にビールを味わうことができるはず。 そもそも、自分の 席から動かずにビールが買えるということが売り子の醍醐味なので、最も理に適った活用法ではないでしょうか。 共に戦う 昨年まで球場の売り上げや盛り上がりに貢献してきた売り子さんたちを「この状況だから仕事はナシ」っていうのもひどい気がします。 売り子や裏方のアルバイトの子たちの給料保障などを隅々にまで徹底しているとも思えません。 アルコールの販売という分野に拘らず、何らかの形で球場に携わらせてあげたほうが翌年以降にもつながりますし、 球場や球団のイメージアップにもつながる気がします。 実際に先に述べた京セラドームやPayPayドームは独自の販売方法で売り子さんを活用しているので、実際に場内を歩き回らなくても 仕事を振ることはできると思います。 売り子も球場のスタッフだということを、もう少し尊重してあげても良いのではないでしょうか。 売り子は球場の楽しみの一つ 売り子がいなくても野球はできますし、特にビールを飲まないお客さんには何も影響はないかもしれません。 しかしチアやマスコット、始球式や花火などを楽しみにしている人がいるのと同じように、 売り子もお客様に球場で野球を楽しんでもらえるための一つの要素だと思っています。 そして、お客様と最もダイレクトに接することができるのも売り子です。 なんとか、少しでも売り子さんの仕事が球場内に増えていくことを祈るばかりです。 (とはいえ、2万人の観客数は多すぎるような気はしますが…) 売り子から売り子へのインタビュー 第24弾は東京ドームの ゆめさんです! 大学1年生から始めて今年で3年目。 ラグビーやバスケ、陸上など沢山のスポーツを経験してきたスポーツ女子で、みんなで一つになって応援する球場の雰囲気が好きで売り子に興味を持ったそうです。 「売り子をすれば無料で試合が見られるし、なおかつ可愛いユニフォームが着られていい所尽くしじゃん!!!! と思って応募しました!」 しかし、そこは1杯を争う競争の世界。 試合は全く見られず… 杯数が出ないと憧れのビールを売らせて貰えず、売り子を始めた当初は精神的にもキツく、 影で涙する毎日を送ります。 最優先は体力づくり 体力には自信のあったゆめさんですが、担当の2階席は東京ドームの中でも階段が特に急勾配。 20キロの樽を背負って上り下りをするため体力作りに余念がありません。 「最初は売り子に関して無知だったので、今自分に出来る事を考えて体力作りに励んでいました。 長距離をやっていたという事もあり、最低10キロ走っていました。 」 売りはスマイル 体力がついたことで、笑顔や会話をする余裕も生まれます。 球場へ行く目的も観戦から売り子へと変化。 レジェンドと呼ばれる先輩方の売り方を見てひたすらメモを取り、それを自己流にアレンジし自分の売り方をみつけました。 「持ち前の笑顔を強みにして、ただビールを売るのではなく、 ビールよりも私のスマイルを買っていただく!という事を意識していました。 また、各球団の選手やゲーム内容の予習をして、お客様との お話の内容の幅を広げる努力もしています。 」 理想の売り子像 「お客様と一緒に盛り上がって ハイタッチする瞬間は一番楽しいです! 「ゆめちゃんから元気貰うために1階席から買いに来たよ」と私の売り場の2階席まで飛んできてくれる事も喜びを感じられる瞬間です。 笑 体育会系の大きな声と、 ピカチュウタオルを発見したら声を掛けてみて下さい! スマイルいっぱいサービスさせていただきます😊」.

次の