ハムスター な つく。 ハムスターがなつく方法!種類・行動・サインと4つの期間!

【大成功】ハムスターがなつく飼い方!手乗りの方法!おもしろ可愛いハムスター How to became hamsters friendly to you

ハムスター な つく

ハムスターのならしかた(馴らすより慣らす)• 触る前に注意すること 室内などの衛生管理の行き届いた環境で、ペットとして飼われている動物は、常に清潔な状態ですし、ハムスターは乾燥地帯の生き物なので、さらに清潔です。 また日本で飼われているハムスターは、ワイルドコート(現地採取のされた野生種)を買うことの方が難しい状態なので、人に感染するような病気は持っていることは、まずありません。 気をつけなくてはならないことは、清潔に飼われているハムスターより、飼い主の方が汚いことです。 人間は家の外に出て、いろいろな物に触ったり、人混みの中でいろいろな雑菌を体に付けて帰ってきます。 その汚れた手で世話をすると、 ケージ内にダニや細菌やウイルスなど生物を入れてしまい、ハムスターが病気になるきっかけを作ってしまいます。 よく言われるように、ハムスターを触った後だけに手を洗うのではなく、 ハムスターを触る前に必ず手を洗ってください。 そして、 家に帰ると、うがいと手洗いとをする習慣と、部屋の換気をする習慣を身につけましょう。 最初の一週間 日数はジャンガリアンの場合の目安で、買ってきたその日から手の上でのんびり餌を食べたりするロボロフスキーもいるし、なつくまで数ヶ月かかるゴールデンもいます。 1日目 新しい環境に置かれ、緊張状態のハムスターです。 神経が過敏になっているし、ストレスにかなり弱い動物なので、静かな場所にケージを置き、そっとしておきます。 巣箱を使わないこともあるので、ペットショップでハムスターを入れてもらった箱を、そのまま巣箱として使うつもりで、巣箱の横にその箱を置きます。 まずは人になれることより、ケージになれてもらいます。 餌はハムスターより先に多めに入れておき、ハムスター用のおやつがある場合は餌入れに少量入れておきます。 2日目〜3日目 恐がりだけど、好奇心旺盛なハムスターは、人間が寝ている間など静かな時間に、ケージ内を探検します。 ハムスターが寝ている間に、こっそり餌を入れ替え、起きているときは遠くから観察するようにします。 そして、ハムスターの容姿や様子から名前を考えておきます。 4日目〜6日目 起きている時間、ハムスターに呼びかけながらに餌を交換します。 この日から飼い主の声を覚えさせます。 また、店で買ったハムスターでも、もらってきたハムスターでも、人間の手が餌を入れてくれるのは知っているので、その時は逃げても餌は取りに来ます。 手をあまり怖がらないようなら、おやつを口元へそっと持ってきます。 取ってくれたらラッキー。 7日目〜 指先で持っていたおやつを、徐々に手の平に乗せていくようにし、ハムスターが手に乗るようにならしていきます。 あせってハムスターを掴んでしまうと、警戒心を持たれるので少しずつにならしていきます。 自然にならす 「最初の一週間」は、飼育本に載っているような一般的な方法をアレンジした方法ですが、 ハムスターを飼うのになれている人は、ハムスターから接してくるのを待ちます。 ハムスターは人間と同じく頭の良いほ乳類で、人間は便利な存在だと理解できるので、余計なことをしない方がよくなつきます。 人間に合わせて行動を取る様になれば、簡単になつきます。 毎日世話をしていると、餌の時間を覚えて、ハムスターが人間を待つようになったり、徐々に退屈になってきて、ケージの外や人間に興味を持ち始めます。 人間に興味を持ち始めたら、名前などを呼ぶなど、自分もハムスターに気づいていることをアピールして、おやつを与えます。 私の場合は、餌の時間にハムスターが近づいてくるようになると、背中などを普通なら少し嫌がる所を軽く触ってから、ミルワームを与えるようにしています。 体に接触すると、相手が気づいていることを実感でき長時間待つことができるようになり、嫌がらないということは相手を怖がっていない証拠です。 ミルワームを与えているのは、懐きやすいだけでなく、毎日食べさせても問題なく、体調管理がしやすいなどの理由があります。 [ ] ジャンガリアンとロボロフスキーには少ないですが、ゴールデンとチャイニーズはのんびりしすぎている個体がいるので、気づかせる必要がある場合もあります。 飼い始めて1〜2ヶ月後に、ケージを開けたときに巣箱に逃げ込んだり、全く巣箱から出てこないなどが、私の基準です。 ハムスターが巣箱から出て餌を食べているときなど、飼い主に絶対に気づける状態の時に、いつもより高いところから餌入れに餌を入れて、少し大きな音がするようにします。 寝ているときなどにすると、逆に驚かせるので注意しましょう。 すると巣箱に逃げ込んでも、緊張して耳は立てているので、餌入れに餌が入ったということは理解でき、巣箱から鼻だけ出していたり、顔だけ出して覗き込んでいたりします。 無理に短期間にならそうとすると、きっかけが餌なので、人間は餌をもらうためだけの相手になっていて、仕方なく人間に接している可能性はあります。 しかし、自然にならすと、飼い主から手を出さないので、縄張り(ケージ)を荒らされず、ぐっすり眠れるなど、 人間は便利な隣人になり、人とペットの正しい関係になれると思います。

次の

ハムスターの鳴き声の種類と気持ち!鳴く時の5つの理由を紹介します。

ハムスター な つく

ハムスターのならしかた(怖がられる・嫌われない方法)• 性格に問題のある場合 中にはいきなり噛みつくハムスターがいます。 その原因は、人間が作っている場合が多いと思いますが、 患部を触られると痛いなど、病気になっている可能性もあるので注意が必要です。 徐々に噛んでも意味がないことを理解できると思いますが、全く直らない場合は強攻策をとります。 噛まれようが暴れようが、ハムスターを掴んで放さないことです。 噛まれている手は痛いですが、これを何日も続けると、噛んでも無駄だ、この人は悪いことしないと分かってくれます。 当然、無理矢理掴む場合でも声をかける、ハムスターの視界の外から手を出さないなどの基本は必要です。 それでも直らない場合は諦めましょう。 怖いと思われやすい人 人間の声は、ハムスターには聞き取りにくいのですが、子供の声と女性の声は音が高いので、男性の声より聞き取りやすく、それが逆に怖がられる場合があります。 人間が聞くと高い声でも、ハムスターが聞くと猛獣のような低い声なのです。 また、大きな声は、さらに聞こえやすいので、子供が騒ぐと猛獣の檻(おり)の中のような状況なのかもしれません。 我が家では、2階にケージのあるにも関わらず、ハムスターに興味もなく触ったこともない親戚の幼稚園児が家に来るだけで、その日はどのハムスターも巣箱から出てこなくなります。 ちなみに、私(成人男性)の声はハムスターには、ほとんど聞こえないようで、大きな声を出さないと気づいてもらえません。 しかも、方向まで分からないようで、立ち止まって耳だけ動いているときがあるので、ハムスターを呼ぶ場合は、床を指で軽く叩いて呼ぶようしています。 このような物理的な音は、人間には聞こえない超音波が含まれていて、ハムスターには聞こえやすいだけでなく、方向も分かりやすいのです。 足音や扉を開けた音などに反応しやすいのも、そのためです。 ハムスターは目があまり良くないですが、見えてないわけでもなく、 ハムスターなどの被捕食動物は目や歯も嫌います。 顔が近づくと食べられる寸前の状態だし、人間の息は肉食動物の臭いがするので、なついていないハムスターに顔は近づけない方が良いです。 ちなみに、3mくらい離れたところから、息を吹きかけても、ビックリして反対に逃げることがあります。 ハムスターに限らず、自分が理解できない行動は怖がります。 そのため、ストレスを気にして、こっそり世話をするのも逆効果になることもあります。 また、素早い動きをすると、臭いが先に届かず、ハッキリ見えない目で反応する場合があり、ハムスターがうまく認識できずに、敵だと思う場合もあります。 人間の手は横から見ると、天敵のヘビに見えるので、しっかり掴まれることを理解させてから掴む方が、ハムスターも安心です。 犬などを他の動物を飼っている場合は、その動物の臭いが手や体に付いていて、その臭いがトラブルの原因になる場合もあります。 特に、同じ種類のハムスターの臭いは、縄張りを荒らされる存在だと思う可能性もあるので、妊娠している場合はさらに気をつけましょう。 汗かきの人は、臭いが強くなるはずですが、覚えてもらいやすいようで、それが問題になることは少ないようです。 嫌われない方法 性格もよく分からないのに、数回会っただけの他人から嫌われる人はいます。 そんな人は知らない間に、相手に威圧感を与えているのです。 たとえば 声が大きい人だと、相手には怒鳴っているような威圧感を与えます。 ハムスターは人間より耳がいいので、人間にも嫌われるような大きな声の人は、ハムスターが相手だとさらに大きな威圧感を与えていることになります。 声の大きい人は耳が悪い人が多いようですが、自分が嫌われる原因を持っていないか考えることも大切です。 嫌われようとすればいくらでも方法はありますが、 急所をさわったり、大きな音をたてたり、素早く動いたりするだけで、ハムスターはビックリしてしまいます。 回し車を走っている最中に、ビックリさせてしまうと怪我をしてしまうこともあるので、なれるまではビックリさせないようにします。 なれているハムスターだと、飼い主が近づくと回し車を降りて近寄ってくるので、なれるまでの辛抱です。 ハムスターの限らず、触られると嫌がられるところは、だいたい決まっています。 掴んだり触ったりすることで、天敵に襲われることをイメージさせてしまうところや、自由な動きを制限してしまうところです。 だから、顔や尻尾などは、あまり嫌がりません。 背中や足は、なれていても嫌がります。 群れを持っている動物は、触られると喜ぶところがあります。 それは、自分では触りにくい場所であって、仲間同士でグルーミングをする場所でもあります。 しかし、ハムスターは群れで生活をしないので、触られて喜ぶことはないと意識して接しましょう。 なれている度合い 飼っている人によっても、飼われているペットによっても、なれているという度合いが違うと思います。 犬は人と共に進化した動物なので、ペットの中でも抜群に頭がよく、表情も豊かで、なれているのかどうかはハッキリ分かります。 ハムスターの場合はどうでしょうか?人間を怖がらない、飼い主の声や足音、臭いなどに反応するなどでしょうか?判断しにくいですよね。 ハムスターの種類や個体によっても性格や行動が異なります。 自分から手に乗るくらいに懐いたロボロフスキーでも、体と手で握ろうとすると逃げていってしまいます。 なれているゴールデンなら握ってもおとなしくしていますが、そのまま頭からかじろうとすると、慌てふためくか、必死で飼い主の口元を押さえて脱出しようとします。 実験で自宅で繁殖させてよくなついているキンクマのオスを、半年間毎日、頭からかじりつく真似をしましたが、毎日慌てふためく同じリアクションでした。 ゴールデンの恐がりの性格は、なれている、なれていない別にして直らないようですね。 ジャンガリアンの場合はさまざまで、買ってきたその日でも、頭からかじっても逃げないジャンガリアンもいますし、その状態でも餌を食べていたり、口の中に入ろうとするジャンガリアンもいました。 手に乗せて緊張でツメを立てるか立てないかで、ハムスターのなつき加減を判断することがありますが、ゴールデンハムスターはそんな行動もある程度で、他のハムスターには目安にしかなりません。 手で掴もうとすると暴れるのに、手から落ちるのが怖いので、掴むと手のひらにお腹を付けてビロ〜ンとなるハムスターもいます。 自分のライフスタイルを保ちつつ、人間と共存しようとするので、結局はハムスターの性格を見て考えて、飼い主が判断しないとダメです。 しかし、 飼い主が撮った写真を見ていると、勘違いしている人は多そうです。 [ ] [ ] [ ].

次の

ハムスターのならしかた(怖がられる・嫌われない方法)

ハムスター な つく

ジャンガリアンハムスターには、様々な種類があります。 種類は体毛の色によって分けられます。 中でもサファイアブルーハムスターは人気が高いです。 ここでサファイアブルーハムスターの特徴をご紹介します。 体毛は青みがかった灰色 サファイアブルーハムスターの体毛は、青みがかった灰色をしています。 また背中に一本黒いラインが入っているのが特徴的です。 目は黒い色をしています。 また足の裏と尾は、毛で覆われています。 同じく青みがかった灰色でも、改良品種であるため個体によって少し色が違います。 夏毛であっても薄めの色だったり、濃いめの色だったりするので、並ぶとわかりやすいです。 ジャンガリアンハムスターの中でもその人気は高く、ペットショップでも多く店頭に並んでいるので、比較的容易に購入できます。 価格も改良品種であるといっても、特別高額というわけではありません。 おとなしく慣れやすい サファイアブルーハムスターも含めてジャンガリアンハムスターは、一般的におとなしくて人懐っこい性格です。 そのため初心者でも飼いやすいハムスターです。 観賞用としても楽しめますが、手乗りも慣れれば可能です。 トイレもしつけをすれば覚えてくれます。 またゴールデンハムスターよりカラダが小さいので、仕草や行動は素早いです。 でも個体差は大きいので噛み癖が強かったり、トイレをなかなか覚えてくれないハムスターもいます。 飼育したら個々のハムスターの性格を把握して、対応するようにしましょう。 ペットショップでも「おとなしいハムスターを飼いたい」などと希望を言うと、対応してくれる場合もあるので、相談してみても良いかもしれません。 体毛の変化がわかりやすい サファイアブルーハムスターはパールホワイトと違って、夏毛と冬毛の変化がわかりやすいです。 夏毛は青みがかった灰色で色は濃くなります。 冬毛は少し白っぽくなり、背中の黒いラインがはっきりしてきます。 特に飼育して1年目は変化がわかりやすいです。 2年目になると高齢になってくるため、変化がわかりにくくなります。 季節によって体毛の変化を楽しみたい方は、サファイアブルーハムスターをオススメします。 また体毛の変化は外気温に左右されますので、地域や毎日のエアコンの管理などで変わってきます。 色の変化も個体差がありますので、よく観察してみましょう。 病気になりやすい ジャンガリアンハムスターはカラダが小さいので、病気になりやすいです。 サファイアブルーハムスターだから病気になりやすい、というわけではありませんが、常に異常の有無を観察することは大事です。 水分を摂取しすぎたり、体調が悪くて下痢をしただけでも、最悪死んでしまうこともあります。 腫瘍などの病気も多く見られます。 また飼育してからすぐ死んでしまった、というケースもあります。 エサはしっかり食べているか、カラダに異常はみられないか、観察力を身につけましょう。 ハムスターは診てもらえる病院が少ないです。 またハムスターを診てもらえる病院でも、ジャンガリアンハムスターは無理という病院もあります。 ハムスターが病気になる前から、診てもらえる病院をチェックしておくと良いでしょう。 劣性遺伝である ジャンガリアンハムスターは、繁殖力が強いため増やしやすい小動物です。 妊娠期間も短く、一度に何匹も産まれたりします。 中でもサファイアブルーハムスターは劣性遺伝するハムスターという特徴があります。 よって繁殖を希望している方は注意が必要です。 基本的にサファイアブルーの因子をもったハムスター同士でないと産まれません。 遺伝子型は見た目で判断ができないので、繁殖したいならサファイアブルー同士で行うと確実です。 繁殖などの際、ノーマルなど他の種類が入ると、サファイアブルーが産まれない可能性があるので注意しましょう。 寿命は2~2年半 サファイアブルーハムスターの寿命は、ジャンガリアンハムスターと同じく2~2年半くらいです。 カラダが小さいので、ゴールデンハムスターよりも寿命は短いです。 2年目に入ると足腰が弱ったり、巣箱から出てくる回数が減ったりするなど、徐々に衰えてきます。 さらに高齢になると、食事を残したり、体重が急に減るというケースもあります。 ハムスターの末期をさとったら回し車を外したり、手乗りは控えるなど、静かに見守るようにしましょう。 飼い主はハムスターの短い寿命を理解して、生きている間はできるだけ心地よく過ごしてもらえるような飼育をしていきましょう。 サファイアブルーハムスターの特性を理解しよう ジャンガリアンハムスターの中で、サファイアブルーハムスターを飼育したいと思ったら、その特性を事前に理解しておきましょう。 基本的に飼育の方法はジャンガリアンハムスターと同じですが、体毛や遺伝など違う面もあります。 また同じサファイアブルーハムスターであっても、個体差はありますので、飼育しながら性格や行動を把握していきましょう。

次の