グランメゾン東京 無料視聴。 グランメゾン東京最終回動画の無料視聴はこちら!パンドラやdailymotionも

「グランメゾン東京」見逃し配信動画を無料視聴の方法!あらすじ有り!

グランメゾン東京 無料視聴

U-NEXT ビデオマーケット Paraviの詳細解説 Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。 ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。 特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『グランメゾン東京』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。 2019年10月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか? 2019年秋ドラマ『グランメゾン東京』最終回(第11話)のあらすじは? 2019年12月29日 日 放送のドラマ『グランメゾン東京』最終回(第11話)のあらすじを紹介します。 ミシュランの審査が近づき、「グランメゾン東京」の新メニュー開発は大詰めを迎えていた。 口論した末に、尾花は「スーシェフを辞める」と告げるのだった…。 突然の発言に動揺する中、倫子も魚料理を作り、美味しい方をメニューに加えようと提案する。 一方、丹後(尾上菊之助)がいなくなった「gaku」は、新しいシェフ・結月(馬場徹)の傍若無人な振る舞いで店はボロボロになっていた。 その矢先、ついにある事件が起きてしまう… そして、いよいよ運命のミシュランの審査が始まる。 果たして「グランゾン東京」は、三つ星を獲得する事はできるのか!? (より引用) 2019年秋ドラマ『グランメゾン東京』最終回(第11話)放送前の展開予想と見どころは? DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『グランメゾン東京』最終回(第11話)の見どころや期待度をご紹介いたします。 祥平もやっと仲間に加わったことで、グランメゾン東京は最強のメンバーがそろいました。 きっと三ツ星をとってくれるはずだと、大いに期待したいのですが、どうも次回は尾花が店を辞めてしまうのか?という不安がよぎります。 これまで、京野や相沢、萌絵や芹田、そして栞奈たちを料理で納得させ、料理とまごころでグランメゾン東京の仲間に引きいれてきた尾花が、やっと最高の力をだせるメンバーをそろえたというのに、本人が去ってしまうなんて考えられません。 きっと、何かの間違いだと信じたいのですが…。 早く真相が知りたくてたまりません。 また、祥平のことを相当憎んでいるリンダの気持ちはどうなってしまうのか、どうしたら鎮めることができるのか、も見どころのひとつだと思います。 ペンネーム:obanabana(40代・女性) 次回最終回ということで先ずはミシュランの三つ星を取れるのかというのが気になるところです。 リンダが祥平の問題を水に流すのか、それとも公私混同するのか見ものだなと思っています。 gakuを去った丹後がどうなるのか気になります。 グランメゾン東京に来るというのが最強チームになるパターンだなとは思っています。 そうなって欲しいですが流石にドラマティック過ぎるかなと感じながら注目しています。 尾花が丹後を誘うみたいな展開が個人的には見たいなと期待しています。 倫子と京野、尾花の三角関係みたいなのもどうなるか最終回楽しみです。 ペンネーム:有吉(40代・男性) 2019年秋ドラマ『グランメゾン東京』最終回(第11話)のあらすじネタバレと感想! DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『グランメゾン東京』最終回(第11話)のあらすじネタバレと感想をご紹介します。 『グランメゾン東京』最終回(第11話)のあらすじネタバレ 今回の「グランメゾン東京」第11話は、寿司よりも旨いフレンチのマグロ料理を作りミシュランの三ツ星獲得を目指します。 そこへ、フランス時代の師匠であるランブロワージのシェフから電話があり、新たな日本支店のレストランのオーナーシェフを任せたいと口説かれます。 そしてミシュランの査定が迫る中、マグロのメニューが全く進まずにいた夏樹に、倫子を始め他のスタッフ達はコース料理のレシピを次々と作り上げ、スーシェフとしての意見を求めますが、スーシェフは祥平がやれと突っぱねられてしまい、倫子自身でも魚料理のメニューを作る方を決意しました。 一方gakuでは、新たなシェフとして迎えられた結月の傍若無人ぶりにスタッフが愛想を尽かし、ボイコットが起こります。 オーナー江藤が呆然としてしまう中、gakuを去ったはずの丹後シェフが現れ、gakuのミシュラン三ツ星獲得へ再始動を始めました。 オーナー江藤はこれまでとは全く異なるような働きぶりで、三ツ星獲得レストランの情報収集や食材の確保を、自分の足で行うようになります。 グランメゾンは、デザートのメニュー開発に悩む萌絵と祥平くんの為、美優との関係性を修復し、さらには倫子の開発したメニューが今までにないほどの完成度で出来あがりました。 しかし、ミシュランの審査員がまったく来店しない状況に疑問を抱いたら夏樹はリンダへ交渉に向かいます。 そこで、リンダが上司であるオーナーに逆らえずにいる事を知り、リンダの料理への舌が肥えすぎてしまい前のような感動を味わう事ができなくなってしまった事実を突き付けます。 そしてリンダは、グランメゾンの料理を食べて自分の舌を信じる決断をしました。 ミシュラン審査当日、夏樹の完成させたマグロ料理ではなく、倫子の発案したメニューで勝負する事にしました。 そしてグランメゾンは三ツ星を獲得し、夏樹はグランメゾンを去らず、共にグランメゾンで世界進出を目指します。 『グランメゾン東京』最終回(第11話)の感想 今回のグランメゾン東京は、これまでの夏樹や倫子をはじめスタッフ全員の総力戦となりました。 夏樹はフレンチには不向きとされてきたマグロ料理を完成させ、倫子は夏樹すらも感動させるような素晴らしい料理を完成させ、祥平くんはスーシェフを立派に勤めあげ、萌絵ちゃんは三ツ星を獲れるデザートを完成させ、芹田くんは見事にソース作りを1人でこなせるようになり、全員が素晴らしい成長を遂げていました。 一人ひとりのこれまでから、成長した今がまるで別人のような逞しさでした。 gakuのオーナー江藤は、これまでのシェフへの対応からボイコットへの流れは仕方ないよなと思いましたが、そこへ現れた丹後さんが「パリで全てを失った気持ちはよくわかる。 そんな時に現れた江藤さんに俺は救われた。 今度は俺が救ってやる。 」と伝えたシーンはとても意外な事実を知らされました。 さらに丹後さんは窮地に陥ったグランメゾンへ、夏樹への借りを返しに来たと救いの手を差し伸べてくれたどこまでも真っ直ぐな人で格好良かったです。 リンダの自分のキャリアよりも、フーディーとしての自分は舌を信じる決断と心意気もカッコ良く、グランメゾンが三ツ星を獲れる確信が見えたように思いました。 三ツ星を獲ったグランメゾンから夏樹は去ってしまうのかと思いきや、師匠は師匠でも町の洋食屋の方の師匠のお店を少しの間任されただけであり、グランメゾンの世界進出を目指そうと倫子さんに提案したシーンは度肝を抜かれました。 まさかの終わり方でした。 これはどうしても、海外支店編が見てみたいと思ってしまう締めくくり。 スペシャル編など期待してしまいます。 ペンネーム:ちぃ(20代・女性) 『グランメゾン東京』最終回(第11話)のあらすじネタバレ ミシュランの審査に出す魚料理をマグロで勝負したい尾花はなかなかマグロ料理が完成しない。 そこで早見倫子が自分でマハタの魚料理を作り上げる。 渾身の一作を食べた尾花は自分の期待し以上の料理を作ったことに感動するがそれを表には出さずマグロ料理を作り続ける。 尾花のマグロ料理も完成し早見の料理に負けず素晴らしい料理ができ三ツ星の審査はこれでいくと尾花は告げる。 しかしミシュランの審査員が来た当日早見は自分の料理で勝負するといい、尾花はグランメゾン東京からでて行ってしまう。 しかしそれは早見のためで結果自分の力で三ツ星をとった早見は尾花の抱き合って喜ぶ。 そして尾花はグランメゾン東京で世界一になろうと早見に持ちかける。 『グランメゾン東京』最終回(第11話)の感想 尾花夏樹と早見倫子の関係性がとても良かったと思った。 早見倫子のことを一番に考えて尾花は身を引き結果早見倫子は三ツ星をとった。 早見はずっと料理人尾花夏樹を尊敬していたし尾花夏樹という料理人に心底惚れているのが見ていてわかった。 しかしこの最終回を見ていて本当は尾花夏樹の方が早見倫子という料理人に惚れていたのではないかと思った。 最初は自分よりも技術も経験も乏しかった早見だが、早見その料理に対する真っ直ぐな思いや真摯に向き合う姿に尾花は料理人としての可能性を感じたから早見を誘ってグランメゾン東京を作ったのではないかと思った。 それなら本当に二人は素敵な料理人としてのパートナーだと思う。 ペンネーム:いき(20代・女性) 『グランメゾン東京』最終回(第11話)のあらすじネタバレ ついにグランメゾン東京のメンバーが揃い、ミシュランの審査に向けてレシピ開発の最終追い込み段階となった。 三ツ星を取るためのメイン料理に、フランス料理では最も扱いが難しいとされるマグロをどうしても使いたい尾花は、スーシェフを祥平に任せて自分はマグロの料理開発に打ち込むと宣言しだす。 審査まで時間がない中、グランメゾン東京のメンバーは尾花に反発する。 そんな中、倫子が渾身のメイン料理を完成させみんなを圧倒する。 倫子の料理を口にした尾花は涙を目に浮かべながら、「マグロやるわ」と再びマグロ料理の開発に没頭するのであった。 試行錯誤の末、最高のマグロ料理ができあがり三ツ星を取るためのメイン料理が完成した。 食材が届かないトラブルも丹後シェフの協力によって乗り越え、いよいよ三ツ星の審査が始まるその時、倫子はマグロ料理を辞めて自身が開発した料理をメインにしようと言い出す。 それを聞いた尾花は料理を辞め、店から出て行ってしまった。 マグロ料理ではなく倫子の料理で勝負をかけたグランメゾン東京、果たして三ツ星を取れるのかーー?? 『グランメゾン東京』最終回(第11話)の感想 最高の結末に涙しました。 3年前の事件によってバラバラになった仲間たちが皆もがき苦しみ、それぞれにいろんな思いを抱えながらみんなで作ってきたグランメゾン東京。 三ツ星を取るまでに色々な事件があり、それを料理の力で乗り越えてきました。 グランメゾン東京が三ツ星を取った瞬間、今までの経緯が走馬灯のように頭を駆け巡りました。 みんなの力で三ツ星をつかみ取ることができて、最高の仲間と共に素晴らしい料理を作り上げるのは本当に素敵で、まるで青春だと思いました。 グランメゾン東京で三ツ星を取って終わりではなく、世界中にグランメゾン東京を作りたいと高みを目指す尾花の今後が気になります。 また続編があれば絶対に見たい作品です。 ペンネーム:ももか(20代・女性) 『グランメゾン東京』最終回(第11話)のあらすじネタバレ 尾花は、グランメゾン東京の仲間たちの意見に逆らい、ミシュランの審査まで時間が無いにもかかわらず、マグロの新しいメニュー作りにこだわっていました。 そんな様子を見かねた倫子は、自分も魚のメイン料理をつくりだすことにします。 一方、丹後が辞めたgakuでは、新しく入ってきたシェフ、結月の自分勝手な方針に皆、嫌気がさし、スタッフ全員が仕事を放棄してしまいました。 結月にも出ていかれ、肩を落とす江藤オーナーの前に現れたのは、丹後でした。 丹後はもう一度、gakuを切り盛りすることになります。 倫子が開発した、ハタを使った魚料理は、グランメゾン東京のメンバー全員の舌をうならせました。 たった一人、尾花だけは何も言わなかったのですが、実はそれは倫子の自信を試していたのでした。 いよいよ、ミシュランの審査発表の日、グランメゾン東京はついに三ツ星レストランとして認められました。 皆が歓喜に包まれる中、倫子はこれまで自分を支えてきた尾花に敬意を示したスピーチを披露します。 会場でひとり、そっと聞いていた尾花の姿を見つけた倫子は、思わず尾花に抱きつき、喜びを分かち合うことができたのでした。 『グランメゾン東京』最終回(第11話)の感想 前回の予告で、尾花が倫子の前でエプロンを外し、グランメゾン東京を出て行ってしまうようなシーンがあり、その場面がいつ来てしまうのかと、ハラハラしながら見守っていました。 そしてついに終盤で、倫子が立派な魚料理を完成させ、尾花のマグロ料理ではなく、自分自身の料理を調査員に食べてもらう、と決めた瞬間にその場面は訪れました。 このタイミングで尾花が店を出ていく、と発言したのは、悪い意味ではなく、むしろ倫子を一人前のメインシェフとして認めた、といういい意味での発言だったことがわかり、寂しさもありましたが、とても安心しました。 前回の予告はとてもうまく編集してあったんだ!と逆に感心してしまいました。 ペンネーム:obanabana(40代・女性) 『グランメゾン東京』最終回(第11話)のあらすじネタバレ ミシュランの審査が入るまで数日となりました。 尾花はどうしてもマグロの料理で勝負がしたいらしく、そればかりに集中していました。 そこで倫子も魚料理のメニューを考えることにしました。 先に倫子の料理が出来上がり、店のスタッフで試食をしました。 誰もが大絶賛をする料理で、尾花も目に涙を浮かべていました。 そして、尾花は倫子の料理で星二つまで勝負をし、星三つは自分のマグロ料理を提供すると言いました。 星一つ、そして二つの調査員がやってきた後、いよいよ星三つの調査員がやってきました。 しかし、そこで倫子は自分が作った魚料理の方が尾花よりも美味しいと思い、それで勝負することにしました。 そして、いよいよ審査発表になりました。 なんと、グランメゾン東京が念願の星三つを獲得することが出来ました。 倫子をはじめ、店の皆や関係者たちは喜び合いました。 『グランメゾン東京』最終回(第11話)の感想 尾花の料理ではなく、倫子が作った料理で三ツ星を取ったことに意義があったと思います。 相沢もこれでようやく家族と再会することができました。 それぞれが自分の人生をかけた勝負だったのだと思いました。 gakuの展開が意外でしたが、丹後が戻ってきたことで、何とか営業を続けることができました。 ですが、今回は残念ながら星を一つも取ることができずに、無星のレストランに転落してしまいました。 星は永遠ではなく、いつ無星になってもおかしくはない、厳しい世界なのだと思いました。 今回は特に美味しい料理ばかりが並んでいて、どれも食べてみたいと思いながら観ていました。 ペンネーム:ミサコ(50代・女性) 『グランメゾン東京』最終回(第11話)のあらすじネタバレ ミシュランの審査が近づき、尾花はフランチに禁断な食材のマグロ料理にかかりっきりであった。 倫子も新しいハタの魚料理を作り出し、シェフたちの舌を唸らせた。 もう一度グランメゾン東京の料理を食べたリンダの目から一粒の涙が流れ、価値のあるレストランと認めた。 ミシュランの調査員がやって来て、尾花のマグロ料理も完成したが、倫子は自分が作ったハタの魚料理を出すことに決めた。 そして尾花は店を去った。 グランメゾン東京は三ツ星レストランの審査に残り三ツ星を獲得した。 会場には尾花が涙を流し喜ぶ姿があった。 尾花は元師匠の店にいて倫子が現れ、二人で世界に2つ目の店舗を作ることを約束した。 『グランメゾン東京』最終回(第11話)の感想 リンダにグランメゾン東京の料理の最高逃れ味が伝わり、リンダの頬に涙がこぼれ落ちた時に嬉しい気持ちとなった。 ようやくナッツ事件もここで終わりを遂げたと感じた。 gakuに丹後が戻り、グランメゾン東京に現れ危機を救い、ライバル店同士の絆が素敵に思った。。 ミシュラン審査では尾花のマグロ料理を出すことに決めたのに、倫子が突然料理をハタの魚料理に変えてしまい暗雲が漂った。 尾花がグランメゾン東京を去ってしまい、その尾花の心理が祥平から聞かされ、尾花の姿勢がカッコ良すぎる。 三ツ星レストランを獲得出来て最高の気持ちを倫子がスピ-チに尾花の名前が聞かされ胸が熱くなった。 ペンネーム:ななこ(50代・女性) まとめ.

次の

グランメゾン東京第10話(12月22日)の無料動画視聴方法!パンドラは?

グランメゾン東京 無料視聴

禁断のマグロ料理に挑むが、まさかの仲間割れ! そして、三つ星を阻む女。 絶体絶命の中、三つ星の行方は!? あらすじ ミシュランの審査が近づき、グランメゾン東京の新メニュー開発は大詰めを迎えていた。 そんな中、フレンチにとって禁断の食材であるマグロ料理に挑んでいる尾花 木村拓哉 を見て、倫子 鈴木京香 は不安になる。 そして、二人は口論の末、尾花はスーシェフを辞めると告げる。 そして、倫子も魚料理を作り、おいしいほうをメニューとして採用するように提案する。 一方、丹後 尾上菊之助 がいなくなった「gaku」では、新しいシェフ・結月 馬場徹 の傍若無人な振る舞いで店はボロボロになっていた。 そして、ある事件が起きる。 そんな中迎えた、ミシュランの審査。 はたして、グランメゾン東京は三つ星を獲得することができるのか!? しかし、劇中では、その天才肌を抑え、オーナーシェフとして、また経営者として、すこしおっちょこちょいな部分も見え隠れしながらも、締めるところは締めるといった非常に難しい演技をとても絶妙な表情や語り口で表現されています。 これまでのドラマでは、親分肌であっはたり、リーダーシップを発揮するような役が多かった鈴木京香さんですが、今回は木村拓哉さん演じる尾花に振り回されながらもタイミング絶妙にパートナーシップを発揮するその姿はかなり斬新です。 また、プレオープン前のシーンでは、若干ながらも尾花との恋愛を予想させるようなシーンもあり、今後が楽しみです。 オーナーシェフとして、経営者として、女性としてその複雑に入り交じる役割と彼女の天真爛漫な部分がとう変化していくのかが楽しみです。 まだこれから二転三転していくことを期待します。 グランメゾン東京は、なんといっても木村拓哉さんの演じている尾花夏樹という人物がとてもかっこよくて魅力的なところが最高だと思います。 言葉がきつかったり、人の意見をなかなか取り入れられなくて周りからは厄介者だと思われているけど、実はとても仲間のことを大切に考えていて、誰よりも料理に対する情熱があるところが素敵だなと思いました。 3年前のアレルギー食材混入事件の時も、夏樹が自分の料理をバカにされたことで暴力事件を起こしたとされているけど、実は、仲間のことをバカにされたからだったなんて、なんだか感動でした。 しかも、そのことを隠しているところがまた素直じゃないけど素敵だなと思いました。 このアレルギー食材混入事件が、夏樹の身近にいる誰かが意図的に起こしたというミステリー要素があるところもおもしろいです。 みんな夏樹の料理の腕に惚れているし、だからこそみんなグランメゾン東京に集まってくれているのに、その中にかつての裏切り者がいるなんてドキドキします。 一体誰が犯人なんだろうかと推察しながら観るのもとても楽しいです。 さらに、倫子のキャラクターもストーリーを盛り上げてるなと思います。 夏樹と倫子の掛け合いは面白いしくて、好きです。 グランメゾン東京 動画 9話10話11話予告やフル無料視聴再放送tbsまとめ無料みどころ 今まで観ている中での感想を言えば、正直集まるんだなとは読めてました。 ただ主人公の不器用な人の付き合い方が誤解を招いて信用されてと面白いなと思いました。 昔の仲間達が集まってまた1つになって目標の三つ星となるためにみんなで頑張って行くのだなと思っていたら、昔の事件の真相が出て来ることが面白くなってきたと思ってます。 警察を殴ったのは仲間を守っての事だってわかっていましたがその裏に裏切りがあるとなってきて面白くなってきました。 信頼してる人が裏切り者なのかそれとも協力している人が裏切り者なのかがハラハラしてきました。 主人公が引き立ってるだけな気もしますが周りの人達の信頼関係が今後どのように騙して裏切り味方になっていくのかがある意味見方を変えてみれるのも楽しみです。 勿論美味しい料理を見て食べたくなって来るのも1つの魅力ですね。 正直木村拓哉さんのドラマは木村さんをかっこよく見せるだけのドラマな感じもするところが私は感じる時もありましたが、今回のグランメゾンは周りの人達がそれぞれ隠し持っているものがドラマのストーリーに影響してくる感じでとても面白いと思って期待してます。 久々にどうなるんだろうとドキドキして先がどうなるか分からないドラマだと期待してます。 グランメゾン東京での木村拓哉の脇を固めるメンバーが凄いなとは感じていました。 沢村一樹、及川光博、鈴木京香と主役級が揃っているなと思います。 沢村一樹は安定感があり見ていて落ち着く演技だなと感じます。 ホッとするような雰囲気になりますね沢村一樹は。 バラエティでみる沢村一樹がふざけていて、下ネタ言ったり冗談ばかり言ってるのにドラマに出ると全く消えてしまうのが凄いなと感じています。 役に成り切っているし見ている側も京野に引き込まれている感じです。 及川光博に関してはグランメゾン東京では目立たない控えめな役を上手くこなしているなと感じます。 脇役を演じてきれているなと思います。 相棒での及川光博みたいな感じで徹しきれているなと感じます。 鈴木京香のグランメゾン東京での演技は喜怒哀楽を前面に押し出す役ですが完璧だなって感じます。 木村拓哉演じる尾花との口ゲンカする場面にしてもそうだし、嬉しい場面では喜びをうまく表現できているし流石演技派女優だなと感じます。 江藤を演じる手塚とおるが、グランメゾン東京を陥れるような事ばかりしています。 憎たらしさを上手く出しているなと感じるし嫌われ役というか悪役をこなしきっているなと思います。 グランメゾン東京 動画 9話10話11話予告やフル無料視聴再放送tbsまとめこれまでのネタバレ あのSMAP騒動から、木村拓哉のイメージはガタ落ちしてましたが、このドラマで失った好感度を完全に取り戻しつつあります。 キムタクのこれまでのドラマ出演作が、どれも「キムタクっぽい」と、演技まで批判されていたこともありますし、私も、どの作品観ても同じキャラだなあと感じていました。 もちろん、「グランメゾン東京」で演じている尾花夏樹も、やはりキムタクっていう印象が強いんですけど、単純にめちゃくちゃかっこいいキャラなんですよ。 スタイリッシュで、少しひねてて、料理が上手くてっていう役柄は、まさにキムタクだからこそ演じることができるわけなんです。 スマスマで鍛え上げられた料理の腕を遺憾無く発揮してますし、キムタクがシェフの格好してるだけで、ファンは泣けてくるんじゃないですかね。 たまに勘違いされて反感を買うことも多いけれど、それは不器用で、口下手なだけっていう性格が、キムタクのイメージそのものです。 つまり、キムタクは、こういう尾花夏樹みたいなキャラクターを演じるのが凄く上手いんでしょうね。 むしろキムタクにしか出来ないんじゃないでしょうか。 こんな型破りな天才をここまで違和感なく、さらりと演じて見せているキムタクは、いくつになっても、やっぱりスーパースターなんですよ。 総括 「グランメゾン東京」は、ざっくりとまとめるなら、料理界の勝ち組になっていたキムタクが、何者かに裏切られて都落ちとなり、一から出直す物語です。 ですが、キムタク演じる尾花夏樹の性格に多々問題があるため、なかなか思うように仲間を集めることができません。 私は、までに、仲間を見つけ出すストーリーになるのかと踏んでましたが、実際は1話でもう鈴木京香という最大の相棒をゲットしています。 その後も、思っていたより簡単に仲間が集まるので、ああ、これは、ロールプレイングゲームのように、努力して仲間を増やしていく物語ではなくて、再集結した仲間たちと力を合わせて悪をやっつける物語なんだなと理解しました。 つまり、古き良き勧善懲悪の世界観が、このドラマにはあります。 そのため、余計な邪魔やサイドストーリーは入らずに、順調に仲間が集まるので、毎回モヤモヤが残りません。 尾花を良く思わない連中からの悪巧みに対しても、小気味良く跳ね返して行くので、観ている側も達成感を味わえます。 最終的なゴールは、三ツ星を取ることだと思うので、残る放送で、一体どうやって、どこまで尾花たちがたどり着くことができるのか、一緒に仲間として戦っているような感覚で楽しんで観ることができそうです。 それぞれの役者さんが力があり演技力も上手いので安心して観ることができます。 年齢層も高いので大人の落ち着いたドラマになっているなと思います。 料理の作り方の見せ方もスマートで斬新だなと思います。 とても分かりやすく、高級なレストランへ視聴者も訪れたかのような感じになり一体感があると思います。 こんな素敵なレストランがあったら訪れたいと思います。 物語は三ツ星レストランへと成長できるのか、一体誰が尾花を陥れて名誉を奪ったのか、恐らく近くにいる人物かと思われます。 近くに人物でないことを願います。 裏切りというか嫉妬して陥れた感じだとは思いますが、それが一体誰なのかとても気になります。 再び良いチームになりつつある中で、過去の事件から立ち直れるのかも気になります。 今後のレストランの成長と共に判明すると思いますが、また嫌な事件も起こりそうなのでなんとか防いでほしいです。 主題歌は山下達郎さんで爽やかな楽曲です。 月曜からまた頑張ろうと思える爽やかな歌声と楽曲で癒されます。 物語はワクワク、何か起こるのではないかとハラハラする展開です。 日曜劇場のどくどくの悪者役もどんな悪役っぷりを発揮してくれるのか今後も面白く毎週が楽しみです。 関連作品TBS『メゾンドポリス 感想 私が気になったところは主演の高畑充希ちゃんが刑事の役を演じることがまず驚きでした。 今までずっと朝ドラのごちそうさんで引っ込み思案の女の子を演じていた時のことがまだ鮮明に覚えているからです。 ちいねえちゃんであるヒロインのめいこに影響を受けてハキハキとした大人の女性へと変わっていったところはたくましくかっこいいなと思いました。 そして今回のこのドラマでは彼女が刑事の役でしかも気になるところはおじさんたちに振り回されながらも事件を解決させていくという大変な思いもしながらも完結に終わっていくところはなかなか見どころがあるなと思いました。 そのおじさんのキャスト陣の中中にかつて高畑充希ちゃんがとと姉ちゃんのヒロインを務めた時のお父さんの役の西島秀俊さんが抜擢されていてびっくりしました。 そして他にも近藤正臣さんや小日向文世さんなど豪華な実力派の俳優さんたちが演技をするので楽しみなところです。 さらに1番の驚きは高畑充希ちゃんがバッサリと20cmも髪を切って刑事役に挑んだところです。 実際見てみて似合っていて可愛いのでショートカットの彼女もまた素敵だなと改めて感じました。 そしてどんな風にワケありのおじさんたちが振り回していくのか楽しみです。

次の

グランメゾン東京10話動画の無料視聴はこちら!パンドラやdailymotionも

グランメゾン東京 無料視聴

【ドラマ「グランメゾン東京」期待の声】木村拓哉さんが主演なので、キムタクをひたすら見せてくれることでしょう。 (木村拓哉さんはどのような役であっても、演じるというよりはキムタクを見せて楽しませていると思っています。 )人物としてのかっこよさだけでなく、シェフとしてびっくりする料理を作ってくれることを期待します。 沢村一樹さんは主演もできる方ですがライバルを尾上菊之助さんが演じるので、初めは控えめな出演になるかもしれません。 でも、ドラマの展開で二人の関係が変わっていくようですので、人間像の描き方に期待します。 女性キャストの目玉が鈴木京香さんだけのような感じですので、決して若くはありませんが女の魅力も見せてほしいです。 (男性50代) 【ドラマ「グランメゾン東京」第1話ネタバレ解説】3年前の日仏首脳会談でアレルギーによるショックでフランスの外務大臣が倒れてしまった事件。 その時の料理長を勤めたシェフ尾花(木村拓哉)が、偶然パリの三つ星レストランの面接に落ちてしまった倫子(鈴木京香)と出会います。 失意の中にいる倫子に、尾花は料理を振舞います。 その味に涙を流し、三つ星をとるのが夢だったという倫子に、「一緒にレストランをやらないか」と尾花が提案します。 東京に戻り、かつての仲間たちに会いますが、3年前の事件で消息を絶ち、残ったメンバーに多大な迷惑をかけた尾花を相手にするものは一人もいなかったのです。 絶対にこいつがいないとと尾花に言わしめた、仲間の京野は星をとると言われているレストラン「gaku」で尾花と一緒に働いていた後輩の丹後(尾上菊之助)と共に働いています。 尾花とぶつかりながらも倫子の舌を信頼してくれた尾花の料理に突き動かされるように、京野の借金1000万をもち、「gaku」から京野を引き抜いた倫子。 3人で新しい物件の中で、「グランメゾン東京」で三つ星を目指すことを決意します。 (女性40代) 【ドラマ「グランメゾン東京」第2話ネタバレ解説】高級フレンチレストラングランメゾン東京開店のために動き出した尾花と倫子、京野。 開店資金の調達に行った京野は銀行から、有名な料理人の名前が必要と言われてしまう。 京野は、パリ時代の同僚で人気料理研究家の相沢に声を掛けるが、相沢は拒否してしまう。 妻が家を出た後、帰国して幼い娘を育てながら、働く相沢の事情を知った尾花。 京野は、辞めたgaku の丹後から知り合いの銀行マンから融資を頼み込む。 しかし、コストを押さえることを条件とした。 尾花は高級食材を使うことを曲げようとはしなかった。 そして、尾花が関わっていると知って融資出来ないと言われた尾花は、自分の料理を食べて欲しいと頼むが、大事なのは数字だと断る。 しかし、一週間後に、食べに来てそれで融資するか決めるという。 食材は茄子を使うという。 試食を食べて、銀行マンは舌を唸らせるが、これだけでは融資は出来ないというが、日本食材を使い、コストダウンするという。 そして倫子は自宅を担保にすると権利書を渡す。 残りは、銀行で融資すると約束し、成功させた。 (女性50代) 【ドラマ「グランメゾン東京」第3話ネタバレ解説】グランメゾン東京は食材集めに苦戦してしまい、安く美味しい料理を作る本を出している相沢にお願いし、協力してもらえることになった。 夏樹と倫子はジビエの神と言われる人を訪ね肉をおろしてもらうようお願いするが断られてしまう。 京野が仕入れたシカ肉で使える所を研究し、合うソース作りに苦戦。 倫子は料理にとても情熱溢れる夏樹と相沢を見て自分には足りて無いものを沢山見つけ自信を失いかける。 しかさ京野は自分を信じない料理人は星を取れないと背中を押され目を覚まし、ようやく意見を言える立場になった。 鹿の血を使う事を提案して、ジビエの神から鹿の血を手に入れ納得いく物を作り上げた。 コンクールに出す料理が決まり当日挑むが、夏樹は来ることがなく倫子が仕切って料理を作り見事成功。 しかしライバル店であるgakuの料理に負けてしまう。 それは審査委員長と手を組んでいた為であった。 丹後は怒りを抑えられず江藤を責めるが圧に負けてしまう。 夏樹はジビエの神を訪ね料理を振る舞っていた。 命を頂くと語っていたジビエの神にうまいと言わせる事ができ、笑みを溢していた。 見事ジビエの神から肉や野菜を仕入れる事が出来ることになった。 店で出すコース料理を完成させたが約束通り相沢はチームから抜けてしまった。 相沢は娘を迎えにいくと、いつも暗かったのに友達に囲まれており、その理由は夏樹が毎日作っていたお弁当のおかげだった。 おかげでグランメゾン東京に相沢を迎え入れ、家族との時間を削らないと約束しチームが前に進んだ。 (女性30代) 【ドラマ「グランメゾン東京」第4話ネタバレ解説】プレオープンに向けて、デザート要員として尾花が目を付けていたのが萌絵だった。 早速、萌絵が試作品を作るが、尾花と倫子に却下されてしまう。 プレオープンまでに試作品を作るように言われた萌絵は祥平の助けを受けながら、新たなスイーツを生み出そうとしていた。 結局、味のアイデアは祥平がだし、萌絵は見た目のデザインだけという形となった。 しかし、尾花と倫子はそれでOKを出し、プレオープンにそのスイーツを提供することになった。 プレオープンにはリンダや祥平も来ていた。 順調のコース料理が進んでいく中、一人のスタッフが急にいなくなり、雲丹の料理が間に合わない事態となってしまう。 倫子は欠品にするしかないと言ったが、尾花は諦めずに雲丹の下処理を始めた。 そして京野の呼びかけで、急所祥平も雲丹の下処理に参加することになる。 (男性30代) 【ドラマ「グランメゾン東京」第5話ネタバレ解説】リンダの記事の影響で、予約キャンセルが続きオープンするもお客様がまったく入らない状況になった。 このままでは、ダメだと思い尾花はフードフェスに出店する事を提案する。 その出店に関して、平古シェフにも手伝う様にお願いします。 平古シェフの活躍もフードフェスは連日大人気の盛り上がりを見せる事になった。 しかしグランメゾン東京には一向にお客様はこない状況が続きました。 リンダの狙いは3年前の犯人をおびき出す為に記事を書いたという事を知りました。 そしてついに犯人が明らかになりました、犯人は平古シェフでした。 ミスで起きた事故でしたが、それを聞いた尾花は何も言わずにフレンチは辞めると言います。 そんな中トップレストラン50にグランメゾン東京が入り、予約一杯の店に急遽変わりました。 そして、平古シェフはgakuに転職しました。 いよいよgaku対グランメゾン東京の闘いが始まるシーンと共に話が終わった。 (男性30代) 【ドラマ「グランメゾン東京」第6話ネタバレ解説】トップレストラン50に選ばれたグランメゾン東京やgaku、腕を上げてgakuに入った祥平は丹後と共にレシピを開発し、グランメゾンは魚料理で挑む事に。 芹田は周りが祥平の名前ばかり出すことや、認められないと簡単に口にし悩んでいた。 何か行動に出ることと京野に言われ、市場の魚屋でバイトをするが認められず店をやめてしまう。 江藤にうまく使われる芹田はお金を受け取りレシピをgakuに渡してしまった。 店をやめた芹田に京野は招き、料理を食べてもらい、いつも食べていた賄いよりもはるかに美味しく感動し、gakuに渡したレシピのことをみんなに話すが笑われ、真似できるものではないと夏樹に言われた。 もちろん真似して作ったgakuは全く真似にならず食べられるものではないと怒る江藤。 もう一度働かせて欲しいと言った芹田は鰆を使いまかないを調理し、グランメゾンの人達に頑張りを見せることが出来た。 グランメゾンは忙しくなってきた為カンナを呼び入れたが怪しい目をし、働くことを許さないと言っていた。 (女性20代) 【ドラマ「グランメゾン東京」第7話ネタバレ解説】世界のトップレストラン50位の発表と共に話は始まった。 時は先のぼり、選考2週間前までに戻りました。 相沢がいつも通りアメリのお迎えに行くところに、元妻のエリーゼが現れた。 エリーゼは料理ばかりしている相沢からアメリを引き取る為に日本に来ていた。 尾花はエスコヒューの最高順位の10位以上の成績をとること約束した。 そしてさらにエリーゼの心を掴む為に相沢と尾花はキノコを使ったスペシャル料理を作ることにした。 アメリが風邪が治った事でゲストに呼び料理を振る舞うがエリーゼの心は変わらなかった。 そしてついにランキングの発表が行われた、グランメゾン東京は10位に選ばれたが10位以内にはならず、gakuは8位に選ばれた。 順位自体は擦らばしかったがアメリはフランスに行くことになった。 そして京野が早見の事が好きだといいだす驚きの展開で話は終わった。 (女性40代) 【ドラマ「グランメゾン東京」第8話ネタバレ解説】京野が倫子に思いを伝えたことによって三人が気まずい空気が流れ、尾花は倫子の家を出ていった。 尾花は師匠と再会して師匠の元でお世話になっていたが師匠が倒れグランメゾン東京を休んでいた。 師匠のお店を手伝っていると一人で回せないと京野を呼び出し手伝わせ京野に人に合わせた料理や接客について分からせた。 京野は自分のやり方が間違っていたことに気がついて人に合った接客をするようになった。 尾花は師匠の味覚障害のことについて師匠に常連さんが待っているからお店を辞めるなと師匠の元を立ち去った。 尾花は京野の家にお世話になり、二人は和解した。 遂に三年前の事件の真相が明かになり、平子シェフが三年前の事件でナッツを入れてしまったことを知られてしまった。 (女性30代) 【ドラマ「グランメゾン東京」第9話ネタバレ解説】尾花と倫子は栞奈がグランメゾン東京を辞めようとしていることを知る。 ミシュランの審査の前にコース料理とワインをリニューアルすることになり、栞奈がセレクトしたワインが好評だ。 そんな時、萌絵が倒れてノロウイルスだという。 栞奈はバッグから、小瓶を落としたのを相沢が見ていた。 萌絵が前日、栞奈が仕入れた生カキを食べたのが原因ではないかという。 尾花は感染を防ぐために保健所を呼んだ。 萌絵の作ったデザートを食べた顧客にも感染者はいなかった。 一方、尾花はワインに合う前菜を考えていた。 そして、リンダは祥平に3年前のナッツ混入事件の犯人であることを問いつめた。 そして、栞奈は小瓶を持ち出し、料理に入れようとしていた時、京野は、3年前の事件の現場に栞奈の父親がいて、責任を取らされたという。 復讐のためにグランメゾンに乗り込んだという。 しかし、料理に入れたのは栞奈ではなかった。 そして、祥平はgaku を辞める。 そんな祥平に尾花はグランメゾンに来いと声を掛ける。 (女性50代) 【ドラマ「グランメゾン東京」第10話ネタバレ解説】平古に、グランメゾン東京に来いという尾花のシーンから話は始まった。 過去の事を全て告白するが、相沢や早見は許す事ができなかった。 そこで京野が料理を作り必死に説得する事になる。 最終的に尾花の新作メニューを表に出ずに手伝うゴーストシェフを行う事になった。 そして、次々メニューが出来上がる中で、メイン料理だけ苦戦していた。 そんな中、平古の元婚約者が訪れて、平古にグランメゾン東京で働いて欲しいと言い残して帰っていった。 入れ替わりでリンダが現れるが平古は冷凍庫に隠れて何とか逃れたが、新作メニューを食べに来て欲しいと尾花が言い出した。 新作メニューを食べに訪れたリンダに料理を届けたのは平古だった。 料理は酷評されたが、平古はグランメゾン東京に残りたいといい残る事になって話は終わった。 (女性30代) 【ドラマ「グランメゾン東京」最終回・第11話ネタバレ解説】平子は彼女に振られたのだ。 3星とってもう一度って思ってる。 マグロを尾花が、凜子は他の魚を作るのだ。 正平は全体を見るすーシェフになった。 デザート味を確認しに正平の彼女に会いに行く松井と尾花。 焦りや感情が味にでているというのだ。 優しいスイーツのために彼女が必要みたいだ。 凜子の魚もクールな仕上がりだ。 3星には届かないという尾花。 リンダを店に来るようくどく尾花だ。 少しご立腹のリンダにやさしい気持ちになる料理をだす。 リンダは上に逆らってグランメゾンを押した。 審査が入ることになった。 3星の審査に間に合ったマグロ、凜子は少しさみしそうだ。 マグロを否定され尾花は店を去る。 凜子は3星をとった。 感極まるスピーチをする凜子だ。 抱き合う凜子と尾花。 アメリのもとに帰る相沢だ。 尾花の夢は世界へ。 (女性40代).

次の