アプリ の 消し方。 いらないアプリの消し方! でも知らずに大事なアプリを消して大変なことに・・・。

iPhoneアプリの消し方!削除できない原因と対処法を分かりやすく解説!

アプリ の 消し方

ビデオ消しゴム・イレーザーの特徴は? まず初めに、ビデオ消しゴム・イレーザーの特徴について解説していきます。 動画を撮った時に、「この人が映っていなかったらなあ」とか思ったこと、ありませんか? スマートフォンなどが広く普及し、動画を撮影する機会が格段に増えた現代を生きる中で、一度くらいそういう思いをしたことがあるはず。 この記事で紹介するビデオ消しゴム・イレーザーは、動画に映った不要なものを簡単に消すことが出来るソフトです。 消したいものを囲み、元から何もなかったかのようにすることが出来るのです。 ビデオ消しゴム・イレーザーは以下のようなものを削除するのに役立ちます。 ・映り込んだ人、動物、物 ・風景から電柱、ゴミなどの人工物 ・空撮映像のドローン自身の影 ・レンズの汚れ など そんなビデオ消しゴム・イレーザーの特徴を挙げるとしたら、以下の2点です。 ・動画に映った不要なものを簡単に消去できる ・消したい部分をマーキングするための簡単操作 どちらもビデオ消しゴム・イレーザーの使い方に関係する特徴となっていますから、ここで使い方などの説明に移ります! ビデオ消しゴム・イレーザーの使い方は? では次に、ビデオ消しゴム・イレーザーの使い方について解説していきます。 初心者でも簡単! マーキングするだけ! 消したい部分をマーキングするだけで、数秒で自然に消去することが出来ます。 消したい部分が移動している場合でも、モーショントラッキング機能で自動追従させて消すことが出来ます。 元からなかったような自然さ! 移ってほしくはなかったものを、実に自然な形で消すことが出来ます。 様々なシーンで活用する事ができ、思い出をより綺麗な形で残せるようになるわけです。 これなんかすごいですね! まるで、最初から存在していなかったかのようです! これ以外にもいくつか例として、ビデオ消しゴム・イレーザーを使用したサンプル動画を載せておきますね。 ・通行人 説明されなければ分からないぐらいの仕上がりとなっているのではないでしょうか! ビデオ消しゴム・イレーザーの値段は?他の動画編集アプリより安い? 最後に、ビデオ消しゴム・イレーザーの値段と、それを元にした他の動画編集アプリとの比較を行っていきます。 ビデオ消しゴム・イレーザーの値段は3990円(税別・ダウンロード版)となっています。 この値段を元に、他の動画編集アプリと比較していくことにします。 ビデオ消しゴム・イレーザーの値段は、他の動画編集アプリよりも高いのでしょうか、安いのでしょうか? 動画編集アプリの話で必ず話題にあがるであろうAdobe(アドビ)と比較してみます。 Adobeの動画編集アプリはいくつかありますが、どの動画編集アプリも基本的に 月額2480円(税別)となっています。 1ヶ月だけ使用する場合は、ビデオ消しゴム・イレーザーよりもAdobeのほうが安いということになりますが、2ヶ月使用したらビデオ消しゴム・イレーザーのほうが安いですね。 更にこれが法人向けや、コンプリートプランになるとどうでしょうか。 Adobeの動画編集アプリは法人向けの場合、月額3780円となり、コンプリートプランの場合には個人向けでも月額5680円(税別)となります。 コンプリートプランにしようとすると、更にビデオ消しゴム・イレーザーより値段が高くなってしまうんですね。 「法人向けにしたって、Adobeのほうが高いじゃないか」と思った方もいるでしょう。 現在、期間限定で、ビデオ消しゴム・イレーザーは特別価格で販売されています。 なんと25パーセントオフでの提供となっており、お値段は 破格の2980円となっています。 この価格はAdobeの法人向け価格よりも安いですから、この機会を逃す手はないでしょう。 あと、これは余談になりますが、ビデオ消しゴム・イレーザーにはペダルなどの入力機器が使えるプロ用も存在します。 プロ用の上位版では、別売りのUSBペダルなどの入力デバイスをサポートしています。 マウス・キーボードの操作と同時に足のペダルを踏むことで早送りや巻き戻しなどを行うことが出来ますので、複雑な作業も効率的に行えます。 興味があるという方は、こちらからどうぞ。 私はこういった動画編集アプリの話を聞くたびに、技術の進歩ってすごいなあと思わされます。 「ビデオ消しゴム・イレーザー」、興味のある方は、ぜひとも一度お試しを。

次の

iPhoneのキャッシュを削除するには?アプリ毎の消し方と自動削除について

アプリ の 消し方

iPhoneの有料アプリを解約する方法 最終更新日 2020-04-20 21:04:45 iPhoneの有料アプリには、「アプリ自体が有料」のものと、「アプリは無料でアプリ内の一部の機能を使いたい場合は有料」になる2つのパターンが有ります。 後者の方はさらに、「1回の支払いで永久に使用できる」ものと、「継続して使用するには毎月 もしくは1年間単位 で料金を支払わないといけない」ものとの2つがあります。 この毎月、もしくは毎年料金を支払うタイプの有料アプリは、自動的にクレジットカードから引き落とされるので、今回はこうした継続的に支払う必要がある有料アプリの解約 もしくは退会 方法を紹介します。 ちなみに「1回の支払いで永久に使用できる」タイプは、iPhoneを買い替えても、アプリを削除 アンインストール しても、無料で再インストールし、使用することができます。 Sponsored Link 目次• 有料アプリ・コンテンツを解約するには まずは、「 設定」を開きます。 「Apple ID:xxxxxxxxxxx xxxxx」という項目があるので、ここをタップします。 「Apple IDを表示」をタップします。 「 顔認証 Face ID 」もしくは 指紋認証を実行します。 ここをタップ。 もし、「サブスクリプションなんてないよ!」という人は、iOSが古い可能性があります。 に進んでください。 ちなみに 「サブスクリプション」とは、日本語で「加入」とか「購読」「申し込み」といった意味になります。 「サブスクリプションをキャンセルする」をタップします。 iPhoneの有料アプリはたいてい解約しても期限が過ぎるまではそのまま使えます。 ここで「確認」をタップします。 これで有料プランを解約できました。 先ほどと違い「サブスクリプションをキャンセルする」の項目がなくなり、「〇〇日に終了予定」という表示になりました。 期限日を過ぎるとこの表示も消えます。 古いiPhoneの場合 iOS12以前のiPhoneの場合は、まだ「サブスクリプション」という単語は使われていません。 古いiPhoneの場合は以下。 下へスクロールすると、「登録」という項目があるので、ここをタップします。 * iCloudの有料プランの解約はここではできません 有料契約を解約したいアプリをタップします。 なお、 ここに表示されない有料アプリの場合は、ドコモやアプリを公開している会社が独自に採用している課金システムを使っている場合があります。 その場合はこちらを参考にしてください。 一番下にある「登録をキャンセする」をタップします。 なお、たいてい、登録をキャンセルしても有効期限まで使用できます。 もう一度聞いてくるので、「確認」をタップします。 解約できました。 再び有料サービスを利用する場合は、ここから新たに申し込むことが出来ます。 iOS9以前のiPhoneの場合 古いiOSの場合は、以下のようにして解約します。 iTunes Storeにサインインするためにパスワードを入力します。 なお、指紋認証をオンにしていてもここではパスワードを入力する必要があります。 アカウントが表示されるので、「管理」をタップします。 すると、現在有料アプリと契約しているアプリや、過去において有料購読をしていたアプリのリストが表示されます。 「有効」と書かれているものは、現在自動的に料金が支払われているもの。 「有効期限終了」は、過去、契約していたものになります。 なお、解約しても、契約期限が来るまで「有効」のままになります。 解約したい場合は、この「有効」をタップします。 有効期限が表示されます。 この有効期間内であれば、解約しても使用することができます。 下の「自動更新」の部分をタップして、青からグレーに変更させます。 なお、たいていの有料アプリは一ヶ月ごとの更新より、1年間ごとの更新のほうが安いので、ここで1年間ごとの更新に変更することもできます。 警告が出るので「オフにする」をタップします。 これで解約出来ました。 右上の「終了」をタップして閉じます。 Apple MusicやiTunes Matchの解約 やを解約する場合も、この方法で解約できます。 アプリ内課金とは、このようにアプリ上で「購読の確認」が表示されたり・・・ サービスの申し込みに同意するというような警告が出るものだけです。 「設定」から解約できないもの それに対して「UULA」や「dビデオ」など、ドコモやau、ソフトバンクが独自に提供している会員登録をしないと利用できないコンテンツは、今紹介した方法では解約することができません。 これらのコンテンツを解約するには、ドコモやau、ソフトバンクの「マイページ」へログインして解約する必要があります。 逆にこれらのコンテンツやサービスに申し込むには、アプリ上ではなく、「 Safari」やパソコン、ドコモショップなどから申し込まないといけません。 このようなアプリ上で契約できないコンテンツやサービスは、今回の方法では解除できないので注意してください。 これらのコンテンツの解除方法は、を参考にしてください。 iPhoneがない場合 もし、iPhoneからアンドロイドに乗り換えてしまって、iPhoneを手放してしまった場合は以下のようにして有料アプリを解約します。 パソコンから解約する 有料アプリは基本的にiPhoneかパソコンのiTunesからしか解約できません。 iTunesを立ち上げ、「アカウント」をクリックし、「サインイン」をクリックします。 Apple IDとパスワードを入力してサインインします。 *有料アプリを購入したApple IDを使用してください ここまで準備が整ったら、をクリックしてください。 iTunesが開き、「登録」が表示されます。 課金し続けているコンテンツが有る場合、ここの「有効」に表示されます。 「編集」をクリックします。 「登録をキャンセルする」をクリックします。 サイド確認画面が表示されるので、OKをクリックすると解約できます。 サポートに連絡する もし、iPhoneもパソコンもない場合は、サポートに連絡してください。 Apple を開きます。 「Appとソフトウェア」をタップします。 「App Store 購入、ダウンロード、およびアカウント」をタップします。 「購読と購入」をタップします。 「購読の確認、変更、解約」をタップします。 「メール」をタップします。 氏名、メールアドレス、Apple ID、そして状況を説明して送信してください。 後からメールが届き、指示に従って操作してください。 関連ページ• ありがとうございます。 大変助かりました。 ありがとうございます。 カテゴリー• iPhone• モバイル・携帯• Mac• 同じカテゴリーの記事•

次の

【iPhone 7】アプリの消し方まとめ

アプリ の 消し方

標準アプリを削除する方法 標準アプリ(最初から入っているアプリ)を削除する方法です。 通常アプリを削除する方法と同じです。 ホーム画面でどれでもいいのでアプリをロングタップします。 (ロングタップというのは3秒ほどアイコンにふれたまま長押しすることです) するとアイコンがブルブル動き出してアイコンの左上に「X」印がついたと思います。 ここで消したいアプリについている「X」をタップしてください。 「X」をタップすると次のようなポップアップが表示されますので「削除」をタップするとアプリを消すことができます。 このように標準アプリを消すことができました。 iPhoneで最初から入っているアプリについて 2018年9月にリリースされた「iOS12」では次のようなアプリがプリインストールされています。 カメラ• リマインダー• App Store• ブック• カレンダー• ミュージック• ビデオ• ホーム• メール• ヘルスケア• Wallet• iTunes Store• Safari• Watch• 計算機• ファイル• Podcast• FaceTime• マップ• メッセージ• コンパス• ヒント• ボイスメモ• 連絡先• 友だちを探す• iPhoneを探す 標準アプリが削除できるようになったと言っても、すべてのアプリが削除できるわけではなく、赤字で表示しているアプリが削除可能な標準アプリのようです。 標準アプリでいらない、消しても良いアプリについて iOS12では20数種の標準アプリを削除することができますが、どのアプリがいらない(消しても良い)アプリなんでしょうか。 削除してもいいアプリは使い方にもよりますが、赤字で表示されている削除可能なアプリ全てを消しても、動作には問題ありません。 赤字のアプリを消しても、以下の操作が可能です。 電話(電話アプリ)• インターネット(Safari)• カメラで写真を撮る(カメラアプリ)• ビデオを撮影する(カメラアプリ)• 撮影したビデオや写真を見る(写真アプリ)• SMSの送受信(メッセージ)• アプリのインストール(AppStore)• iPhoneを探す• ヘルスケア• Wallet• iOSの設定 電話やインターネット、カメラの仕様など、必要最小限の使い方はできそうです。 iPhoneの容量が少ない(16GBモデル)場合などには使っていない標準アプリを削除して他のアプリをインストールするという使い方もできるようになりました。 個人的にいらないアプリ、消しても良いアプリを選んでみました。 個人的にいらないアプリNo. 1は以下の9つのアプリです。 このアプリはほとんど使ったことがないので、消しちゃってもいいと思います。 連絡先は必要じゃない?と思われるかもしれませんが、これを消しても電話アプリのタブ内で連絡先を観られるので消しても問題ありませんでした。 コンパスや、計測はお好みでどうぞ。 ヒント• 連絡先• 友だちを探す• ホーム• ファイル• Podcast• コンパス• 計測 No. 2はこちらのアプリ。 これらのアプリはほとんどgoogleやその他のアプリで代用可能、というかそちらのほうが便利なので、そちらを使っています。 メモ(evernote)• リマインダー gmail• メール gmail• マップ google map• カレンダー グーグルカレンダー こちらは、エンタメ関連アプリです。 appleで音楽や、動画、ブック関連を利用するなら残しておきます。 iTunes Store• ミュージック• ビデオ• ブック Watchはapple watchを持っていなければ削除可能ですね。 Watch ここから下は、残しておいてもいいかなというアプリです。 計算機は結構使うし、FacetimeはiPhone間の電話が無料になるし、誰かからかかってくるかもしれないので残しておくのが良いですね。 ボイスメモはどこのアプリを使っても差がわからないので、音声録音するなら残しておいてもいいですね。 計算機• ボイスメモ• FaceTime いずれにしても、標準アプリと同様の機能を持っていて、よりお好みの物があるなら、もとから入っているアプリは消しちゃってもいいですね。 バツが出ないアプリについて ホーム画面でロングタップしてもバツが出ないアプリは消すことができません。 iOS12では以下のアプリが該当します。 カメラ• App Store• ヘルスケア• Wallet• Safari• メッセージ• iPhoneを探す 消せないアプリはiPhoneの基本機能に関わってくるものなので、消すことができない仕様になっているのだと思います。 電話アプリがなくなってしまったら、もはやアイフォーンではなくなってしまいますね(笑 また、アプリをロングタップしてもバツが出ずに、「ーーを共有」などと画像のようなメニューが出てしまう場合は少し強く画面を押し過ぎな時が多いと思います。 画面を強く押すと「3D touch」という機能が働き、アプリのサブメニューが出てしまいます。 その場合はメニューが出ないように少し弱めにロングタップすると良いですよ。 削除したアプリを再インストールする方法 削除してしまった標準アプリは、他の通常アプリと同様、AppStoreから再インストールすることができます。 最初に削除した「ビデオ」アプリを再インストールしてみましょう。 ホーム画面の「App Store」をタップして起動します。 虫眼鏡の横に「ビデオ」と入力して、「検索」をタップします。 「ビデオ」アプリが表示されました。 矢印で指している雲アイコンをタップするとインストールが始まります。 ビデオアプリは「665. 6KB」で、とても容量が少ないのですぐにインストールが終わると思います。 ビデオアプリが再インストールされました。 まとめ 標準アプリの消し方や再インストールの方法、いらないアプリについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 iOA11以前のOSでは標準アプリを消すことができませんでしたが、iOS12になって消すことができるようになったので、容量の少ないiPhoneでも少し余裕を作ることができるようになったと思います。 アプリを消す技に加えてクラウド関連も活用すると、より便利になるので是非活用してみてください。

次の