小泉 純一郎 離婚。 小泉進次郎は「父ではない」…できちゃった婚の「意外なリスク」(井戸 まさえ)

小泉進次郎の父親小泉純一郎の真実 東京新報

小泉 純一郎 離婚

泰道照山の反対を押切り結婚 宮本佳代子さんの祖父である泰道照山さんは、孫の結婚に大反対をしていたそうです。 「出ていくなら、その身体一つでいけ」という、縁を切るまでの厳しい態度だったとも伝わっています。 お見合いの時、宮本佳代子さんは青山学院に在学中、対する小泉純一郎さんは30代ですでに衆議院議員として活動していました。 小泉純一郎さんはお見合い当日に佳代子さんにプロポーズをされたということですから、一目惚れだったのかもしれませんね。 しかし、お二人は結婚から4年後に離婚。 長男・孝太郎さんと次男・進次郎さんの親権は小泉純一郎さんが、三男・佳長さんの親権は宮本佳代子さんが持つこととなりました。 小泉進次郎と小泉孝太郎は母親が違う? 小泉進次郎さんのお兄さんが小泉孝太郎さんであることは有名です。 進次郎さんは孝太郎さんを「おにい」と慕い、仲が良い兄弟としても知られているお二人ですが、ネットでは「母親が違う」という噂があるようです。 結論から言いますと、お二人の母親は宮本佳代子さんなので母親が違うということはありません。 ちなみに、実の母親である佳代子さんが家を出て行ったあとは、孝太郎さんと進次郎さんの親権は小泉純一郎さんが持つこととなりました。 当時小泉純一郎さんは政治家としての活動をしていたので、息子二人の世話は姉の 小泉道子さんが行なっていたそうです。 両親離婚時の年齢は、孝太郎さんは4歳、進次郎さんは1歳でした。 お二人にとっては道子さんが育ての親といったところでしょう。 そのため「母親が違う」というイメージがついたのかもしれませんね。 母親代わりであった小泉道子さんは、2016年8月に84歳でなくなっています。 小泉純一郎さんは弔辞の中でこんなことを語っていました。 小泉純一郎と宮本佳代子の離婚理由 祖父の反対を押し切り結婚をした小泉純一郎さんと宮本佳代子さん。 しかしながら、結婚期間はわずか4年で終わりを迎えることとなりました。 しかも、離婚当時、佳代子さんは第三子を妊娠中。 これは相当強い離婚意志があったことが伺えます。 離婚理由を探ってみると、どうやら 小泉純一郎さんの姉・信子さんとの不仲が原因だったようです。 結婚当時、小泉家の実験は姉の信子さんが握っていたとされていました。 小泉信子さんは小泉純一郎さんの 秘書も務めていました。 小泉純一郎さんは仕事面でも家庭面でもお姉さんに逆らうことはない状態だったのでしょう。 夫の家族と嫁がうまくやっていくのに大事なことは、夫が嫁の味方をしてあげることでもあります。 おそらく、小泉純一郎さんは宮本佳代子さんよりも自分の家族を信頼し、佳代子さんを庇うことなどができなかったのでしょう。 大学在学中に結婚に踏み切った佳代子さんには、政治家一家という特殊な家庭、10歳年上の夫が味方でいてくれない現状は厳しすぎる環境だったことは容易に想像がつきます。 小泉純一郎さんは離婚の際に 「君子、去るものは追わず、来るものは拒まずだな」と発言しています。 小泉進次郎の母親・宮本佳代子の現在 宮本佳代子さんは、離婚から半年後に三井不動産関連会社に入社しました。 宅地見物取引士に一発合格し、女手一つで宮本佳長さんを育て上げました。 現在も同社に勤務し、富裕層ビジネス担当として活躍しています。 現在は出身地である 神奈川県鎌倉市に住んでいるようです。 小泉進次郎の弟・宮本佳長の現在 第三子をお腹に宿したまま離婚を決断した宮本佳代子さん。 離婚の翌年に三男となる佳長さんを出産しています。 出産前に離婚をしているため、孝太郎さんや進次郎さんに取っては顔も知らない弟でした。 宮本佳長さんは、父親が小泉純一郎と知りながらも、父や兄たちに会うことは叶わずに育っていったと言います。 父親に会いたがった佳長さんに対して、純一郎さんは 「血は繋がっているが親子関係はない」と厳しく言い放ったと言われています。 実の息子に対して、冷たすぎる… しかし、その後2008年に小泉純一郎さんが政界を引退したことがきっかけで家族関係に変化が起こり始めました。 純一郎さんは進次郎さんを後継者に指名すると 「家のことは任せた。 お前たちは3人兄弟だから仲良くすればいい。 」と発言。 これを機に進次郎さんが弟である佳長さんへ連絡をとり、兄弟3人での対面が実現しました。 2010年には父親の純一郎さんも交えて4人で食事をしたり、2013年に行われた佳長さんの結婚式には3人が参加したりと現在は良い関係を築くことができているようです。 宮本佳代子さんも、息子が兄たちとの関係を取り戻すことができて、さぞ安心していることでしょう。 小泉進次郎の母親情報まとめ 小泉進次郎さんの母親である、宮本佳代子さんの情報をお届けしました。 大学在学中にお見合い結婚をした宮本佳代子さんでしたが、政治家一家という特殊な家庭や、夫の姉との関係に頭を悩ませていたようです。 その中で夫が自分を庇ってくれず、離婚を決意したものとみられています。 祖父の泰道照山さんが離婚に反対したのは、これを見越していたのかもしれませんね。 つらい離婚を経験しながらも女手一つで佳長さんを育てた宮本佳代子さん。 産まれた頃から父親や兄に会ったことがなかった佳長さんも、小泉純一郎さんの政界引退を機に顔を合わすことができて、ようやく家族の時間を取り戻せているように見えます。 おそらく、宮本佳代子さんも孝太郎さんや進次郎さんとの対面も果たせていることでしょう。

次の

小泉進次郎&滝川クリステルの結婚報道で「小泉家の闇」にマスコミが触れない不思議

小泉 純一郎 離婚

小泉純一郎氏は離婚後300日規定の典型例 一方、小泉進次郎議員の父純一郎氏は、報道によれば、進次郎氏の母である妻が第三子を妊娠中に離婚している。 生まれた三男は「離婚後300日以内に出産」しているため、離婚しても父欄には小泉純一郎氏の名前が入る。 もし、この規定がなければ、父親が小泉氏であることが明らかであっても、出産後速やかに父を確定し、養育費等も含めた扶養や相続の権利を得ることができなかったかもしれない。 ただ、この規定も「300日」は長すぎる。 そもそもこの規定ができた19世紀後半は血液型さえ発見されていない時代だ。 妊娠期間も明確ではなかった。 現代医学では最終月経日から40週、懐胎していない2週間を含めて280日を基準とする。 予定日に生まれても266日目で、早産ならもっと早くなる。 このため300日規定を適用すると、離婚して1ヵ月後に別の男性との間に受胎して子どもが生まれた場合、その子は前夫の子どもになるという奇妙な事態が発生し、社会問題となっている1万人以上とも言われる無戸籍児・無戸籍者を生み出しているのだ。 明治以来の民法改正の中身 こうして奇しくも政治家一家の小泉親子が経験することとなった民法772条の「嫡出推定」規定が今、見直されようとしている。 山下貴司法相は参議院選挙に入る前の2019年6月、民法のうち、「嫡出推定」と「監護権」の改正に関して法制審議会に諮問、これに先立ち昨年から開催されていた研究会の最終報告書をベースに今、改正議論が進んでいる。 その最終報告書の内容は、婚姻後200日規定については、妊娠をきっかけに結婚する夫婦が増え、結婚後200日以内に生まれた子も出産時点で再婚していれば、「例外規定」として現夫の子とすべきだと提案している。 ただし200日規定は残り、「空欄」での出生届も認められることになるような制度設計が検討されている。 一方で社会問題ともなっている「無戸籍問題」を生む主原因の離婚後300日規定については出生時に母親が元夫以外の男性と再婚していた場合などは、元夫の子とみなさないとしている。

次の

「離婚33年」初手記発表も小泉純一郎元妻がそれでも明かさぬ「別れた理由」

小泉 純一郎 離婚

小泉孝太郎のプロフィール• 本名:小泉 孝太郎(こいずみ こうたろう)• 生年月日:1978年7月10日• 出身地:神奈川県横須賀市• 兄弟:弟2人• 身長:177cm• 血液型:AB型• 学歴:関東学院六浦小学校・関東学院六浦中学校を経て関東学院六浦高等学校卒業。 日本大学経済学部経済学科出身 政治家の父親からは 「政治家にはなるな、それ以外の道を探しなさい」と言われて育ちました。 過酷な世界に息子を置きたくないという父親の愛情だったのでしょうか。 4歳のときに映画 『E. 』に影響を受け、俳優という仕事に漠然とした憧れを抱いていた小泉孝太郎さん。 22歳のときに 『21世紀の石原裕次郎を捜せオーディション』を受けました。 惜しくも落選するのですが、その翌年、父・小泉純一郎さんが内閣総理大臣になったことで息子である小泉孝太郎さんに注目が集まります。 「総理の息子がどうやらイケメンらしい」 そんな噂が広まり、いくつもの芸能事務所から声がかかりました。 俗に言う 「親の七光り」。 小泉孝太郎さんにとって 「本意ではなかった」注目のされ方だったとのちに語りました。 そういった状況が辛くて、「自分は芸能の仕事に就くべきではないかもしれない」と悩みました。 悩んだ末、 「このチャンスを逃したら後悔するかもしれない」と、七光りを受け入れて芸能界に飛び込むことにしたのです。 政治家の家系というと、思い浮かぶのはDAIGOさん。 彼も「七光り」を警戒し、ずっと祖父・竹下登氏のことを隠して活動していましたよね。 小泉孝太郎さんもDAIGOさんもクリーンよね。 すごく真っ直ぐに育っているというかさ、好感が持てる。 両親の離婚。 母・宮本佳代子 小泉孝太郎さんがまだ幼いころ、 両親は離婚しています。 母・宮本佳代子さんは、青山学院大学に在学中に小泉純一郎さんと結婚しました。 エスエス製薬創始者の孫娘にあたり、祖父はこの結婚に反対でした。 しかし小泉純一郎さんの猛プッシュにより1978年に結婚。 その年の7月には小泉孝太郎さんが生まれます。 もしかしたらデキ婚なのかな。 3年後の1981年には、次男の小泉進次郎さんが生まれます。 しかしその2年後、 小泉純一郎さんと宮本佳代子さんは離婚することになるのです。 その理由は定かではありませんが、 小泉純一郎さんの母親や姉たちと折り合いが悪かったとも噂されています。 政治家の家ですから、一般家庭にはない苦労もあったのでしょう。 [ad co-2] 両親の離婚、最愛の母との別れ 子どもたちは父親が引き取ることになりました。 ここでも壮絶なやりとりがあったと想像されます。 小泉孝太郎さんは4歳、弟の小泉進次郎さんは2歳でした。 母親が家を出る日、 小泉進次郎さんは泣きながら母を追いかけました。 その幼い子どもを小泉純一郎さんの姉が引き止めます。 小泉孝太郎さんは、ただじっと唇を噛んでこらえていたそうです。 まだ4歳、弟と同じように泣いて追いかけたかったろうに、子どもながらに何かを悟っていたのか。 想像するだけで胸が痛みます。 母と引き裂かれた幼い子どもたちも、かわいい我が子を置いていかなければいけない母親も。 さらに辛いことに、小泉純一郎さんの意向により、子どもたちと母親が会うことも許されなかったのです。 どんな事情があったのかはわかりませんが、その苦しみは想像を絶します。 スポンサーリンク 三男を妊娠中だった 驚くべきことに、このとき 佳代子さんは3人目を妊娠中でした。 あろうことか、小泉家はこのお腹の子どもの親権をもとるために裁判で争うのです。 ちょっとひどすぎますね。 裁判の結果、3人目の子供は母・宮本佳代子さんが育てることになりましたが、 小泉純一郎さんは生まれた3人目の我が子に会うことはしなかったそうです。 小泉純一郎さんなりのけじめがあったのかもしれませんが、辛いですね。 のちに小泉進次郎さんのはたらきにより、親子が顔を合わせることになるのですが、25年もあとのことです。 父・小泉純一郎の子育て ここまで聞くと、小泉純一郎さんの非道っぷりに驚くばかりなんですが。 だけど、小泉孝太郎さんは 「尊敬する人は父親」だというんですよね。 小泉進次郎さんも父の背中を追って政治家の道を選んだし。 離婚や母親との別離だけでは語れない、父子の絆があるということですよね。 少しの時間も子どもにあてる 政治家として超多忙な小泉純一郎さんでしたが、少しの時間が空けば自宅に戻り、小泉孝太郎さんらとキャッチボールをしました。 本当に短い時間。 7〜8球を交わすともう仕事に戻らなければいけない。 小泉孝太郎さんは、あっという間に過ぎ去ってしまう父との時間を寂しく思いながらも、その短い時間を大切にしてくれた父に感謝していたと言います。 お金に関すること 裕福な家庭であったにもかかわらず、お小遣いはなし。 お年玉ですら高校生のときに500円をもらっただけとか。 正月に、次々と訪れる来客からのお年玉もすべて断っていたそうです。 父親の前で財布を開けることは許されず「お金の計算をするな!」と厳しく育てられたそうです。 金と政治ともいわれる世界。 「お金に固執する人間になって欲しくない」という父の教育方針があったのでしょうか。 楽な道を選ぶな 食事のマナーはもちろん、銭湯でさえも手ぬぐいの使い方についてチェックされるほど。 エスカレーターやエレベーターを使うことも禁止されてたんだって。 そこには、楽な道を選ぶなという、父親の教えがあったそう。 「 目の前に楽な道と辛い道があったら、必ず辛いと思った道に行きなさい」と言われて育ちました。 小泉孝太郎さんと小泉進次郎さん、異なる世界で活躍する2人だけどそういった幼い頃からの父の教えが出ていますよね。 弟・小泉進次郎とは仲がいい 俳優と政治家、別々の道を歩んでいる兄弟ですが、仲はすごくいい。 小泉進次郎さんのFacebookやブログには「おにい」もよく登場しています。 年末年始は久しぶりに家族や友人と会って、リラックスした時間を過ごせました。 25年の時を経て三男と… 2008年に小泉純一郎さんは政界を引退しました。 そのとき、政治だけでなく家のこともすべて小泉進次郎さんに後継したのです。 離れて暮らす三男のことにも触れ 「今さら俺は会えないけれど、お前たち3人は兄弟なのだから仲良くすればいい」と話しました。 小泉進次郎さんはその言葉をうけて、弟に連絡をとりました。 それから間もなく兄弟3人がはじめて顔を合わせることになったのです。 別れたとき、母のお腹にいた末の弟は25歳になっていました。 失った時間を埋めるように、その後も3人は何度も食事を重ねました。 そしてついに父親を含めた4人での対面が叶ったのです。 別れた母親との再会 2013年11月、三男の結婚式には 純一郎さんも参列し、孝太郎さん、進次郎さん、そして母親、再び4人が顔を合わせたのです。 出席者の1人が涙ながらに、こう語る。 「小泉さんも出席して…家族全員が揃って…本当に立派ないいお式でした」 (引用:) 複雑な環境にありながら、全く擦れていないこの兄弟はなんなんだろう。 彼らあっての親子の対面だったと思います。 最初は「七光り」で登場した小泉孝太郎さんでしたが、いつの間にか「小泉純一郎の息子」でなはく、小泉孝太郎になりましたよね。 これからもますますの活躍を期待しています。 日本は、離婚したら親子を生き別れさせるという風習があります。 夫婦喧嘩に子供を巻き込み、離婚したら子供から親を奪っても構わないと言う、親の都合で子供が親を失う子どもが、被害を受けます。 子供は本当の心を親に言えず、寂しさで非行に走ります。 小泉家はたまたま厳格な親の元、真っ直ぐに育ったかもしれません。 その他の離婚で片親を失う子供たちは、本当に寂しい思いをしています。 ましてや、日本の家庭裁判所は、離婚を有利に進めるための子供の連れ去りを認める国です。 ハーグ条約と言う国際的な子供の連れ去りは犯罪とする条約に批准したのに国内の子供の連れ去りが認められています。 日本は、北朝鮮を拉致大国と非難しながら世界中から子供の拉致大国と非難されてます。 日本も離婚したら親子を生き別れさせるのではなく、ステップファミリーという、新たな家族関係を築く時期に来ていると思います。 そうすれば孝太郎君も母親を失わずに育ったのではないでしょうか?.

次の