スティーズ エアー。 #59 神リールか!?軽量ルアーのキャスト抜群 スティーズエア インプレ

ダイワスティーズSVTWをインプレ!ベイトでトラブる人はスティーズSVTWを使えば解決!

スティーズ エアー

ベイトフィネスのスプール径は遠投性を重視した34ミリが好きです。 琵琶湖でベイトフィネスを使う時は割と大きめのワームでウエイトがあるので32ミリのスプールより34ミリのスプールの方がしっくりくるんです。 なので今まで新しいベイトフィネスリールが出てもそこまで興味は無かったのですが、28ミリのスプール径のスティーズAIR TWは気になっています。 ここまで突き抜けてくると今までのベイトフィネスとはまた違う世界なのでは?と期待しています。 でもそんな無理してベイトで投げる必要ないじゃん!と思う方はいますよね。 私も大会とかに出るならスピニングで良いと思います。 ただ私のように趣味でやっているなら話は別。 ベイトリールでルアーを投げる事が好きなんです。 休日の有意義な時間を過ごす為には理屈だけでは説明出来ない部分があるんですよね。 ・・・ 声にならない 出典:YouTube 新商品のプロモーションの動画で何と無言! 声にならないってやつですね。 プロモーションとしてどうだろう?と思う所はありますが一番説得感があるような気がします。 出典:YouTube 嘘をつけなさそうなオリキンさんのインプレは貴重ですね。 投げるのが楽しい 出典:YouTube ベイトフィネスがここまで広まった理由にはやはりベイトリールでのキャスティングが楽しいという人が多いからだと思います。 楽しいから軽いものもベイトリールで投げたい。 私がベイトフィネスを使っている理由も投げるのが楽しい事が大きいです。 楽しく、気持ち良く投げられる。 これは充実した休日にする為に非常に大切な事ですね。 2gもいける 出典:YouTube 私はベイトリールが好きなのでトラウトの管理釣り場でもベイトリールをメインで使います。 今まではスプーンはスピニングでないと厳しかったのですがスティーズAIRならスプーンもいけちゃいそうですね。 スピニングの方が繊細なアタリは取れると思いますがベイトでやりたいんです。 4ミリの違いは大きい 出典:YouTube 言葉で28ミリと聞くだけでなく比べてみるとかなり違いますね。 これだけ違うのだから32ミリでどれだけスプールを軽くするよりも効果が大きいのは明確です。 結局は外郭に来るラインの重さの影響が一番大きいですからね。 当然飛距離は犠牲になるでしょうから今まで私が使ってきた34ミリのベイトフィネスの代わりになるものではありませんが、新しい世界が広がりそうな気がします。 まとめ.

次の

まだあった! DAIWA2020新作ベイトリール光速スクープ!! 次世代ベイトフィネス機『アルファス AIR TW』降臨!!!【ソルトもOK】

スティーズ エアー

チタンのハンドルに、EVAの丸ノブ。 軽くてよかったけど、丸ノブのガタツキが気になって使わなくなってた。 今見ると、現行ハンドルに似すぎ!? 色や面取り具合など、純正のが格好いいけど。 初代スティーズは元からクランクハンドルでしたので形状は変わらず。 重さも変わらず。 確か80㎜なので、長さも変わらず。 完全に見た目変更のためのカスタムパーツ 笑 懐かしのアイズファクトリー。 メガバスのノブは2gくらい軽くなったのかな? アルミボディにラバーの組み合わせで見た目は嫌いじゃないのですが、丸ノブは持った時に回ってつかみにくいんですよね。 伝わるかな? キャスト後、ノブを持つ瞬間にくるっと回っちゃって掴めないことが結構ある。 嫌いじゃないんです。 ただ、現行の ノブは非常に良い。 ちなみに 犠牲になったT3airはこうなりました。 こ、これは意外といいんでないかい!? 現行のハンドルに昔のメガバスノブに、のスタードラグ。 紫のネジ固定パーツとシルバーのハンドル、金のノブと黒く尖ったスタードラグが何とも妖艶。 見た目的にはこのままスティーズSVTWに付けたい 笑 でもスタードラグは流用できないし、ノブは掴みづらいし。 ヘッジホッグのHPには、純正スタードラグの色違いが売ってるからそれを買おうかな。 スタードラグの内側に 四角いマスが無いし、 ネジきってあるから、うーん絶対使えない。 でも出来たって言ってる。 もしや、現行の 四角いナットを外してスタードラグで締める方式に変えればいいのか!?!? できたら追記します。 というか、とは書いてなかったけど、同じ機構のジリオンSVへの取り付け方があった。 やはり想像通り、 四角いナットを外してスタードラグ自体で締めこむ方式に変える!が正解でした。 はじめにちゃんと調べればよかったぜ。 ということで、またチャッチャと分解。 赤丸で囲った現行のパーツを外し、ヘッジホッグのスタードラグを付けます。 ・四角いナットとバネを外すだけ 簡単なことだったぜ。 クリック音鳴らすパーツはそのまま使えます。 ただちょっと問題が。 このまま組み立てると、ドラグがフルロックになる前にスタードラグがボディに当たってしまう。 最後までドラグを絞められない。 そこで、根本に一枚ワッシャーを追加しました。 1mmくらい余裕がでれば大丈夫でしょう。 ワッシャーを入れてフルロックした状態。 まだ締めこめるくらいの余裕がでました。 動作問題なし。 これでやっと、当初の目的だったスタードラグの流用ができました。 これに、アイズファクトリーのカーボンハンドルと現行ノブを合わせる。 悪くない。 でも、現行ハンドルとメガバスノブの組み合わせも捨てがたい。 現行ハンドルの紫パーツを付けたい。 それにはハンドルも現行にしないといけない。 ノブも現行のがいい、、、、ん?それはもはや純正戻し 笑.

次の

スティーズAIR TWのインプレ動画公開。今までのベイトフィネスより更にフィネスなベイトリールが気になる

スティーズ エアー

こんにちは! 筑紫野店のダーヤマです。 ダイワ 20 スティーズ AIR TW 500XXH 今年発売されたばかりのモデルですが、簡単にインプレします! まずはカタログスペックから• 巻取り長さ(cm/ハンドル1回転):80• ギア比:9. 自重(g):135• 最大ドラグ力(kg):3. 標準巻糸量ナイロン(lb-m):6-45、8-45• ベアリング(ボール/ローラー):12/1• ハンドル長(mm):80 自重はCTより少し軽くなって135g。 スプールは ベアリング込みでこの軽さ。 G1ジュラルミン、28mmスプール 5~6ポンドあたりのラインをまけばスピニングの領域までカバーできますね。 サイドプレートは割とずっしり。 意外と良いなと思った点はこれ、ボディ内側のこの突起。 穴の空いたスプールはここからベアリングに水分が入っていくことが多く 気づいたらクラッチカムベアリングが錆びてるなんてこともあります。 突起になっていることで水分の混入を抑えることができるかと。 ブレーキダイヤルとオープンスイッチは裏面です。 シマノっぽくなりましたね。 レベルワインドはブラックでなかなかクール。 ハンドルもリテーナーレスになりました。 シンプルでいいですネ! 好きずきがわかれるこのデザイン。 CTと区別化するために開けたのか。 それとも開発者の好みなのか。。。 さて、ざっと見た目を紹介してきましたが、 用途的には・・・? ベイトフィネスではちょっと投げにくい、かるすぎるルアー 2-3g。。。 スピニングよりちょっと気持ち太い糸を巻きたい。。。 いやむしろスピニングの領域もカバーしたい。。。 そんなときに登場するリールなのかと。 うまく使いこなせればスピニングいらずになるかもしれませんね。 淡水専用となっていますが、PEを巻けばライトソルトやトラウトでも使えそうです。 今までスピニングでやっていたことをベイトにすることで、 手返し、キャストアキュラシー、巻感度、巻き上げトルクが向上します! 正直、見た目はあまり好みではありませんが、こういうフィネス専用は面白いと思います。 未使用の状態ですが、通常新品を買うよりお得な価格で販売しておりますよ~!.

次の