セカンドパートナー 出会い。 友達以上不倫未満の新たしいセカンドパートナー

セカンドパートナーはキスしたらダメ?手を繋ぐ&ハグはOK?セカンドパートナーの定義とは。|出会いの品格

セカンドパートナー 出会い

セカンドパートナーが欲しい人とは!? セカンドパートナーは、既婚者同士の交際スタイルです。 また、肉体関係なしの恋愛ごっこと定義されることが少なくありません。 そのため、友達以上恋人未満のピュアな男女交際と言えるかもしれません。 とはいえ、セカンドと名がつくことから、お互い既婚者であることが多いです。 そのため、配偶者から浮気・不倫と認定されれば、トラブルになりかねません。 それでも、セカンドパートナーが欲しい人も少なくありません。 単純に夫婦仲が良くないことからセカンドパートナーが欲しい人から・・ 老後の不安感から、セカンドを求める男女がいるようです。 そのため、セカンドパートナーが欲しい理由も人それぞれのように感じます。 また、お互い恋愛に近い感情を持つことで成立する関係ということもあり・・ 金銭的な支援で繋がるパパ活とは大きく異なる男女の交際スタイルと言えそうです。 セカンドパートナーの作り方とは!? 次は、セカンドパートナーの作り方を見ていきましょう。 セカンドパートナーの作り方は、大きく分けるとネットかリアルの2つです。 リアルでの出会いとなると、独身同士に比べると・・ 身バレ防止も含め、より慎重にお相手を選別する必要があるかもしれません。 また、お互い既婚者同士で惹かれ合うのは奇跡的な確率のようにも感じます。 長期的なスパンでパートナーを探す必要があるため・・ すぐにでもセカンドパートナーが欲しい男女にはおすすめできません。 そのため、もう一つの方法として、ネットでの出会いがおすすめです。 ネットのセカンドパートナー探しとなると、不安を感じる人もいるかもしれません。 しかし、関係性の薄いコミュニティーでの出会いとなるため・・ フィルターがかからない状態で、よりセカンドパートナーを選別できるでしょう。 また、リアルのコミュニティに比べて、妻や旦那にバレる確率も低くなります。 サイトやアプリの選定さえ間違わなければ・・ より多くの会員から自分にあったパートナー探しができるかもしれません。 セカンドパートナー募集で掲示板はヤバイ!? 次は、セカンドパートナー募集で掲示板がヤバイ理由を見ていきましょう。 セカンドパートナーの募集方法としては、掲示板をイメージする男女は少なくないでしょう。 しかし、最近では、掲示板からの出会いがトラブルの元になることもあります。 そこで、セカンドパートナー募集で掲示板がヤバイ理由をまとめてみました。 セカンドパートナー募集で掲示板がヤバイ理由3つ• 会員登録が不要• 本人確認がない• 不特定多数に投稿が見られる セカンドパートナーの募集掲示板では、会員登録が不要なサービスもあります。 一見すると、思い立った時に書きこみが出来て、メリットと思えるかもしれません。 しかし、誰でも書きこめることから、お相手の氏素性がわかりません。 また、掲示板システムには、本人確認がないサービスがほとんどです。 年齢が違うだけならまだしも、性別すら違うかもしれませんw 会ってみるまでわからないとなると、無駄に時間を費やすことになりかねません。 さらに、会員登録不要の掲示板となると閲覧制限がありません。 となると、不特定多数の男女に閲覧され、より多くの人の目に留まるかもしれません。 そのため、人伝でパートナーにバレる危険性も感じられます! 掲示板は気軽に投稿出来る事もあり、インスタント的な男女の出会いが実現可能です。 とはいえ、リスクと表裏一体の部分もあるため・・ セカンドパートナーの募集掲示板の選定には、充分注意した方が良いかもしれません。 まとめ セカンドパートナーの募集掲示板がヤバイ理由はいかがでしたでしょうか。 幾ら、セカンドパートナーが欲しいとはいえ・・ 出会うチャネルの選定を充分にしておくことで、トラブル回避に繋がります。 また、今のところ、セカンドパートナー募集に特化したアプリはありません。 しかし、目的別の出会いが探せるアプリとして、ワクワクメールがおすすめです。 ワクワクメールは、運営歴15年以上を誇るコミュニティサイトです! 会員数800万人を超えるため、目的に応じた出会いが見つかりやすいサービスです。 パパ活・セカンドパートナーも含め、バラエティーに富んだ出会いが期待できます。 また、人気女性誌などへの露出も多く、より素敵なセカンドパートナーが見つかるかもしれません。 男女共に登録無料なので、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

次の

既婚者がセカンドパートナーを作るメリットとデメリット

セカンドパートナー 出会い

近年よく耳にするようになった「 セカンドパートナー」という言葉。 新たな男女の付き合い方の一つとして注目を集めていますよね。 賛否両論どちらも意見があり、今はまだ理解が乏しい関係性ではありますが、それでもセカンドパートナーが欲しいと願う女性は後を絶たないのが現状です。 そこで今回は、セカンドパートナーとの出会い方やセカンドパートナー探しの注意点をご紹介します。 大人の恋、始めませんか? 1. セカンドパートナーの定義 セカンドパートナーとは、旦那さんや奥さん以外に親しい異性のことを差します。 親しいと言っても、仲の良い異性(友達)はセカンドパートナーには含まれません。 セカンドパートナーは、お互いに恋心を持った相手を差します。 これだけ聞くと不倫では?と思われるかもしれませんが、セカンドパートナーは肉体関係は一切持たないため、 友達以上不倫未満の関係と位置づけされることが多いです。 セカンドパートナーは特にアラフォー、アラフィフ世代で増加傾向にあり、本来のパートナーとは違う刺激を求めて交際を始めるようです。 男性側からすれば、肉体関係がないため関係をキープするのが面倒だと感じるという人も多く、女性の方が興味を持っている割合が多いようです。 プラトニックな関係なため、セックスはもちろんありません。 キスやハグに関しては、ないと答えるカップルもいれば、許しているカップルもいたりと、セックス以外の線引きはカップルごとに異なるようです。 既婚者だって恋をしてもいい時代!? 既婚者であっても、やっぱり淡い恋に憧れることが一度はきっとあるはずです。 ドラマや漫画を見て、きゅんとすることもあるでしょうし、ヒロインの女性が羨ましいと感じることだってありますよね。 とは言っても不倫は許されていないことですし、恋はしたいけれど離婚はしたくない・・・と皆さん考えられますよね。 実は、そんな女性から支持を集めているのが「セカンドパートナー」の存在なのです。 一線を超えずに、トキメキを感じることができる関係性は、まさに女性にとって理想的な関係なのではないでしょうか。 今では、若い世代や熟年夫婦関係なく、離婚や不倫の件数が増えていますよね。 離婚や不倫に比べれば、セカンドパートナーというプラトニックな関係は良い関係なのでは?とも思えてくるほどです。 以前に比べ、年齢は関係なく人生を楽しむという考えがどんどん浸透してきており、特に熟年離婚の増加はそんな背景を表している気がします。 一体どうしてなのでしょうか?現在もセカンドパートナーとお付き合いしているという女性にお話を聞いてみました。 [48歳 Sさん] お恥ずかしい話しですが、旦那とは駆け落ち婚をするくらい愛し合っていました。 でも時間の流れとともに恋心は薄れ、今ではすっかり・・・(笑)家族としてはもちろん好きですけどね。 そんなときに仲良しのお友達からセカンドパートナーの存在を教えてもらいました。 若かりし頃のような熱い恋がもう一度したい!と、思った私は既婚者合コンに参加し、見事2つ上の彼が出来ました。 旦那には悪いとは思いましたが、肉体関係は一切なく友達といるような感じなので、ついつい。 お互い既婚者同士ですし、お互いの家庭を優先しながらプラトニックな付き合いが出来ているので、不倫に比べて気も楽ですし、久しぶりにドキドキ感を味わえています。 [52歳 Hさん] 取引先の男性と意気投合し、今ではセカンドパートナーライフを楽しんでいます。 主人には昔からの旧友と伝えていますが、あまり良い顔はしないので、昼間にこっそりランチやカラオケへ行っています。 もしも・・・を疑って改めたのか、おかげで主人が昔よりずっと優しくなりましたし、彼との関係も良いストレス発散に繋がっています。 昔より幸せな時間が増えた気がします。 ただ、子供がまだ独り立ちしてないうちは、セカンドパートナーを作るのも慎重に考えた方がいいとは思います。 [38歳 Tさん] コソコソ陰で家庭内事情を話されるのが嫌なため、友人には旦那の愚痴や家庭の愚痴を一切言わないようにしています。 でもその分、ストレスが溜まってついピリピリしがちに・・・。 浮気になるのかな?怖いな・・・子供も守りたいし・・・と不安だったのですが、ネットを通して出会った相手が私と同じ考えを持っている方で意気投合。 お互いに家庭を優先し、旦那や奥さんを一番に考え、適度なお付き合いをしています。 恋人というよりは、なんでも話せるお友達といったところ。 毎日が楽しいです。 [45歳 Sさん] 旦那は外へ出かけるのが嫌いな人なので、お出かけは基本的に彼氏に連れていってもらっています。 さすがに近場を平然とデートするわけには行きませんが、ドキドキ感も味わえますし、一人じゃ行けないような場所へ行けて幸せです。 おかげで旦那にイライラしにくくなりました。 浮気や不倫だと言われる方もいると思いますが、お互いが節度ある行動が出来て、付き合い方を踏み外さなければ問題ないと私は思っています。 セカンドパートナーとの出会い方 セカンドパートナーが欲しいけれど、一体どうやって出会うの?と疑問を感じている方はきっと多いはず!セカンドパートナーとの出会い方をご紹介しますね。 ・職場や取引先で出会う 一見、リスクが高そうな職場での出会いですが、毎日顔を合わす関係ですから見知らぬ人と一から関係を築くよりも気が楽だとの声も多いです。 メリットも多い反面、周りからの目に気をつけないといけないというデメリットもありますので、周りから分かりやすいと言われる女性は特に気をつけましょう。 ・習い事で出会う 料理教室やジム、英会話教室など習い事を出会いの場にしている人も多いようです。 趣味や興味あることが同じというのは付き合う上では重要なポイントですよね。 特に旦那さんと趣味や会話が全く合わない場合、新鮮な恋を楽しむことができるかもしれませんね ・出会い系アプリで出会う 今では出会い系サイトや出会い系アプリで出会う方法も普通になってきています。 相手のプロフィールや写真も見ることが出来ますし、自分のプロフィールを公開できますので、好みの相手と比較的出会いやすいのが特徴です。 ・同窓会 話しにも華が咲きやすく、お酒が入っているため男性側もノリ気な同窓会は、出会いのチャンス満載です。 当時気になっていた男性とノスタルジックな恋愛を楽しむことも夢ではありません。 ・元カレ 一度別れた相手とは復縁は難しいとも多く言われますが、セカンドパートナーとしてなら違うのでは?付き合っていた年数にもよりますが、気を使わなくて済む、自分をさらけ出せるなどメリットも多いです。 ・友人からの紹介 すでにセカンドパートナーがいる友人に声かけするのも一つの手です。 通常であれば、既婚者の友達には相談しにくい話しであると思いますが、セカンドパートナーがすでにいる友人であれば、話しをうまく通してくれますし、噂も立ちにくいですからね! ・既婚者合コンで出会う 既婚者合コンを利用する女性も多いです。 既婚者合コンですから既婚者以外とは出会うこと がないため、セカンドパートナー探しにもってこいです。 また、男性側もセカンドパートナーを求めて参加をされている方も多いですし、しっかり運営者さんがリードしてくれるので誰とも話せなかった・・・という事態を回避できますので、口下手な方や内向的な方にもおすすめです。 セカンドパートナー探しで注意したいこと セカンドパートナーとの出会いは意外にも身近なところにあるものですね! ただし安易に人を信用したり、出会ってすぐ自分の個人情報をさらけ出すのはNG。 こちらがプラトニックな関係を望んでいても、相手は違うこともあります。 本当は肉体関係混みでお付き合いをしたいという人の方が正直多いと思いますし、中には一夜限りだけの関係を楽しんで行方をくらます男性だって世の中には腐るほどいますからね・・・。 また、SNSや出会い系アプリなどで出会う場合は危険が潜んでいることも頭に入れておきましょう。 サクラで登録している人や他の人になりすましをして登録している人、赤の他人の写真を自分だと偽っている人など大勢います。 信じられないことがネット社会では普通に起きている時代ですからね。 安易に人を信用することは控えましょう。 ネットを介して出会うよりも、既婚者合コンや習い事、同窓会などで出会う方が安全性は高いと言えます。 リスクがあることを頭に入れよう 今回セカンドパートナーについてお話ししましたが、いかがでしたでしょうか? セカンドパートナーを作ることで、人生が明るくなった!楽しくなった!旦那とも仲良くなれた!と答える女性はとても多いです。 自分を理解してくれる深い友達が一人増えたような感覚ですからね。 でもそれは、肉体関係がないプラトニックな関係だからこそ成り立っているのではないでしょうか?一度でも肉体関係を持ってしまえば、男と女としての関係になっていきます。 その分、深みにもハマりやすいですし、相手との関係も家族との関係も崩れやすくなりますので、 一線を超えない覚悟が必要です。 傍から見れば、結婚しているのに他の男性に会っている(デート)となれば、浮気だと認識して当たり前ですよね。 旦那さんから責められる可能性もありますし、精神的に病まれる方も中にはいるかもしれません。 また、お子さんが見られたときに上手に話すことが出来ますか?おそらく難しいですよね。 そういったことが起こりうるリスクを背負っているとしっかり理解し、セカンドパートナーとうまく 程よい距離感で付き合っていきましょう。 中には旦那さんに素直に話す女性(男性)もいるほどです。

次の

友達以上不倫未満…セカンドパートナーという複雑な恋のカタチとは?

セカンドパートナー 出会い

みんな、今日もいい出会いしてるかしら? 出会いマスターのナナです。 ここ最近知られるようになってきた、男女の新しい関係が「セカンドパートナー」。 恋愛感情はあるけど肉体関係はないプラトニックな恋人のようなもので、配偶者とでは感じなくなった癒しや楽しさをもらえると話題になっているの。 最近ではセカンドパートナーを欲しがる人も出てきて、セカンドパートナー募集中という人もじわじわと増えてきているのよね。 だけどまだまだ「セカンドパートナーの作り方がわからない!」という人も多いみたい。 という訳で今回は、セカンドパートナー募集中という人のために、手軽で楽に実践できるセカンドパートナーの作り方を解説していくわね。 そもそもセカンドパートナーとはどういう存在? セカンドパートナーとはどんなものかを知らない人のために、先にセカンドパートナーとは何かを簡単におさらいしておくわね。 既婚者が配偶者以外の異性と親密になること、またその相手のこと。 相手に恋愛感情を抱いている• 配偶者に言えないような話や悩みを共有できる• 配偶者とはできないデートを楽しむことができる• 肉体関係はない(セックスはしない)• 手を繋ぐ、ハグなどのスキンシップはあり こんな感じね。 「 肉体関係がない」というのがセカンドパートナーの一番の特徴。 肉体関係があると浮気や不倫と同じ扱いになるから、法的に裁かれたり慰謝料を請求される場合があるわよね。 肉体関係を持たないでそのリスクを最低限にしつつ、「精神的なよりどころが欲しい」「恋するドキドキ感を感じ続けたい」という願望を満たしてくれるのがセカンドパートナーという訳。 セカンドパートナー募集なら出会い系サイトが一番!手軽で効率の良いセカンドパートナーの作り方! 最近ではセカンドパートナーがいる事で精神的に安定して家庭にも良い影響を与えられるという考え方もあるから、積極的にセカンドパートナーを作ろうとする人もだんだんと増えてきているわ。 「私もセカンドパートナーを探してみたい!」と思うなら、セカンドパートナーにふさわしい相手を探すために行動あるのみ。 だけど、周囲の人に「セカンドパートナー募集中です!」と自分から大っぴらに言うこともできないし、普通に生活していたらセカンドパートナー募集中の人を見分けることも難しいわよね。 そこで セカンドパートナー候補を探す場所として私が一番おすすめしているのが、出会い系サイト。 出会い系サイトは危険だという人もいるけど、それは昔の話。 今では安全性も高くなって使いやすくなっているから、多くの人が出会いを求めて気軽に登録しているわ。 出会い系サイトの登録者数が増えていることでより出会える人の数も増えるから、自分にあった理想の相手を見つけやすくなっているの。 出会い系サイトを使ってセカンドパートナーと出会えたという話はけっこう多いから、セカンドパートナーに興味があるなら一度は利用してみるべきよ。 セカンドパートナー募集に出会い系サイトを使う5つのメリット!【セカンドパートナーの作り方】 セカンドパートナーの作り方として出会い系サイトをすすめている私だけど、単純に出会える人の数が多いからだけですすめている訳ではないわ。 最近の出会い系サイトは理想的な相手と出会うという目的のために考えて作られていて、とても使いやすくなっているからなの。 だから効率の良いセカンドパートナーの作り方としては、出会い系サイトがベストと言っても過言ではないわ。 セカンドパートナー募集中の人が出会い系サイトを利用するメリットは以下の通りよ。 【メリットその1】 同じ目的を持っている人が多くいる セカンドパートナー募集中の人が出会い系サイトを利用する一番大きなメリットがこれ。 上でも少し書いたけど、セカンドパートナーは大っぴらには出来ない関係性だから、周囲の人に「セカンドパートナー募集中なの!」とは言えないし、セカンドパートナーを欲しがっている人はまだまだ少数派だから、なかなか同じ目的の人に出会う機会もない。 だけど、出会い系サイトなら匿名で詳しいプロフィールを伏せて登録できるから、セカンドパートナー募集中だという事も言える。 だからセカンドパートナー募集中の人は出会い系サイトに多く集まっているという訳。 数が少ない場所でセカンドパートナーを探すよりも、同じ目的の人が多く集まっている場所で募集した方が明らかにセカンドパートナーができる確率が高いに決まっているから、出会い系サイトを使うと話が早いのよ。 【メリットその2】 同じ目的を持っている人を見分けやすい これは上で書いたメリットその1とややかぶるけど、普段の生活ではセカンドパートナーを募集している人でも大っぴらに「セカンドパートナー募集中です!」とは言えないわよね。 だからセカンドパートナー募集中でもそれを周囲に伝えられないし、周囲に同じ気持ちの人がいてもそれを知ることはほぼできないはず。 だけどすでに書いたように出会い系サイトなら特定されない程度の個人情報で登録することができるから、 セカンドパートナー募集中だという事を大っぴらに書けるし、同じようにプロフィールなどに書いている人もいるから「この人はセカンドパートナー候補になるかどうか」という判断がしやすいのよね。 仲良くなれそうな異性がいたとしてもセカンドパートナーという考え方を受け入れてくれる人じゃなければ意味がないから、 その部分が最初から分かっているとセカンドパートナー探しもすごく楽にすすめる事ができるわ。 【メリットその3】 スマホだけで完結できるので楽チン これも出会い系サイトを使う大きなメリットの一つ。 出会い系サイトを使う以外にも飲み会や遊びにいった先で出会った人と仲良くなる、という手もあるけれど、その相手がセカンドパートナーという考え方を受け入れてくれる人かどうかはかなり親密になってからじゃないと分からない事がほとんどよね。 最初からセカンドパートナーを作りたいと思っているなら、こういう方法だと時間も手間もかかりすぎる。 特に現代人は仕事やら家事やら人付き合いやらで忙しい人が多いから、無駄な時間とエネルギーを使う余裕はないわよね。 その点、セカンドパートナー募集中の人が多く集まっていて、かつセカンドパートナーになれるかどうかが早い段階で分かる出会い系サイトを利用すれば時間とエネルギーを浪費しないで済むわ。 出会い系サイトだったらスマホ一つだけで手軽に利用できるし、隙間時間にサイトやメッセージ、掲示板をチェックするだけでいいから最小限の時間と労力だけでセカンドパートナーを見つけることができるわよ。 【メリットその4】 好みのタイプを検索できる これも文明の利器を使う大きなメリットね。 最近の出会い系サイトのほとんどには検索機能が備わっているから、自分の希望する条件で絞り込むことができるの。 つまり、好みの相手を検索して探しだすことが出来るという訳。 「心が繋がって楽しい時間を過ごせればどんな人でもいい」と思う人もいるかもしれないけど、 見た目や趣味や興味のある事が自分の好みであるに越したことはないわよね。 特に優良サイトとして人気のは検索機能が充実していて30以上もの検索項目で細かく絞り込めるから希望のお相手と出会いやすくなっているの。 もちろん、PCMAXならキーワード検索で住んでいる地域やよく遊んでいる場所なども検索できるから、近くにいて気軽に会える相手を探すこともできるのよ。 【メリットその5】 大金を使わずに探すことができる セカンドパートナーの作り方として多くの人が思い浮かべるのが、飲み会や遊びに行った先での出会い。 もちろんそれでセカンドパートナーが見つかる可能性はゼロではないけれど、これまでに書いた理由からあまり効率は良くないのよね。 それに、セカンドパートナーを探すために遊びに出かけるとなると、飲み代や遊ぶためのお金がかかってしまう。 それですぐにセカンドパートナーが見つかればいいけどそんなに簡単には見つからないはずだから、お金ばかりかかってしまうわ。 その点、セカンドパートナーの作り方として出会い系サイトはとても優秀。 ほとんどの出会い系サイトでは女性の利用料金はほぼ無料(一部有料のところもアリ)。 男性の場合は料金がかかるところが多いけど、飲みに行ったり遊びに使うお金を考えたらはるかに安く済むの。 安全性が高くて私が一番おすすめしている PCMAXなら、女性は完全無料。 男性も無料登録後に年齢確認まで済んだら無料ポイントをもらえちゃうの。 だからセカンドパートナーを作るならが断然おすすめよ。 効率の良いセカンドパートナーの作り方、わかったかしら? 出会い系サイト「PCMAX」でセカンドパートナーを募集する方法!効率良い作り方を画像付きで解説! ここまでを読んでくれたら、セカンドパートナーの作り方として出会い系サイトを使う方法がどれだけ優れているかは分かってもらえたはず。 だけど世の中に沢山ある出会い系サイトの中でも、優良サイトはほんの一握りだけだから悪徳サイトに騙されないようにちゃんと見極めないといけないわ。 PCMAXだったらセキュリティもしっかりしていて、登録者の身元はちゃんと確認されているから安心。 セカンドパートナーを探すのであれば、PCMAXはとてもおすすめよ。 PCMAXでセカンドパートナーを募集するにはいくつかの方法があるの。 その方法を画像で解説していくから、参考にしてみてね。 PCMAXに無料登録する まず、 PCMAXに無料登録してログイン。 ログインしたら左上のホームアイコンをタップして移動。 プロフィールを作成する マイメニューの画面で「プロフィール編集」をタップ。 プロフィールの画面に移動したわね。 自分に合う人を効率よく探すためには、プロフィールを充実させることがとっても大切。 だから、 プロフィールはできるだけ全ての項目を埋めるようにしてね。 ここではプロフィール写真を設定していないけど、 できるだけ写真も載せておくほうがいいわ。 顔がはっきり写っていないものでも構わないから、あなたの雰囲気が分かる画像を載せるだけで多くの男性から興味を持ってもらえるはずよ。 希望の出会いを設定 そして、「 求める出会いの変更」をタップしてね。 この画面で• お食事・飲み• まずはメッセージ• 同世代募集(同世代希望なら)• 趣味が合う• ゲーム友達(ゲームをするなら) あたりを選んで「決定」をタップ。 こうしておけば自分がどんな人と出会いたいかがアピールできるわ。 セカンドパートナー探しは普通の恋人とは違って、何でも話せて楽しい時間を過ごせる相手を見つけたい訳だから、 これらの項目にチェックを入れておくとプロフィールを見てくれた人に雰囲気が伝わりやすいわ。 逆に「真剣な恋人」「合コンやろう」にチェックを入れてしまうとセカンドパートナー候補ではない、普通の恋愛・婚活目的の人が寄ってきてしまうから注意が必要よ。 あと、アダルトカテゴリーで「既婚者OK」というのもあるけど、これは身体の関係メインになりそうだからあまりおすすめしないわ。 自己PRを入力 プロフィール画面に戻ると「求める出会いの変更」の下に「自己PR」という項目があるから「 自己PRの変更」ボタンをタップ。 そうすると自己紹介の文章を入力できる画面が出てくるわ。 この枠の中に自己紹介文を書いて、さりげなく「 セカンドパートナーが欲しい」という事を書いておくの。 もともと書かれている項目は削除しちゃって、全部好きなように書いてOK。 書いたら「設定」ボタンをタップ。 私が書くならこんな感じね。 これはあくまで例だから、好きなように書いて大丈夫よ。 こういう風に書いておけば、セカンドパートナーを欲しがっている異性に見られた時に自分も同じだとすぐに伝わるから話が早いわ。 もっと詳しく設定 プロフィール画面の真ん中あたりにある詳細プロフィールや希望を設定できる「もっと詳しく」という項目があるわ。 ここもできるだけ設定しておくといいわね。 その下に「利用目的」という項目もあるから、ここも設定しておいてね。 ここで設定しておくといいのは• セカンドパートナーを欲しがっていること• 希望する相手の条件• 自分がどういう人間か ということをプロフィールに盛り込んでいるから、同じようにセカンドパートナーを欲しがっている人からアプローチしてもらえる可能性はかなり高いはず。 その中から気が合いそうな人とやりとりを続けていけば、セカンドパートナーにふさわしい相手が見つかるはずよ。 セカンドパートナー候補の探し方 もちろん、自分でも良さそうな相手を検索で探し出してアプローチするのもおすすめ。 異性を検索する時も同じようにすると効率的ね。 異性を検索する時は、トップページの中ほどにある「プロフ検索」をタップ。 そうすると、 条件を設定しながら異性の検索ができる画面になるわ。 最初の画面で相手の登録地域と性別、希望する年齢を設定してね。 さらに少し下にある「利用目的」をタップ。 この画面では、相手の利用目的によって検索条件を決められるの。 だからここでは、 セカンドパートナーを探している人が選びそうな利用目的を選ぶといいわ。 さっきと同じ要領で• 前半のセックスフレンド~写真・ビデオ撮影• 恋人探し• 結婚相手• 日記活動 あたりをタップして選んでおくといいわね。 今回の例で言うと「友達・遊び相手」を選んでいても、同時に「セックスフレンド」も選んでいる人は検索結果から除外されるという訳。 これなら本当のセカンドパートナーを見つけやすくなるわ。 入力が完了したら下の「この条件で検索」をタップして検索すればOK。 これで、これらの目的で利用している異性を検索して探すことができるの。 こういう目的で利用する人はプラトニックな関係でもいいと思っている人が比較的多いから、セカンドパートナー候補としてやりとりを続ける価値はあるわ。 セカンドパートナーという言葉を使っていなくても、プラトニックな関係で何でも話せて、楽しい時間を過ごすことができる人が見つかれば、その人はセカンドパートナーになれる可能性が充分あるわよね。 こういう風に細かく検索機能を使えばセカンドパートナー候補を効率よく探すことができるから、是非に無料登録して試してみてね。

次の