朝日 カルチャー センター 新宿 教室。 【朝日カルチャーセンターの高齢者優待特典】シニア入会金優待

【朝日カルチャーセンターの高齢者優待特典】シニア入会金優待

朝日 カルチャー センター 新宿 教室

朝日カルチャー講座(2020年1月〜3月) ブッダの瞑想法とその理論 〜「朝の瞑想」と「夜の瞑想」〜講座のご案内 講師 グリーンヒル瞑想研究所所長 地橋 秀雄 ヴィパッサナー瞑想は、心を浄らかに変えていく初期仏教の瞑想法です。 汚れた心の状態、例えば、欲望や嫌悪、嫉妬、高慢…等々の不善心は、人を幸せに 導かないと仏教は考えているのです。 生きていくことには必ず苦しみが伴いますが、人生が苦しくなってしまう原因は煩悩に 汚れた心にある。 だから、心をきれいにしていくことが、本当に幸せになるための道なのだというのです。 その具体的な方法論は、現在の一瞬一瞬に「サティ」という気づきの心を撃ち込んでいく ことです。 「瞬間に気づく」というサティの技術が、どのように欲望や怒りを立ち消えにし、 私たちの心を浄らかなものに組み替えていくのかを試してみましょう。 (要予約)満員の場合にはお断りする ことがございます。 講師紹介 1948年生まれ。 早稲田大学文学部卒。 78年より解脱涅槃を求めて修行生活に入る。 ヨーガ、大乗仏教諸宗、心霊科学、工学禅、他力全託、内観、クリシュナムルティ等の 修行遍歴の末、原始仏教に基づくブッダのヴィパッサナー瞑想が解脱を完成する道である と理解する。 以来、タイ、スリランカ、ミャンマー等で修行を重ねる。 現在、グリーンヒル瞑想研究所所長。 朝の瞑想コース 10:00〜12:30 夜の瞑想コース 18:00〜20:30 講座の場所 朝の瞑想コースは、10階の教室になります。 夜の瞑想コースは、11階の教室になります。 受講料 朝日カルチャー会員 16,500円 ご予約・お問い合わせ この講座の主催は朝日カルチャーセンターです。 お問い合わせ(ご予約、シリーズ途中からの参加など)は直接 朝日カルチャーセンターへご連絡ください。 asahiculture.

次の

202001朝日カルチャー

朝日 カルチャー センター 新宿 教室

行ってきましたよ! 2012年10月12日(金)開催されました、 ホメロス朗誦 - 「イリアス」第6歌をギリシア語で味 わうにッ! けれども、またまた勤務地変更による引越作業と重なり、風邪まで引いてしまい、記事の掲載が遅くなりました。 今年入ってから、風邪の治りがめっきり悪くなりました。 やっぱ、年なのねー。 とにかくその日は朝起きたときから喉が痛く、ホントは医者に行った方が良いコンディションではありましたが、幸い発熱などはなかったので予定通り出掛けました。 この日のために、ギリシャ語の第6書テキストを家から用意してきました。 しかも、物語のどの辺を読んでるか分かり易いように、一ページに原典テキストと邦訳を載せたヤツを。 いつも月一回ここで開かれている川島先生のクラスなわけですが、この朗誦の日だけは人数も多かったみたいです。 教室の入口に第6書の松平千秋訳のプリントがあり、みんなそれを持って席に着きます。 10時半から12時半までの二時間中、休憩を挟んで前半は川島先生の解説、後半に明神先生の朗誦でありました。 川島先生はこの朝日カルチャーセンター新宿教室で、月一回イーリアスの講義をされています。 今期10月より(といっても、10月はこの朗誦の日でしたが)、24書を読み始めるということです。 お話しの中で特に面白いと思ったのは、激しい戦いで命を落としていくトロイアの将が、それまであまり知られなかった者であるのに、死の瞬間、その生涯にスポットライトを浴びる、というものでした。 確かにそうですね。 生まれと名前と、どんな人物だったか、そしてその最期の様子。 死んでいくのはトロイア方ばかり。 その積み重ねの上にヘクトールがいる。 ヘクトールは、いつ死ぬのか? 聴衆の興味は最終的に、クライマックスのそこへ行くのですものね。 川島先生も色々と持論をお持ちのようで、興味深いお話しでした。 私は先生の講座に参加したことはありませんでしたが、時間が合えば通いたいものですが。 10分間の休憩後、いよいよ明神先生の朗誦です。 まず、その素晴らしいお声に驚かされました。 教室いっぱいに広がり響き渡る、朗々とした、もうそれは「朗誦」という言葉がぴったりの、迫力ある声で歌い上げられたのです。 しかも朗誦って、やっぱり6書まるごと全部覚えてらしてて、殆どテキストは見ずに・・・! 物語を語る、吟唱するということに重きをおかれてるようで、次行またがりの語などはたとえ語末に母音省略のアポストロフィがあっても、そこで一泊いれていました。 その上、表現力の豊かさ。 悲しげな妻の哀願など、まさにか弱い女性らしく。 ご本人が最後に明かしていましたが、明神先生はお若い頃、俳優をされていたそうです。 舞台で鍛えられた声と表現力なのですね。 うーん、並大抵ではありません。 イーリアスって、こんなふうに古代ギリシアでも朗誦されていたんだなぁ、読むのではなく、吟じられていたんだー、そうだよねー。 ホメロスの詩を朗唱するって、人に聞かせるための吟唱って、やはり人並み以上の鍛錬が必要なのだわ、って再認識しました。 広い世界の中でもイーリアスの朗誦が行われているのって、あまりないというので、貴重な機会なのですね。 風邪のせいで感激度合いも控えめに、結局その後、職場に出勤して悪化して、その日の夜の中級古典ギリシア語を休む羽目になってしまいましたが,ぜひとも来年もこの朗誦、見逃さないようにしようと思いました。 ありがとうございます。 とても興味深いセミナーだったみたいですね。 私も朗読を聞いてみたいです。 Podcastでだしてもらえませんかね〜。 私はただいま、ホメーロスを読む、は止まってしまっています。 オープン・ユニバーシティのClassical Mythologyコースが始まってしまったからで、これはこれで面白くはあるんですが、限られた自由時間を全部取られてしまいます。 ところで、日本でもKindle発売になりましたね。 PaperwhiteのWifiのみなら9000円以下とか。 以前コメントに書いた、Iliad全巻Parsingしたものとか、Kirkの訳注本とかも買えるようですよ。 あるいはiPad miniの一番安いモデルを買って辞書やAtticusを入れるのはいかがでしょう。 国によって購入できる書籍やアプリに違いがあるようですけど。 いや別にAmazonやAppleの回し者ではありませんケド。 投稿: Pumpkinface 2012年11月 1日 木 22時06分 Pumpkinfaceさま、お待たせいたしましてすみません。 あの日以来、風邪で調子悪く、やっと良くなってきたのは二週間後でした。 でも朗誦の講座に出られて良かったです。 明神先生は、過去に 「CDエクスプレス 古典ギリシア語」荒木英世著のCD吹き込みもされている方ということなので、やはり権利の問題もあるでしょうから、録音や、ましてやWeb公開ははばかられて。。。 エクスプレスはもう絶版ですが、 「古典ギリシャ語のしくみ」植田かおり著の付属CDも明神先生の朗読が収められているらしいです。 けど、内容がホメーロスかどうか・・・。 って、しまった! 昨日、植田かおり先生の中級ギリシア語講座に出席してきたばかりでした! 来週、植田先生に聞いてみることにします。 「古典ギリシャ語のしくみ」は、一応、右サイドバーにAmazonのアフィリエイト貼っておきます。 が、別に買わなくて良いですよ。 表紙とか見えて判りやすいかなと思ったから。 買うかどうかはレビュー読んだりしてからでいいと思います。 世の中を熱くしている電子書籍端末はですねー。 私は、全然お近づきになってないです。 もう今や、ホメーロスしか読む暇はなく、一般の書籍は読む気力もあまりないですね。 そのホメロス関係の書籍は、洋書が多いですしね。 英語さっぱりな私は ギリシャ語も実はサッパリなのですが 、そのままではろくに読めない訳ですよ。 家でそのようなコメンタリーとか参照する時には、読みたい箇所だけ手打ちでテキスト化した後、翻訳ソフトにかけております。 電子書籍でも翻訳機能ってあるんでしょうかね? あるんなら、それで文法用語もちゃんと訳せるようなら、ぜひとも購入したいですけどネー。 あ、ところでAtticusってなんですか? ギリシア語関係の書籍? 投稿: ヒカル 2012年11月 3日 土 00時23分 あ、Podcastに…という願いはひかるさんにではなく、主催者へのお願いでございます。 セミナーなどの内容を録音して勝手に公開しては著作権違反になる事は分かっておりますので。 私はギリシア語は全て英語経由で学んでいるので、日本語を入れると逆に混乱しそうです。 文法用語とか。 日本で販売するKindleは英和辞書が入ってるんじゃなかったかな。 でも、どこまで文法用語を訳してくれるものかは分かりません。 特にギリシア語とかなると…。 「翻訳」はしてくれません。 Attikos(スペルミスしてました)というのはですね〜、シカゴ大学の資料を使用した古典ギリシア語アプリです。 ホメーロスを含む各種著作の原典に、語形変化表とかが入ってます。 作品を読みながらわからない単語があった時に長押しするとparseというオプションがでて、その単語の基本形、語形情報、簡単な意味がでます。 残念ながら、このアプリはiPadでしか使えません。 つまり、アマゾンのKindleやその他のアンドロイドOSベースの安価なタブレットはもとより、同じApple社のiPhoneやiPod Touchでも使えないのです。 もっとも、すべてに内容はシカゴ大学のサイトから見えますので、移動中に勉強したいということがなければ必要はないかと。 投稿: Pumpkinface 2012年11月 3日 土 19時26分 続けてごめんなさい…。 セミナー報告に興奮してすっかり無視してましたが、風邪のほうはもう大丈夫なんですか? 私も今年、30年に一度、みたいな大風邪をひいて一ヶ月近く引っ張ってしまい、肺の炎症を起こしてしまいました。 それでも仕事はほとんど休めず、かなり辛かったので、風邪をこじらせると大変なのはよっくわかります。 太極拳を始めてから、あまり風邪もひかなくなってたんですが、積年の疲れと更年期障害がどっか〜んと来た感じでした。 それ以来、反省して小食による体質改善中です…。 季節の変わり目ですしね(こちらはすっかり晩秋ですが)、ひかるさんもまた風邪などひかれませんよう。 投稿: Pumpkinface 2012年11月 3日 土 19時34分 Pumpkinfaceさま、こんにちは。 Attikosのこと、教えて下さってどうもありがとうございました。 ipadアプリでそういうのがあるのですかー、なるほど。 私は調べた単語辞書や岩波の邦訳、テキストなど全てをExcelファイルにしているので、ipadを所有したとしても、それひとつだけで勉強することもありませんが、注釈書をまるごと邦訳してくれるアプリがあれば、導入したいかなー。 文法用語を訳すアプリ・・・というか、まぁAoristや、optativeなどは一々訳してくれなくても大丈夫ですが、よくKirkの注釈書に出て来る単語で athetized などいくつかの語が辞書になくて訳されず困ることがあるので、そのことを気にしているものです。 何にしろ、昔に比べたらいろんなツールが今はあるし、便利になってますね。 私もイーリアス朗読の音声は、割りと有名なDeizって人のものであれば、輪読会でもらったmp3ファイルが手元にあるくらいですね。 「古典ギリシャ語のしくみ」のCD内容について、次回講座の時に必ず植田かおり先生に聞いてみます。 あ、おかげさまで、風邪はすっかり良くなりました。 月初の地獄の残業直後の上、12日を最後にその職場から移動するので、荷造り作業もあり、それらのせいでやっぱり体力が落ちてたんでしょうね。 私も去年手術を受けて、ホルモンバランスが崩れているせいか、以来、風邪は一週間以内で直らなくなってしまいました。 投稿: ヒカル 2012年11月 3日 土 22時23分 athetizeという単語、聞いた事もありません。 ので、辞書を引いてみましたが、どれも載ってませんでした。 結局ネットでぐぐるはめに。 かなり高度あるいは専門的な単語ではないかと。 で、わたくし、「古代ギリシア語のしくみ」、古本ですこしだけ安くなっているのをリンクからアマゾンで購入したんですが、結局「配送が確認されません」とかいうメッセージが送られてきて返金されてしまいました。 つかったクレジットカードは英国発行ですが普通に通ったし、配送先は実家の大分なんですけどね〜。 しくしく。 ホメーロスでなくてもいいから、明神氏の朗読が聞いてみたくて…。 300円くらいしか違わないので定価で買ってしまおうかと思うんですが、アマゾンのアカウントをみたら「発送済み」になってるし、カードの引き落とし・返金はまったく反映されてないし、もう少し待つかな〜というところです。 そういえば、例の大地震の頃に入院されてましたね。 ホルモンバランスが狂うといろいろ大変ですよね。 体全体に影響ありますしね。 お気をつけて。 投稿: Pumpkinface 2012年11月 4日 日 23時59分 Pumpkinfaceさま、こんにちは。 ケンブリッジのKirkの注釈本によく、「athetized by Aristarchus」ってあるんですよ。 意味は結局、「アリスタルコスによって排斥されました」ってことなのですが。 そうですか、英語でも特殊な語なのですね。 お調べ下さって、ありがとうございます。 私の翻訳ソフトに、この語だけは単語登録していますが、それでも翻訳ソフトだと、ギリシア語綴りの部分がエラーみたいになってしまって、上手く訳してくれないし。 苦労しております。 ところで「古典ギリシャ語のしくみ」、もう買われたのですね! なんと気の早い。 まぁ、ダブり注文しないように、気長に待ちましょうよ。 どんな内容が入っているか、金曜日の講座で私が聞いてきますから。 投稿: ヒカル 2012年11月 5日 月 20時55分.

次の

202001朝日カルチャー

朝日 カルチャー センター 新宿 教室

朝日カルチャーセンター新宿教室で、来月下旬より古典ギリシャ語入門が始まります。 ふつう入門って4月からなのですが、10月から始まるとは珍しいです。 朝日カルチャーでも初めての試みでは? 社会人にとって4月はいろいろ忙しいので、逃してしまった方には朗報ですね。 詳しくは朝日カルチャーセンターのサイトを見て下さい。 テキストはおなじみ岩波の「ギリシア語入門」。 一人一人の理解度をみながら授業を進める、ということなので良いですね! イオニア方言のホメロスやりたい人も、とりあえずアッティカ方言の古典ギリシア語入門からやらねば始まりません。 ところで私、前々記事で紹介した「ホメロス朗誦」の申し込みを電話でしました。 コンビニ払いの払込票がきたので、今日にもお支払いする予定です。 満員になると締め切りになってしまいますが、キャンセルが出たりして空いていれば、当日少し早めに行って申し込めばOKかも。 ギリギリまで予定がわからないような方は、試してみては? 明神先生のホメロス朗誦は、年に一度しかやりませんから、この機を逃さないようにしましょうね。 Pumpkinfaceさま、こんにちは。 形意拳?あぁ、いまネットで検索してみました。 健康に良さそうな動きですね。 私は、唯一外出できる趣味だったバイクをやめてしまってから、通勤や買い物以外に身体を動かすことがなくなってしまいました・・・。 今年はイーリアス読むだけで毎日手一杯。 朝日カルチャーが終了したら、少しゆとりが欲しいです。 Deizの朗読は有名なので、私もいくつか持ってはいますが、叙事詩の吟唱ってこういうものなのでしょうね。 ホメロス朗誦の払い込みしてきました。 会社のお休みも根回ししといたので、ばっちりです。 せっかくなので、当日はテキストを用意していこうと思います。 投稿: ヒカル 2012年9月17日 月 09時13分.

次の