もろ りん シャドバ ロイヤル。 【シャドバ新弾】新カードの神域の法王で超絶強化されたエイラビショップが強すぎる!? 【シャドウバース/shadowverse】【運命の神々】

【シャドバ】君臨する猛虎の評価と採用デッキ【シャドウバース】

もろ りん シャドバ ロイヤル

構築者紹介 深夜放送から使っていたロイヤル動画です。 安定感と長いゲームも楽しめるカードが増えたので、とても楽しく試合できると思います ロイヤルの動画遅くなって本当にごめんなさい。 【14連勝&10連勝】新環境を勝ち抜くミッドレンジロイヤルの解説紹介】 — もろりん mororin1 大手YouTuberであるもろりんさんが新環境で14連勝したミッドレンジロイヤルの紹介をします。 その他にも10連勝されているそうで、アベレージの高いデッキであることが伺えます。 実戦動画などが見たい方は、もろりんさんのYouTubeチャンネルの方からぜひ動画をご覧ください。 デッキレシピ 掲載日 2019年6月28日 カード コスト 枚数 1 3 1 3 2 2 2 3 2 3 2 2 2 3 3 3 3 3 4 3 5 3 5 1 5 2 7 3 8 3 新カード解説 レヴィオンシスターズ登場! ドロー性能のないロイヤルにとって非常に貴重なエンハンスを持ち、リソース確保ができます。 7ターン目以外でも盤面の状況に合わせてチョイスできる、汎用性がとても高いカードです。 レヴィオンの猛者・ジェノ シスターズと合わせることにより、無料進化をすることができる2コストカードです。 序盤の事故を防ぎながら、レイサムまでの進化権を温存しやすくなりました。 レヴィオンの英雄・アルベール 新しいロイヤルのフィニッシャー枠です。 エンハンス9ターン目に6点疾走として使うこともでき、セリアが落ちたロイヤルの疾走札として今回採用しました。 海賊女王・アルビダ 先攻4ターン目に強いアクセラレート効果を持ちます。 また後半でも腐りにく、以前の白と黒の決闘枠として採用しています。 既存カード解説 簒奪の従者 今環境はウィッチとロイヤルがまだそこまで見えておらず、代わりに攻撃力1のフォロワ-をよく見かけるため採用しています。 海賊女王・アルビダの起動条件を満たすための財宝カードも補充することができます。 簒奪の蛇剣 簒奪の従者と同じく、財宝カードを補充できる除去スペルです。 クイックブレーダー(不採用) 絶望の使徒・セリアとの相性が良かったカードです。 今環境ではそのくっつきが無くなってしまったため、序盤のアグロプランを抑えて、中盤以降でも活かしやすいパワーカードを選択しました。 アイテール&レヴィオンシスターズは手札の質を高め、終盤の手札枯渇を抑えてくれる働きがあります。 リオードは、白刃剣舞との組み合わせが以前と同様強く立ち回れます。

次の

【シャドバ】驚異の32連勝!もろりん使用ミッドレンジ(簒奪)ロイヤル!【シャドウバース】

もろ りん シャドバ ロイヤル

各カードの採用理由 簒奪の従者 スタン落ちしてしまったの代用として採用しました。 ステータス強化、リソース補充を行える点が非常に強力で、序盤の展開や試合を決める重要なカードとなっています。 簒奪の蛇剣 1コストスペルを手札に加えつつ、3点除去ということで邪魔になる場面がほとんどないです。 このカードの登場で、PPを余すことなく使える機会が増えました。 静かなる炎将・マーズ ロイヤルはコストを踏み倒す動きが基本できず、他リーダーに遅れを取りやすいのが弱点となっています。 そんな中、序盤からプレッシャーを大きくかけられる可能性を持っているこのカードを採用しない手はないと思い採用しました。 先陣の騎兵 3枚積んでいるのは珍しいと思う方もいるとは思いますが、マーズとワルツの採用が大きく関係しています。 先攻では魔弾と組み合わせて5ターン目の強力な動きとして、後攻ではマーズがいる場合の進化で一気に優位に立てるといった理由です。 簒奪の使徒 5コストとしても6コストとしても使えるうえ、に繋ぎやすい点を評価しました。 除去能力に長けたフォロワーであり、以前ゼタが担っていた枠に採用されています。 スカイフォートレス 強力なカードではありますが、盤面に左右されやすく、のほうが強力な場面が多いため、採用枚数を抑えています。 ただし、1枚採用することで、終盤の選択肢に幅が生まれています。 マナカーブについて 簒奪のスペル、のなど、1コストスペルが多くなったので、PPを上手く使い切れる機会が増えました。 ただし以前と同じく、ドローソースがないため、なるべくエンハンスを活用してカード一枚一枚を大切に使うことが重要です。 マリガンについて 2コストが多いため、アドバンテージを稼げるカード以外は返して、、ワルツ、アーサーを探しに行きます。 後攻であれば、先陣の騎兵もキープ対象です。 対ネメシスではをチョイスすることで、勝ち筋を奪うことができます。 最後に ロイヤルは環境的に他リーダーよりも、基本に忠実な動きしかできないことがほとんどです。 そのため、ある程度割り切って強気にプレイしていくことをおすすめします。

次の

【シャドバ新弾】新カードの神域の法王で超絶強化されたエイラビショップが強すぎる!? 【シャドウバース/shadowverse】【運命の神々】

もろ りん シャドバ ロイヤル

各カードの採用理由 簒奪の従者 スタン落ちしてしまったの代用として採用しました。 ステータス強化、リソース補充を行える点が非常に強力で、序盤の展開や試合を決める重要なカードとなっています。 簒奪の蛇剣 1コストスペルを手札に加えつつ、3点除去ということで邪魔になる場面がほとんどないです。 このカードの登場で、PPを余すことなく使える機会が増えました。 静かなる炎将・マーズ ロイヤルはコストを踏み倒す動きが基本できず、他リーダーに遅れを取りやすいのが弱点となっています。 そんな中、序盤からプレッシャーを大きくかけられる可能性を持っているこのカードを採用しない手はないと思い採用しました。 先陣の騎兵 3枚積んでいるのは珍しいと思う方もいるとは思いますが、マーズとワルツの採用が大きく関係しています。 先攻では魔弾と組み合わせて5ターン目の強力な動きとして、後攻ではマーズがいる場合の進化で一気に優位に立てるといった理由です。 簒奪の使徒 5コストとしても6コストとしても使えるうえ、に繋ぎやすい点を評価しました。 除去能力に長けたフォロワーであり、以前ゼタが担っていた枠に採用されています。 スカイフォートレス 強力なカードではありますが、盤面に左右されやすく、のほうが強力な場面が多いため、採用枚数を抑えています。 ただし、1枚採用することで、終盤の選択肢に幅が生まれています。 マナカーブについて 簒奪のスペル、のなど、1コストスペルが多くなったので、PPを上手く使い切れる機会が増えました。 ただし以前と同じく、ドローソースがないため、なるべくエンハンスを活用してカード一枚一枚を大切に使うことが重要です。 マリガンについて 2コストが多いため、アドバンテージを稼げるカード以外は返して、、ワルツ、アーサーを探しに行きます。 後攻であれば、先陣の騎兵もキープ対象です。 対ネメシスではをチョイスすることで、勝ち筋を奪うことができます。 最後に ロイヤルは環境的に他リーダーよりも、基本に忠実な動きしかできないことがほとんどです。 そのため、ある程度割り切って強気にプレイしていくことをおすすめします。

次の