ゴルフ クローズ スタンス。 スウィング作りでスタンスをクローズにする利点│ゴルフを語る

スウィング作りでスタンスをクローズにする利点│ゴルフを語る

ゴルフ クローズ スタンス

ゴルフのスタンスの基本は目標物に対して直角に身体を向けるスクエアスタンスです。 このようにすると、クラブヘッドは目標方向と同じスイング軌道を描くことができます。 スライスやフックを直すには、まずスクエアスタンスを意識する スライスやフックなど、打球が曲がるゴルファーの中には、スイングやグリップの見直しをせず、アドレスを変えてしまうプレイヤーがいます。 どうせ曲がるからその分を計算して、反対側に向いて打つ。 これは、あまりおすすめできません。 スイングやグリップを見直すべきでしょう。 しかし、スイングやグリップは問題ないが、いつも一定方向にボールが飛んでしまうような場合は、目標方向とは違う方向に向いていなかったかどうか、スタンスを見直すことをお勧めします。 ゴルフのスタンスは、両肩を結ぶラインが、目標方向と同じになるように立ちます。 身体の向きは目標方向と直角になるよう、両足を平行にします。 この立ち方をスクエアスタンスといいます。 練習場では、打席に必ず人工芝のシートがあって、目標方向に正しくアドレスすることができます。 そのため、誰でもスクエアスタンスでスイング練習ができるのです。 しかし、ゴルフ場によっては、ティーグラウンドの2つのティーマーカーを、わざと目標方向と直角にならないようにしているコースがあります。 そうすると、2つのティーマーカーを結ぶラインが当てにならないので、スクエアスタンスで立つことができなくなります。 打ちっぱなし練習場に行き、目標を決めて、少し角度をつけて打ちこむ練習をしましょう。 そうすると、人工芝のシートのラインが目標方向のガイドラインにならないので、目標に対してスクエアに立つ感覚が養われます。 一番いいのは、端の打席を選んで、練習場の対角線上の角に向かって打ちこんでみることでしょう。 傾斜地では、フックやスライスになりやすいのでスタンスを変更 スクエアスタンスで立つことが、かえってよくない場合もあります。 それが傾斜地です。 ゴルフ場でフラットな場所は、ティーグラウンドくらいです。 フェアウェイやグリーンは、傾斜や起伏があるのが普通です。 このような場所では、フックやスライスになりやすいので、スタンスを変更する必要があります。 スクエアスタンスのままで打ってしまうと、ボールが曲がってしまうからです。 スタンスには、スクエアスタンスの他に、両肩を結ぶラインをやや左を向け、両足を結ぶラインもやや左を向けるオープンスタンス、両肩を結ぶラインをやや右を向け、両足を結ぶラインもやや右を向けて立つクローズスタンスの2種類があります。 両方とも、やや上半身を左右に向けますが、クラブヘッド軌道は、正面に向かってスイングします。 このようにすることで、クラブヘッド軌道をスクエアスタンスの時のインサイドインの軌道から変化させることで、ボールの曲がりを矯正するのです。 つま先上がりではオープンスタンス、つま先下がりではクローズスタンス つま先があがる傾斜地では、オープンスタンスで立つのが基本です。 両肩を結ぶラインをやや左を向け、両足を結ぶラインもやや左を向けるといいでしょう。 正面から見ると、やや身体が開いているように見えることからオープンスタンスといわれています。 なぜこのスタンスが必要なのでしょうか? それは、つま先上がりのままではフックボールになりやすいからです。 オープンスタンスでスイングすると、クラブヘッドの軌道は外側から降りてきて内側に抜ける、アウトサイドインの軌道になります。 そうすると、打球は右に曲がるスライスになります。 こうすることで、フックボールになる危険性を相殺しているのです。 逆に、つま先下がりの場所では、クローズスタンスで立ちます。 両肩を結ぶラインをやや右を向け、両足を結ぶラインもやや右を向けて立ちます。 このようなスタンスを取るのは、スライスボールを避けることが目的です。 これを相殺するために、インサイドアウトのヘッド軌道になるクローズスタンスで、左に曲がるフックボールを打つのです。 傾斜しているかどうかでスタンスも調整しよう 練習場はフラットにつくられているため、傾斜地を想定した練習は難しいかもしれません。 ただ、フラットな練習場で、あえてオープンスタンス、クローズスタンスの練習をすることで、どの程度相殺されるのか、感覚をつかむことはできます。 その感覚を元に計算するといいでしょう。 関東・甲信越• 茨城県• 栃木県• 群馬県• 埼玉県• 千葉県• 東京都• 神奈川県• 静岡県• 山梨県• 長野県• 新潟県 北海道・東北• 北海道• 青森県• 岩手県• 宮城県• 秋田県• 山形県• 福島県 北陸• 富山県• 石川県• 福井県 中部• 岐阜県• 愛知県• 三重県 近畿• 滋賀県• 京都府• 大阪府• 兵庫県• 奈良県• 和歌山県 中国• 鳥取県• 島根県• 岡山県• 広島県• 山口県 四国• 徳島県• 香川県• 愛媛県• 高知県 九州・沖縄• 福岡県• 佐賀県• 長崎県• 熊本県• 大分県• 宮崎県• 鹿児島県• 沖縄県.

次の

開いてダメなら閉じてみよう!? 久保谷健一流アプローチのミスを防ぐクローズスタンス

ゴルフ クローズ スタンス

オープンタンスを覚えておくことで、いろいろショットに応用出来るようになります オープンスタンスをするべきおすすめ状況 次に、オープンスタンスを取り入れるべきの状況を具体的に紹介しましょう。 100ヤード以内のショットやアプローチ 100ヤード以内のショットやアプローチは、基本的にオープンスタンスに構えた方がイメージが出やすく、ゴルファーの基本の1つとしてよく教えられます。 実際に、私もレッスンする時はこのような状況かの場合オープンスタンスをおすすめすることがおおいですね。 オープンスタンスにすることで左サイドの空間が広く使えるので、飛ばすことが目的ではない100ヤード以内のショットやアプローチにとても適しているのです。 ガードバンカーからのショット(エクスプロージョンショット) その人がよほどの違和感が無い限り、ガードバンカーからピンに近づけるショット(エクスプロージョンショット)では必ずオープンスタンスをおすすめしています。 これはクローズに構えると、クラブヘッドの入射角度が鋭角になり過ぎてしまい、ダフってバンカーから出しづらくなってしまうという理由からです。 オープンスタンスにすると、フォローが出しやすくなる上に入射角も鋭角になりづらくなるのでエクスプロージョンショットに適しています。 たくさんありますが、それぞれ代表的なものを紹介しましょう! オープンスタンスのメリット まずはオープンスタンスのメリットについて説明します。 1つずつ紹介しましょう。 アウトサイドにバックスイングしやすくなる オープンスタンスに構えることにより、バックスイングで右足よりに引かれてアウトサイドに上げやすくなります。 左サイドに体重移動しやすくなる オープンスタンスにすることにより、バックスイングで右足に体重が乗り過ぎない為にフォローで左足に体重が乗りやすくなります。 全体的にフックの防止になる 全体的にオープンスタンスによるメリットは、フックの防止や軽減に役立つものが多いです。 アプローチやバンカーショットに最適 フェイスを開くことの多いアプローチやバンカーショットでは、オープンスタンスは欠かせないスタンスです。 オープンスタンスで左サイドに多くの空間を作っておき、振り抜きを良くすることでアプローチやバンカーショットのフィーリングを高めることが出来るでしょう。 オープンスタンスのデメリット 次にオープンスタンスによりデメリットも紹介しておきます。 切り返しで突っ込みやすい バックスイングからフォローにかけての「切り返し」の部分で、左サイドに突っ込みやすい傾向があります。 打球がこすりやすい オープンスタンスにすると、ボールをこすりやすくなるのでスライス回転がかかりやすくなったり、回転数が増え過ぎてしまう可能性があります。 もちろん、合う・合わないは人それぞれですが、自分にとってメリットとデメリットのどちらが多くなるか試してみましょう。 こちらもおすすめする人・出来ない人に分けて紹介しますね! オープンスタンスをおすすめするタイプのゴルファー まずはおすすめ出来る人のタイプを紹介していきましょう。 フック回転が強過ぎる人 フックか移転が強過ぎる人には、基本おすすめです。 アウトサイドインに入りやすくなるので、フック回転の防止に繋がることが多いです。 バックスイングが深く入りすぎる人 オープンスタンスは右足が前に出ているようなアドレスなので、バックスイングが深く入り過ぎてしまう人にとっておすすめです。 右足がバックスイング側で壁の役割を果たすからです。 オープンスタンスをおすすめしないタイプのゴルファー 次にオープンスタンスをあまりおすすめしないタイプのゴルファーはどういった人なのかを紹介していきましょう。 打球を低くしたい方 基本的に打球は高く出やすいので、どうしても打球を抑えたい方にはおすすめしません。 スライスが強くて悩んでいる方 スライス系の曲がりが大きい方にはあまりおすすめしません。 フェイスを開きやすいスタンスなので、逆にスライス回転が強くなってしまう恐れがあります。 これらはあくまで「目安」に過ぎませんが、ある程度傾向はみな似ているのでぜひ参考にしてみてください! 自分に合っていて打ちやすければ、この傾向と違っていても構いませんよ? オープンスタンスを取る際の注意点3ポイント オープンスタンスを取る際は、• ボールポジションをいつもより右めに• アドレス時のスタンス幅は状況に応じて• 左腰を後ろに引き過ぎない 3ポイント ボールポジションをいつもより右めに 特にアプローチなどですが、オープンスタンスを取る時には右めにボールをセットすると打ちやすくなります。 直接ボールをヒットしやすくなり、いわゆる「ダウンブロー」のクラブ軌道に自然となるので、試してみましょう。 アドレス時のスタンス幅は状況に応じて オープンスタンスを取っている時でも、アドレス幅は状況に応じて変えるのがおすすめです。 左腰を後ろに引き過ぎない アドレス時に足と同時に左腰を引き過ぎると、極端にアウトサイドインの軌道になりやすくなってしまいます。 かなり強いフック防止や、どうしても大きいスライスが必要な場合以外はおすすめしないので注意しましょう。 オープンスタンスの際に間違いやすいポイント 体全体が左に向きすぎる オープンスタンスはあくまで「足の方向」での話しです。 多少ならいいですが、足に釣られて腰や肩のラインまで左に向いてしまうとオープンスタンスではなく、ただ「左に向いているだけ」となってしまうのでご注意ください。 フェイスの方向がズレる これはオープンスタンスに限らずスタンスを平行以外にする時に、その方向によってフェイスの向きがズレてしまうことが多いです。 フェイスの方向はしっかりと保っておきましょう。 まとめ:オープンスタンスは力が強い方やフック回転が強いゴルファーにおすすめ! ゴルフには大まかに分けると• スクエアスタンス(真っすぐに構える基本的なスタンス)• クローズスタンス(足を右に向けるスタンス)• オープンスタンス(足を左に向けるスタンス) の3種のスタンスに別れます。 特にオープンスタンスは、アプローチやバンカーショットでは欠かせないスタンスです。 しかし、ここに書いたのはあくまで1指針に過ぎません。 それぞれの良さを活かして、自分に合うスタンスを見つけてみましょう!.

次の

クローズスタンスとは

ゴルフ クローズ スタンス

ワイパー軌道と直線軌道 客観的に見ればゴルフクラブのスイングは、上から見ればすべてワイパー軌道(体を軸にしてフェースを開いて閉じる)です。 パラレルタイプの4スタンス理論の A2・B1タイプでは体重移動がない分、スイング軸は1軸でパタースイング軌道はワイパーになりやすいはずです。 一方、 A1・B2ではクロスタイプで体重移動が大きくなり、2軸スイングになっています。 軌道は少なくとも インパクトの前後では直線軌道のイメージ(首の付け根を支点とした腕の振り子=ショルダーストローク)があり、「左で引いたり A1 ・右で押したり B2 」のイメージがあるはずです。 そのためパタースイングでは直線軌道でインパクトしたいイメージが出るはずです。 (フィル・ミケルソンが題材ですが、彼はB2タイプで松山英樹プロと同じクロスタイプとなるわけですが、ワイパーストロークを好んでいるようです。 ) しかし、だれもが必ずしもそうではないのは、他の多くのイメージが混在するので、練習する中で色々なスイングとなっているのでしょう。 おなじみのオデッセイで、定番のツノ型です!口コミも多いです。 他のタイプも選べるようなので、口コミを参考にしてみましょう!2019年3月現在、55%オフ!売り切れ必至! 楽天で購入 マレットは重心がフェース面より深いため、スイングではインパクト後も自然にヘッドが押し出され、 「左肩で引くA1タイプ」「右手で押し込むB2タイプ」の直線イメージに自然になじむはずです。 マレットの重心深度やFP(フェースプログレッション)の違うヘッドを試してみることをお勧めします。 私はB2ですが、ピンタイプでのショルダースイングより、 重心の浅いマレットタイプをライ角をフラットにして、よりスイングイメージでワイパー軌道で打つことを好みます。 しかし、ロングパットの時はワイパー軌道でスイングすると距離感が出るのですが、ショートパットの場合、肘をわきから離してショルダースイングで直線軌道で方向性を合わせる打ち方をします。 これはショットの時も同じで、林の中から狭い木の間を抜くショットをする場合、肘を張って、フェースのオープン・クローズを抑えて、方向性を出します。 これは個人差の問題があるので、試してみてください。 A1タイプの松山秀樹選手がパターの不調に陥ると、エースパターのピン型からマレットパターを使って感覚を取り戻して?いくのがわかるような気がします。 A2タイプのタイガーウッズ選手も、ピンパター(スコッティキャメロン ニューポート)がお気に入りです。 しかし、パラレルタイプA2・B1でも重心深度が深い大型マレットを使う選手も見られ、インパクトのイメージだけでは決まらないのでしょう。 しかし、一度、L字、ピン、マレットタイプなどを打ち比べて、どれが自然になじめるのか試してみることが最良の策でありましょう。 この機会にいかがでしょうか? クチコミも好評です!• 【カテゴリー】• 170• 120• 339• 166• 250• 156• 716• 166• 138• 【アーカイブ】• 129• 205• 224• 216• 219•

次の