ミサイル巡洋艦。 ミサイル巡洋艦

ミサイル巡洋艦とミサイル駆逐艦。

ミサイル巡洋艦

ソーシャルネットワーク上のユーザーアカウントを通じてスプートニクのサイトでユーザー登録および認証を受けたという事実は、本規約に同意したことを意味する。 ユーザーは自らの振舞が国内法および国際法に違反しないようにしなければならない。 ユーザーは議論の他の参加者、また読者や、当該記事の題材となっている人物に対し尊敬をもって発言しなければならない。 サイト運営者は記事の基本的内容に用いられている言語とは異なる言語でなされたコメントを削除できる。 sputniknews. comの全言語バージョンで、ユーザーが行ったコメントの編集が行われる可能性がある。 以下に該当するユーザーのコメントは削除される。 記事のテーマにそぐわないもの• 憎悪を煽り立て、人種・民族・性・信教・社会的差別を助長し、少数者の権利を迫害するもの• 未成年の権利を侵害し、倫理的損害等、何らかの形態の損害を未成年に与えるもの• 過激主義、テロリズムを内容に含み、または、何らかの非合法活動を教唆するもの• 他のユーザー、個人ないし法人に対する中傷や脅迫を含み、その名誉や尊厳を傷つけ、または社会的評判を貶めるもの• スプートニクを中傷し、または貶める発言• プライバシーや通信の秘密を侵し、第三者の個人情報をその人の許可なく拡散させるもの• 動物への虐待・暴力シーンを描写し、またはそうしたページへのリンクを張ること• 自殺の方法に関する情報を含み、または自殺を教唆するもの• 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの• 第三者の商品またはサービスを、しかるべき許可なしに宣伝するもの• 侮辱的ないし冒涜的表現およびその派生的表現、またはそれら表現を匂わせる字句の使用• スパムを含み、スパムの拡散やメッセージの大量配信サービスおよびインターネットビジネスのための素材を宣伝するもの• 麻薬・向精神薬の使用を宣伝し、その作成法や使用法に関する情報を含むもの• ウィルスなど有害ソフトウェアへのリンクを含むもの• そのコメントが、同一または類似の内容を持つ大量のコメントを投下する行動の一環をなす場合(フラッシュモブ)• 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド)• インターネット上のエチケットを乱し、攻撃的、侮辱的、冒涜的振舞を見せた場合(トローリング)• テキストの全体または大部分が大文字で又は空白無しで書かれるなど、言語に対する尊敬を欠く場合 サイト運営者は、ユーザーがコメントの規則に違反した場合、または、ユーザーの振舞の中に違反の兆候が発見された場合に、事前の通告なしに、ユーザーのページへのアクセスをブロックし、又は、そのアカウントを削除する。 ユーザーは、にメールを送り、自分のアカウントの復元、アクセス禁止の解除を申請することが出来る。 手紙には次のことが示されていなければならない。 件名は、「アカウントの復元/アクセス禁止解除」• ユーザーID• 上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明 モデレーターがアカウントの復元とアクセス禁止の解除が妥当であると判断した場合には、アカウントは復元され、アクセス禁止は解除される。 再度の規則違反があり、再度のアクセス禁止が行われた場合には、アカウントは復元されず、アクセス禁止は全面的なものとなる。 モデレーター・チームと連絡を取りたい場合は、電子メールアドレスまで。

次の

ミサイル駆逐艦とミサイル巡洋艦の違いを教えてください

ミサイル巡洋艦

初の新造ミサイル巡洋艦「」 において、これらのミサイルは、まず既存の軽巡洋艦・重巡洋艦への改修によって装備化されることになり、度予算で2隻がテリアを搭載したとして改装されたのを端緒として、順次に改装が進められた。 また兵装のミサイル化と同時に機関のも図った「」も建造されたが、巨額な建造費が災いして、同型艦は建造されなかった。 また、特にテリアは、より小さい駆逐艦ベースの船体でも十分に収容できることが判明したことから、巡洋艦への改装はそれ以上行われないことになり、かわって駆逐艦を拡大した()の整備が進められた。 しかしこのミサイル・フリゲートはどんどん大型化・有力化していったこともあり、の際に と改称された。 また度のは、を元にを搭載するよう設計を修正したという経緯もあり、当初はとして類別されていたものの、結局ミサイル巡洋艦に類別変更されている。 一方、では、より「誘導ジェット兵器を備える駆逐艦」の開発を進めていたが、巡洋艦を失うことを憂慮した海軍上層部への配慮から、これはに入ってと改称され、ミサイル巡洋艦(RKR) の嚆矢となった。 アメリカ海軍のミサイル巡洋艦が艦対空ミサイルを主兵装としたであったのに対し、これらのソ連海軍のミサイル巡洋艦は、むしろを主兵装として、対水上戦を主任務としていた。 また運用者自身はと類別していても、外部観測筋によってミサイル巡洋艦と類別されることもある。 例えばでは、満載排水量9,750トン以上の水上戦闘艦を一律にミサイル巡洋艦としており 、のやのはミサイル巡洋艦として扱われている。 またのも、によって巡洋艦として位置付けられている。 各国のミサイル巡洋艦 [ ] アメリカ合衆国 [ ]• , p. , pp. 72-89. , p. 498. , p. 261. , p. 268. 2018年7月6日閲覧。 参考文献 [ ]• 2012. British Cruisers of the Victorian Era. Gardiner, Robert 1979. Naval Institute Press. Gardiner, Robert 1984. Conway's All the World's Fighting Ships 1906-1921. Naval Institute Press. Saunders, Stephen 2009. 2013. Naval Institute Press. IISS 2016. The Military Balance. 「アメリカ巡洋艦建造の歩み」『』第464号、、1993年4月、 129-137頁。 石橋, 孝夫「アメリカ巡洋艦の技術的特徴」『世界の艦船』第464号、海人社、1993年4月、 138-147頁。 大塚, 好古「米艦隊防空艦発達史 特集 米イージス艦「アーレイ・バーク」級 」『世界の艦船』第769号、海人社、2012年11月、 90-97頁、。 「条約型重巡の後継者たち 特集・回想の条約型重巡 」『世界の艦船』第659号、海人社、2006年6月、 102-107頁、。 鳥居, 信夫「近代軍艦の艦種類別」『世界の艦船』第332号、海人社、1984年2月、 82-83頁。 中川, 務「イギリス巡洋艦史」『世界の艦船』第517号、海人社、1996年11月、。 ポルトフ, アンドレイ V. 関連項目 [ ]•

次の

gma.amritasingh.com : 横須賀配属の米ミサイル巡洋艦、目立つ士気低下 艦内調査

ミサイル巡洋艦

キーロフ級ミサイル巡洋艦(キーロフきゅうミサイルじゅんようかん)は、ソビエト連邦海軍・ロシア海軍の重原子力ミサイル巡洋艦の艦級。 これはネームシップの当初の艦名に由来しており、ソ連崩壊後に同艦が「アドミラル・ウシャコフ」と改名された後でも踏襲されている。 第二次世界大戦後に開発・建造された航空母艦を除く水上戦闘艦としては世界最大であり、非常に強力な対水上打撃力・防空力を備えている。 さらに装甲も施していることもあり、ジェーン海軍年鑑などの西側観測筋においては、巡洋戦艦とも通称される。 北方艦隊所属。 ソ連崩壊後の新艦名は「アドミラル・ウシャコフ」であった。 1990年、推進器事故を起こして予備役編入、その後、セヴェロモルスク基地に係留されていたが、1990年代末にセーヴェロドヴィンスク市に回航され、修理を行う予定であったが結局断念。 除籍されて、「ピョートル・ヴェリーキイ」の部品取りのためにレイドアップされた。 2004年9月、同艦の解体工事が艦船修理工廠「ズヴェズドーチカ」に4,000万ドルで発注されたと伝えられたが、実際には解体工事に着手されず、誤報であった。 「アドミラル・ウシャコフ」の名は、2004年6月、ソヴレメンヌイ級駆逐艦「ベスストラーシュヌイ」に受け継がれた。 2006年4月12日、セーヴェロドヴィンスク市に係留されたままとなっている本艦に元乗組員が集まり、キーロフの海軍旗掲揚25周年を祝うイベントが開催された。 同日、キーロフに再びソ連邦海軍旗が掲揚された。 キーロフは、元乗組員と慈善基金により、出来る限りの保守作業が行われていたが、2014年6月10日に解体が決定された。 Wikiより GFDL上の著作権表示 All text is available under the terms of the. 性能諸元: 分類:ミサイル巡洋艦 クラス: 重 原子力 ミサイル巡洋艦 艦番:1番艦 起工:1974年起工 竣工:1980年竣工 型式:キーロフ級 艦番:1番艦 艦名:キーロフ 二代キーロフ 初代:大戦期巡洋艦 由来:人名 レニングラード・ソビエト議長を務めたソ連の革命家に因む 諸元:基準排水量:24,300トン 満載排水量:24,500トン 常備排水量:-トン 全長:251m 全幅:28. 2018年から近代化改装に入る予定。 考証: — 別仕様: — 使用部品: ピットロード製 インジェクションキット キーロフ 各社エッチング、金属素材、プラスチック素材等使用 製品所在: 2016年6月14日 軍艦堂にて起工 2016年6月19日 軍艦堂にて竣工 2016年 月 日 様所蔵 0K あとがき: 編集 鴣囃子裕二 軍艦堂 COMPLETE PICTURES.

次の