奥 克彦 小和田 雅子。 雅子様のご両親の現在!父親は逮捕され母親の優美子は病気療養中?

雅子と寝た男たち その2: くろたろう ごめんな!!

奥 克彦 小和田 雅子

Contents• 雅子様のご両親の現在は? 雅子様のご両親の現在はどうなっているのかを見る前に、色々とおさらいしておきます。 雅子様の旧姓は小和田 雅子(おわだ まさこ)で、小和田家は皆かなり凄い経歴の持ち主です。 ご両親の経歴もさておき、雅子様自身の経歴も凄いものがありますね。 ロシアやアメリカ等、9年に渡って外国での教育を受ける• 数理経済学を専攻しハーバード大学を卒業• その後、東京大学法学部へ入学する• 外交官を目指し、外務省へ入省• 女性初のキャリア・スーパールーキーとして評判になる さすが皇太子様と結婚される方と言うのはこういったもの凄い肩書き・実力をお持ちの方なのですね。。。 スポンサーリンク 父親の恆は逮捕されていた? 雅子様の父親の経歴も相当すごいものがあります。 本名:小和田 恆(おわだ ひさし) 生年月日:1932年 昭和7年 9月18日 出身地:新潟県新発田市 学歴:東京大学・ケンブリッジ大学 職業:外交官・国際司法裁判所判事 日本人として初めて、第22代・国際司法裁判所の所長になったお方なのです。 ハーバード大学ロー・スクールの客員教授をはじめとして、各国の有名大学にて教授としても活躍されていました。 雅子様の父親は逮捕されていた? ことの発端は、雅子様のお父様がスイスのバーゼルというところのホテルに軟禁されているという情報が入ったことにありました。 これは私は信じてないのですが、ネット上の噂ではスイスにある天皇系のお金に手を付けたことによって逮捕されたのだと言われたのです。 でもこれだけの経歴のお方ですから、相当な財産を保有されているのではないでしょうか?娘の立場もありますし、そんなことをするとは到底思えないのですが... 国際司法裁判所の判事を退任したという報道もあり、いろいろと辻褄が合わないことがあるので、あくまでネットの噂の域を出ないのではないかと思っています。 チッソ株式会社戦後の高度成長期に発生した水俣病の補償業務を専業とする日本の企業 雅子様の母親は病気で療養中? 雅子様の母親・優美子さんには認知症にかかっているのではないかという噂がありました。 しかしこれにはどこにもそれといった根拠が見つからず、またしてもネット上での単なる噂であると考えられます。 雅子様のご両親は、父親の恆(ひさし)さんの仕事のために共にこれまで長期間に渡って海外に滞在されていました。 憶測が憶測を呼び色々と勝手な噂話が起こりやすい状況にあったのかもしれません。 お父様が判事を退任されたことにより、お二人は日本へ帰国されるという報道が出ていますので、雅子様としてもお喜ばしいことではないかと思います。

次の

雅子と寝た男たち その2: くろたろう ごめんな!!

奥 克彦 小和田 雅子

月刊テーミスWEBサイト Warning: include.. e-themis. php on line 13 Warning: include.. e-themis. php on line 13 Warning: include : Failed opening '.. e-themis. php on line 13 Warning: include.. e-themis. php on line 18 Warning: include.. e-themis. php on line 18 Warning: include : Failed opening '.. e-themis. 御用邸に近い「りんどう湖ファミリー牧場」では、ご一家のほほえましい場面が目撃されたという。 現地にいた皇室ファンがいう。 「愛子さまは動物がお好きで、ポニーにお乗りになって喜んでいました。 その様子を皇太子さまが写真に納められるなど、ごく普通のお父様を演じていらっしゃいました。 ご一家でボートにお乗りになった際も、皇太子さまは汗びっしょりになってオールを漕いでいらっしゃいましたよ」 雅子さまも以前と比べて、格段と明るさを取り戻している。 夏休みはリラックスされたようだ。 皇室関係者からは「本格的な公務復帰も近い」との声も出てきている。 昨年8月のオランダご静養以来、雅子さまの体調がかなり回復されたことは間違いない。 一方で、秋篠宮ご夫妻の長男・悠仁さまが9月6日、1歳の誕生日を迎えられた。 上下数本ずつ歯が生え、すでに離乳食に。 元気な声でお笑いになり、人の動作を真似る仕草もされているという。 子育てに忙しいなか、紀子さまは積極的に公務に取り組んでおり、このところ皇室ジャーナリズムに取り上げられることも多くなっている。 皇室担当記者が解説する。 「皇太子さまもポリープ手術を東大病院で受けられるなど、ご一家を取り巻く環境は厳しい。 ただ、雅子さまも焦ることはなく、ゆっくりできるところから公務に復帰されればいい。 前者はオーストラリア人ジャーナリスト、ベン・ヒルズ氏が雅子さまの苦悩を描いた著書で、一時発禁本と呼ばれた本だ。 後者はこの本に対し、宮内庁と外務省が激しい抗議をしたことなどを指摘したジャーナリスト・野田峯雄氏による著書である。 これらについてさらに興味深い事態が起こっている。 「前者は外国人ジャーナリストならではの視点から見た皇室本だが、ノンフィクションとして読み応えがある。 むしろ皇太子一家を擁護する内容で、必ずしも皇室批判本ではない。 また、後者はこの本に対して宮内庁や外務省がどういうクレームをつけたかを検証するもので、同時に最初この本を出版しようとした講談社に百数十か所の削除があることを指摘した。 その心は「邦訳本は出すな」ということだった。 8月28日付で広告代理店を通じ版元に渡った『朝日新聞』の「拒否説明文」には次のようにある(要旨)。 「ヒルズ氏に対し、『皇室を侮辱している』とし、外務省ならびに宮内庁が抗議を行っています。 弊社広告審査センターとしては、今回(広告掲載の)打診を受けた書籍に対する公の機関(外務省と宮内庁)の反応も鑑み…」 こういって、『朝日新聞』は同社の広告掲載基準「人権を侵害するおそれがあるもの」に該当すると強調する。 『朝日新聞』広告関係者がいう。 「これは明らかに外務省と宮内庁などの顔色をうかがったうえで判断した政治的な広告掲載拒否だ。 他の新聞社も朝日に『右にならえ』で、横並びの対応を決めている。 日本においてほぼ全紙が一斉に広告掲載拒否をしたのは、戦後の言論出版史においても恐らく初めてのことではないか」 『朝日新聞』は内心では天皇制反対とか皇室がなくなってもいいと思っているくせに、外務省や宮内庁が出てくると途端に腰くだけ。 問題なのはこの2冊の本の評価ではなく、もっぱら役所の顔色をうかがっている点である。 「朝日+外務省+宮内庁」のトライアングルが、まさに言論の自由を脅かすことにつながっているのだ。 それにしてもさらに興味深いのは、最初に出版しようとした講談社版が修正・削除した問題部分だ。 もちろん、外国人の著者によるものだから、明らかに日本文化を誤解して表現している部分もある。 だが、日本のマスコミが情報を掴んでいながらも書けなかったことがある。 そのなかには皇室や宮内庁のこともあるが、小和田家のことや外務官僚について触れた部分も多い。 ヒルズ氏は小和田家のルーツが新潟県村上市であることを歴史的に検証し、「小和田家の先祖の骨はそっと掘り出され別の場所に移されていた」と記す。 共通の友人である福田赳夫氏の紹介だった。 雅子さまが生まれたのはその翌年のことである。 ヒルズ氏は外国人ジャーナリストのこんな証言を紹介している。 「恒といっしょに働いたことのある人たちは、彼は実に嫌なやつだという。 優秀だが、非常に冷たくて超然としているというのだ。 雅子は恒が欲しくてたまらなかったが得ることのできなかった息子なのだ。 結婚も含め、彼女がやってきたすべてのことは、父親を喜ばせるためだった。 彼女は強いファーザーコンプレックスの持ち主なのだ」 雅子さまの性格の鍵は父親との複雑な関係にあるというのである。 雅子さまが米国留学中、中国系アメリカ人の経営コンサルタントをしていた男と関係があり、彼は雅子さまのプライベートな写真を持っていると洩らしていたという。 だが、ヒルズ氏が真相を突き詰めようとしたところ、結局、何も掴むことができなかった。 ただ、この話の部分が削除されているために、男の話が却って真実味を帯びてしまったのである。 また、ヒルズ氏は日本の皇室ジャーナリズムが密かに囁き合っていた噂についても堂々と触れている。 それは「真剣に向かい合うボーイフレンドはいなかったようだが、しかし後に『省内でいっしょに仕事をしている既婚男性とつきあっていた』との噂」だ。 そのうえで、「ロンドンのサンデータイムズ誌が『その男性は、ラグビーをやり、オックスフォード大学に留学したこともある気鋭外交官』の奥克彦だと『暴露』した」という。 ヒルズ氏はこう続ける。 私(ヒルズ氏)の知っている情報筋によると、雅子さんと奥の関係は実に礼儀正しいもので、奥は雅子さんの友人、かつ、よき指導者として職務に励んでいたという」 ヒルズ氏は英国での報道を紹介し、検証したにすぎず、しかも最終的には雅子さまの名誉を守っている。 あえてこれを削除したので、憶測を呼んだ。 こんな削除部分が200か所近くもあるのだから、これは出版社だけの自己規制というわけではないだろう。 背後に外務省や宮内庁による複雑な動きがあったと囁かれているのだ。 ヒルズ氏は「これは1人のきわめて有能な女性が被害者になった『人権喪失の記録』だ」という。 日本では皇室に関する報道はたんに批判や中傷をするものか、宮内庁のタレ流し情報かのいずれかで両極端なものが多い。 『朝日新聞』を先頭にした日本の新聞全紙が、自身の怠惰と愚劣をいまや満天下にさらしてしまった形だ。

次の

雅子さまの妹たちの現在は?渋谷健治は節子と離婚して舟橋アナと再婚

奥 克彦 小和田 雅子

<目次>• 小和田恒 恆 氏のプロフィール 小和田恒 恆 おわだ ひさし 生年月日:1932年9月18日 86歳 出身地:新潟県 新潟県の現在の新発田市に生まれ、8人兄弟の4番目で次男です。 家族構成は父母に、兄弟は兄と弟が3人、姉と妹がそれぞれ一人ずついます。 父親の小和田毅夫さんの職業は、 小千谷女子高校、高田高等学校で校長を務め、高田市の教育委員長を務めました。 兄弟姉妹の現在をみると、立派な職業やそうそうたる財界人と結婚しています。 まず、お兄さんはロンドン大学の助教授、3人の弟のうち2人が国土交通省のお役人となり、うち一人は国土交通省大臣官房審議官などを経て瑞宝中綬章受章という勲章を受勲しています。 兄弟の中でも一番出世したのは、小和田恒さんですね。 なんといっても国連大使ですからね!国連大使! それに、皇后陛下のお父上! 天皇陛下が義理の息子ですよ。 すげー。 こうやって改めてみると、小和田家ってすごいなって思いました。 また奥様の優美子さんもすごい学歴と経歴の持ち主なんですね。 当時の大企業チッソの会長を父にもち、私立の田園調布雙葉中学校・高等学校を卒業後は慶応大学に進学します。 語学が堪能で英語、フランス語、ロシア語の3か国語が話せるんだとか! 奥様の優美子さんが高校を卒業したのは、昭和31年です。 まだまだ女子が大学に進学するというのは、今ほど多くない時代です。 そんな時代でも、奥様に優美子さんは3か国語を操ることができる才女だったんですね~。 慶應大学卒業後、優美子さんはフランスの航空会社エールフランスに就職し、極東支配人秘書官を務めました。 エールフランスで重役秘書を務める優美子さんと、外務省で外交官として働く小和田恒さんの出会いは、元総理で当時農林省の大臣だった福田赳夫氏の紹介でした。 小和田恒さんの学歴や経歴については、下の方で詳しく書いていますが、外務省から国連大使にまでのぼりつめ、皇族となった娘を持つ小和田恒さんも現在は86才の高齢者です。 小和田夫妻は15年間オランダで暮らしていましたが、2018年に帰国しています。 現在はどんな生活をしているのでしょうか? [ このご自宅をリフォームされたそうです。 ただ高齢者向けにリフォームをしたからといって現在、介護が必要な状況かどうかについては不明です。 雅子様の父親である小和田恒さんは現在、86才。 高齢=介護=認知症 と思いがちですが、うちの親戚みたく90才近くになっても自転車に乗って買い物にでかけちゃうほど元気な老人もいます。 それに、帰国する直前までオランダで国際司法裁判所判事という重責を背負ってお仕事してたし、飛行機に長時間乗って帰国していることから、介護が必要なほど状況とは考えにくいですよね。 小和田恒さんは、奥様と二人でゆっくりした時間を過ごしているんじゃないかなって思います。 天皇陛下の即位の礼でテレビに映る娘の雅子さまをご夫婦で見ていたかもしれないですね。 雅子さまは10年以上、病気を患っていたので小和田夫妻はきっと心配だったと思います。 大切な公務をキチンと乗り切った雅子さまの姿を見て、安心したんじゃないでしょうか。 [ Sponsored Links ] 小和田恒 恆 氏の学歴 外務省から国連大使にまでのぼりつめた小和田恒さん。 学歴もすんばらしいの一言です! 地元の高校を卒業 東京大学教養学部を卒業し、ケンブリッジ大学で法学部大学院博士課程修了します。 ということで、最終学歴はイギリスのケンブリッジ大学卒業となります。 現役で東大に進学し、ケンブリッジ大学にも進学したことを考えると、実家も金銭的に余裕があったのかもしれないですね。 小和田恒 恆 氏の経歴 外交官から国連大使になった小和田恒さん。 そこに行きつくまでには、書ききれないほど経歴を残しています。 29才で東京大学の非常勤講師を務めたり、43才の時には、当時の福田赳夫内閣総理大臣秘書官を務めたこともありました。 55才でハーバード大学法学部客員教授をと務め、他にはアメリカやソ連 旧ロシア の日本大使館の公使にも。 早稲田大学、コロンビア大学、ニューヨーク大学、放送大学など数々の大学で教鞭をとりました。 71才でオランダの国際司法裁判所の判事に任命され、6年後の77才の時に国際司法裁判所の所長に日本人として初めて就任します。 所長の任期は3年のため、80才 2012年 に退任し判事となり、2018年、86才で判事を退任しまし、現在は日本で暮らしています。 外務省から総理大臣の秘書官も経験、数々の大学で教鞭をとり日本大使としての仕事も経験、国際司法裁判所所長も務めるとは・・・。 まさにエリートっていう印象です。 小和田恒さんは、ソビエト連邦、スイス、米国、イギリス、フランス、オランダ計6か国の海外赴任をされたそうです。 単身赴任ではなくいつも家族帯同でした。 家族はいつも一緒にいて、親の背中を見せながら育てたいと気持ちがあったそうです。 海外生活を経験したことで、雅子さまを含めた小和田家の子供たちは語学が堪能になったことはその後の人生に大きな影響を与えましたよね。 [ Sponsored Links ] 小和田恒 恆 氏の家系図がスゴイ! 小和田恒氏の家系図がなにやらスゴイんだとか・・・。 まずはそのスゴイ家系図を見てみましょう! 上でも紹介しましたが、とにかく小和田恒も、その兄弟の経歴がヤバイですね・・・。 弁護士や国土交通省の官僚に勲章を受勲した人までいます。 受勲者が身近にいるってなかなかないですよね。 その小和田家ですが、新潟県村上市が本籍です。 ウィキペディアによると、 皇后雅子の実家・小和田家の祖先は越後国村上藩士の家系であり江戸時代から目付け役として仕えていた家柄であった んだそうです。 家系図では雅子さまの祖父の代から始まっていますが、曾祖父の小和田金吉さんから前の代は不明です。 理由は、家事で家系図が燃えてなくなってしまったんだとか。 そういうわけで、家系図は雅子さまのひいおじいさんの金吉さんから始まっています。 雅子さまの母親の方は、軍人の家系でした。 その縁で小和田恒氏と母親の静さんは結婚します。 母方の祖父は水俣病で有名になったチッソの元会長。 水俣病は小学校のときに社会の教科書で知りました。 チッソの工場が水俣湾にメチル水銀を含む工業廃水を垂れ流し、魚の内臓に水銀が蓄積されてその魚を食べた人たちが水銀中毒になって、とても苦しみました。 私の母は水俣病が発生した熊本県出身ですが、今でも味噌汁のダシを煮干しでとるときは、お腹の部分のはらわたを必ず取って使います。 「これは絶対食べちゃダメ」 と小さい頃からよく言われたもんです。 話が脱線しちゃいましたね汗 その公害病である水俣病の原因となった会社の元会長が、雅子さまの母方の祖父なんですね。 こういったことを知ると、よく皇室に入れたな、って思いますが、冷静に考えると雅子さまご自身の問題ではないってことですよね。 こうやって新皇后となられた雅子さまの父親の現在や、ルーツを見てみると住んでる世界が違うなって感じました。 若い頃から外交官として海外で活躍し、総理大臣の秘書や大学教授を務め、国連大使として活躍し、最後は国際司法裁判所所長まで務め上げるとは。。。。 しかも、国際司法裁判所のトップは日本人では小和田恒氏が初めてだっていうし。 まさにエリート中のエリートですね。 そして小和田恒氏の兄弟もまた、エリート。 地元の高田市の教員委員長をされていたお父様 雅子さまの祖父 の教育が素晴らしかったんでしょうね~。 そして、引退して帰国した雅子さまの父親の小和田恒氏の現在は、リフォームした目黒区の実家で静かに暮らしているそうです。 こちらのお宅は2世帯住宅なので、娘家族と一緒に暮らしているのかもしれません。 小和田邸をリフォームしたので、高齢のご両親の介護が始まったのでは?という噂ですが、将来介護するときを考えてのリフォームなんじゃないかな、って思います。 もしも介護が必要な状態だとしても、皇后である雅子さまは当然ながら介護のお手伝いを付きっ切りですることはないでしょうね・・・ 雅子さまは、そうしたい思っているかもしれませんが。 いずれにせよ、現在の小和田恒氏は寝たきりなどの状態ではないと思います。 長く海外で暮らしてきたので、今は日本に帰国し娘である雅子さまが皇后になったことを見届けたんでしょうね。 どんな気持ちだったのでしょうか? 雅子さまも高齢の両親が日本に帰国してくれて、安心したのかもしれません。 それにしても、父親の小和田恒さんってホントすごい経歴ですね・・・。

次の