お忙しい中 ありがとう 英語。 「お忙しい中」のビジネスの使い方と英語や類語|ご多忙/お忙しいところ

英語のビジネスメールで「お礼」!感謝を伝える丁寧表現18選!

お忙しい中 ありがとう 英語

「お忙しいところ」の使用する場面 《1》お願いをするとき 最も多く「お忙しいところ」が使われる場面としては、お願いをするときになります。 「お忙しいところ」の使い方としては、 ・お忙しいところ申し訳ございませんが ・お忙しいところ恐縮ですが、恐縮でございますが ・お忙しいところとは存じますが ・お忙しいところお手数おかけいたしますが といったようになります。 「お忙しいところ」は クッション言葉です。 相手に手間をかけ、時間を費やしてくれたことに対して申し訳なく思う気持ち・謙虚な気持ちを「お忙しいところ」を使うことによって表すことができます。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使う場合は、「相手に質問の返答を頼む・相手の負荷になることをお願いするとき」です。 例えば、添付した資料の確認を求めるときには、「お忙しいところ恐縮ではありますが、添付させていただいた資料のご確認のほどよろしくお願いいたします」と言います。 ビジネスメールの多くは、相手に何らかの要求をする内容になります。 なので自然と「お忙しいところ大変申し訳ございませんが」というフレーズを多用することになります。 《2》お礼をするとき 「お忙しいところ」は感謝の意を伝えるときにも使うことができます。 使い方としては、 ・お忙しいところご足労頂き恐れ入ります。 ・お忙しいところにも関わらず、御配慮いただきありがとうございます。 ・お忙しいところ、お手数おかけして申し訳ありませんでした。 ・お忙しいところありがとうございます。 といったようになります。 「お忙しいにも関わらず〜してくれてありがとうございます」といった意味で、忙しい中自分のために時間を費やしてくれたことに対しての感謝を表しています。 「お忙しいところ」の例文 「お忙しいところ」の例文を紹介します。 <お願いをするとき> ・お忙しいところ恐れ入りますが、ご確認のうえ、折り返しご連絡をお願いいたします。 ・お忙しいところ大変恐縮ではございますが、何卒よろしくお願いいたします。 ・お忙しいところとは存じますが、ご確認のほどよろしくお願い申し上げます。 ・お忙しいところ恐れ入ります。 少々お時間の方、よろしいでしょうか? ・お忙しいところ申し訳ございませんが、お返事頂ければ幸いです。 ・お忙しいとは存じますが、ぜひお越しくださいますようお願い申し上げます。 ・お忙しいところ恐れ入りますが、アンケートの返信をよろしくお願いいたします。 <お礼をするとき> ・皆さま本日はお忙しいところ、お集まりいただいて、誠にありがとうございます。 ・先ほどはお忙しいところ、お付き合い頂きありがとうございました。 ・お忙しいところ、ご丁寧にお答えいただき誠にありがとうございます。 ・お忙しいところ手を貸していただけて本当に助かりました。 ・お忙しいところ丁寧にご教授下さって、誠にお礼申し上げます。 「お忙しいところ」の類語 クッション言葉はいくつか覚えておくと、ビジネスシーンでも使えます。 「お忙しいところ」の類語として覚えておきたいのは「ご多忙」と「ご多用」の二つです。 二つとも忙しさを表す敬語表現であり、「お忙しいところ」と置き換えて使うことができます。 「ご多用」 まず「多用」の意味は、 「用事の多いこと・忙しいこと」です。 それに尊敬を表す接頭語「ご」をつけて「ご多用」となります。 「ご多用」は 「目上の人が用事が多くて忙しくされていること」を表しています。 「ご多用は」の使い方としては、 ・要望を出したり依頼をするとき ・感謝の意を伝えるとき になります。 「ご多用中恐れ入りますが〜」といったように、誰かにお願い事をするときに使います。 「用事が多くて忙しいときに悪いですが」という謙虚さを伝えた後に、本題に入るための言葉です。 「ご多用にも関わらず〜」といった形だと、相手に感謝の気持ちを強く述べることができます。 ・ご多用の折ですが、何卒ご参加くださいますようお願い申し上げます。 「ご多忙」 まず「多忙」の意味は、 「事が多くて忙しいこと」です。 それに尊敬を表す接頭語「ご」をつけて、「ご多忙」になります。 「ご多忙」は 「目上の人が何かと忙しくしている様子」を表しています。 「ご多忙」も「ご多用」とほぼ同じ意味で、使われる場面も一緒ですが、「ご多忙」は結婚式や葬儀の場での挨拶には相応しくありません。 理由としては、「ご多忙」の「忙」という文字が、「りっしんべん」+「亡」で構成されていて、「忙しくて心を失う」という意味になり縁起が悪いとされているからです。 こういった理由で「ご多忙」が使われないことが多いですが、ビジネスシーンでは頻繁に使われる言葉になります。 ・先日はご多忙中にもかかわらずご親切にご案内くださいまして、誠にありがとうございました。 「お忙しいところ」を使う際の注意点 「お忙しいところ」を使う際には注意しなければならない点があります。 そのようなことにならないためにも、同意義の言葉をいくつか知っておき、表現を変えて使うことが良いでしょう。 つまり「お忙しいところ〜」は本来の意味と違い、 相手が暇そうな場合でも使える言葉です。 この人は今、暇そうだから「お忙しいところ~」は使えない。 あの人は今は忙しそうだから「お忙しいところ~」を絶対に使うべき。 とか、そういった使い分けは必要ありません。 相手が誰であろうと「お忙しいところ~」は使うことができます。 しかし、どう見ても相手が時間に余裕があることが明らかな場合に、「お忙しいところ」を使うとかえって嫌味に聞こえてしまいます。 そのような場面ではなるべく使用するのは控えましょう。 ですので、その後に時間を要するようなお願いごとを要求をするのは失礼にあたるため、避けた方が無難です。 例えば、ビジネスメールで「お忙しいところとは存じますが、お早めのご返信をいただければ幸いです」と伝えたり、具体的な返信期日を伝えるのは失礼に当たります。 自分の都合に合わせるように指図することは望ましくありません。 なるべく相手に合わせるようにしましょう。 また「このメールへの返信は必要ありません」という書き方も、相手の行動を制限していることになるのでし避けた方が良いでしょう。

次の

「お越しいただき」は正しい表現?ビジネスで使える例文

お忙しい中 ありがとう 英語

「お忙しい中」の意味とは? お忙しい中は相手が忙しい状態かよりも気遣いを表す お忙しい中は、相手が忙しい状態かよりも相手への気遣いを表す意味があります。 「お忙しい中」を使うときは、お願いや依頼をしたり、催促をするときに使われる言葉です。 ビジネスシーンで使われるときには、実際に相手が忙しいかはあまり関係がなく、相手への気遣いや心遣いでつける場合が多いです。 唐突に「ご確認をお願いします」というメールを送るよりも、「お忙しい中申し訳ありませんが、ご確認をお願いします」と枕詞としてつけていた方が、相手に気遣いを表現することができます。 お忙しい中をつけることでビジネス相手へ謙虚さを表している お忙しい中をつけることで、ビジネス相手へ謙虚さを表しているともいえます。 ビジネスでは会議やクライアントとのアポイントメントなどのスケジュールの中で、慌ただしく働いています。 そんな中メールなどで依頼をすることは、予定外の手間をかけたり、時間を割いてもらうことを必要としていまします。 そんなときに恐縮してしまう申し訳なさや、謙虚な気持ちを表しているのが「お忙しい中」です。 「お忙しい中」を一つつけておくことで、「もし可能であれば」というニュアンスを含ませることができるので、謙虚さを示すことができます。 相手への印象も良いので、その後の仕事もスムーズに進めることができるでしょう。 「お忙しい中」をつけるときには、「恐縮ですが」という言葉をつけるとその後の文章もスムーズに進めます。 何かお願いをしたり、依頼をしたり、確認してもらったりという場面で使われます。 相手の時間を割いてしまうことに恐縮する言い方となりますので、目上の方や上司、先輩などに使うことができます。 たとえば「お忙しい中恐縮ですが、月曜日までにご確認いただけますようお願いします。 」「お忙しい中恐縮ですが、お返事いただければ幸いです。 」と使います。 「お忙しい中恐れ入りますが」は「恐縮ですが」とほとんど同じ意味になりますので、お願いをするときによく使われます。 たとえば「お忙しい中恐れ入りますが、ご返信いただければ幸いです。 」 「お忙しい中恐れ入りますが、15日のミーティングまでにお目通しのほどよろしくお願いいたします。 」などと使われます。 相手の状況に気遣いながら、自分の依頼を謙虚な気持ちで伝えたいという姿勢を伝えることができます。 「すみません」は敬語になりますのでもちろん目上の方にも使えますが、より丁寧な印象を残したいのであれば「恐縮ですが」「恐れ入りますが」を使うのがおすすめです。 「お忙しい中すみませんが、後ほどお時間いただけますか。 」「お忙しい中すみませんが、一つご相談があります。 」「お忙しい中すみませんが、お手すきの時間がありましたら、お手伝いいただくことは可能でしょうか。 」というように使います。 社内の方や口語で使うと堅苦しくなく、気遣いの気持ちを伝えることができます。 感謝の気持ちを伝えるときにも「お忙しい中」というフレーズは使うことができます。 忙しい中でも、自分のためにわざわざ時間を割いてくれたという意味合いを持たせることができるのです。 「先ほどはお忙しい中お電話いただきまして、ありがとうございます。 」「本日はお忙しい中お越しくださり、誠にありがとうございます。 」「先日はお忙しい中貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。 」と使います。 単にありがとうございますと伝えるよりも、厚みのある言葉を伝えることができるでしょう。 「お忙しい中」は相手の時間を割いてもらっているという意味合いを持つので、時間を割いてくれたことにも感謝を伝えたいときにも使われます。 たとえば「本日はお忙しい中お時間をいただき、ありがとうございます。 」 「この度はお忙しい中お時間を作っていただき、社員一同感謝申し上げます。 」「年末のお忙しい中お時間をいただきありがとうございます。 本日はよろしくお願いいたします。 」「先日は大変助かりました。 お忙しい中お時間を割いていただき、ありがとうございました。 」というように使われます。 忙しい中なのにありがとうと感謝を伝えたいときや、お礼を伝えたいときによく使われます。 たとえば「先日はお忙しい中にも関わらず、お越し下さりありがとうございました。 」 「お忙しい中にも関わらず、出席のご連絡をいただ嬉しい限りです。 当日を楽しみにしております。 」「お忙しい中にも関わらず、時間を作っていただき感謝申し上げます。 」などと使います。 何に感謝しているのかを具体的に伝えられるといいですね。 「お忙しいところ」は「お忙しい中」と意味はまったく同じの言葉です。 枕詞としてつけることで、相手への謙虚な気持ちや気遣いを表すことができます。 たとえば「お忙しいところすみませんが、月曜日までにチェックしていただけると幸いです。 」「お忙しいところ恐縮ですが、ご返信んをよろしくお願いします。 」というように使います。 いくつかバリエーションがあると、ビジネスメールでもしつこい印象を与えずに使うことができるでしょう。 「ご多忙」とは何かと忙しい様子を表す「多忙」に、丁寧の「御」をつけた言葉です。 つまり「お忙しい中」と意味はほとんど同じということになります。 一般的には「お忙しい中」は口頭で、「ご多忙」は文書や手紙などで使われることが多いです。 たとえば「ご多忙の中恐縮ですが、お返事をお待ちしております。 」「ご多忙の中、先日はお越し下さいましてありがとうございました。 」と使われます。 「ご多用(たよう)」は、用事が多くて忙しい状態に、丁寧の「御」をつけた敬語です。 ビジネスシーンでは何かを依頼したり、お礼を伝えるのに使うのに便利なフレーズです。 たとえば「ご多用の中とは存じますが、どうぞよろしくお願いいたします。 」「ご多用中にも関わらず、ご対応いただきましてありがとうございました。 」と使われます。 先ほどご紹介した「ご多忙」に「折」をつけた表現になり、「折」は時間を示している言葉になるので、「ご多忙のとき」と同じ意味になります。 目上の方に使いやすい表現ですので、イベントや会合の招待状や案内状などに使われます。 たとえば「ご多忙の折、お手数をおかけしますがどうぞよろしくお願いいたします。 」「ご多忙の折とは存じますが、ご返信をお待ちしております。 」と使います。 「ご多忙の折」を使うことで、相手によりきちんとした印象を与えることができる文書に仕上げることができるでしょう。 」です。 英語でも時間を割いてくれてありがとうというお礼を伝える表現があり、「Thank you for taking your time. 」と言います。 たとえば「お忙しい中お時間を作ってくたさりありがとうございます。 」は「Thank you for taking your time out of your busy schedule. 」と伝えると良いでしょう。 「お忙しいところ恐れ入ります」は「I am sorry for troubling you when you are busy. 」と言います。 これを応用して「お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願いします。 」を表現すると「I am sorry to trouble you despite being busy, but I highly appreciate your cooperation. 」と言うことができます。 「お忙しい中」は依頼やお誘いのときに使える便利なフレーズですが、あまりにも何度も使ってしまうと、相手にしつこい印象を与えかねません。 気遣いで使っているつもりが、逆に失礼な印象を与えてしまうこともありますから気をつけましょう。 類語などを使って言い換えることで、使いすぎている印象を避けていきます。 「お忙しい中」を使っているのは、相手が忙しいところをわかっていて使っているはずです。 それなのに「いつまでに」「これとこれをお願いします」など、時間がかかったり負担がかかるようなことを依頼するのは失礼にあたります。 「もし可能ならば」と言うニュアンスを含めていることを忘れずに、使えると良いですね。 ついつい「早めに返事が欲しい」からと行って、「早めのご返信をお願いします」と書いてしまうこともあるかもしれませんが、これは相手に早く返信するようにと指示しているのと同じことです。 いくら「お忙しい中」と枕詞で入れていたとしても、相手に催促したり要求するような内容を書くと、失礼な印象を与えてしまうことがありますから気をつけましょう。 「お忙しい中」を使うのであれば、相手の都合で動いてもらえるように配慮することが大切です。 「お忙しい中」を使って仕事を円滑に進めよう! 「お忙しい中」というフレーズは、相手の状況を気遣っている姿勢や、謙虚な気持ちを表現することができる枕詞です。 依頼やお礼をするときにも、「お忙しい中」をつけておくだけで、相手に柔らかい印象やきちんとした印象を与えることができます。 うまく使いこなすことで、仕事を円滑に進めていきましょう。 ビジネスメールでは、独特の言い回しや表現、マナーも知っておくことが大切です。 「お忙しい中」でも出てきた「恐縮ですが」の使い方や、ビジネスメールの件名のマナーも押さえておきましょう。 こちらの記事もぜひ参考にしてくださいね。

次の

「お越しいただき」は正しい表現?ビジネスで使える例文

お忙しい中 ありがとう 英語

社外編「お忙しいところ申し訳ありませんが」 まずは社外編。 取引先の相手に直接会ったり、電話で話したりするときに使います。 I understand you are very busy, but…• I understand you are occupied at the moment, but… 直訳ならこのあたりが無難。 「busy」と「occupied」はほぼ同じ意味です。 「occupied」のほうが、単に忙しいというより、やることがあって手が空かないというニュアンスを含みます。 少しひねってこんな言い方も。 I'm very sorry to bother you at this time of year, but…• I'm terribly sorry to disturb you again, but … 「bother」「disturb」は「邪魔をする」という意味。 1文目は「こんな時期にすみません」というニュアンスです。 こう言えば、年末の忙しい時期なのか、プロジェクトで忙しい時期なのか相手も想像がつくでしょう。 2文目の「terribly」は「 本当に申し訳ありません」という具合に、申し訳なさを強調することができます。 社内編「お忙しいところすみません」 社内だと、外国人の上司や先輩に対して使うことが多いのではないでしょうか。 取引先の人と話すときよりは、カジュアルでOKだと思います。 I know you are very busy, …• Sorry to bother you, … 「understand」より「know」のほうが少しカジュアル。 また「Sorry to bother you... 」のように主語を省略することでカジュアル度が増します。 さらに「お忙しいところすみません」と言うかわりに、単刀直入に用件を伝え、そのあとで• I'll keep it short. (長くはかかりません)• I'll be quick. (早めに終わらせます) などと言って「あまり時間を取らせません」という意思を伝えるのもアリだと思います! メール編「お忙しいところ恐縮ですが」 最後はメール編。 日本語と同じで、対面や電話で話すよりも、さらに改まった感じになります。 「お忙しいとは存じますが…」「お忙しい中恐縮ですが…」というイメージですね。 I understand that you are very busy, but … 社外編の「お忙しいところ申し訳ありませんが」に似ていますが、違いは「that」が入っている点。 基本的にメールでは、接続詞や関係代名詞を省略しないのがルールです。 ですが最近はビジネスメールも、よりカジュアルになってきており、省略形を使う人も増えているようです。 ほかにも• I am afraid that you are having a hectic week, but... なんて言い方もあります。 「hectic」は「慌ただしい、てんてこ舞いの」という意味です。 メールで「お忙しいとは存じますが」とは書かない!? メールで使える文例を紹介しましたが、 実は「メールでこんな前置きしない!」という考え方も。 ネイティブからのメールに、このような前置きを見たことは、私も正直ありません。 直接話す相手なら、確かに「忙しいとは思いますが…」と前置きを入れるイメージは英語圏にもあります。 相手が仕事を中断して聞いてくれるわけですからね。 ですがメールとなると、相手にはいつメールを開くか決める権利があります。 しかも、あえて連絡するのは、忙しいと思いつつも「頼みごとがあるから」ですよね?それなら• 簡潔で分かりやすいメールにする• 相手をBCCやCCに入れない• タイトルで要件が分かるようにする• 金曜の午後になってメールしない などに気をつけるほうが、よほど大切。 忙しい人に対する思いやりですね。 英語のサイトですが「」というサイトが参考になりますよ。 「お忙しいところ…」に続く文例 「お忙しいところ…」という丁寧な前置き。 これに続く文章も、同じく丁寧な表現である必要があります。 日本人同士なら「お忙しいところすみませんが、あの件、よろしくお願いします」で事足りるかもしれません。 ですが英語に「よろしくお願いします」のように万能に使えるフレーズはありません。 「何をいつまでにしてほしいのか」はっきり伝えましょう。 ダイレクトに言ったほうが、時間を無駄にせず、むしろ好印象だと思います。 I understand you are occupied, but I would appreciate it if you could finish this project by Friday. I know you are busy, but it would be great if you could spend some time on this task, too. Sorry to bother you, but can you read through this document for me, please? (お忙しいところすみません、このドキュメントに目を通してもらえますか) フォーマル度は参考程度に付けましたが、3つ目の表現も、親しい上司や先輩に対して使うには全く問題ありません。 まとめ いかがでしたか?社外編、社内編、メール編に分けて「お忙しいところ恐縮ですが」に使える英文を紹介してきました。 英語圏であっても、口頭であればこのような前置きを使うのはアリです。 親しい先輩、上司、取引先の社長など、フォーマル度でしっかり使い分けましょう。 メールとなると、ネイティブはこのような前置きをあまり使いません。 むしろ「要件を簡潔に伝えること」が、忙しい人への一番の配慮になると思います。 みなさんの参考になれば幸いです!.

次の